管理人の音楽日記帳
(2013年3月1日~3月31日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2013年3月31日 日曜日■寝たのが明け方だったため、1日の予定がすっかり狂ってしまった。夕方マリンの散歩。夜、丸寿でいちご大福を買い込む(笑)。ベイスターズはさすがに3連勝はならず。まあ、仕方ないか。明日から新年度。また、別れと新たな出会いが待っている。仕事の面では新たなプロジェクトに気合いを入れたい。

2013年3月30日 土曜日■午後出勤。帰宅してインターネットを見てみると、なになに、今日もまたDeNAベイスターズが中日を破っているぞ。(^o^)まだ2試合が終わっただけなのに、今シーズンのこの先の展開に期待してしまっている私・・・である。(^^;)◆夜は部屋の片付け。整理術の本によると、毎日15分ずつやればいいということらしいが、3月はほとんどしなかったので、このあと今月分(450分)をやることにしようか。・・・えっ、7時間半ではないか。そりゃ、無理だな。1時間でやめておこう(苦笑)。I

2013年3月29日 金曜日■家族でサンリオピューロランドへ。う~ん、入場料が高く感じるなあ。娘たちはハローキティ、ジュエルペット、マイメロディなどの人気キャラクターに喜んでいたけれども・・・。◆プロ野球が開幕。横浜DeNAベイスターズが中日相手に勝利!ブランコ、素晴らしい。今年は本気で応援しようかな(笑)。日本ハムの大谷は8番・ライトで出場。初安打・初打点もたたき出し、ヒーローインタビューにも立つ活躍ぶり。大物だな。

2013年3月28日 木曜日■職員室の座席移動。周囲の景色が多少変わり、ちょっと新鮮。◆夜、某高校吹奏楽部の定期演奏会を聴きに出かける。指揮していたのは元同僚のNさん。メインはチャイコフスキーの『くるみ割り人形』。オーケストラではなく吹奏楽による編曲版であったが、作品に対して誠実に向き合った演奏からは、温かみが伝わってきて、予想していた以上に豊かな表現がされていた。Nさん、生徒の皆さん、聴きごたえ十分の演奏をどうもありがとう。そして、お疲れさまでした!

2013年3月27日 水曜日■子どもたちが『天才バカボン』の再放送を毎日面白がって見ている。今から見るとあまりのバカバカしさに呆れることもしばしばであるが、今の時代にありがちな陰湿さがなくて、ひねくれず、素直に笑えるのがよいかもしれない。15年近く前、妻と旅行中、京都駅で赤塚不二夫さんとエスカレータですれ違い、「あれは間違いなく赤塚不二夫さんだ」と、ぼくはエスカレータを乗り換え、追いかけて赤塚さんを捕まえ、厚かましくもサインをねだったことがあった。赤塚さんはすでに病で身体は疲れ切っていたようだが、快く応じてくださり、あっ、思うように書けない、というようなことを言いながら、サインしてくださったのを鮮明に憶えている。懐かしいあの頃である。

2013年3月26日 火曜日■午前中は進路指導関係の出張。午後は職員室で書類の作成。今日一日を終えて思い浮かべた言葉は「会者定離」かな。◆夜はひょんなことから妻や息子と大げんかに。別にそれ自体珍しいことではないし、こちらにも多少の非があるとは認めるにしても後味が悪い・・・。

2013年3月25日 月曜日■午前中は会議2つ。午後は書類作成と、職員室座席大移動に備え(笑)、周囲の整理をして1日終了。◆部屋から大学時代にとった講義のメモが見つかる。しばらくの間、数枚のB4のレポート用紙を懐かしく眺める。・・・書かれていたのは、アメリカ知識人2人の生き方についてのメモ。1人はラルフ・ワルド・エマーソン(Ralph Waldo Emerson 1803-1882)、もう1人はヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau 1817-1862)。ソローが1年に6週間働けば生活に必要な費用がまかなえることを発見し、残る46週間を精神生活、すなわち動植物の観察と研究や著述活動にあて、エマーソンの思想を具体化・行動化した話は、30年近く経った今でも鮮明に記憶しているが、今このO先生の講義を受けたなら、もっと高い関心をもち、意欲的に学ぶにちがいない。とはいうものの、今大学に戻って何か自由に学んでよいと言われたら、英米文学や語学ではなく、間違いなく経営学を選ぶな。

2013年3月24日 日曜日■吹奏楽部第1回定期演奏会が市内のホールで行われる。何とか無事終了し、ホッとひと安心。今日は1日、このことにかかりきりだった。◆第23回「出光音楽賞」受賞者3名が決まり、そのうち1名にヴァイオリニストの黒川侑くんが選ばれたとのこと。とても嬉しい!昨年も演奏会での出番こそ少ないが、その分しっかり勉強し、充電している姿勢が素晴らしいと思っている。侑くん、おめでとう。◆さて、プロ野球開幕が近づいてきて、評論家による順位予想が行われるが、横浜DeNAはBクラスというのが目立つが、先発投手陣が手薄とは言え、長打力あふれる新戦力による打線は脅威ではないだろうか。

2013年3月23日 土曜日■吹奏楽部の第1回定期演奏会がいよいよ明日に迫った。今日は通しでリハーサル。第2部のポップスはなかなかいい具合に仕上がってきているが、第1部の中にはまだまだ、技術的にも音楽的にも詰めが甘いものがあるぞ。でもまあ、少ない人数でここまでよくやってきたと言えば言えるのかな・・・。

2013年3月22日 金曜日■修了式。これまでたいてい3月25日だったのだが、学校での設定が今日だったので、一足早く終わった感じ。とはいえ、年度初めはすぐそこ。のんびりできないな。

2013年3月21日 木曜日■知人からトヨタ・クラウンにピンク色が新登場したという驚きの話を聞いてはいたのだが、昨日大きな新聞広告(2面構成)で紹介されていたのは、もう、それこそ「驚き以上」であった。クラウンはすでにある一定の年齢以上の人たちに愛されている高級乗用車というイメージを抱いてきたが、そのクラウンで敢えてピンク色を選ぶという感覚はいったいどういうものなのだろうか。

2013年3月20日 水曜日■春分の日。旅行団からは一足早く失礼する。今回の旅行、ちょっと食べ過ぎたかな。また自主的にカロリー制限しなくては。◆帰りがけ、書店に立ち寄り、月刊の音楽雑誌2冊を購入。近くのコーナーでは嵐の二宮和也さんのインタビュー記事が特集されたような雑誌が、いろいろ並んでいる。東野圭吾原作のSFサスペンス映画『プラチナデータ』に主演したことによる。そばにいたファンらしき2人の女性が、さすがに全部を買うわけにはいかないからか、どれを買おうかと絞るために一所懸命見比べていた。大変だなあ、ファンは・・・。◆桜があちこち咲いている。例年より2週間近く早い開花だったか。彼岸で近所の墓園も出入口付近の道路が渋滞。

2013年3月19日 火曜日■学校行事、合唱祭が市内のホールで行われる。1年次生の歌唱が予想していた以上によかったが、いかに音楽としてよりよいものを創り上げるかというところで、まだまだ勉強が足りないな。いつも同じことを思っているけれど・・・。先月出産を済ませた同僚のSさんがクラスの発表を見に会場に姿を見せていて、嬉しかった。◆合唱祭終了後、3年次(学年)の教員旅行で三浦海岸へ。渋滞で鎌倉・逗子を抜けるのにかなり時間を食う。到着後はすぐに食事・入浴。それから夜遅くまで部屋であれこれおしゃべり。寝たのは遅かったが、ぐっすり眠った。

2013年3月18日 月曜日■通院のため仕事を休む。朝、強風でJRに遅れが出て、病院到着も大幅に遅れる。◆テレビのニュースでは、東横線渋谷駅が16日に地下に移り、通勤客が混乱しているのしていないのの話題。東横線横浜駅も地下にホームが移って乗換が面倒くさくなった気がしたけれど、渋谷駅も同じだろうか。◆WBC、日本チーム、準決勝でプエルトリコに敗れる。3連覇ならず。実力の差か・・・。まあ仕方ないかな~。

2013年3月17日 日曜日■産業能率大学・代官山キャンパスでの「第7回アクティブラーニング実践交流会」に参加。国語(現代文)の授業実践を生徒役になって体験し、その後グループ及び全体で振り返りをするというもの。主宰されている小林さんは埼玉県の県立高校の物理の教員。会の進行・管理の見事なこと。参加者から多くのアイデアを引き出し、いろいろな学びを得ることができてよかった。授業者のSさんにも感謝。本日の参加者は30名ほど。そこに集まった方が教員だけでないのがいいところ。懇親会には出席できなかったが、次回もまた参加してみたい。◆ところで今日は妻と入籍した記念日であった。「結婚記念日」は式・披露宴を行った日なのか、入籍した日なのかは、人それぞれで判断が違うようだが、わが家はやはり式・披露宴をし、指輪も交換した3月7日の方が有力だろうなあ。7日は互いにしっかり確認していたが、今日17日のことは妻もあまり意識していなかったようで、夫婦の会話でも、夜遅くまで話題にもならなかった・・・(笑)。

2013年3月16日 土曜日■部活動があり、休日出勤。24日に定期演奏会を控え、激しい追い込みか?◆かつての同僚Nさんが指導している高校の吹奏楽部も下旬に定期演奏会を開催。Nさんの依頼で、プログラムに拙文が掲載されることに。その原稿がようやくできあがった。◆中1の長男と小3の長女が横浜スタジアムで、ベイスターズ対ホークスのオープン戦を観てくる。ベイスターズが8-7でサヨナラ勝ち。興奮気味に結果を報告してくる長男。今年はベイスターズの試合は面白そう。特に破壊力のある打線が・・・。「ははは、どうせ最初だけだろ?」な~んて言わないでくださいよ、皆さん!

2013年3月15日 金曜日■夕方、銀座・王子ホールへ。めざましクラシックスVol.63。車で向かったが途中首都高速の渋滞にはまり、開演に間に合わないかもと半ば諦めていたが、滅多に通らないレインボーブリッジから廻ったら意外と空いていて、開演前にホール入りできた。初めて「めざクラ」に出かけた小3の長女も、プログラムが子どもをテーマにした選曲だったこともあり、また友人Kの楽屋を訪ね、サインをもらい、写真を撮らせてもらったりで静かに興奮気味の様子(笑)。ゲスト出演は、ヴァイオリンの河井勇人くん(小4)と、ピアノの奥田弦くん(小5)。いやあ、二人ともたいしたもんだ。今後途中でつぶれてしまうことなく、着実に成長していってほしい。◆終演後は友人K(さっきのKとは別のK)夫妻とともに、友人O、Tちゃんと合流し、恵比寿にある中華料理店へ。24時間営業のこの店の看板料理は北京ダック。安くて旨かった!(全席禁煙ならなおよかったのだが・・・。)深夜帰宅。

2013年3月14日 木曜日■進路指導関係の打ち合わせや書類整理、成績処理などに追われ、あっという間に1日が過ぎて行く。◆帰りに家族がいちご大福を買いたいと言うので、昨日に続き丸寿へ立ち寄るが、今日は売り切れで買えず。ホワイトデーだったかららしい。

2013年3月13日 水曜日■夕方地元の和菓子店、丸寿(まるす)へ立ち寄る。娘たちが大好物であるいちご大福ほかを購入。◆夜、息子とスーパー銭湯でのんびり。雨のため、露天風呂には長居せず。

2013年3月12日 火曜日■通院で1日仕事を休む。ここ数日、外出時はマスク着用。目のかゆみもひどく、目薬は今日も数回点眼。夜、かかりつけの内科へ。アレジオンと小青竜湯を出していただく。暖かくなってきて、ヒートテックの下着がだんだん邪魔になってくる。

2013年3月11日 月曜日■東日本大震災から2年が過ぎた。14時46分、静かに黙祷。

2013年3月10日 日曜日■WBCの日本。今日は対オランダ戦だが、2回表を終わって6-0と意外にも(←失礼)リード。とはいうものの、今年はWBCにもちょっと冷めてしまっていて関心が低いというのが正直なところ。ベイスターズの選手が一人もいないこともあるし、イチローやダルビッシュらメジャーリーグで活躍するスターが不在なのも大きい。それにしてもオランダは強い。ベースボールが盛んな土壌があるのだろうか。今日は16-4で日本が圧勝したけれども・・・。◆今日も部活動で出勤。花粉とともに中国から飛来している微小粒子状物質(PM2.5)が気になる。花粉量は多く、今日も目のかゆみ、涙目、鼻水など1日つらかった。

2013年3月9日 土曜日■部活動があって終日出勤。テストの採点、出張に行ってきてのまとめ、3年次生の進路状況の集計・整理、県から送られてきた調査への回答作成など、片っ端から片付けていく。◆今日は花粉の飛散が異常。アレジオンも目薬もマスクもだめだ。つらい。

2013年3月8日 金曜日■シプリアン・カツァリス(ピアノ)の東京公演を浜離宮朝日ホールで聴く。今夜はオール・ロシアもので、カツァリスが集めてきた小品ばかりが演奏される。スクリャービン、チャイコフスキー、ショスタコーヴィチらはともかく、名前も聞いたことのないような作曲家の作品がずらりと並び、それを次々に弾いて聴かせてくれるのであるから、それはそれで面白い。初めて聴くような、まったくなじみのない曲であっても、映画音楽のテーマやテレビドラマの挿入音楽として使われてもよさそうな親しみのあるメロディが多い気がする。しかし、ロシアで、いやクラシック音楽史でもよく知られた名作曲家の作品と、無名の作曲家による知られざる小品を比較してしまえば、いくらカツァリスが演奏すると言えども、その音楽の深み、ニュアンスの細かさには歴然とした差を感じざるをえない。それでも、カツァリスが弾くから楽しいには楽しいのであるけれども・・・。

2013年3月7日 木曜日■ここ数日、目のかゆみ、涙目がひどい。眼科に行って2種類薬を出してもらったが、それがないとかなりつらい日々である。花粉がビュンビュン飛んでいるのだろう。◆今日は結婚記念日。学校は期末試験中だが、休日出勤の振替で休む。午前中は散髪。短くさっぱり切ってもらった。午後は自宅で。夕方、ひとりで近所のスーパー銭湯へ行き、身体を温めてくる。夜は家族で横浜中華街にある海員閣で食事。海員閣はかれこれ20年か25年は訪ねていなかったので、かなり久しぶりの印象。行列ができておらず、すぐに店に入れ、ラッキー!定番の豚ばら飯、シウマイを注文したが、シウマイは肉のかたまりのようでしっかりした味付けとたしかな歯ごたえで、満足度が高い逸品。ここ数日、睡眠不足なので今日は早く床に入ることにする。

2013年3月6日 水曜日■学校は今週いっぱい期末試験。午前中は試験監督で動く。午後は進路指導の関係で出張。たいしたことをしていないのに結構疲れる。◆夜、コメダ珈琲店でひとりコーヒーを飲んで過ごす。興味深い新聞記事を見つけ、得した気分になる。ちょっとイイひととき。スーパー銭湯でのんびり湯に浸かり、心身ともに癒やしたいところだったが、今日はそれができず残念。

2013年3月5日 火曜日■都内の某専門学校で卒業発表会があり、見せていただいた。会場はものすごい熱気で、見ていても実に楽しかった。ここからも活気ある学校の雰囲気が容易に想像できる。◆帰りに電車を降りると、駅の広場でキーボードを弾きながら若い女性が歌を歌っている。けっして珍しい光景ではない。が、不思議とその歌声に惹かれ、立ち止まって聴いてしまった。いや、聴いてしまったなんて言い方は失礼だな。透明感のあるきれいな声であるが、メロディにのった歌声がききての心に染みこんでくるのを感じ、ついにはCDを1枚購入。札幌出身で、東京の音大で学び、湘南に来たときに藤沢が気に入って今は藤沢に住んでいるという彼女。工藤江里菜さん。これからひそかに彼女のことも応援しよう。http://erinakudo.jp/

2013年3月4日 月曜日■マイスキーに関する嬉しいニュースがある。近々発行するニュースレターで紹介できると思う。◆夕方、眼科に通院。緑内障には開放隅角緑内障というのと閉塞隅角緑内障というのがあることを、今日初めて知った。目の構造の図を見せてもらいながら説明を受けたが、あまりよく理解できていないかも・・・(苦笑)。市販の医薬品の注意書きには、緑内障の場合、薬剤師に相談するよう指示が書かれていることが多いのだが、実は、主として閉塞隅角緑内障の場合に問題となるのだとか。花粉症にはアレジオンを飲んでいるのだが、ここ3~4日、それだけでは対処しきれず、目のかゆみ、目やになどに悩まされていたので、目薬を処方していただき助かった。◆カツァリスの茅ヶ崎公演も無事終わったし、早めに休みたいな。

2013年3月3日 日曜日■シプリアン・カツァリス(ピアノ)の茅ヶ崎公演。昨夜から徹夜で会報の編集。終わったのが午前5時半だった。やはり本番前日の取材はきつい。わかっていたのだが・・・(苦笑)。◆茅ヶ崎公演は、例によってカツァリスの即興演奏で定時に始まり、ハイドンのソナタ、モーツァルトの幻想曲2曲、シューベルトの歌曲(リスト編曲)3曲、ショパン2曲、そして、後半にベートーヴェンの『皇帝』(カツァリス編曲によるピアノ・ソロ・ヴァージョン)の順で演奏された。それにしてもヤマハのコンサートグランドピアノ、CFXがこれまできかせたことのないほど、豊かに、美しく鳴り響いていた。前半はシューベルトが絶品。後半の『皇帝』は、一部舞台裏で耳を傾けたが、こちらも非のうちどころがないほどの力演。アンコールは1)カツァリスによる即興曲~さくらのイメージで~、2)マルチェッロのオーボエ協奏曲より、第2楽章。いい演奏会。◆夜、長男を連れてスーパー銭湯へ。のんびり湯に浸かって疲れをとる。

2013年3月2日 土曜日■「はさみ」と入力したら、ATOKでは✄や✃なども候補で出てきた(笑)。なんだか楽しい。◆シプリアン・カツァリスの逗子でのピアノ・リサイタルに出かける。前半は即興演奏で始まり、ドビュッシー、シューベルト、ショパンを配する。後半はベートーヴェンの『皇帝』のカツァリス自身によるピアノ独奏版。やはり圧巻は『皇帝』。終演後、カツァリスを宿泊先のホテルに車で送りつつ、インタヴュー。明日の茅ヶ崎公演に向け、帰宅後はパソコンの前に座って、文字おこし作業。会報の編集。今夜は徹夜の作業になるかも。

2013年3月1日 金曜日■春一番か。日中時折強い風が吹く。暖かい。花粉の飛散量がいっそう増えたようである。朝、自宅でアレジオンを飲み忘れて、一瞬どうしたらよいか途方に暮れかかったが、引き出しに薬の予備を見つけ、ほっとする。◆今日は卒業式。保護者の方にとっては、もしかしたら生徒以上に感慨深いものがあるのかも。◆夕食は餃子。2回に分けて焼いたが、100点満点の出来映えで満足。フライパンにこびりつくこともなく、イイ感じで焦げ目も付き、香ばしくなっておいしそう。