短歌 ... コヤちゃんの溜め息


ジョギング帰りに、生け垣の松葉の間から覗くと、
縁側に座っているコヤちゃんが見えます。
ひとりでいるときのコヤちゃんは、五分に一度溜め息をつきます。
心を澄ませて溜め息の行き先を目で追ってみましょう。
しゃぼんのように宙を漂い、割れます。割れる瞬間、
七色の短歌がパッと現われて消えるのを見逃してはいけません。
肉食を控えるとコヤちゃんの短歌がよく見えるというので、
この街のジョギング仲間には菜食主義者が多いのです。

では、私が運よく書き取った、コヤちゃんの溜め息をどうぞ。


 歌集

 吸いつけば
 吸血鬼 十首
 海浜乙女はビンロウ樹の実

 拾遺



北の縁側...旅行記
西の縁側...小説
屋根裏...コヤちゃんの人となり
東の縁側...短歌
南の縁側...詩



玄関先の縁側に戻る