『 月が近づいた夜に』

リカルドは、『空はどこまでひろいんだろう』と、いつも考えていました。
年に何回かある、月がボートの形になっていちばん近づく晴れた夜に、
リカルドはハシゴを使って月のボートに乗り込みました。

「リカルドの箱」より

バートックギャラリー Exihibition 2005