INDEX

「シャム猫物語」シリーズ用MIDI作品
Hart & Soul
(約2分48秒)
2003年度連載するかどうかわからない、まだ原案だけの作品、開発コード「シャム猫物語W(仮題)」のイメージ曲です。
ああ、ついに音楽のほうが先行しちまいました。


2003年8月29日、本編公開しました。作品タイトルは「シャム猫エンジン」。
ブラスの印象を前面に押し出して、ちょっとラップらしきものも挿入。
[Play!>] [Download>]
両手いっぱいの世界
(約4分28秒)
2002年度連載作品「シャム猫物語G〜幻影事象〜」のイメージ曲です。自分の中にある世界に気づいてみましょう、というようなテーマの曲。ポップ調。
[Play!>] [Download>]
水の妖精
(約2分21秒)
同じく「シャム猫物語G〜幻影事象〜」の作中曲です。
ザミルが作曲して、黒猫楽器店の面々が手を加えていった曲は、きっとこんな感じだろうと思うのですが。
[Play!>] [Download>]
例外〜れいがい〜
(約7分23秒)
2001年度連載作品「シャム猫荘の猫たち」のイメージ曲です。変な曲になっちゃいました。
[PLAY!>] [Download>]
ひるねこのうた リニューアル
(約2分59秒)

一番古い曲「ひるねこのうた」のリニューアル版です。
シリーズ共通、シャムのイメージ曲です。
[PLAY!>] [Downloadn>]
なお、一部の音源でパーカッションパートがおかしくなるようです。また、音源によってはメロディラインがきたなくなることもあるようです。そこで、メロディとパーカッションパートの音質は少し落ちますが、以下に対応修正バージョンも用意しました。
[PLAY!>] [Download>]
Star Light Nyan−Nyan 99’
(約4分35秒)

2000年度後半連載作品「シャム猫物語B〜時空の疾風〜」のイメージ曲です。
シャム猫シリーズに登場の面々がバンド組んで演奏している、という設定。ロック調です。
[PLAY!>] [Download>]
Magic Cat
(約4分38秒)

「シャム猫物語M〜無敵の魔女〜」のイメージ曲です。猫の気持ちで作ってみました。なおこの曲は、猫好きさんが開いている、猫および猫好きのための非営利ページに限り、フリー素材としてご利用いただけます。
[PLAY!>] [Download>]
Keep!My−Pace
(約4分2秒)
「シャム猫物語P〜月光の夢〜」のイメージ曲です。
歌詞は、端的には諸行無常を歌っている(笑)のですが、諸行無常を受け入れてその中で自分のままに生きて行く猫の姿を描いているつもりです。にぎやかな曲にしようとしたら、にぎやかになりすぎた気がしますが、いいんです、にぎやかなの好きだから。
[PLAY!>] [Download>]
彼方への翼
(約4分55秒)

1999年度連載作品「シャム猫の空」のイメージ曲です。初期発表のものからリニューアルしてあります。
ここで歌われている「青い瞳」を持つ「君」という人物がシャムであることは、察していただけるかと思います。他にも小説本編と連動した仕掛けがちらほらと……。
[PLAY!>] [Download>]
透明な宝物
(約3分41秒)
「シャム猫物語R〜猫じゃらし〜」のイメージ曲です。
ギターパートでルクシアに友情出演を願った、という設定のリニューアル版。StarLightNyanNyanのメロディも登場します。
[PLAY!>] [Download>]
その他のMIDI曲
Lonely Little Train
(約2分38秒)

写真作品のテーマに使おうと思って買った小さい電車のおもちゃが、あまりにも可愛いのでつい作ってしまった曲です。
手のひらサイズの一両編成電車「でんすけ」の気ままな旅をつづったイメージ曲。道に迷ったり小動物にもてあそばれたりしながら、楽しく旅を続けているみたいです。
[Play!>] [Download]
Tea Time
(約3分2秒)

瀬生 曲さんの小説「紅茶の魔法」に送ったイメージ曲です。
瀬生 曲さんのホームページ「しるきぃるーな」は、こちら。
アコーディオンを使うことは最初から決めてました。原作イメージから英国調を意識したバロック風のアレンジを部分的に使って、アクセントにしています。バロックにアコーディオンってあまり使われないのでしょうけど、あまり違和感なくまとまったと思います。
[Play!>] [Download]
四気筒のエンジン
(約3分21秒)

とあるチャットで雑談をしているうちに、モノカキを目指す人のための歌、というお題をいただいて作ってみた曲です。なぜ四気筒なのかとたずねられたのですが、なんとなく「起承転結起承転結起承転結……」にひっかけてみたという、根拠の薄いもの。雰囲気というか勢いで作った結果です(^^;。
[Play!>] [Download]
Angel Smaile
(約2分57秒)

香澄 翔さんの小説「天使になんてなれない」に送ったイメージ曲です。
香澄 翔さんのホームページ「香澄 翔 の 楽しいお部屋」は、こちら。
ほのぼのとした、心温まる物語です。久しぶりにこういう物語に触れることができて、嬉しくなって作ってしまった曲です。
テーマは、ハートウォーミング。もう、それ一筋に作りました。小細工なし。
[Play!>] [Download]
『無敵戦機グレートガンダー』
(約53秒)

たぶん、タイトルこれでいいと思うんですが(^^;。
なにしろ歌詞からして、今回は私が作ったものぢゃないですし。

鐘辺完さんの小説「ゴードン・レポート」の作中作に送った曲です。
鐘辺完さんのホームページ「夢節操ゑぶさいと」は、こちら。
実はこの小説中に「グレートガンダー」というアニメが登場していまして、そのオープニング曲、という設定。
ここに掲載した歌詞も、まんま作中本文を引用させてもらった次第。

[Play!>] [Download>]
BLUE SOUL
(約3分54秒)

椎名 将也さんのシリーズ小説「青き魔女」に送ったイメージ曲です。
椎名 将也さんのホームページ「<SF ROOM>」は、こちら。
黒猫個人的にこの方の作品のファンです(^^)。パワーがあって、思いいれがあって、どこか懐かしい香りがして。文章もこなれているんですが、その活字の背後からにじみ出てくるものに、たいへん共感を覚えています。

間奏を二箇所に配置したのは、ちょっと反則技。とくに一つ目は、歌詞が始まって間もないところに置いています。黒猫はいつも「ちゃんと歌える曲」を意識してメロディからコードから考えているんですが、今回は「聞く」という要素に少し力を入れてみました。ふたつのソロパートは、最初の間奏はギターソロから主題へ移行する流れで魔女のかっこよさを強調、二箇所目の間奏は過去を思わせるきれいなピアノソロから破壊的な現在への移行を意識しています。
[Play!>] [Download>]
正義のサイバン
(約1分47秒)

馬鹿です(笑)。
3年ほどまえ(2001年現在より)に、高校以来の親友よりメールでいただいた設定「宇宙判事サイバン」が元になっています。
奴のホームページ「System NIGHTMARE」は、こちら。ハンドルネームぐらいないのか? ってーか、なにやってんの、ここ(^^;? リンク切れてるし。
いつか小説にしてやろうかとも思っていたのですが、なんとなくやる気も出せず、ほにゃほにゃとこんなものが完成して満足という。
脱力しまくって作ったわりには、出来は良いと思うんですが(笑)。
メロディラインにアルトサックスという選択が男を泣かせます。
(……いかん、アホなノリに感化されすぎている。)
[Play!>] [Download>]
鈴に導かれて
(約2分30秒)

結城かなさんの長編小説「5つの鈴伝説」に送ったイメージ曲です。
結城かなさんのホームページ「ぱんだ屋敷」は、こちらから。
歌詞の中の「歩く植物/変な動物」が気になる方は、本編を読んでください(笑)。

気合の一発勝負で、いきなりイメージ通りに完成してしまいました(笑)。最初の打ち込み以来、一度も修正とかやってません。いやぁ、こんなこともあるんですねぇ。
黒猫はXG音源でMIDI曲を作っているのですが、XG音源と言えばフレンチホルン!ってぐらい、ヤマハは昔からホルンの音が美しかったです。ホルンかシンセサウンドに惚れてXGに入った人も少なくないはず(反面、アコースティック系とかナチュラルな音を苦手としていたようですが)。そのホルンの音を前面に押し出して作ってみました。あと、オーソドックスにブラスセクションとストリングスで盛り上げてあります。コード進行やベースラインの変化にも少し凝ってます。
[Play!>] [Download>]
Run to the ”EDEN”
(約3分17秒)

北里和泉さんの長編小説「BLAZE」に送ったイメージ曲です。
北里和泉さんのホームページ「BlueHornet Association」はこちら。
おもいっきりシリアス路線でまとめてみました。多少なりとも影のある曲を作ったのは今回が初めてです。
特に気合が入ったのは、間奏のバイオリンによるソロパート。あと、何度も使いまわしているイントロ部分と同じメロディでは、ベースが全音符でズシィッと来るようにしてみました。音源による聞こえ方のばらつきが気になる部分でもありますが。また曲全体的に、遊んだ場所がないです。もうちょいパートとパートが対話するような伴奏をつけたくなる誘惑を振り払い、マジメに仕上げてみました。
[Play!>] [Download>]
ごーいんぐまいうぇー
(約2分11秒)

優樹瞳夢さんの連作シリーズ小説「ペンギンのペンペンちゃん」に送ったイメージ曲です。
優樹瞳夢さんのホームページ「優樹瞳夢の“じゃんくCreatingはうす”」はこちら。
作品が作品だけに、イメージつかみやすかったです(笑)。余談ですが、この演奏ページのタイトル文字にも深ぁ〜い意味があります。気になった方は、ぜひ本編を御一読ください。
サンバ系のリズムパターンは未経験だったのでパーカッションのパートはほとんど手探りで作ったのですが、カウベルとサンバホイッスルに頼り切ってどうにかそれらしいものができました。タムも高い音のものばかり使って、曲調を明るく仕上げています。
[Play!>] [Download>]
くじけない夢 〜never dream〜
(約5分49秒)

こちら、同じく優樹瞳夢さんの連作シリーズ小説「ペンギンのペンペンちゃん」のエンディングイメージ曲です。
作詞は結城飛鳥さん、作曲は黒猫です。結城飛鳥さんのホームページ「天使がくれた翼」はこちら。
完全自作するときはメロディと詩を同時にイメージしながら作業しているのですが、人の作った詩にメロディをつけるのは今回が初めて。イメージを壊したくなかったので、正直言ってかなり苦労しました(^^;。苦労の甲斐もあって、飛鳥さんにも納得していただけた様子。安堵しています。
[Play!>] [Download>]
Dancing Desteny
(役3分11秒)

BEEさんの長編小説「Dancing Disteny」に送ったイメージ曲です。
BEEさんのホームページ「星降る夜の孤独人」はこちら。
初めてのテクノ調だったのでどうなるか自信がなかったのですが、仕上がってみれば、どうにか良い感じになってくれました。
今回はギターやピアノ等は使わず、ほとんどのパートをシンセ系の音でまとめてみました。その中で例外的に、トランペットのソロパートを作ってみたのですが、どんなもんでしょう? ちとキーが高すぎるのがおかしいですが、そこで曲調が大筋のシンセっぽさに舞い戻る雰囲気です。
[Play!>] [Download>]
Sky Drive
(約4分55秒)

一応、2000年後半連載予定のシャム猫物語Bのイメージ曲その2、ということになる予定だったのですが、なんか違うくなってしまいました。
シャム猫Bのネタを考えている間に、「移動することとはどういうことか?」というテーマに行き付き、いつしか「ドライブ行きたいなぁ」となり、ドライブの時に聞きたい曲を作ろうと思ったら、こんなんができました。
大空をドライブしているような、そんなイメージの曲ですから、ちょっとシャム空の影響を受けているかもしれません。

歌詞をつけてみてようやく気付いたのですが。
どうもこの曲、何かの影響を強烈に受けているなぁと思っていたら、神林長平でした(^^;。
調整を繰り返すうち、神林長平さんの「魂の駆動体」(波書房:1800円)の歌として完成。

お気づきと思いますが、英語が変です(笑)。
「ランナウェイ」と言えば、正しくは「run away]。でも「run away」では「逃げる」の意味になり、逃げるわけじゃないよなぁということで「run a way」にしてあります。「道を走れ」みたいなつもりで。
同じく「ファーラウェイ」と言えば「faraway」で、「遠く」という意味になり意味的にはさほど間違っていません。が、語呂合わせということで「far a way」にしてあります。直訳すると「遠く道」。なんじゃ、こりゃ? 「far way」で「遠い道」になるのですが……語呂合わせ、語呂合わせ。
[Play!>] [Download>]
Transport Hero
(テレビサイズ:約1分31秒/フルバージョン:約3分8秒)

不定期無期連載している「めざせ!世界征服」の番外編用のイメージ曲です。
それっぽく聞こえる曲になったと思ってますが、ちと悪ふざけが過ぎたかなと思わないことも……。
ついて来れる人だけついて来てやってください(^^;。か〜なりディープで芸の細かいことやってます。
また、長い間謎とされて来た悪の秘密結社の活動資金源を垣間見ることもできるかもしれません。
テレビサイズ(1番のみ+α):[PLAY!>] [Download>]
フルバージョン(2番まで):[PLAY!>] [Download>]


Midnight Angel
(約2分10秒)

そして同じくエンディングイメージ曲です。
オープニングほど濃いわけではないのですが、一応エンディングは悪役側の曲ということで考えてみました。おなじみナイトメアの面々のうち誰をうたったものか、連想していただけると思うのですが、なぜか約一名抜けてます(^^;。
[PLAY!>] [DOWNLOAD>]
はだしでおでかけ
(約3分10秒)

シャム猫シリーズとは違う物語「ゆらゆらゆれる」のイメージ曲です。
メロディができてから曲になるまでずいぶん悩んだのですが、リコーダーとピッコロの組み合わせを思いついた瞬間にすべてが決まりました。
シャムとはまた違う雰囲気の猫耳娘のイメージが伝われば本望なのですが……。
[PLAY!>] [Download>]

INDEX