管理人の音楽日記帳
(2010年11月1日〜11月30日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2010年11月30日 火曜日■午後は出張。出張先で出していただいた熱いお茶がおいしかった。だんだん寒くなってくる。バイク乗車時に手袋が必要な時期も近そう。◆幼少の頃から大学時代までかわいがってくださった近所のおじさんが4月に亡くなっていたことを知り、電話する。電話に出たおばさんは昔と変わらぬ声でお元気そうで何よりであった。優しいおじさんだった。ご冥福をお祈りしたい。

2010年11月29日 月曜日■毎週月曜日に見える非常勤講師の方がいるのだが、ついこの前挨拶をしたばかりなのに、あれからもう1週間経ったのかと驚く。◆昨日は久しぶりに髪を短くし、ほんとうにさっぱりできて嬉しかった。薄いのは困るが(苦笑)、出てくる1本1本の毛には、どうか急いで伸びないようにと頼みたい。その分、密度が高い生え方をしてもらいたいものである(笑)。

2010年11月28日 日曜日■午前中、「平和の輪をひろげる湘南・江の島会議」。息子は長崎市の田上市長との面会が実現でき、興奮気味。クラスで行った平和学習の成果物を手渡すことができた。◆午後は無謀にも名古屋へ。ちょっとした用事のために(笑)。夜中に戻る。

2010年11月27日 土曜日■小5の息子と「平和の輪をひろげる湘南・江の島会議」に出席。広島、長崎、枚方、藤沢市長らの話を聴き、平和の輪を広げる取組は一人ひとりであってもそれなりに十分できるのだということを改めて認識。あきらめず、粘り強く、ということか。

2010年11月26日 金曜日■夕方から同僚・元同僚の十数名が集まっての賑やかな飲み会。いろいろ話題が飛び出し、楽しく過ごす。◆週末。よき○とは何か、よき○○とは何なのか・・・。

2010年11月25日 木曜日■放課後、会議が2本。7時半近くまでかかったので、結構疲れる。帰宅途中で雨がポツリ、ポツリ。◆ここのところ右腕が痛い。整体院にでも出かけたいがなかなか出かけられずにいる。帰宅後、息子に肩叩きをしてもらう。マッサージ券を1枚使った(笑)。

2010年11月24日 水曜日■授業が詰まっている日。9時まで残り、仕事を片付ける。夜、息子に肩をガンガン叩いてもらう。5年生にもなるとかなり力がついてきて、実際に叩いてもらう方もずいぶん気持ちがいい。

2010年11月23日 火曜日■子どもたちの要望に応え、横浜ベイスターズのファン感謝デーに連れて行く。場所は横浜スタジアム。昨夜は雨だったが天気が回復して良かった。それにしても1日疲れたなあ。

2010年11月22日 月曜日■昨夜、本当に久しぶりに小学校5・6年のときの親友に電話をかけた。声は全く変わっていなくてあの頃のままだった。もう10年以上会っていないと思うが、懐かしかった。50歳の大台もあと2年ほどだが、幼なじみや友人、お世話になった人たちに再会したくなる時期なのだろうか。◆やる仕事はあるのだが、今日やるべきことだけに絞って過ごす。ストレスが少ない1日であった。

2010年11月21日 日曜日■早朝、ヴィクトリアに住むコントラバス奏者のゲーリー・カーに電話。恒例の誕生日のお祝い。進行中のレコーディングの様子や最近NAXOSからリリースされたCD、ホセ・セレブリエールの『ヌーヴ』(コントラバス協奏曲)のことなどを話す。来年はいよいよ70歳となるゲーリー。世界一のコントラバス奏者である彼を日本に呼べる音楽事務所はないのだろうか。◆ちょっと遅れて七五三。娘2人を連れて鎌倉の鶴岡八幡宮へ。八幡宮ではポーランド人の観光客と話をする。七五三の説明をする羽目に。とは言ってもそれほど深い説明をしたわけではないが・・・(笑)。それにしてもものすごい渋滞。駐車場を見つけるのに苦労した。

2010年11月20日 土曜日■スロヴァキア放送交響楽団の茅ヶ崎公演。ドヴォルザークの交響曲第8番と第9番『新世界より』の2曲。アンコールにはドヴォルザークの交響曲第6番より第3楽章。オケを率いるマリオ・コシックの指揮ぶりは、ところどころ彼が尊敬してやまない、クラウディオ・アバドのそれを感じさせる。終演後、楽屋を訪ね、歓談。

2010年11月19日 金曜日■外部講師による特別授業。英語のO先生に個人的にお願いし、来校いただくようになって今年で3年目。この先生に初めて連絡を取り、授業の実施をお願いしたときに、快諾してくださり、来校してくださるとわかったときの喜びは今でも忘れられない。英語の本質を鋭く突いた授業は、ぼくら英語の教員にも大いに勉強になるのである。今日は「名詞と仮定法」をテーマに、2時間あまり熱心に授業してくださった。心から感謝。◆明日はスロヴァキア放送交響楽団の茅ヶ崎公演。夜は会報の準備。

2010年11月18日 木曜日■推薦入試の書類点検が一段落。調査書や推薦書の点検はほんとうに気を遣う。まあ、点検することは嫌いではないけれど・・・。◆肩凝りや右腕の疲労を感じる。近々整体院に行ってこようかな。◆帰りに息子のリクエストでマクドナルドに立ち寄る。「原付」で、ドライブスルーにトライ!ジューシーチキンセレクトを2本。(う〜ん、車でないとやっぱり変。恥ずかしかったです。)

2010年11月17日 水曜日■午後、授業改善の研究会で出張。長いまっすぐの上り坂の上にある学校。ここに通う生徒や職員は皆いい運動だな。ぼくは今日だけでいいや(笑)。生徒たちが気持ちよく挨拶してくれる。現在の勤務校に似た雰囲気を感じる。◆今日は何度か雨が降ったが、いずれも屋内にいる間だったので傘もカッパも使わずに済んでラッキーであった。それにしても寒くなってきた。

2010年11月16日 火曜日■夜、学校に残って一つちょっと大きめの仕事を片付ける。終わってほっと一息。でも早く寝ないとまた明日がつらくなりそうだ。来年3月に武蔵野市民文化会館小ホールで行われるユジャ・ワンのピアノ・リサイタルはチケットが即日完売。しかも午前中に売り切れてしまったようである。そりゃそうだ、2,000円なんだもの。でも、別に買えなかったから言うわけでもないが、コンサートのチケットというのは安ければ安いほどよいというものでもないだろう。いろいろ書きたいことはあるが、今夜はやめておく。

2010年11月15日 月曜日■昨日の日記を見直していたら、「1小当たり50円」と書いている。「1個」も正しく打てていないなんて、どうしようもないな。◆帰りに廊下で、知らない女子生徒が「ネクタイの柄がすてきですね」と褒めてくれる。何だか嬉しい(←単純)。

2010年11月14日 日曜日■今日は用があって朝から外出。帰りに農家のようなところに立ち寄り、4個200円で売っている柿を買う。1当たり50円で買えたのだから、かなり安いと思うが・・・。◆帰宅してから、いろいろいやるべきことがあってバタバタする。疲れが十分取れないまま、明日の授業へ突入である。

2010年11月13日 土曜日■久しぶりに新宿へ。東京オペラシティコンサートホールで、マリオ・コシック指揮スロヴァキア放送交響楽団の演奏会。歌劇『売られた花嫁』序曲(スメタナ)、ピアノ協奏曲第1番(チャイコフスキー)、交響曲第8番(ドヴォルザーク)というプログラム。コシックの指揮には初めて接したが、音楽そのものはきびきびしていて気持ちよい。叙情的なところの歌わせ方もなかなかよく、楽しんで聴かせてもらった。コンチェルトでソロを弾いたスタニスラフ・ジェヴィツキは、きれいな音を出しているが、さらにスケール感が大きくなるとよい。オーケストラの方はというと、音の響きにローカルさを保ちつつ、技術面はそこそこの水準を保っている。アンコールはNHK大河ドラマの『利家とまつ』(渡辺俊幸)。終演後、楽屋にコシックさんを訪ねる。◆帰りに京王百貨店に立ち寄り、「ガトーフェスタ ハラダ」で行列に並び、ガトーラスクを買う。自宅用に買った分は、子どもたちがほとんど開けて食べてしまった。

2010年11月12日 金曜日■週末。学校では「予備校講師による特別授業」という企画があって、某予備校から数学の先生を招き講義していただく。参加した受験生には刺激になったかな。◆夜、帰宅後息子を連れて市の図書館へ。学校の平和学習で使う原爆の写真集やビデオを借りて帰る。

2010年11月11日 木曜日■授業が少なめの日で、空き時間にやらなければならない雑用を済ませようと思っていたのだが、ほとんどできずに夜に持ち越し。毎日毎日、その日になって新たにすべきことが舞い込んでくるわけで、大変だあ〜と参ってしまう。会議が遅くまでかかり、今日も残業。職員室に戻ろうと思ったら、事務室に妻(子)からファーストフードの差し入れがを届いていた。あんなに某ファーストフード店のハンバーガー(大きいやつ)を夜食べるのに反対していた妻が、なぜ急に持ってきたのか。しかも、コカコーラ・ゼロも一緒だ。何か企みがあるのか???・・・いやいや、あまり深くは考えてなさそうである(笑)。ありがたくいただいた。

2010年11月10日 水曜日■やることがいっぱい。自分の時間が取れないなあ。そうだ、タイムマネジメントの研修を思い出そう。もっと時間が活用できるはず。三谷幸喜脚本のテレビドラマ、『合い言葉は勇気』のDVDが届いてだいぶ日が経つが、まだ開封すらできていない・・・。

2010年11月9日 火曜日■また帰宅が遅くなってしまう。民間企業で頑張りすぎるサラリーマン並みの遅さである、たぶん。日付が変わったのだし。それにしてもなぜこんなにも雑用が多いのか。仕事の山は越えたはずなのだが・・・。◆ウィーン・フィルの来日公演がNHK-FMで生中継されたらしい。聴く余裕すらないのだから、やっぱりチケットを買っていなくてよかった。持っていたら持っていたできっと聴きに出かけていたであろうが、ここのところの睡眠不足がたたって、おそらく音楽に気持ちよくなって爆睡しておしまいであっただろう。

2010年11月8日 月曜日■また始まったか・・・。新しい週のことである(苦笑)。疲れが完全に取り除ききれずにまた月曜になってしまったからだろうか。◆ロッテが中日を下して優勝。「史上最大の下克上」とは誰がつけたコピーだか知らないが、この言い回し、そんなにいいかなあ・・・。ロッテの優勝はいいとして、である。◆夕方、かかりつけの医院へ。子どもたちはインフルエンザの予防接種。こちらは風邪気味なので、ついでに診ていただき、薬を出してもらう。◆ウィーン・フィルが来日中。今回の公演はチケットが即日完売にならなかった。ブルックナーの6番のシンフォニーは聴いてみたいと思っていたが、チケット料金の高額さに購入を思いとどまった。いつの間にか、指揮者が変更になり、曲目も変わっていた。◆招聘元の中には、チケットの価格設定の感覚が庶民とあまりにずれている場合も少なくない。この演奏家なら絶対に売り切れるからという判断で、論外とも思えるような値段をつける企画には、絶対に乗りたくはない。こんな言い方は乱暴かもしれないが、招聘元によっては、チケットが売れずに少し痛い目にあった方がいいと思う場合だってある。

2010年11月7日 日曜日■長男、長女が親戚の家に遊びに行くというので、その送迎で朝、夕方に外出。◆疲れがたまっているからかな、のんびりしていてもあまり休めた気がしない。◆10日程前に会ったスロヴァキア放送響を振る指揮者マリオ・コシックさんの取材記事をまとめる。◆先日買った食器棚が届く。棚の移動だけ手伝ってあとは妻任せにしてしまった。

2010年11月6日 土曜日■午前中は保護者対象の進路講演会が行われる。某予備校のF先生においでいただき、入試の仕組み、保護者としての心構えなどについてお話しいただく。午後はちょっと出かけたあと、また職場に戻り、雑用を行う。◆薬局で、ある滋養強壮剤を購入し、しばらく飲んでみることにする。効いているのだか効いていないのだか、よくわからない。そりゃそうか、まだ1日目だもの。

2010年11月5日 金曜日■週末か。ほっとする。明日も勤務ではあるが、久しぶりにゆっくり眠りたい。◆最近はあまりテレビを見ることは多くないが、東野圭吾の『秘密』がテレビドラマ化されているので、毎週これは録っている。ほか、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』、『テストの花道』、『あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑』、『めざせ!会社の星』を見ている。まあどれも学校での進路指導に直結して役立ちそうなものばかりかな。ほかにもくだらぬ番組を一つ二つ見ていないわけではないが、ここでは差し控えよう(笑)。

2010年11月4日 木曜日■昨日のんびり過ごした分、というわけでもないのだが、今日はそのツケがまわって、遅くまで残業ということに。夕方の会議が2時間近くに及んだのも想定外だった。そのあたりは、ファシリテーターになれなくてはいけないな、と反省。◆とある場所にある椅子がすごく気に入っていて、その商品の品番を、関係する人に調べてほしいとわがままを言って依頼したのだが、今日その方にお目にかかれ、ついにわかった!これからネットで調べようと思っているのだが、結構な値段がするのかもしれない・・・。できれば買いたいのだけど。

2010年11月3日 水曜日■夕方、某レストランで食事。セットのドリンクで、クリームソーダを注文した。クリームソーダを飲んだのはおそらく30年(以上)ぶり。◆今日は仕事らしい仕事はせず、文字通り休日を楽しむ。とはいえ、文化の日に相応しかったかと言えば、それはどうかなとも思うが。

2010年11月2日 火曜日■昨夜は帰宅間際、自分がどうかなりそうなほど疲労困憊していた。今日も睡眠不足で気力が湧かなかったが、何とか1日終えることができてほっとする。7時半に学校を出るとき、こんなに早く出ることができて・・・なんて思いながら帰宅。帰宅すれば兄妹(姉妹)げんかをしている子どもたちのうるさい声が聞こえ、それはそれで何だか嬉しい思い。

2010年11月1日 月曜日■かかりつけの医院でインフルエンザの予防接種。新型と従来型の混合ワクチンらしい。全然痛くなかった。これなら子どもたちも楽勝だろう。注射になると院内で逃げ回ろうとする長男以外は(笑)。◆用が済んでまた学校に戻り、夜遅くまで仕事。睡眠不足のせいか、それとも過労か。ちょっと限界線を超えてしまっている気がする。まずいぞ。自分でも異常だと感じるほどである。明日は早く帰って休もう。