管理人の音楽日記帳
(2015年1月1日~1月31日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2015年1月31日 土曜日■出勤。来週の授業の準備をするが、効率が上がらず、何となく疲れているのか。◆夜は前任校の卒業生4人とちょっと遅めの新年会。いやあ、嬉しかったなあ。企画してくれたYくんご夫妻、来てくれたAさん、Aさんにありがとう。

2015年1月30日 金曜日■未明から雪が降り、多少積もっている。朝、バイクで行こうか迷うが、時間的にはバイクで行くしかないなと覚悟し、出発。広い道路は雪はほとんど解けており、何とか学校にたどり着く。学校には雪が降った形跡がなく、近い地域にもかかわらず、こうも差が出るものかと驚く。◆週末。1週間が終わるとほっとする。

2015年1月29日 木曜日■空き時間には効率よく仕事ができた日だが、肝腎の仕事(ある発表の準備)が捗っていない。ちょっと焦っている。

2015年1月28日 水曜日■朝、チラチラと雪(?)が舞う。私用で早く帰宅する。自宅でできる仕事をしたかったのだが、思うようには進まず…。◆「イスラム国」に身柄を拘束されている後藤健二さんの無事釈放を願う。

2015年1月27日 火曜日■鹿児島に住む幼稚園時代にお世話になった担任の先生の誕生日。夜電話でお祝いする。「鹿児島に遊びに来ないの?」と言われる。いやあ、久しぶりに行きたいなあ。◆今日はモーツァルトの誕生日でもある。ぼくはモーツァルトよりも、ブラームスが好きだけれども…。

2015年1月26日 月曜日■武蔵野市民文化会館小ホールでバリー・ダグラス(ピアノ)のリサイタル。だが急用で演奏会は聴けず。ホールに早く着いたので、リハーサルの終わるのを待ってバリーに再会した。何年ぶりだろう。96年、茅ヶ崎で台風の中、大ホールで200人の聴衆を前にリサイタルを開いたあの日を懐かしく思い出す。そこからこちらのことも思い出してくれ、ヒゲを伸ばしているんだなと笑われる。バリーのブラームス、聴きたかったな。

2015年1月25日 日曜日■出勤。午前中は部活動。午後、雑用をこなす。肝腎の仕事に入れないまま、帰宅する時刻になってしまった。やれやれ。夜、長男を連れてスーパー銭湯へ。◆オンラインで注文していたCDやDVDが何点か届く。その中には、イタリア系イギリス指揮者、ロビン・ティチアーティがスコットランド室内楽団を指揮したシューマンの交響曲全集がある。また、シプリアン・カツァリスが自ら編曲したベートーヴェンの『皇帝』の世界初録音となる「ソロ・ヴァージョン」もある。ほか、フェドセーエフ指揮チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ(モスクワ放送交響楽団)による、チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』とベートーヴェンの交響曲第4番のDVD。2009年3月にウィーンで行われた公演のライヴ録画ほか。さあ、どれから聴こうか…。

2015年1月24日 土曜日■朝いったんは目が覚めたものの、せっかくの休みだと思い、また布団に潜り込むと12時半近くまでぐっすり。午後は娘の歯医者への通院、買い物などして終了。明日は出勤予定。

2015年1月23日 金曜日■2コマ授業を終えほっとする。会議も短時間で終わり、その後部活動の生徒の相談にのる。週末。耳鼻咽喉科へ通院。予約制になったおかげで、待ち時間が短くて助かる。

2015年1月22日 木曜日■雨。午後横浜市内へ出張。相変わらず寒い。電車での移動では、昨日新宿の三省堂書店で買った短編小説集の文庫本をひたすら読む。

2015年1月21日 水曜日■朝から寒く、1日気温が上がらず。午後、久しぶりに都内へ通院。採血もあったが、先日のインフルエンザによる減量(笑)で、多少は数値は改善したかな。

2015年1月20日 火曜日■午前中2コマ、1年次生の授業を行う。午後、疲れもあり早退。そうだ、と急に鎌倉の荏柄天神社へ参拝しに出かける。鎌倉の小町通りは平日にもかかわらず、観光客(?)でごった返していた。◆大好きな指揮者、クラウディオ・アバドの命日。1年経ったなんて信じられないなあ。

2015年1月19日 月曜日■久しぶりに朝から通常出勤し、17時45分に退勤。授業は1コマのみ。休んでいる間、代わりの同僚が先に進めてくれていて、とても助かった。感謝。1日終わってほっとする…。

2015年1月18日 日曜日■9日ぶりに出勤。机上に書類やら未処理のものが山積みになっているのかと覚悟して行ったが、それほどでもなくほっとする。とはいえ、明日からの1週間をイメージするが、何もイメージできず(苦笑)諦める。◆午後は、相模女子大学グリーンホール(相模大野)へ。サッシャ・ゲッツェル指揮神奈川フィルハーモニー管弦楽団の公演。前半は小山実稚恵(ピアノ)のソロによる、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。オケのテンポが意外にも遅く、堂々とした流れ。これでは小山さんはやりにくいだろうなと思ったが、意外とそうでもなさそうで、がっぷり四つにダイナミックに展開していくさまは面白かった。小山さんのアンコールは、ショパンのマズルカ第45番イ短調 op.67-4。後半はゲッツェルの指示で、オケの配置が前半と変わり、コントラバスが舞台下手側(左)へ。第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが向き合った形。ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』。控えめの、いくぶん抑制的に始まった第1楽章。これが意外といい。それが第2楽章のドラマティックな葬送の音楽をより生き生きさせる伏線となっていることを感じさせた。ゲッツェルの指揮にオーケストラがよく応えていることがほんとうによくわかる。素晴らしい『エロイカ』であった。アンコールはヨハン・シュトラウスII作曲のポルカ『浮気心』。同じ演奏会に来ていた友人Sくんが、オーケストラの響きが、それまでのベートーヴェンではなく、まるでウィーン・フォルクスオーパーのオーケストラのような明るいサウンドに変わっていたと評していたが、実に的を射ていた。ほんとうによい演奏会だった。ここのところFacebookでもよく相手をしてくれるゲッツェル。そのゲッツェルを訪ね、素晴らしい演奏会で、エロイカは何度も何度も聴き返したくなる名演だったことを伝えると、ものすごく喜んでくれた。◆帰りに伊勢丹に寄り、買い物。

2015年1月17日 土曜日■阪神・淡路大震災から今日で20年。あの日の朝のことはいまだに鮮明に記憶している。はじめは被害は小さいと思っていたのに、時間が経つにつれ、徐々に各地の被害が拡がっていく様子が報道されたのである。改めて、亡くなられた方々、被災された方々に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。◆センター試験1日目。生徒たちのこれまで積み重ねてきた努力が実を結ぶよう願う。◆午後、長男とスーパー銭湯、買い物へ。体力はまだ十分とはいえないが、徐々に回復してきているのは感じる。とは言いつつも、帰宅すると疲れがじわじわと出てくる。食欲もあまりない。

2015年1月16日 金曜日■来週からはまた仕事、頑張ろう。◆午後、耳鼻咽喉科へ。午後の診察が予約制になったため、待ち時間も20分もかからず、ずいぶんよくなって助かった。咳止めの薬を変えてもらい、ひと安心。◆2月に行う「発表」(プレゼン)のことが気になる。準備しなくては。

2015年1月15日 木曜日■熱は下がっているのに相変わらず咳がひどい。もらっている薬を時折飲むのだが、どうも改善されない模様。明日耳鼻咽喉科に行こう。結局まるまる1週間、仕事を休むことになってしまったか。◆午後から冷たい雨。外がかなり冷え込んでいそう。◆体重計にのると、今回6キロ落ちたことが判明。ヒヒヒッ。リバウンドしないようにしないと。

2015年1月14日 水曜日■今日も咳が止まらない。薬を飲むが、相変わらず、咳き込むと苦しくなる。午後4時間ほど熟睡。学校のことが気になるが、うつしてしまうとかえって大迷惑になるので、とにかくおとなしく休んでいるしかない。◆指揮者の飯守泰次郎さんが新国立劇場で、ワーグナーの『さまよえるオランダ人』を振る。公演を前に飯守さん自身が作品の聴きどころをピアノを弾きながら23分ほどで紹介する映像をつくられた。昨日YouTubeで見たのだが、これがよくて、機会があれば公演を観に行ってみたくなるほど…。

2015年1月13日 火曜日■仕事は休む。熱はだいぶ下がったものの咳が止まらず苦しくなるし、鼻水も流れ続けるので、昼前に近所の耳鼻咽喉科へ。薬をいただいて帰宅。今日は娘2人は登校。◆アバド指揮ロンドン響のメンデルスゾーンの交響曲第3番『スコットランド』をウォークマンで聴く。第1楽章の導入から主題に入り、展開していく、流れの素晴らしさ。特に第1楽章の7分40秒以降のたたみかけるように加速していくさまは、アバドの面目躍如たるものを感じ、懐かしさと感動で涙が出そうになる。

2015年1月12日 月曜日■行こうと思っていた演奏会に行けず残念。朝から布団の中で、ずっと『騎士パズマン』からチャールダーシュのメロディが頭の中をぐるぐる回り続ける。数時間なりっぱなしで、いつやむのだろうかと…いやあ、疲れた。◆今回の発熱はインフルエンザとのこと。妻も長男もダウン。小学生の娘2人も時間の問題だろうか。明日から2日間は仕事に行かれそうにない。◆成人の日。報道で各地の成人式が紹介されていたが、今年も、相変わらず、20歳になっても相変わらず分別のつかない、子どもじみた若者が映し出されていた。しっかりした若者もいるにちがいないが、まだまだ若い者に次の世代を任せることはできないな。まあ、自分たちに対しても、先輩方からは同じ思いを持たれているのだろうけれど…(苦笑)。

2015年1月11日 日曜日■1日寝込む。麻黄湯のおかげで熱はだいぶ下がるが、我が人生でめったに経験したことのない頭痛を味わい、再び麻黄湯を服用。

2015年1月10日 土曜日■茅ヶ崎でウィーン・リング・アンサンブル公演。クラリネットのシュミードルは今日が誕生日。マネージャーさんが用意したケーキで、リハーサル後楽屋裏で皆でお祝い。◆体調がすぐれず、終演後さっさと帰宅。◆夜、ベルギーのミッシャ・マイスキーに電話。今日は67歳の誕生日。いいニュースもあり、ミッシャもご機嫌。

2015年1月9日 金曜日■朝から喉が痛く、咳が出る。かかりつけの内科へ。◆茅ヶ崎市楽友協会主催公演(ウィーン・リング・アンサンブル)が明日。夜は会報の執筆作業。いつもながらギリギリにならないと動かない(動けない)性格。

2015年1月8日 木曜日■今年最初の授業。ウォーミングアップのような感じで進める。ただ、12月に急に1日休んでしまった関係で、サンタクロースを扱った教材がまだ残っていたのはやりにくかったな(笑)。

2015年1月7日 水曜日■昨夜の睡眠が足りず、ちょっと眠くてだるい1日。午後は振替を取る。

2015年1月6日 火曜日■小5の長女が冬休みの宿題で書き初め練習をしている。今の子どもたちは墨汁を普通に使うらしい。自分たちのときには、墨を丁寧にするところから書道の時間が始まったものだが、年下の妻でさえ、小学校の頃から「墨をする」なんてことはしなかったと平気で言う。えっ、そうなの?である。◆吹奏楽部の生徒が何校かの中学・高校と合同で演奏発表するため、隣の市にある高校での練習に参加。『のだめカンタービレ』のメドレーではクラシックの名曲が20曲以上ちりばめられているのだが、どこかの顧問の先生もおっしゃっていたが、原曲を知らない生徒たちがただ吹くと、ああいうふうに「ただ吹いている状態」なってしまうわけで、もっと「普段から名曲・名演に耳を傾ける」ことを勧めたいと思う。◆それにしても、今日は午後から天気が急変し、気温も10℃も下がって冷え込んだ。新橋駅前の広場でTBSテレビの取材を受ける。「街行くサラリーマン」に、今日急激に冷え込んだことについての感想を求めているようなのだが、あまりイイ答えはできなかったな。ボツだろう、きっと。◆サントリーホールで、ウィーン・リング・アンサンブルの演奏会。コンサートマスターのライナー・キュッヒルはじめ、9人のメンバーによるウィーン・フィルの小型版とでも言えばよいか。『とんぼ』では空を自由に飛び回り、急旋回するかのような様子を描写しようとしているのか、いつもと感覚の違うアクセントをつけているようにきこえて面白かった。演奏はさすがウィーン・フィルの錚々たる顔ぶれによるだけあって、非のつけどころのない完成度の高い演奏という印象。だが、マジメはマジメで、曲によっては、ヨハネス・ヴィルトナー指揮のコンサートの方が、音楽そのものが生き生きしていて楽しいと感じる場面も実は少なくなかった。キュッヒルさんにはメールでのインタビューを依頼中で、明日には回答がもらえる模様。

2015年1月5日 月曜日■52歳に。多くの方から祝福のメッセージをいただく。昼過ぎ、初詣。いつも行く神社でおみくじは小吉。夕方2時間ほど昼寝。夜、長男と今年2度目のスーパー銭湯へ。月の周囲にかさがかかっていて、月暈(つきがさ、げつうん)というらしい。ちょっと神秘的で、誕生日になんだか縁起がイイものを見た心境である(笑)。

2015年1月4日 日曜日■曜日感覚、なし!(笑)朝7時過ぎに家族でコメダへ。その足で初出勤。昼過ぎには終わるかと思った仕事は結局夕方までかかり、あっという間に1日終了。夕方の『笑点』に癒やされる。夕食は一昨日に続き、また餃子。前回はうまく焼けなかったが、今回はバッチリ!51歳最後の夜、マリンの散歩で外出。

2015年1月3日 土曜日■目が覚めるとすでに午後。寝るのが遅かったとは言え、目覚まし時計をかけなければここまで寝ていられるんだな(笑)。明日からに備え「在宅勤務」。夕方、マリンを連れて近くのペットショップへ。胴輪とリードを新調する。

2015年1月2日 金曜日■1日は昼近くまで寝て、今朝も目が覚めたのは10時半。正月早々だらしなく過ごしているがそれも今日までかな。夜遅くなってから、長男とスーパー銭湯へ。いやあ、混んでる、混んでる!

2015年1月1日 木曜日■謹賀新年。昨夜は『ゆく年くる年』が流れて、「ああ、いよいよ2015年になるのか」と思っているうちに、家族のトランプ大会が始まり、気づいたら0時15分になっていた。除夜の鐘を聴きながら新年を迎えたかったのだが…(笑)。トランプ大会では「神経衰弱」で最下位。3組しか取れず。こういうのは小学生の娘たちが強い。かなわないなあ。◆プリンタではまだ年賀状印刷作業中。並行して、学校の進路指導の持ち帰り作業にも気持ちが…。年始早々ワークライフバランスはどうなっているのか???