お寺の行事解説

   

修正会  彼岸会  花祭り  お十夜

花祭り(はなまつり)

  「花祭り」とは、仏教の開祖、お釈迦様がお生まれになった日をお祝いして行う「仏生会(ぶっしょうえ)」という、法要行事を言います。
 お釈迦様が、百花繚乱の花園でお生まれになった故事により、沢山の花で飾ったお堂に、お釈迦様の誕生佛を安置して法要を行うため、一般的に「花祭り」と言うよう
になりました。
 またこの時に、お釈迦様の誕生佛に甘茶をかけてお祝いするところから「灌佛会(かんぶつえ)」とも言われております。
 なぜお釈迦様に甘茶をかけてお祝いするかと言うと、お釈迦様がお生まれになった時、そのお祝いとして二匹の龍が天から現れ、産湯として甘露水(かんろすい)をかけたと言う故事から起こっています。
 この甘露水というのは、最高級のミネラルウォーターを言うのですが、何時の頃からか日本では、甘露の甘の字から、甘い甘茶の水になったようです。
 甘味飲料水の乏しかった時代には、年に一度のご馳走と言われ、子供たちは四月八日にはこぞってお寺に甘茶をもらいにきたそうです。
 この甘茶とは、ユキノシタ科のガクアジサイの一種である甘茶の葉を乾燥発酵させて作る生薬で、甘味料に使用されるほどの甘味成分を持っています。
 漢方薬としては、歯周病の予防などにも使われますが、虫よけにもなるとも言われ、甘茶で摺った墨で
 「千早振る卯月八日は吉日よ、神さげ虫を成敗ぞする」と書いて、門口などにはっておまじないとしたそうです。
 ちなみにアマチャズルとはまったく別の物です。また、ガクアジサイの葉と甘茶の葉は非常に似ていますが、間違えるとお腹をこわしますのでご注意を。

 花御堂(はなみどう)の形は、上の写真のようなものですが、昔のものは屋根にもいっぱい花を飾りました。
 お釈迦様がお誕生になった、ルンビニーの花園を模しています。
 また、二つの長柄の小さな柄杓は二匹の龍を、甘茶を誕生仏の頭からかけるのは、天から降り注ぐ甘露水の意味です。
 産湯の中に立つお釈迦様の誕生仏は右手を天に、左手を地に向けていますが、これはお釈迦様が誕生とともに言ったという「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんがゆ
いがどくそん)の言葉をあらわし、あなたの命も、私の命も、すべてこの世に生まれた命は、みんな尊いもなのです、ということです。
     

彼岸会(ひがんえ)

 一般的には「お彼岸」と言われて親しまれており、春分の日と秋分の日を中日として、その前後三日間にわたる一週間の仏教行事を「彼岸会」と言います。
 仏教行事とは言いますが、この彼岸会という一週間にわたる法会は、インドや中国にも見られない、日本独自の行事です。
 この彼岸会の行事のもとになったものは、仏教の根本思想である「中道=偏らない心」の考え方と、太陽の没するところは万物の帰結する所として、太陽が真東から昇り真西に没する、春分と秋分の日に、人はいかに生きていかなければならないかを考える修行方法から来ています。
 四季折々のはっきりした日本では、冬から春へ、夏から秋へと季節が切り替わるもっとも快適な時期の一週間を「彼岸会」として、日頃の行いを正し、極楽浄土に思いをこらせる仏道修養期間としたのです。
 彼岸とは、悟りの世界、すべての命が平等で、明るく正しく仲良く暮らせる理想の世界を言います。
 これを川の流れに譬えて、今の私たちが暮らしている世界を「此岸(しがん)」と言い、この此岸から、欲望や怒りや愚かさと言った煩悩の渦巻く川に流されずに、いかに乗り越えて理想の世界に到達するかを考えるのが「彼岸会」の行事なのです。
 此岸から彼岸に渡るための修行方法を波羅蜜多(はらみった)と言い、仏教徒は必ずこの彼岸会の期間に、波羅蜜行を修さなければならないとされています。
 この波羅蜜行には六波羅蜜(ろくはらみつ)と言われる六つの修行方法があり、これを中日の前後六日間に割り振りました。
 六波羅蜜とは簡単に言うと
  一、布施(ふせ)
       見返りを求めないほどこしをする事。
  二、持戒(じかい)
       世の中の決まりごとを守っていく事。
  三、忍辱(にんにく)
       どんな困難にも耐え忍んでいく事。
  四、精進(しょうじん)
       怠けずに精一杯努力する事。
  五、禅定(ぜんじょう)
       心静かに深く考えて見る事。
  六、智慧(ちえ)
       命の大切さをわかる事。
の六つであります。
 そして、彼岸会の中日には、真東から昇り真西に沈む太陽のの輝きに想いをこらせて、西方極楽浄土の阿弥陀如来の大慈悲と、今は亡き方々を偲び、今無量の命のおかげで生かされている自分の生き方を考えて見る日としたのです。

 この波羅蜜行、わかってはいるけれども、なかなか出来ないのが私達です。
 でも、他人に対し、やさしい眼差しを向けて、和やかな笑顔で、思いやりのある言葉をかけることも、立派な布施行の一つなのです。
 もちろん、お墓を綺麗に掃除することも、大事な布施行の一つなのです。
 
     

修正会(しゅしょうえ)

 この法会は、新年最初に行う、新しい年の始まりを祝う法要です。
 この法要が、全国の寺々で行われるようになったのは、奈良時代の神護景雲元年(西暦767年)、勅命によって大法会が行われてからといわれています。
 この法要の特徴は、個人の幸福や、故人の冥福を祈るためのものではなく、天下泰平・風雨順時・五穀成熟・兆民快楽など、すべての人々の幸福を祈るところにあります。
 本来、元旦の早朝に修する法要ですが、檀信徒等が一同に会して行う寺も多く、日時に決まりはありません。

 浄土宗では、修正会の法要中に、祝聖文(しゅくしょうもん)という次のような偈文をお唱えします。
   天下和順・日月清明・風雨以時・災厲不起
   国豊民安・兵戈無用・崇徳興仁・務修礼譲

その意味は
「世界中が平和で、日も月も清明で、雨風は時を以って、災害等が起こらず、国は豊かに人々は安らかに暮らし、一人一人のすぐれた才能を貴び、思いやりの心を起こし、譲り合いの精神をすべての人が持てますように。」と言うようなものです。

 世界中の人々が、同じ想いを持っているはずだと思いますが、ついつい「怒りと、むさぼりと、愚かさ」の心から、この願いが叶う年はなかなか訪れません。
 しかし、一人一人すべての人々が、この言葉を噛みしめていけば、きっと、願いが叶う日が来るはずです。この世が極楽浄土になる日が来るはずです。あきらめずにお勤めいたしましょう。

 
     

お十夜

  今から五百五十年以前に始まったとされる日本に於ける「十日十夜法要」は、江戸時代になると「お十夜」とか「十夜講」「十夜念仏」などと言われて、秋の収穫が終わり、冬の準備に向かう一区切りの楽しい行事として一般庶民の間に定着しました。
 「十夜」は俳句の世界では晩秋の季語となり、さまざまな句にその名前が見られるようになりました。
 江戸時代の有名な俳人の句に

○もろもろの愚者も月さす十夜かな 一茶
        (今日のお十夜の月の光のように、私達のような愚かな者にまで、阿弥陀様の御光は照らしてくれているのですね。)

○あな尊と 茶もだぶだぶと 十夜かな 蕪村
        (お十夜にいただいたお茶さえも、ナムアミダブ・ナムアミダブと言いながらお茶碗に入っていきます。なんと尊いことでしょう。)

○極楽は いつも月夜に 十夜かな 浪花
        (今日のお十夜のように、極楽はいつも月夜で楽しい所なんでしょうね。)
というものがあります。

 「十日十夜法要」略して「お十夜」は、十月から十一月にかけて全国の浄土宗寺院で行われる念仏会です。
 もともとは、旧暦の十月五日から十月十五日の満月の日の朝まで、十日間の朝昼通して行われる法会行事でした。
 この法会行事は、浄土宗でもっとも大切なお経である三部経の中の一つ「無量寿経」の巻下に、
 「この世において十日十夜の間、善業を行うことは、仏の国で千年間善業をすることよりも勝れている」
と説かれていることによっています。
 この法会が初めて営まれたのは、今から五百五十年ほど昔の永享年間の頃、伊勢守平貞経の弟貞国が、無事家督を継ぐことが出来たお礼のために、京都の真如堂で行ったものが始めといわれております。
 その後五十年あまりたった明応四年、浄土宗大本山 鎌倉 光明寺八世住職 観誉祐崇上人が、後土御門天皇に阿弥陀経の講義をされたとき、京都真如堂に伝わる十日十夜法要も真如堂の僧侶とともにお勤めなされました。
 この講義と法要にいたく感激なされた天皇は、「なにか寄進をしたいが、どんなものがご希望か」と祐崇上人にお尋ねになられました。
 この時の祐崇上人の答えは、「なんの望みをありませんが、ただ一つお願いがございます。それは、この十日十夜の法要を天下泰平・万民安寧のため、全国の浄土宗寺院で末永くつとめられるようにとの詔をお出しください。」とことでした。
 天皇はこれを喜ばれて勅許されたのです。
 これが今に伝わる十日十夜法要の始まりであります。
 お十夜は、お念仏の尊さを知り、すべての命に感謝の気持ちを込めてお念仏を称える大切な法会行事です。
 今日ではその期間も十日間から三日、あるいは一日と短縮され、時期もさまざまですが、その心に変わることはありません。
 この大切な念仏会に参加し、仏の国での千年の善行にも勝る善行を、ぜひ積んでいただきたいものです。