シンクロとは?
シンクロと言えば、もちろん「シンクロナイズドスイミング」ですが、このサイトでは以下4つをシンクロと呼んでいます。

1.オリンピック競技種目にもなっているシンクロナイズドスイミング
マイペディア(百科事典)で引いてみたら、下記のように書かれていました。
水上競技の一種。音楽の伴奏に合わせて泳ぎ、技術の正確さと表現の美しさを競う。ヨーロッパで生まれ、ショーとして発達した後、1945年に米国で競技化されたもの。日本には1954年占領軍慰問のため来日した米国チームによって紹介された。・・・
以下、2〜4と一番違うのは、「競技種目」だということと、深いプールで演技するということ。

2.リズム水泳
シンクロナイズドスイミングの基本動作を用いて、音楽などに合わせて泳ぐスポーツ。
競技スポーツのシンクロのように高度なテクニックを競うというよりは、音楽に合わせて大勢の仲間と楽しく泳ぐということが主体。
普通のプールで楽しくできるので、スイミングスクールなどで主婦層を中心に広がっています。最近は男性もちらほらと習い始めているようです。

3.ダンススイミング
リズム水泳にプラスして、ジャンプなどのアクロバット等を加えたり、何でもありの新しいレジャースポーツです。
映画・ドラマの「ウォーターボーイズ」で水泳指導をしている不破さん率いる「トゥリトネス」が中心となって日本中に広まりつつあるアクアスポーツのニューカマーです。
老若男女、みんなが楽しく泳げます。トゥリトネスの水中パフォーマンス教室ではこのダンススイミングを小学生から大人まで、男子も女子も(管理人も)習っています。

4.男子シンクロ
内容はダンススイミング、男子のみのチームで演技する場合を男子シンクロと呼んでいます。陸踊りとアクロバットが特徴。
埼玉県川越高校水泳部が発祥ですが、映画の影響で近年は文化祭で披露する人達が増えました。

※男子シンクロ応援団は、男子シンクロを中心に、上記の全てのシンクロを楽しむ男女が増えるように応援していきたいと考えています。
女子も応援してるので、どうぞよろしく。(2003年7月)

 

[姿勢編]

上向き水平姿勢
つま先を揃えて、上向きで水平に浮く。 つま先、腰、胸、顔は水面

下向き水平姿勢
つま先を揃えて、うつ伏せで水平に浮く。肩、尻、かかとは水面。
顔は水中、水上どっちでもよい。顔を水に付ける場合は耳が水面。

垂直姿勢
頭を下にして両足を垂直に揃えて伸ばす。頭から足首まで一直線になるように

ベントニー
水平姿勢から片足の膝を曲げる。膝の位置はお尻の真上、ももが水面に垂直。
つま先は伸ばした足の膝かそれより上の内側。

垂直ベントニー
垂直姿勢で、片方の足は水面に対して垂直に伸ばし、もう片方の足の膝を曲げる。
曲げた足のつま先の位置は垂直な足の膝かそれより上の内側。

バレーレッグ
上向き水平姿勢から、片足を水面に垂直に持ち上げて伸ばす。(通常ベントニーからももと膝を動かさずに足先を上へ持ち上げます。)
顔と水面に伸ばした足先は水面上。

ダブル・バレーレッグ
上向き水平姿勢から、両足を同時に持ち上げ、水面と垂直になるように伸ばす。
腰の角度はできるだけ直角に。
顔は水面上。

フラミンゴ
タブ姿勢から、片脚はお尻の真上にバレーレッグ、もう片方の脚(あげてないほうの脚)は、膝を曲げて胸、顔のほうに引きつける。
バレーレッグは曲げた足のふくらはぎの真ん中あたり。顔と上げてない方の膝から足先は水面。

タブ
上向き水平姿勢から、お尻を落として、両膝を胸のほうにお尻と太ももの角度が90度くらいになるところまで引き付けます。
膝からつま先まで水面にある状態です。顔も水面です。

タック
背中を丸めて、両足をそろえて膝と頭を近づける。お尻もできるだけかかとの方に持っていく。
できるだけ小さくなる。
(タブ姿勢より、膝が頭に近くて背中もまるめている状態です)

垂直タック
頭を下にしたタック姿勢。

バックパイク 
上向き水平姿勢から、両足を伸ばしたまま胸のほうへ引きつける。
腰の角度が45度かもっと小さい角度になるように。

フロントパイク
下向き水平姿勢から、両足のつま先からお尻を水面に置いたまま、腰を折り、頭を下にして90度に曲げる。

クレーン
垂直姿勢から片足を水面と平行(体と直角)に伸ばす。

フィッシュテイル
垂直姿勢で、片足は水中。水中の脚の足先は水面に。クレーン姿勢より少しお尻を沈める

ナイト
垂直姿勢から、胸を反らして片方の足を後方へ倒す。
後方に伸ばした脚はできるだけ水面に水平にする

スプリット
沈んで、肩が腰の下にくるように体を少し反らせ、両足を前後いっぱいに膝がロックするまで開脚する。
足先は水面。お尻もできるだけ水面に近づける。

[基本動作編]

ジャンプオーバー
フロントパイクから足を伸ばしたまま持ち上げて、垂直姿勢、そのまま弧を描くように両足を倒しています。
両足が水面に着くにつれ、身体をそらせて、両足を水面に残しつつ身体全体を水面に持ち上げていきます。
手はトーピードのスカーリング。つま先の方に進みながら顔を水面へ。

浅いプールで行うのを前提に、逆さになった時に床に手を付いています。
深いプールではサポートスカルを行います

 

カタリーナ・ローテーション
バレーレッグ姿勢から、からだを180度回転させながらクレーン姿勢になる。
横へ動かないようにし、高さも変えないように行う。

ウォークアウト
スプリット姿勢→腰はそのままの位置で片足を弧を描くようにして反対の脚に合わせる→上向き、または下向き水平姿勢になる。
頭は最初のスプリット姿勢のとき腰があった位置に出るように

ソードフィッシュ
下向き水平姿勢→アーチベントニー姿勢→身体を反らせたまま、伸ばした脚の先が弧を描くように動かす。
→ベントニーを伸ばす→上向き水平姿勢。

[ダンススイミング編]

タワー
ダンススイミングの技。組み体操などでおなじみの人間で作るタワーです。
一番下の段の人はプールの底に足をつけています。
肩に乗ったり、腕で持ち上げたり、いろいろバリエーションがあります。

逆立ち
ダンススイミングの技。文字通りプールの底に手をついて逆立ちします。
腕はやや曲げて、身体は反らないようにまっすぐ。顎を引いて壁を見ます。
足を伸ばす前の状態でぐらぐらしないように練習してから足を伸ばしましょう。
まっすぐに足を伸ばすだけじゃなく、開脚したり膝を曲げたりとバリエーションもできます。

[その他]

ダンススイミング
普通のプールで、シンクロのようなことをしたり、プールの底に足や手がついた状態で演技したり、水中から空中へジャンプしたり・・・何でもありで誰でも楽しめるレジャースポーツです。
いわゆる「男子シンクロ」はこのダンススイミングです。
とはいっても、老若男女、みんなが楽しめるのがダンススイミングなのです。

リズム水泳
シンクロナイズドスイミングの基本動作を用いて、音楽などに合わせて泳ぐスポーツ。
競技スポーツのシンクロのように高度なテクニックを競うというよりは、音楽に合わせて大勢の仲間と楽しく泳ぐということが主体。

競技について
「フィギュア」と「ルーティーン」に分かれている。
「フィギュア」は基礎の技術を競うもので、音楽は使用しない。
「ルーティーン」は音楽に合わせて競技を行う。

フィギュア
各競技者はFINAが年齢別に定めたフィギュアグループの4つのフィギュアを演技する。
各年齢グループごとのフィギュアは4年ごとにFINAの承認のもと選択される

ルーティーン
●テクニカル・ルーティーン
FINAの定めた要素を含んだ演技をする。4年ごとにFINAの承認の元、改定される。

●フリー・ルーティーン
各種の泳法、フィギュアを自由に組合せて音楽に合わせて演技する。

●フリー・ルーティーン・コンビネーション
全体で10人までの構成で、5分の間に、ソロ(1人)、デュエット(2人)、チーム(4-8人)を組み合わせて演技する

 

TOPページ