正源寺ホームへ  三経寺ホームへ

除夜の鐘
 平成25年の最後の行事、古いお札や卒塔婆などの「お焚き上げ供養」と、今年一年の感謝と反省、そして来る年の善きことを願う「除夜の鐘」が例年通り、多数の皆様にお出でいただき、無事行うことが出来ました。
 当日は晴天で風もなく、お焚きあげ供養も安心して行うことが出来ましたが、寒いことは寒く、鐘撞きの順番待ちの皆様には、甘酒とお汁粉などで体を暖めていただきましたが、小さなお子様も多く、風邪など心配いたしましたが、皆様お健やかに新年を迎えられた由、一安心いたしました。  
     
     12月31日 午後11時45分より、住職の発遣供養の後、世話人さん方の手により、火入れが行われました。
 
     
   
    午後11時55分より、住職の読経の後、参詣皆様に鐘を打っていただきました。
 無事に108っ(実際はもっと多かったですが、108回以後は新年の鐘ということでご容赦下さい)の鐘を打つことが出来ました。
 皆様方の願が叶う、良い年であることを祈念申し上げます。