2003年6月28日(土) 
    

 皆さん、最近食べはった物で記憶に残る食べ物は何か有りますか?
 ・・・と聞かれても、なかなか思い出せませんよねー
 因みに昨日の晩御飯のオカズは何か直ぐに思い出せますー?
 数日前の事、寝ようとベッドに入ったんですが、ふと昨日の晩御飯のオカズ何やった
 かなーと考え出してしまい、これがまた思い出せなくてねー。
 結局、横のベッドで寝かけてる嫁に聞いて、やっと眠りに就く事が出来ました。
 寝入り端を起こされた嫁はその夜はなかなか寝付けなかった見たいでしたね。ゴメン!

 実はこの2〜3日で記憶に残る食物が、僕は3つ出来ました。
 一つは、今日、阪神君に貰った釣たての鯵、楽屋で山盛貰ったので少し新喜劇の
 皆さんにお裾分けして、思いのほか少なく成りましたが、やっぱり釣りたては旨い!
 二つ目はインターネットで購入したイガイガのままの雲丹、これも旨かった!
 もう一つはカレーです。これは旨いと言うか辛い、でも旨い?
 
 実は各週の木曜のお昼は、以前日記で紹介した親友の與田君と食事をするんです。 
 彼は職業柄、凄い沢山の食事処を知ってるもので、今日は天婦羅、今度は中華と
 色んな処に連れて行ってくれます。(食事代は割り勘)
 そして今回はカレー。お店の名前は「ハチ」。
 まぁ蜂が刺すほど痛辛いと言う事なんでしょう・・・
 此処のカレーは、「ハマる」か、「二度と来ない」からしいです、
 ・・・えっ、僕ですか?はまったのかなー。もお一度だけは行こうかなーと思っています。
 少し紹介をしましょうか。お店は、頭の毛がカレー粉で染まった様な金髪のオバちゃんが
 一人だけ。10人は座れないですねー。ルーは、お肉だけを煮込んだ物を先にライスに
 乗せ、その上にルーだけの物をかけます。(これが辛い!)
 ライスは多目ですのでルーの追加は何ぼでもOKです。行かれますか?
 言わない方が良いのかなー・・・
 ヒント:島田紳助さんの新しいマンションの近所(わからへんちゅ−ねん)
 天神橋筋商店街の南の端の近所(もう堪忍してください。)
 でもお昼は並んでますので。
 
 写真は27日、駐在さんで競演しました、ダンディ坂野さんです。



 
 2003年6月25日(水) 
    

 現在、6月25日 AM0:46
 ・・・いきなりですがヘキサゴン悔しかったなー。
 こんな事を書いてしまうと優勝しなかった事がまる分かりですねー。
 実は番組に行く前に、よく出る常識問題に答えられなっかたら格好が悪いので、
 軽い元素記号、大国の首都、県庁所在地、国連等の記号、最近の映画事情、
 などをおさらいして行ったんですが、まったく出ず、
 (答えに「ジュリア・ロバーツ」と言うのは有ったんですが、そのページだけを読んで無くて)
 その上、勘違いの答えは書くは、退場後に問題がすべて分かったのが又悔しい!
 ・・・・もぉいいですね、、、今度は27日のバリバリバリュー、頑張ります!
 
 23日に広島のセンチュリーホテルで、ディナーショーが2ステージ有りまして、
 ん〜ん、説明しにくいんですが、阪神君が、漫才の中の僕の台詞を台詞と思わず、
 「へぇ〜、ほんまかいな」、と切り替えして来たのにはビックリしました。
 すいません、分かりにくいですねー、話し変えます・・・
 
 その日帰りの新幹線で新大阪に着いたのが、PM11:37分、外は雨。
 阪神君も僕も駐車場に車を取りに行きます。
 その駐車場まで雨に濡れながら歩かなければならない行程が1分程有ります、
 見ると、阪神君は傘を持っていません、・・11:40分、漫才やって28年?初めての
 1分間だけの相合傘でした。
 
何処でも直ぐ熟睡する阪神君、NGK楽屋ロビー



 
 2003年6月19日(木) 
    

 本日、我が師匠、岡 八朗・市岡 裕子著 「泣いた分だけ笑わしたる」
 出版記念パーティーが開かれました。
 本当に沢山の方に来て頂きまして、弟子としても嬉しい限りでした。
 僕にとっても、師匠を支えて来た懐かしい方達との久々の再会でした。
 師匠の弟さんからは、巨人さんに兄貴を押し付けて悪かった、と頭を下げられ、
 此方が恐縮してしまいました。禁酒の為に入院していた主治医の先生からも
 奇跡に近い事で、病院としては最初あきらめて居たそうで、
 「巨人さんに引き取って貰え。」と院長も言って居たそうです。
 
 実は僕も、こんな日が来るとは思って居ませんでした。でも本当に良かった良かった!
 皆さん宣伝に成りますが、是非、「泣いた分だけ笑わしたる」 ご購入下さいね!
 本当は「飲んだ分だけ笑わしたる」の方がぴったりなんですけど・・・

岡八朗師匠と娘・市岡裕子さん



 
 2003年6月18日(水)雨 
    

 朝から今日も雨の中を、バックミラーの動かない車で読売カントリーGCに向かう
 (後ろは見えます念のため)
 本日、マンダム読売オープン、プロアマ戦。
 僕は室田淳(きよし)プロと、小寺一矢(弁護士さん)と、谷山恭子(クラブ・ママさん)と
 ラウンド。結果を先に言いますと、11アンダーの二位でした。凄いスコア−でしょ!
 しかしこれは競技方法が「ベストボール」と言いまして、4人の良いボールを選択して
 打てるのでこうなる訳です。
 この日は久々に、ジャンボ尾崎さんに会いましたが、貫禄と言うか、
 やっぱりオーラが出てますねー!  
 因みに優勝は、今注目株の、宮里優作組、最下位がその兄の宮里聖志組、でした・・・
 何か人生の彩って面白いですねー、
 実は優作君も聖志君にも少し縁が有るんです。長男の仁寛が同じ高校の出身で
 プロになる前から何度か会った事が有りまして、この日も二人は丁寧に挨拶を
 してくれました。       
 お父さんがしっかり礼儀作法を教えられたんだと思います。
 
 うちの仁寛も礼儀作法では決して負けて無いんですがねー、
 ゴルフの技術もその内勝って欲しい物です。

向て左から、弟・優作、僕、聖志  





 
 2003年6月16日(月)雨 
    

 雨の中を車でNGKに向かう途中、家から5分程の交差点で信号待ちをしてると
 ゴゴツン!ガシャ!ズルズル〜!・・・・当てられました。
 此方の被害は右バックミラー破損。
 相手は学生さんかなー?兎に角、若い兄ちゃんでした。
 ・・・時間は無いし外は雨やし、車の中から窓を開けて、
       
 G:「時間が無いから電話して来て」・・・・・携帯番号を渡す巨人。
 若:「はい」 ・・・・・えらい事をしてしまった、と言う表情の若者。
 G:「ベンツやし高いと思うよ」・・・・・言っておいた方がいいと思う巨人。
 若:「はい」・・・・・雨の中、ずぶ濡れの若者。
 G:「頑張って月賦でも良いから男やたらきっちりせえよ」・・・・・冷たい様やけど
   念を押す巨人。

 この後ちゃんと電話が有り、保険に入ってるからそれで直すとの事。
 一件落着しましたが、何か可哀想でした。





 
 2003年6月14日(土) 
    

 久々の日記に成ってしまいました。
 いや〜今回の風邪には本当に参ってしまいました。
 吉本に入って29年程経ちますが、体調悪し、で休みたいと思ったのは初めて
 でしたねー、(やりたく無い仕事はチョコ々有りますけど・・・)
 入院以外で点滴をするのも初めてでした。
 何人の人に「鬼の霍乱や!」と言われた事か・・・
 楽屋では後輩から「嘘でしょ?」とか「イメージが崩れるからしんどい顔しないで下さい」
 とか、阪神君には「ベンツもたまには壊れるもん」とか言われました。
 
 日ごろの無理と寝不足がたたったかなー、やっぱり1に睡眠ですねー、
 本当に、よく寝る人は病気も少ないみたいですね。
 じつは阪神君がそうで、彼の場合「寝すぎ」と言っても過言ではないでしょう。
 7日の日も、岡山で新幹線を降りないといけないのに、熟睡で福山迄行きましたから
 ね(笑)
 この日は岡山3丁目劇場の出番で、同じ新幹線に乗ってましたが、
 僕は禁煙車で阪神君は喫煙車ですので、こんな事に成ってしまいました。
 何とか出番には間に合ったんですが、久々に漫談の用意はしましたね。
 
 今までの阪神君の寝ぼけ話。
 
 1、ロケで阪神君が朝起きて来ないので、僕が部屋に起こしに行くと、
   ベランダの戸をガラガラっと開けて、
   T:「オハヨウ御座います」
   G:「間違ってるよー」
   そしたら今度は押し入れの戸を開けて、
   T:「オハヨウ御座います」
                 
 2、京都花月の出番の時、阪急電車で通うのですが、
   京都〜梅田(大阪)間を1往復半寝っぱなし・・・(片道38分)
 
 3、新大阪に到着した時、阪神君が降りてこないので、
   僕がプラットホームから車両の中を覗くと熟睡の阪神君、
   窓を叩いて起こすと、一旦起きて僕と目が合ってるのに又寝る・・・

 4、地方でのホテルの朝、少しの物音で目が覚める僕は隣の部屋の阪神君の
   部屋の目覚ましで目が覚めてそのまま起きていると、
   その目覚ましがジリジリ何時まで経っても鳴り止まず、電話をしても出ないし、
   ・・死んでる!・・かなと思い、合鍵を借りて入って見ると
   ベッドの上で熟睡の阪神君・・・

 ・・・切りが無いから辞めますね。
 え〜、今回は本当にご心配をお掛けしました。(そんなに心配してないかな・・・)
 以後、体調に気をつけて良い漫才をと思っています。
 が、しかし!!
 それがそれが、NGKも風邪引真っ只中だったんですが、割りといい漫才が出来たり、
 9日のKTVの漫才マンの撮りは、今年一番の出来だったかも。
 色々と、とちったりもしたんですがそれが又受けてしまったり・・・
 ん〜ん漫才は奥が深いですね、え〜とこの後何しょうかなー
 
 あっ!寝ますわ。  
 
 写真は岡山3丁目劇場楽屋