管理人の音楽日記帳
(2013年9月1日~9月30日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2013年9月30日 月曜日■9月も今日でおしまい。はやかったなあ、9月。8月までに取れなかった夏季休暇を今日取ったものの、夕方退勤時刻近くに職員室に顔を出す。これでは夏休みではないよなあ(苦笑)。◆バイチとフレッツベルガーの取材記事をまとめる。

2013年9月29日 日曜日■横浜でリディア・バイチ(ヴァイオリン)とマティアス・フレッツベルガー(ピアノ)にインタヴューを行う。◆昨日の運動会の疲れがまだ残る・・・。そうだよ、50代の父親がリレーに出なくてもよかったんだよなあ。まあ、娘が喜ぶと思って走ったんだけど、ほんとうに喜んだんだかどうだか(苦笑)。

2013年9月28日 土曜日■二女の保育園の運動会。保護者対抗リレーに、保護者の綱引きにかり出される。大して走ったわけではないので、夕方になって疲れがドッと出た(苦笑)。それに半袖で過ごす今日は寒かった。特に原付に乗っているとき。◆午後は海老名市文化会館小ホールへ行き、リディア・バイチ(ヴァイオリン)とマティアス・フレッツベルガー(ピアノ)のデュオ・リサイタル。茅ヶ崎の下見がてら出かける。入りがいまひとつでもったいなかったな。

2013年9月27日 金曜日■今日もスポーツ大会があったが、当番の時間以外は、進路関係の書類点検に終わる。産休中の同僚が訪ねてきてくれ、歓談。◆帰りに某文具・事務用品店で前の同僚だったSさんとばったり会い、しばし立ち話。嬉しかったなあ。◆弟の誕生日。メールで祝う。

2013年9月26日 木曜日■学校はスポーツ(球技)大会。授業がないので、その分机に向かって書類の点検作業。昨日に続き、10人以上の分を片付けたが、1日やっても箱が空にならない。次々に新たな文書が起案されるからなのである・・・。授業のための教材準備をしたいのになあ。やれやれ・・・。

2013年9月25日 水曜日■1906年生まれの作曲家ショスタコーヴィチの誕生日だそうだ。聴き手もすでに50になったが、交響曲第5番を初めて聴いた35年前から、思ったほどショスタコの「聴くほうの」レパートリーは拡がっていない。一番聴いているのは5番のシンフォニーと、チェロ協奏曲第1番、チェロ・ソナタ、それに弦楽四重奏曲の8番あたりだろうか。オペラも声楽も、いまだにほとんど未開拓分野である。◆推薦入試の出願が近づき、朝から空いている時間にしていたのは、推薦書と調査書等の出願書類の点検・確認作業。20人近くの分を終えたが、19時をまわり、その先作業を進めるのを諦める。◆口内炎で舌の先がヒリヒリしている。残念なニュースが1件。そして、ストレスにうんざり・・・。

2013年9月24日 火曜日■1週間の休み明け。何とか1日乗り切ったが、仕事は思うように効率的にはできず。明日の仕事が増えるのを覚悟で早く寝ることに決めた。

2013年9月23日 月曜日■朝早く目が覚め、眠れなくなったので、ビデオ録りしておいたTBSテレビのドラマ、『半澤直樹』の最終回直前までの2時間ダイジェスト版と、最終回25分拡大版を続けて見る。なるほど、人気があるだけのことはある。なかなか面白くて、3時間以上ぶっ続けで見てしまった。◆夜、子どもたちの希望で、横浜みなとみらい(ランドマークタワー)にあるドックヤードガーデンで、空間演出 「プロジェクションマッピング」を見てくる。「かつて造船所のドックであった独特の形状を活かし、高さ約10 メートル・横幅約29メートルの船型の石壁に沿って映像を投影することにより、その世界に入り込んだような感覚が味わえる屋外では日本初の“180度体感型プロジェクションマッピング」とうたった映像芸術作品。スケールが大きく臨場感が溢れていて、結構面白かったけれども、インパクトとしてはいまひとつかな。上映は15分くらいか。霧雨が降っていて(傘さしができないので)それもちょっとつらかった・・・。

2013年9月22日 日曜日■カンバタンゴ楽団の藤沢公演。メンバーのギタリスト2人とは2年ぶりの再会。皆さんとても人柄がいい。日本ツアー初日。大いに盛り上がる。◆二女の6歳の誕生日。◆丸寿(和菓子屋)さんのぶどう大福がおいしい。病みつきになりそう!二女に買って帰る。

2013年9月21日 土曜日
■明日はカンバタンゴ楽団の藤沢公演。インタヴュー記事を会報に掲載し、何とか形のあるものにすることができそう。◆昼過ぎ、長男の中学校で行われている文化発表会を見に出かける。科学部のプラネタリウムはよくできていたなあ。中学生でもこんなものが作れるんだ!と感心する。◆暑くて冷たいものがすぐに欲しくなる。ガリガリ君、アイスクリーム、セブンイレブンのアイスコーヒー、冷たいお茶などなど。

2013年9月20日 金曜日■22日に公演があるカンバタンゴ楽団のバンドネオン奏者、平田耕治さんの取材記事を急いでまとめる。だいぶ涼しくなってきた、とはいえ、エアコンを止めていると汗が身体からふきだしてくる。まだまだ夏が残っているのかな~。◆知人・友人がFacewbookに載せた月の写真。何枚も見せてもらったが、皆、美しく撮れているなあ。うさぎが出てきそうな写真ばかり。ロマンを感じる。

2013年9月19日 木曜日■十五夜。知り合いの和菓子屋さんにお願いして、月見だんごを取り置いていただく。すすきもいただき、夜は空高いところにある月を眺め、十五夜気分を少しだけ味わう。◆昨日、今日の朝日新聞では、政府がこの秋の臨時国会に提出しようとしている「特定秘密保護法案」について、社説をはじめ、1面、2面あたりでかなり大きく報じている。国の安全保障に重大な支障を与える恐れがある情報を「特定秘密」に指定し、漏らした国家公務員らへの厳罰を謳おうとしているものである。◆だが、これにより、国民に知られたくない情報が政府によって恣意的に「特定秘密」に指定され、国民が知ろうとする権利を侵害したり、報道を規制することに繋がるような恐れが多大にあるということが大きな問題である。さらに、下手すると、この情報を知ろうとする行為が処罰の対象にもなりうるというのは恐ろしいことではないか。◆このように、法が制定されたときの問題点が多々あることは、女優の藤原紀香さんも自身のブログで指摘していた。◆政府は多くの国民の意見をきこうという目的で「パブリックコメント」を受け付けたというが、これも9月17日までの2週間で締め切るという短さだったし、パブリックコメントを受け付けたことすら知らなかった国民は少なくなかったのではないだろうか。大いに疑問を抱いたのである。◆朝日新聞で、昨日、今日とかなり意識的に問題提起していたが、多くの国民にそれを伝えようというならば、なぜパブリックコメントを受け付けている期間中に報じなかったのか。◆先日のFacebookでもこの法案への疑問についてコメントしたが、思ったほどの「いいね」はいただけなかった。私の考えに反対の人が多いのだろうか。それとも、この法案の裏の(?)狙いがあまり意識されていないのだろうか。9月18日の朝日新聞によれば、政府は「知る権利」、「報道の自由」明記を検討すると言っているが、「情報隠し 消えぬ疑念」という記事も載せており、この法案がどのように決まっていくのか、まだまだ予断を許さないという認識である。

2013年9月18日 水曜日■今日から束の間の休日。23日まではプライベートで時間をつかいたい。銀行、郵便局、チケット払い戻し、薬局、イトーヨーカドー。半日使ってしまった(>_<) ◆【物忘れについて】いやあ、物忘れには参る。40代後半から始まったのだが、最近はどんどん症状が進んでいる気がする。1職場のどこかにマグカップ置き忘れ。(←かつて、年上の同僚が置き忘れているのを見て、なんでこんなところに置いていってしまうんだろう、と不思議に思っていたのに・・・) 2人の名前をど忘れすることも多くなる。職業柄、すでに数千人との出会いあったはずだが・・・。(それでも、憶えている人は憶えている!) 3たとえば、セブンイレブンで払込みをするのに13桁の数字があるのだが、これが憶えられなくなった。4桁×3種くらいになると、もう自信がない。憶えきれない。  4家族でトランプの「神経衰弱」をしようと誘われると、ほんとうに気が重い。ある場所の特定のカードを4~5枚憶えておくのが精一杯。5歳の娘にも完全に負ける。やれやれ・・・(-_-)  5忘れてはいけないので、そこらにある紙にメモをするのだが、そのメモが見つからなくなってパニックになる。 6ところが、そのメモがなくなったことすら忘れてしまっていることも多々ある。いけませんなあ~。 まあ、それでも命に別状があるわけではないので、よしとしようかな。

2013年9月17日 火曜日■文化祭の後片付け。2日目は台風で流れるだろうと生徒も覚悟を決めていたようで、1日目にある程度「燃焼」したので、あまりあとに引きずってはいない模様(←推測)。

2013年9月16日 月曜日■特別警報級の大雨というほどものすごい荒天になりそうだということで、覚悟を決めて朝を迎えると、大雨警報、暴風警報が発令しており、結局臨時休校に。文化祭も残念ながら流れた。午後、警報が解除されたあとは、天気も落ち着き、ベートーヴェンの田園交響曲の第5楽章のような感じ・・・。

2013年9月15日 日曜日■「特定秘密の保護に関する法律」(秘密保持法)について、政府がパブリックコメントを募集中というが、なぜたったの2週間なのか?それに、こんなに危険な法案(←私見)をどうしてマスコミが軽んじているのか。なぜもっととりあげようとしないのか。外交や防衛などに関わる秘密を漏洩した公務員らの罰則を強化するという趣旨らしいが、実際にはそれだけにとどまっていないから恐ろしいと思うである。民主国家であるはずの日本がどこかにいってしまうのではないか。

2013年9月14日 土曜日■ちょっと仕事を休ませてもらい、午後、鎌倉芸術館大ホールで、仲道郁代&横山幸雄ピアノ・デュオを楽しんできた。仲道さんのソロ、ショパンのバラード第3番変イ長調op.47は今日一番楽しみにしていたかもしれないのに、こともあろうに、睡魔に負けてほとんど聴き逃すという大失態。しかし、仲道さんは小柄なのに、ほんとうにたっぷりとした音量のピアノをきかせるのに感心する。ひとまわりもふたまわりも大きな横山さんとのデュオでも、けっして聴き劣りすることなどなく、ときに丁々発止の展開も楽しませてくれる。最後に演奏された、横山幸雄さん作曲の超絶技巧練習曲「カルメンの誘惑と幻想」が印象的。今日のプログラムは次の通り。ラフマニノフ作曲:ピアノ連弾のための6つの小品 op.11より(ピアノ連弾)、ショパン作曲:バラード第3番 変イ長調 op.47(仲道郁代ソロ)、ラヴェル作曲:ラ・ヴァルス(2台ピアノ版)、シューベルト作曲:ピアノ連弾曲「幻想曲」へ短調 D.940(ピアノ連弾)、リスト作曲:メフィスト・ワルツ第1番 S.514(横山幸雄ソロ)、横山幸雄作曲:超絶技巧連弾曲『カルメンの誘惑と幻想』(ピアノ連弾)。アンコールは「マ・メール・ロワ」より第5曲「妖精の園」。仲道郁代の『クライスレリアーナ』(シューマン)が聴きたい!サイン会でご本人にリクエスト。得意なシューマンだと思うが、なぜか遠ざかっているよなあ。ご本人も長いことリサイタルで弾いていないと認めていらしたけど・・・。ぜひぜひ。

2013年9月13日 金曜日■同僚Aさんの誕生日。彼女は文化祭の指導の中心になって毎日大忙し。でもほんと、よく頑張っているなあ。とても素敵である。で、お祝いのケーキを分けてもらっちゃった(^o^)。ごちそうさまでした。◆若手の教員が輝いている姿を見ていると、教員になったばかりのころ、無我夢中で熱意と意欲に満ちあふれていた自身を思い出した。でも、あのころの、突っ走って何にでも手を出していた自分はもういないか・・・。

2013年9月12日 木曜日■寝坊。目が覚めたら7時47分。大慌てで支度し、18分後には家を出る。マリンの散歩をせずに出かけなければならなかったので、マリンは恨めしそうな顔をしてこちらを見ていた。ちょっとつらい(苦笑)。◆昨日『レインマン』を見せたクラス。今日は後半を鑑賞。いやあ、何度観てもいい作品だと思う。女子はトム・クルーズがカッコイイと言う。男子はダスティン・ホフマンの名演技に惹かれると言う。なるほど。◆クラウディオ・アバドが健康上の理由で来日中止に。ルツェルン祝祭管弦楽団の公演も流れる。残念。16日(15日深夜)にはNHK-BSの「プレミアムシアター」で、ルツェルン音楽祭2013より、アバド指揮ルツェルン音楽祭管弦楽団演奏会が放映されることになっていて、ベートーヴェンの『エロイカ』が聴ける。それで我慢することになるわけだが、放送は8月17日にスイス・ルツェルンで行われたライヴ録画であるから、まだそれほど日が経っているわけではない。アバドに何があったのだろうか。1日も早い快復を願おう。

2013年9月11日 水曜日■あるクラスで『レインマン(RAIN MAN)』を見せる。もう150回は観ているなあ。ダスティン・ホフマンもトム・クルーズもすばらしい。音楽もいい。◆指定校推薦会議が終了。疲れた~。

2013年9月10日 火曜日■進路指導の担当にとって、推薦会議ほど神経を使うものはないのではないか。特に指定校推薦は1名の結果が変わると、連鎖的に他の生徒の結果にも影響してくるので、ほんとうに気が抜けない。◆夜、雨。まさか降るとは思っておらず、カッパも自宅に置いてきてしまっていたので、濡れて帰るしかなかった。やれやれ。

2013年9月9日 月曜日■また始まった(今週のこと)。指定校推薦の選考会議を控えており、その会議資料作成に追われる。暗くなるころにはだいぶ涼しくなる。暑さが逆戻りしないことを願うばかり。

2013年9月8日 日曜日■2020年五輪 東京開催が決定!~今日の一番のニュース。でも、手放しで喜べないなあというのが率直な感想。経済効果がさかんに言われるが、そこにつぎ込む経費(=税金)を考えるとなあ・・・。優先して取り組まなければならないこと、ほかにたくさんありませんか、と言いたい。たしかに喜んでいる人が多いのは事実だが、福島の人たちも同じようにはしゃいでいるだろうか。そんなはずはない(と思う)。◆前任の高校(母校)の文化祭をのぞきに行く。室内楽部も健在。6名の部員たちが頑張って演奏していた。新校舎の建設が着々と進んでいる様子。楽しみではあるが、校舎落成後、現在ある校舎一つが除却となり、寂しさも感じられることだろう。曇り空でときおり雨がぱらついたが、1日暑かった。

2013年9月7日 土曜日■小学校時代の同級生がベルギーでオーケストラの楽員として活躍していることを知り、連絡が取れ、嬉しく思う。昔ヴァイオリンを弾けるようになりたいと言っていた彼女がその夢を叶えた。素敵だな。◆午後、バンドネオン奏者の平田耕治さんを訪ねる。9月22日に茅ヶ崎市楽友協会主催公演に向けての取材。横浜のみなとみらい大ホールはチケットが完売に近づいているとか。すごい。◆夜は王子ホールで、ギンザめざましクラシックス。高嶋ちさ子の新しいアルバム発売記念によるプログラムだったが、その中ではシェーンフィールド作曲の『カフェ・ミュージック』が気に入った。演奏は(CD収録も)第1楽章のみ。全曲が聴きたくなって、帰宅後早速HMVで輸入盤CDを探し、注文。

2013年9月6日 金曜日■私用で午後、早めに帰宅。週末。疲れた~。◆iPadの『数独』にすっかりはまってしまった。難問にも燃える(笑)。

2013年9月5日 木曜日■大雨で原付で行く気になれず、妻に車で送ってもらう。雨が降るが涼しくなる気配なし。湿度が上がり、ベタベタして気持ち悪いな。

2013年9月4日 水曜日■午前中、突然教室が揺れたり雨が降ってきたり・・・。雨が降ってもちっとも涼しくならない。

2013年9月3日 火曜日■ドラえもんの誕生日だって。最近のドラえもん、ちょっとつまらない。ジャイアンが昔のジャイアンじゃなくなっている。あまりに人がよすぎるジャイアンにガッカリする。もちろん、昔のジャイアンのようなキャラクターが、実際の自分の過去にいたら絶対にイヤなんだけど(笑)。

2013年9月2日 月曜日■1週間、授業か・・・。この猛暑でこちらもテンションが上がらない。ずっと会っていない小学校の同級生にメールを送ってみる。音楽関係で活躍しているとのこと。いつか会いたいなあ。

2013年9月1日 日曜日■部活動があり、休日出勤。◆iPadの充電器が行方不明になり、仕方なく、藤沢まで買いに行く。◆今日から9月。はやいなあ。信じられない。◆風呂上がり、思わぬところから出血。ポタッと床に血のしずくが垂れ落ちたときには驚いた。幸い、まもなく何事もなかったかのように収束したが。