マカ製品の選び方

通常のマカ

メリット

  • 価格が一番安く、濃縮マカや配合マカと違ってマカそのものを摂取できる。
  • 粉末は安いので料理にも使える。調理で熱を加えることによって胃腸での消化も良い。
    ただし、高温(120度以上)で調理すると成分が失われることもあるので注意が必要です。

デメリット

  • 臭いや味は好みがあるので一概には言えませんが、苦手な人には粉末のままではかなり食べづらい。
  • 粉末は高吸収タイプに比べて消化がし難く若干水に溶けにくい。また、マカだけで錠剤にするのは難しく10%〜20%の賦形剤が含まれているものが多い。

高吸収タイプのマカ(Gelatinized Maca)

メリット

  • マカの成分が胃腸で吸収されやすいので、胃腸に負担がかかり難く摂取量も2割程度少なくてすむ。
  • 粉末は水に溶けやすいので飲み物に混ぜて摂取できる。錠剤も無添加のものが販売されている。

デメリット

  • 通常のマカ粉末より値段が高い。

濃縮マカ(マカのエキス)

メリット

  • 僅かな量でマカの有効成分を摂取できる。
  • グレコシノレートの含有量が多い。

デメリット

  • 科学的ではあるが、マカの神秘的な要素に欠ける。
  • 値段が高い。

各種エキス配合マカ

メリット

  • 特定の目的を持っているいる人に向いている。
  • 錠剤タイプなので飲みやすく、摂取量も比較的少なくてすむ。

デメリット

  • 製品によって成分がまちまちなのと、価格も良心的なものから不当と思われるようなものまで様々で、消費者にとって製品選びが難しい。