(ねこのめぎんが)
  銀河は猫の目のように
   たえず姿を変えている
    そこに生まれた文明の
     なにがまことか偽りか
      裁く神などいはしない


「猫目銀河」シリーズ その7
〜 闇夜の黒猫 〜

01 青空の黒猫 (原稿用紙27枚)

 02 月夜の黒猫 (原稿用紙28枚)

  03 旅立ちの黒猫(原稿用紙21枚)