管理人の音楽日記帳
(2013年7月1日~7月31日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2013年7月31日 水曜日■午前は英語教員対象の研修。午後は生徒指導関連(「生徒指導をめぐる訴訟」)と「タイムマネジメント」に関する研修。午前・午後それぞれ3時間の研修であったが、午後はテーマが2つあり、どちらも中途半端な印象。1つに絞ってほうがしっかり学べてよいはず。

2013年7月30日 火曜日■夕方まで進路指導業務で次から次へと仕事が襲ってきた1日。いやあ、疲れた・・・。◆藤沢市民会館大ホールでキエフ・バレエ(タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立)公演(茅ヶ崎市楽友協会主催)。いつものバレエ公演のたびに感じることながら、ふだんのクラシック音楽公演と客層がまったく異なるのに驚く。

2013年7月29日 月曜日■アバド指揮モーツァルト管弦楽団によるシューマンの交響曲第2番のCDがリリースされているが、これがすばらしい。◆ポリーニのブラームスの協奏曲2曲をティーレマンの指揮によるドレスデンのライヴで楽しむ。◆通院。小雨が降るもやっぱり夏。蒸し暑い。

2013年7月28日 日曜日■深夜、NHK総合テレビをつけると、エアアジア(マレーシアを本拠とする格安航空会社)の中心人物、トニー・フェルナンデスがどのようなきっかけで会社を設立し、現在どんな経営を行っているかが紹介されていた。とても面白くてやめられず、結局最後まで視てしまった。◆10時すぎに出勤。進路指導の仕事で1日が終わる。捜していた文書が見つかり、とても嬉しい。◆ベイスターズがタイガースに敵地で3連勝。いいじゃないの!◆夜、英語がやや不得意な中2の長男相手に教える。今のところ順調だがこのままうまくいくだろうか・・・。

2013年7月27日 土曜日■午後、ミッシャ・マイスキー ファンクラブの会員の集い。都内の公共施設の集会室を借りて実施。10名ほどの方がおいでくださり、楽しいひとときを過ごす。初来日時のテレビでのインタヴューの様子、『徹子の部屋』でのマイスキー、その他興味深い映像を皆さんで見て楽しんだ。予定していた2時間をはるかに超過。近々また続きをしましょうと言って解散。

2013年7月26日 金曜日■午前中、3年次生の英語講習。今日のテーマは「仮定法」。10名ほどの生徒相手に90分間の1本勝負。もう少し時間があれば・・・。◆昨日に続き、のんびりするゆとりは一切なく、慌ただしく1日が過ぎていく。

2013年7月25日 木曜日■暑い。指定校推薦一覧表作成の関係でいろいろな学校へ電話連絡。慌ただしい1日であった。◆夜、子どもたちが平塚球場でベイスターズのファームの試合を観戦。國吉投手が好投し、勝ち投手に。こちらは子どもの迎えに車を走らせただけ。ゲームを見たかったな。國吉投手のサインをもらう。(^o^)

2013年7月24日 水曜日■都内の某美容の専門学校を訪れ、見学させていただく。こうやって足を運んで見せていただき、いろいろな情報を生徒に還元できるようにしないといけないんだなあと改めて感じた。学生さんたちの熱心さ、意欲の高さ、そして教室に入退出するときに皆が元気よく声を出して挨拶してくれるのが強く印象に残った。

2013年7月23日 火曜日■推薦・AO入試の保護者対象の説明を今日も実施。午後はつけた成績の確認作業など。

2013年7月22日 月曜日■夏期講習。もうひとりの教員と分担しているので、初日の今日と最終回である5日目の2回だけである。90分。今日の内容をすべて制覇するにはもう少し時間が欲しかったな。◆推薦入試に関する保護者対象の説明会の2回目。成績処理や進路関係の業務が重なり、ハードな1日。◆村治佳織さんの演奏活動がしばらく休止になるというニュース。ぼく自身ショックが大きい。来年3月の茅ヶ崎公演も残念ながら中止となった(当日の代わりの公演内容は未定)。彼女の1日も早い快復を心から願う。

2013年7月21日 日曜日■朝、参院選の投票を済ませ、出勤。夜は家族で実家に行く。◆霊感はまったくなく、見えないものは基本的には見えない人間のはずである。が、今夜は・・・。いやあ、こわかったなあ。あとになれば笑えるんだけど・・・。

2013年7月20日 土曜日■長男14歳。はやいなあ。生まれた日のことは今でも鮮明に憶えているが、生まれて何年間かはずいぶん親バカもいいところだったなあ(笑)。◆推薦入試に関する保護者対象の説明会を開催。これが終わると、次は指定校推薦の一覧表の発表の準備にうつることになる。◆夜、家族で映画。『真夏の方程式』。個人的には杏の好演が印象的。

2013年7月19日 金曜日■午後都内へ出張。某予備校主催による教育研究会だったが収穫大なり。大いに勉強。◆夜、ショッキングなニュースあり。これにはかなりこたえた・・・。

2013年7月18日 木曜日■朝6時半過ぎには出勤し、仕事を始める。慌ただしい毎日であったが、ある程度まとまった仕事ができてよかった。朝は涼しかったものの、徐々に気温が上がり、厳しい暑さの1日となった。

2013年7月17日 水曜日■小雨の中、長男と長女を連れて、横浜スタジアムへ、横浜DeNAベイスターズと東京ヤクルトスワローズの試合を観戦。着いたのは試合開始1時間後だったが、それでも試合が終了したのは22時12分だったので、ずいぶん長く感じる。試合はベイスターズが7回裏2アウトより、連打を浴びせ8得点。シーソーゲームを制し
て、見ていてスカッとして帰ってきた。

2013年7月16日 火曜日■連休明け、期末試験も終わり、この暑さ。生徒は夏休みモードに入りつつあるようだが、3年次生はそれでは困ります。

2013年7月15日 月曜日■海の日。たまっている仕事を片付けに出勤。さくさくと効率よく仕事が進み、気分はとてもよい。

2013年7月14日 日曜日■祇園祭でごった返す京都。疲れもあって遠出を避け、出町柳にある名曲喫茶「柳月堂」を訪ねる。京都ではもうほとんど残っていない名曲喫茶。広いリスニングルームでLPやCDがずらりと並んでいて見事。リクエストができるというので、ベートーヴェンの『エロイカ』をジュリーニ指揮ロス・アンジェルス・フィルの演奏をかけてもらう。このジュリーニ/ロス・フィルによる演奏は、当時は相当物議を醸したものだった気がする。たっぷりと歌い込んだ『英雄』をコーヒーを味わいながら楽しむ。もっとも、どうも煮え切らない、すっきりしない、思いっきりのよさがもう一歩という印象もいだく。◆黒川侑くんと会い、昼食をとりながら歓談。2時間あまり、楽しいひととき。今、若手のヴァイオリニストでイチオシの一人。

2013年7月13日 土曜日■京都へ。小雨の降る中、時間ができたので、短時間ではあったが久しぶりに圓通寺を訪ねる。住めるものなら京都に住んでみたいと思うが、実現はしそうにない。圓通寺の枯山水、そしてその向こうに見える比叡山。見事な借景庭園を堪能し、京都コンサートホールへ。◆三ツ橋敬子指揮京都市交響楽団。前半の黒川侑がソロを受け持つ、チャイコフスキーのコンチェルトが目当て。1曲目の『エフゲニー・オネーギン』よりポロネーズに続き、ヴァイオリン協奏曲。彼は素晴らしいソリスト。ベルギーで勉強を続けているが、焦らず、自分の音楽をじっくり伸ばしていくための努力を怠らない。集中力のすごさ。フィナーレに向けて徐々に曲を盛り上げ、温度を上げていく見事さ、歌うところで心を込めた丁寧な誠実さが何とも言えない。残念ながら後半のラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(Pf:小山実稚恵)はパス。黒川くんに挨拶だけしてホールを後にする。◆夜、塩ラーメンの龍旗信という店を見つけ、うまい塩ラーメンと出会うことができて嬉しかった。

2013年7月12日 金曜日■週末。私用で都内へ。武蔵野市民文化会館小ホールで、スメタナ・ピアノ三重奏団を聴く。スメタナ、ドヴォルザーク(ドゥムキー)に期待したが、3人の奏者のバランスはどうだっただろうか。アンコールでは若い作曲家ハースの作品、スークのエレジーが取りあげられた。会場は満席。それにしても聴衆の平均年齢の高いこと!年下の人はほとんどいないのである!

2013年7月11日 木曜日■ひょんなことから録っておいたNHKの番組で、湘南乃風の歌についてとりあげていたが、これがなかなか面白かった。湘南乃風---歌は一度も聴いたことがなかったのだが、今日初めて耳にし、興味をおぼえる。ノリがよくて、暑さを吹き飛ばせるかな。

2013年7月10日 水曜日■未明、目が覚めて『激流』第2回(録画)を見る。面白い。昨夜、第3回を放送していたはず。今日も見ようかな。でも第4回は来週まで見ることができない・・・。◆健康診断。胃部レントゲンでバリウムを飲んだが、途中でもう1回飲み直し。こんなのはじめて。ゲップを我慢できなかった自分に責任があるのだが(苦笑)。やれやれ。今日の健診の先生は後縦靱帯骨化症をご存じのようで、OPLLですねとおっしゃっていたが、以前、あるお医者様は病名がまったくピンとこなかったようで・・・。◆午後代休をもらい、午前授業で早く帰宅した長男と平塚球場へ。ベイスターズとファイターズの二軍戦。試合終了後、観客数は271名とのこと。

2013年7月9日 火曜日■ミッシャ・マイスキー 東京公演の会員先行予約受付が始まる。お客さま、たくさん入るといいな。◆「私を憶えていますか? 冬葉」・・・夜中に録画しておいたビデオを見る。NHK火曜ドラマの『激流』第1回。ふふふ、はまった・・・。

2013年7月8日 月曜日■6月の休日出勤の振替休日。都内に出る。新宿駅の地下道のある場所に人がたくさん。カメラや携帯電話を構え、皆夢中になって撮っている。対象は「嵐」。なるほどね~。妙に納得。フジテレビの番組の宣伝なのだが、横長の大きな写真はたしかに撮りたくなるのだろうな。念のため、わが家の娘や同僚のOさんにもと、iPadで撮っておく(笑)。◆その後、下落合、高田馬場へ。高田馬場ではかれこれ10年以上お世話になっているTさんにお目にかかり、いろいろと話を。いいひととき。

2013年7月7日 日曜日■昨日から日中気温が急上昇。昨夜梅雨明け宣言をしたそうである。◆用があって朝から夕方まで厚木で過ごす。◆ミッシャ・マイスキーの11~12月の来日公演の主催者さんと連絡を取る。東京公演も1週間後に一般発売。

2013年7月6日 土曜日■産業能率大学主催で高校教員対象に行われている授業力向上セミナーに、今年も参加。アクティブラーニングをテーマにしたグループに出席し、多くの方とまた知り合うことができ、ほんとうに充実し、有意義な1日であった。今年16回目になるこのセミナーは参加者が100名を超えたとのこと。こういう会が年に何回かあればいいのに・・・。自分自身の実践や学校の取組などを話すことで、また新たな気付きも得られ、大いに勉強になった。

2013年7月5日 金曜日■昨夜から小4の長女が発熱。今朝急に上がり、急遽仕事を休み、病院へ連れて行ったり、自宅で看病したり。◆夜は妻と交代し、職場の歓送迎会へ。教科15名の集まり。和気藹々。楽しく過ごす。

2013年7月4日 木曜日■ミッシャ・マイスキー、12月3日東京・サントリーホール公演チケットの先行予約案内葉書を発送。◆常回家看看・・・中国では親孝行義務づけの法律「高齢者権益保障法」が1日より施行され、子が頻繁に帰省し、親に顔を見せることが義務付けられたそうである。中国の古くからあるしきたりや道徳観のようなものが徐々に廃れてきていることを物語っているのだろうか。

2013年7月3日 水曜日■午前中授業。午後は1コマ同僚の授業を見学し、その後指定校推薦で届いた文書の整理。◆そうだ、今日はカルロス・クライバーの誕生日だったっけ・・・。

2013年7月2日 火曜日■7月も2日目があっという間に終わる。こうしてどんどん日が過ぎていくのか・・・。やれやれ。◆このところ学校でやっていることといえば、授業、そしてその準備。進路関係の文書作成、進路関係で届いた文書の処理。届いた荷物の運搬。こんなことばかり。ため息が漏れる・・・。◆帰りがけ、薬局で「活蔘(カツジン)28」を購入。

2013年7月1日 月曜日■今日から7月。毎朝押印している出勤簿(いまだにタイムカードはない)も裏側のページになり、ああ今年も後半に入ったのかと思わざるをえない。◆空き時間は推薦入試に関する説明会の資料作りに追われる。今月もそれなりにハードになりそう。