管理人の音楽日記帳
(2014年10月1日~10月31日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2014年10月31日 金曜日■今日で10月も終わり。はやいな、はやすぎる!授業を2コマ行い、会議、進路の文書点検で終わる。明日も出勤。せめて今夜は早く寝て、疲れをとっておきたい。

2014年10月30日 木曜日■昨日、今日と行きつけの和菓子店を訪ねる。栗大福、栗羊羹、栗おこわなど、栗を使ったものが店内に並んでおり、どれも欲しくなるほど迷う(笑)。◆今日は代休。外出が多かったが、いつもよりはのんびり。でも、やることがたまっている。今日は仕事はパス。「ワークライフバランス」が大事だ。

2014年10月29日 水曜日■紀尾井ホールでマリオ・ブルネロ(チェロ)とアンドレア・ルケシーニ(ピアノ)のデュオ。すべてベートーヴェンで、『魔笛』の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲、チェロ・ソナタ第3番イ長調、チェロ・ソナタ第4番ハ長調、チェロ・ソナタ第5番というプログラム。ブルネロってこんなにも内省的な音楽を聴かせるんだっけという印象。4番のソナタでの冒頭のピアノとの音の交わりが美しく、この歌がいつまでも続いて欲しいと願いたくなるほど。5番では明るく力強い表現もところどころ現れ、それまでとの印象が異なったが、全体的にはブルネロとルケシーニのアンサンブルは落ち着いていて、極めて安定した演奏を聴かせていた。最後に弾いた、アンコールでの、J.S.バッハ作曲のコラール前奏曲『主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ』BWV.639が絶品。ブルネロの十八番らしい。2012年にはファジル・サイ、今年はルケシーニだけでなく、児玉桃とのデュオもある。共演ピアニストによっても、音楽がずいぶん変わるのかも。来月茅ヶ崎で行われる児玉桃との共演も楽しみである。

2014年10月28日 火曜日■2年次生が研修旅行に出発した。東北方面。様々な学びを経験して帰ってきてくることを願う。

2014年10月27日 月曜日■午後、県内の中等教育学校の研究授業。中1生だがすでに不規則動詞の過去形などを扱った英問英答などの実践が多くなされる。家庭学習ですべきワークなども多いそうで、2年生の段階で英語嫌いが増えるとか。わが家の子どもが入れるとしたら、この学校の校風は合うのか合わないのか…。◆夜、多摩大学学長の寺島実郎先生と溝畑宏氏のシンポジウムに参加。やや難しい内容だったがいろいろ勉強になった。その前の太田哲先生の講演も興味深い内容でよかった。

2014年10月26日 日曜日■マイスキーが出演するプラハ・フィルハーモニア管弦楽団公演のチケットを送るため、夜遅く市内の大きな郵便局へ。窓口で待っていると、後ろに来た青年が声をかけてくる。私を見たことがあるんだけど、高校の教員かと訊いてくる。卒業生である。そうかそうか。で、何期生?と尋ねれば、憶えていないと…。当時の先生は?…ほとんど記憶になさそう。だが、年齢を聞き、そのあと同期生の友人の名前を何人か教えてもらって、自分が受け持った学年と分かる。で、名前を聞けば、○○くんという。なんだ、「○○××くんじゃないか」とフルネームで彼の名前を思い出した。下の名前まで憶えられていて、彼はびっくりしていたが、たまたまかな(笑)。でも嬉しいね、そうやって声をかけてくれて。名前を聞いて顔をよく見れば、あの頃の面影がちゃんと残っている。当時の教員のことなんか、何も憶えていなくても、まあいいか。◆帰りに一人でスーパー銭湯へ。

2014年10月25日 土曜日■家族の用事で動き回る。◆夕方、かつての同僚の見舞いに。思ったよりも表情も翌、元気そうに見えてほっとする。

2014年10月24日 金曜日■私用もあり、慌ただしい1日。やることがどんどんたまっている感じ…。

2014年10月23日 木曜日■ここのところ雨の日が多い。気温もだいぶ低くなり、秋も深まってきた。◆他校から新採用の教員が来校し、アクティブラーニング型授業について話をする。そうか…新採用の年はもう27年前なんだ、と自分のことを振り返ってあの頃を懐かしく思い出す。

2014年10月22日 水曜日■中学校へ長男とともに三者面談。立場が異なれば、やはりそれなりに感覚もずいぶん違うものである。担任の先生のご苦労を察し、ほんとうに感謝、感謝。

2014年10月21日 火曜日■勤務校ではアクティブラーニング型授業について組織的に取り組んでいるところだが、そのことで某誌が取材に来てくださる。授業を含め、1日取材。答える私たちにも新たな気付きがあって、充実した1日となった。

2014年10月20日 月曜日■夕方いつもよりも早く退勤。皮膚科で受診。◆授業では窓から入って来る秋風が気持ちよかった。

2014年10月19日 日曜日■今日も出勤である。毎年のことではあるが、本当に休めない10月であるなあ…。

2014年10月18日 土曜日■朝、1コマ授業を終えたのち、市ヶ谷にある法政大学へ。キャリアデザイン学部で開催のシンポジウム第15回「グローカル人材を創る-社会はどのような人材を求めているか?大学教育は何をすべきか?-」に参加。社会がどのような人材を求めているかは、大学からさらに遡って高校にも波及する課題である。いろいろな気づきを得る。◆サントリーホールで東京交響楽団の定期演奏会。ポーランドの超大物若手クシシュトフ・ウルバンスキが振るというのが最大の関心事。今年、ベルリン・フィルにもデビューした逸材。まだ30代前半のはず。今日後半に聴かせてくれたルトスワフスキ作曲、管弦楽のための協奏曲は来月ハンブルクで録音することになっていると、ウルバンスキは教えてくれた。庄司紗矢香が弾いたドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲も澄み切った空気の中で、しっとりと美しくロマンティックな音楽を聴かせていたのも印象に残るし、アンコールのパガニーニ作曲「うつろな心」の主題による変奏曲より、も実にチャーミングだったのだが、今日はやっぱりウルバンスキの日だったな。ルトスワフスキのこの作品は好きな作品ではあるが、多くの指揮者で聴き較べたわけではないので、やはり、いわゆる通俗名曲のような作品でその腕前を再確認してみたい気がする。だが、指揮姿を見ているだけで、そこからは天才的な音楽の運びや見事な統率力を自然と感じるのである。やはり相当な大物であろう。

2014年10月17日 金曜日■他県から教員が来校。アクティブラーニング型授業についての視察・研修である。管理職による授業観察も終了。明日はオープンスクールで出勤。しばらくはゆっくり休む暇もなさそう。

2014年10月16日 木曜日■何だか寒いくらいだ。カーディガンを羽織り、ウィンドブレーカーも着ていたいくらい。今日は実力診断テストで授業はなかったのだが、やるべきことがなかなか片付かず、慌ただしく過ごす。やや寒気がしてくしゃみ連発。これは風邪かも。

2014年10月15日 水曜日■雨が冷たく気温が一気に下がる。肌寒い一日。午後は進路指導の会議で近くの高校へ。◆妻の誕生日。ケーキを買ってきて家族でささやかに祝う。

2014年10月14日 火曜日■台風一過。秋晴れ。まだまだ進路の書類が次々に襲ってくる(大袈裟か?)。退勤時刻間際までその処理に追われる。

2014年10月13日 月曜日■授業の準備で出勤。台風は今夜のうちに関東を通過しそう。ということは休校はあり得ないということで、しっかり準備しておかなければね。

2014年10月12日 日曜日■朝から夕方まで調査書や推薦書とにらめっこ。たまっていた40名近くの書類の点検が終わったのは夕方5時半。さて、明日は授業の準備。これが一番大事な仕事のはず!◆ところで、親友Yくんが昨日鎌倉芸術館で井上道義指揮N響のブルックナーを聴いてきたのだが、最高の9番だったそうだ。やはり行くべきだったか!◆台風接近中。火曜朝に関東?

2014年10月11日 土曜日■休日出勤。学校に着いてから思い出したり、机の上にあったやるべき仕事を先に片付け始めたら、やはり予定の時間内で終わらず、これはどうも3連休はパーになりそう。悲しい…。◆夜は茅ヶ崎市楽友協会事務局へ。 

2014年10月10日 金曜日■授業や会議で忙しい1日。明日からの短い連休だがほんとうに助かる。来週に向けて万全の準備をしたい。また台風が向かっているという情報も。

2014年10月9日 木曜日■進路関係の文書起案がたまっているが、授業や出張でなかなか作業が進まない。週末に勝負だな(苦笑)。

2014年10月8日 水曜日■都内でピアニストの花房晴美さんにお目にかかり、インタヴューさせていただく。11月29日(土)にスロヴァキア国立放送響茅ヶ崎公演があり、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏してくださることになっている。それに向けての取材であった。9月に一度お目にかかっているが、とても気さくな方で楽しくお話を聴かせていただいた。あっという間の50分。

2014年10月7日 火曜日■授業、授業、(昼)、会議、会議。たまっている仕事は一切できず。明朝、早く出勤しよう。でも、その前に、今夜は『聖女』の最終回。えっ、7回で終わりなの~? ……そして、最終回が終わった。そういう終わり方なのか…。

2014年10月6日 月曜日■台風襲来。勤務校の前の河川が氾濫。いやあ、「なめたらあかん」だな。思った以上にかなりの雨を降らせたわけだ。雨が上がると、思ったよりも早く川の水が退いてよかった。授業がなく仕事が捗ったが、それでも今日も進路の仕事ばかり。やれやれ、である。

2014年10月5日 日曜日■雨。出勤して進路関係の仕事。夜までやっても終わらず。台風18号が近づいているとのこと。

2014年10月4日 土曜日■昨日から足に原因不明で湿疹ができ、朝一番で皮膚科へ。◆今日は娘たちの小学校の運動会。曇り空だったが天気がもって何より。次の競技に出る予定の次女は、父と目が合うと照れくさそうに微笑み、手を振って返してくる。一方、5年の反抗期真っ盛りの長女は、睨みつけてはこないものの「こんなところで目を合わさないでよ」と言わんばかりの表情で、こちらを一瞥したものの、何も応答がない(苦笑)。

2014年10月3日 金曜日■午後、英語の教員研修。ReadingとListeningに照準を合わせ内容。最近、この手の研修が楽しくて仕方ない。いっぱい収穫があって嬉しかった。夕方いったん帰校。また進路の仕事…。◆御嶽山の噴火により亡くなった方が47名とのこと。被害に遭われた方々には心からお悔やみ申し上げたい。この報道では、「『戦後最悪の』47名」と何度も耳にし、新聞の見出しでも見たのだが、なぜ「戦後」にこだわるのか。この事故が戦前・戦後という基準でどうして分けられるのか大いに疑問なのだが。◆夜遅く、一人でスーパー銭湯へ。

2014年10月2日 木曜日■授業は一コマ。ほか、会議があるが、残った時間はほとんど進路関係の文書確認に追われる。そうはいうものの、帰る時間には20名分の未処理の文書がたまってしまっており、明日以降、授業準備と文書処理の時間捻出に苦戦しそうである。

2014年10月1日 水曜日■今日から10月。涼しくなって秋らしさを感じる。嬉しい季節である。