今日の
☆ひとりごと☆


5月12日


暗い話になるので
ここに書くかは
迷いましたが
いつか
自分で今を
振り返る時の
想い出にしたいので
勝手ながら
私的なことを
書いてしまいます。

今日は
父の四十九日です。
僕の誕生日の前日
3月25日に
他界しました。
こんなことを
ここに書くことに
なるとは。。。

健康管理には
凄い気をつけてる人で
17年前に大病で
大手術をし
奇跡的に
助かってからは
17年間毎月
病院の老人内科へ
健康診断に
行ってました。
7年前に胆嚢に
石があると
検査で
わかったらしいけど
医師からは
まだ取らなくてもいいって
7年間
言われてたみたいで
胆嚢を早く
取っておけば
まだ、生きていた。

1月ぐらいから
お腹と背中が
痛いからと
そこの病院に行って
入院させて
検査を細かく
してほしいって
言っても
入院するほどの
ものじゃなく
筋肉痛だとか
便秘だとか
言われシップやら
下剤やらしか
くれなかったらしく
2月に
あまりの痛さに
救急車を呼んだ時に
救急隊員の人が
病院に
問い合わせたところ
その人は筋肉痛
なだけだから
病院に連れてくる
ほどのものではない
って言われたらしく
降ろされたみたい。

自分はその時は
いなかったので
母から聞いた話だと
大げさな感じで
救急車を呼ばないで
ほしいって
隊員の人に
言われたらしい

それから
2週間ぐらい経って
さらに痛く食事も
できないぐらいに
なったので
僕が車で病院に
連れていきました
その時に白血球が
少し高いので
入院して
調べましょうって
ことになり
そのまま入院。

その日から
黄疸も出ていて
点滴をやり始めても
容態は悪くなるばかりで
白血球の数値も
凄い高く
4日目に医師が
これ以上延ばすと
本人の体力が
持たないから
手術して胆嚢を
摘出しましょうって
ことになり
手術を受けました

長時間の手術でしたが
なんとか無事に終わり
医師の説明があって
凄いたくさん
石が入ってましたと
ビンに入れた石と
胆嚢を
見せてくれました

その時に医師から
なんでこんなに
酷くなるまで
ほっておいたのかって
言われたので
何か月も前から
老人内科の医師には
調べてほしいって
頼んでたことや
経緯を話したら

その医師は
同じ病院でも
私は外科なので。。。
って言葉が
詰まって
しまってた。

でも
その時に医師は
私の経験では
摘出した胆嚢は
見る限り
癌ではないですが
念のため詳しい検査に
回しておきます
って言ってたので
癌ではないならって
ホッとしてました

術後も
ほとんど毎日
仕事が
終わって
看病に行ってましたが
黄疸は取れないし
良くなっていく
感じはなかった

2週間ぐらいたって
母から連絡があり
今日から食事がでる
話を聞いた時に
食事がでるってことは
退院も近いのかなって思い
凄い安心しました。

大地震のときも
数時間かけて
歩いて看病にいったり
してたから
安心感で疲れがどっと
でたけど
良かったって
思ってました

次の日に
母から医師が
話があるから
時間のとれる時に
病院に来てほしい
って言われ
2日後に行きました。

自分としては
食事も出るように
なったから退院に
ついての説明かな
って思ってましたが

その時に医師からは
摘出した胆嚢は
検査の結果 
癌で
すでにいろんな
ところに
転移して
手の施しようがなく
今後は緩和治療しか
できません
との説明で
この事実に
愕然としました。

この時に
今までの経緯やら
いろいろ言おうと
思いましたが
愕然と悲しみで
何も言葉が
出てきませんでした

このときに医師は
血液の数値とか
総合的に判断
すると動いたり
話したり
できない
はずなのに
現実に動いたり
話したり
食事を取ろうと
してることが
奇跡で
信じられない
現象って
不思議がるばかり。

その後2週間
悲しみをこらえ
看病に行き
足のマッサージをして
あげてました。

そして
最後の日の前日に
夕方、父が
今日は早めに帰って
いいって
言ったので帰宅し
25日に
他界しました。

他の病院に
行けば良かったのに
父は17年前に
大手術で助けて
もらった病院だからと
そこの病院に
こだわり続け
最後まで
他には行かなかった。
亡くなってから
母が老人内科の医師に
会いに行ったら
自分の判断ミス
だったと
謝っていたみたい
だけど・・・・・

それと
縁起でもないから
身内には
言わなかったけど
自分は去年の12月に
父が亡くなる予知夢を
3日続けて見ていた。
でも、その時は
背中が少し痛い
ってぐらいで
体力的には
元気そうで
仕事もしてたから
なんで
こんなのを見るのか
不思議に思いつつも
不安はつねに
感じてたかな。

そう思ってる矢先に
1月、自分が入院。
父が入院してからも
予知で見てたことを否定し
縁起でもないから
思い出さないようにして
看病に集中し
治ると信じてたけど
頑張ったけど
変わらなかった。

父が入院してから
病室に入るたびに
黄疸が取れてれば
良いなって
思いながら
入ってたけど
顔や手足がずっと
黄色いままだった。

でも
亡くなった日に
夢に父が
出てきて
布団から起き上がり
こっちをみて急に
黄疸が取れていく
姿をみせてくれた。
夢とはいえ
嬉しかった・・・

亡くなってから
ショックが
大きすぎて
夢を見てるんじゃ
ないかって思い
現実を受け入れようと
しなかったり
お腹が痛くなったり
動悸も酷く
どこに行っても
誰からも
顔色が悪いって
言われたり
右足が痺れてきて
何日も治らなく
そのうち舌も
痺れてきたりと
自分の体にも異変。

知り合いに聞いたら
その症状はパニック症の
前兆って
言われました。
自分にとっては
生涯初ってぐらいの
衝撃と悲しみだったから
精神的に病んでも
しょうがないのかなって
思ってた。

今まで
ここに書かなかったのも
メンバーさん達にも
報告しなかったのは
書ける精神状態では
なかったし
メンバーさんは
優しい人たちばかりだし
メンバーじゃなくても
メールくれる
ファンの人達は
優しい人たち
ばかりだから
心配させないように
いつもと変わらず
何とか頑張って
データ配信し
更新も続けてました。

最近
ようやく元気になり
精神病にも
なりませんでした☆

パニック症になる
寸前に頑張って耐えて
勝ったのかな(^^)

東北地方太平洋沖地震で
被災され
身内を亡くした方や
住まい仕事を
無くされた方、
それ以外のことで
辛い思いをしてる方々
生きるって
大変なことだけど
苦しみ悲しみ辛さを
乗り越えて
一緒に
頑張りましょう☆

元気になった
とはいえ
自分も万全では
無いですが
ここに書いたことを
一区切りにして
一歩ずつ前に
歩いていきます☆


9月6日

9月12日

9月14日

9月16日

9月25日

9月27日

9月30日

10月3日

10月9日

10月12日

10月18日

10月26日

11月3日

11月9日

12月22日

12月26日

12月28日

12月31日

1月4日

2月28日

4月3日

4月11日

4月12日

4月18日

4月21日

4月28日

5月15日

5月22日

6月8日

6月14日

6月26日

6月29日

10月12日

10月31日

11月8日

12月13日

12月17日

12月31日

1月8日

1月19日

1月21日

2月14日

3月12日

3月22日

5月3日

5月31日

6月25日

7月30日

8月2日

9月5日

12月5日

12月10日

12月31

1月1日

1月5日

1月23日

1月29日

2月26日

3月6日

3月9日

3月12日