管理人の音楽日記帳
(2005年12月1日〜12月31日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME

■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2005年12月31日 土曜日■あっという間に1年が終わった。先ほどここ2、3年の12月分の(自分の)日記を読み返してみたのだが、毎年たいして進歩してないものだなあと反省。今年も、目標としたことの何%も達成できなかったと反省。去年の反省がちっとも活かせていないことも反省。来年は自分自身、もう少し進歩したい。◆『紅白歌合戦』を半分くらい見て、それから『ゆく年くる年』の時間になったらテレビの前に座って、年賀状を書くか・・・。

2005年12月30日 金曜日■雑用が重なり外出していて、今日もあっという間に終わりかけている。今、20時30分。ぼくにとっては間もなく「深夜」という感覚である。今夜は年賀状を書かなくては。でも一度は布団に入ろうかな・・・(笑)。

2005年12月29日 木曜日■今年も残り3日となった。朝は寝坊し、家で片付けをしたり、年賀状の準備をしたりして過ごす。賀状はまだ書き始めていない。海外へのクリスマスカードは送り損なった。日本式に年賀状を送ることにしよう。

2005年12月28日 水曜日■幼稚園に通っている姪がピアノの発表会で演奏するというので、聴いてくる。まあ、上手じゃなくてもいいんだよね、かわいいからね(笑)。もちろん、そこにはかなり上手な子もいて、ときには驚かされることもなくはない。ただし、教室の先生による15分以上にもわたる長い自慢めいた「演説」にはうんざり。自分がいかに指導者として力を注いでいるか熱弁をふるっているのだが、話にまとまりもなく、惹かれるところが何もなかった。◆ホールへの往復の車中で、プレトニョフの弾くモーツァルトのCDを聴く。DGから出たばかりの新譜だが、これはまた好みがはっきり分かれそう。プレトニョフを「天才」と絶賛する人もいるだろうが、どうもここまでやられると、やり過ぎという感じがして本来のモーツァルトではない気がする。◆夕方スターバックスに立ち寄り、「モカバレンシア」というのを飲む。カフェモカにオレンジシロップを加えたものらしいが、コーヒーにオレンジの香りというのが何とも落ち着いてよいのだ。意外な組み合わせだが、ぼくは好き。もっとも、こちらもプレトニョフのモーツァルト同様、賛否両論の商品らしい。

2005年12月27日 火曜日
■明日は年休を取ったので、今日が今年最後の出勤となる。机の上がかなり散らかっていたので、多少はきれいにしておこうと思い、夕方書類等の整理を始める。机の上はだいぶすっきりしたものの、実はほとんどはある段ボール箱の中に収めてあるだけ。本格的な片付けは年が明けてからのつもりだ(笑)。

2005年12月26日 月曜日■午後、都内でギタリスト、村治佳織さんの取材。1月20日の平塚公演に向け、インタヴューをさせていただく。右手の調子もよくなってきて、来月からは演奏活動が再開できそう。とりあえずひと安心である。いろいろ楽しい話が伺えたので、会場においでになる方は、当日発行の『楽友協会だ!より』を楽しみにしていただきたいと思う。◆その後、グリーンホール相模大野で、マウリツィオ・バリーニ(ピアノ)のツアー最終公演を聴く。先日は体調を崩しかけたマウリツィオであったが、今日は何とか持ち直し、元気そうな様子を見せてくれた。「クラシック音楽のコンサートははじめて」というような人が目立ったが、彼のおかげでクラシック音楽に関心をもつようになる人は多いのではないだろうか。ピアノの名曲ばかりを集めた短めのプログラム。CDも飛ぶように売れ、終演後のサイン会は長蛇の列。ここにクラシック音楽のコンサートの新しいあり方を感じる。■写真=村治佳織さん 2005年12月26日 都内で撮影。取材協力=ムジカキアラ。 ギタリスト、村治佳織さん
PHOTO:(C)2005
小島昭彦

2005年12月25日 日曜日■妻が午前、午後それぞれ外出している間、子どもの面倒を見る。とはいえ、近くに買い物に出かけたので、結構気楽な留守番であったが・・・。◆車にETCを初めて設置する。夜、試しに県内の高速道路を走ってみる。ETC専用ゲートへ向かい、車が近づくと、バーがサッと上がるのはなかなかスリリング(?)であった。

2005年12月24日 土曜日
■朝3時半に寝て6時半に起きる。3時間睡眠はぼくにはきついが仕方ない。十分楽しませてもらったのだから。今日は1日出勤。書類の整理などに追われる。◆クリスマス・イヴ。近所の家々では、互いに競うようにして電飾をつけている。来年はまたいちだんと派手さが増すのだろう。

2005年12月23日 金曜日■ギンザめざましクラシックスを聴きに王子ホールへ。ゲストはギタリストの木村大。彼の音楽を初めて生で体験したが、インパクトの強い個性的な演奏を聴かせてくれる。ギターに夢中になっている息子を連れてきてやればよかった。◆コンサートのあとは、都内にある友人Oの家で忘年会。午前2時も過ぎると、ふだんの起床時刻が近づいてくるだけに睡魔が急激に襲いかかってきたが、久しぶりに楽しく友人たちと過ごすことができた。Oが石川県金沢で買ってきた海産物の数々をたらふくご馳走になる。甘エビとカニで開宴。なんて贅沢なんだろう。ノドグロというのはアカムツのことだそうだが、やわらかな白身で脂がのっていて旨い。それから、モミイカ、クチコ(メスのナマコの卵巣)、カラスミ・・・、珍味の数々。いやあ、あまりの美味に感激!酒好きにはたまらないだろうなあ。いやいや、下戸であっても嬉しくて涙が出そう。

2005年12月22日 木曜日
■息子、娘へのクリスマスプレゼントを買いに、都内の某カメラ店のおもちゃ売り場に出かけた。息子が欲しがっていたつくばエクスプレスのプラレールは品切れで、仕方なくほかの物を買う。それにしてもレジには長い行列。その数20人から30人はいた気がする。買い物客は男性が圧倒的に多くてビックリ。おじさん、おじいさん、皆、おもちゃをいくつかずつ抱え込み、順番を待っていた。

2005年12月21日 水曜日■午後、指定校推薦で合格した生徒と保護者への説明会があり、残すところ3か月となった高校生活および進学後の過ごし方について話をさせていただく。夕方はクラス生徒の通知票にコメントを記入。いつも感じることだが、短い言葉で的確にメッセージを伝えるのはなかなか難しいワザである。明日で2学期が終わる。やっぱり、今学期も速かった。◆今日はミッシャ・マイスキー ファンクラブでは来年4月のチケット先行予約受付がある。マイスキーがドヴォルザークとショスタコーヴィチの協奏曲を弾く演奏会ということで、会員の方も関心が高く、申込みや問い合わせがかなりあったように思う。

2005年12月20日 火曜日■学校では球技大会。わが1年B組が大暴れし、ソフトボール(男子)優勝、バレーボール(女子)2位、サッカー(男子)3位と見事な結果を出した。教員生活、自分が担任するクラスがこんなに強かったのは初めて。しかも彼らは1年生なのである。2年生や3年生も出場する中での好結果。あまりの嬉しさでにこにこしている(^o^)。クラスの生徒たちには中華まんをご馳走。思わぬ出費となったが、まあいいだろう。

2005年12月19日 月曜日■仕事から帰宅すると、「ミッシャ・マイスキー ファンクラブ事務局」から1枚の葉書が届いていた。いやいや、自分で出した葉書が戻ってきていたのである。よく見ると宛名ラベルが貼られていない。ドジだなあ。ちゃんと確認したつもりだったのだが・・・。◆夕方、ある人のケータイに電話を入れると留守番電話になっていた。「発信音のあとにメッセージをどうぞ」。そうか、留守電か・・・、何をどう言えばよいかなどと考えて吹き込み始めたのだが、そのうちピ〜ッ。「もうこれ以上録音できません。メッセージをお預かりしました。」おいおい、だったらもう1回入れ直すから、そのメッセージ、持って行かないでくれ〜っ!仕方ないから、かけ直す。今度ははじめに肝腎の用件を録音。それにしても恥ずかしいなあ。

2005年12月18日 日曜日
■今日もゲーリー・カーの公演である。周囲からは「それにしても好きだねえ」と呆れられそうだが、ほんと、好きなのである(笑)。「コントラバスのソロのどこがいいの?」とおっしゃる方、それは甘いっ!とにかく「百聞は一見にしかず」である。◆今日のプログラムは一昨日の日経ホールと同じ。NHK-FM放送の収録がある。放送は3月頃とか。楽しみにしたい。アンコール曲は1)「きよしこの夜」、2)「ジングル・ベル」、3)ゲーンスのスケルツォ、4)「浜辺の歌」。これでゲーリーの「追っかけ」は終了。彼らに次回会えるのはいつになるだろうか。彼らは明日から2日間レコーディングがあり、それが終わるとカナダに帰って行く。また新たなCDがリリースされるのを今から早速心待ちにしている。◆昨夜はミッシャ・マイスキー ファンクラブ通信"SARABANDE"(号外)の発送準備を行う。来年4月8日に東京芸術劇場で行われる演奏会のチケット予約受付に関してのご案内である。今朝その葉書を投函。

2005年12月17日 土曜日■午前中は進路指導関連の仕事があり出勤。◆今日は、茅ヶ崎市楽友協会主催によるマウリツィオ・バリーニのリサイタルが平塚市民センターで行われたのだが、先約(ゲーリー・カーの東京公演)が入っていたので、今回はこちらを優先させてもらい、東京・紀尾井ホールに出かけた。◆今日のゲーリーの曲目は、今回のツアーで何度かすでに聴いてきたものである。ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」、エクルズのソナタイ短調、シューベルトのアルペジョーネ・ソナタ(第1楽章のみ)、チャイコフスキーの「ただ憧れを知る者だけが」、クーセヴィツキーの「小さなワルツ」、ボッテシーニの「ベッリーニのオペラ《夢遊病の女》による幻想曲」が前半。そして、日本の歌曲(「雪の降る街を」「からたちの花」「浜辺の歌」「中国地方の子守唄」「待ちぼうけ」)、マイヤーズの「カヴァティーナ」、ガーシュウィンの前奏曲第2番と「スラップ・ザット・ベース」、フンパーディンクの「夕べの祈り」、3つのカタロニア民謡(「マリアの御子」「フーム、フーム」「鳥の歌」)、グルーバーの「きよしこの夜」、「ジングル・ベル」が後半という楽しいプロ。ゲーリーのユーモアたっぷりの表現に会場のお客さんも大喜び。彼らと出会って25年が経ち、中には同じ「ネタ(仕草)」を当時からずっと使ってきている場合もあるのだが、いつもながら楽しくてそれも許せてしまうのである。終演後のサイン会には今日も長蛇の列ができた。なお、今日のアンコール曲は、1)カール・ベームの"Perpetua Mobile"、2)ロレンツィーティの「ガヴォット」(ゾウとハエ)、3)ゲーンズの「スケルツォ」、4)沖縄民謡「私のウチナー」。◆ところで、東京へ出るのに電車で1時間近くかかるのだが、その間、パズル『数独』と格闘。最近すっかりはまってしまっている。◆久しぶりに眼鏡を作りかえにメガネ屋さんに立ち寄る。乱視のせいもあり、新しいものが早く欲しい。

2005年12月16日 金曜日■息子の熱が上がり頬のあたりの腫れもややひどくなったため、早朝、車で15分ほどのところにある病院へ連れて行く。子の看病のため仕事の方は休ませてもらう。妻が帰ってきたので子どもたちをみてもらい、夜、東京へゲーリー・カーの演奏会を聴きに行かせてもらう(日経ホール)。今日はグリーグのチェロ・ソナタ(第1楽章のみ)、バッハの「アリオーソ」、ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第2番より(第1・2楽章)、G線上のアリア、ヴォーン・ウィリアムズの「イングランド民謡による6つの習作」、ドニゼッティのコンチェルティーノを前半に、後半には、琉球民謡(「風のあやぐ」「沖縄かがやけ」「月のかいしゃ」「私のウチナー」「童神」「海とぅ島」、クルツの「ザ・ラスト・コントラバス・イン・ラスベガス」、エルガーの「愛の挨拶」、パガニーニの「2つのアリアとヴァリエーション」が演奏される。このプログラムは、ゲーリーとハーモンが今回の来日公演で中心に考えてきたものだという。新しいレパートリーが数多く含まれ、ゲーリーを長い間聴いてきたファンには絶対に聴き逃したくない内容であろう。歌心たっぷりの琉球民謡もすばらしかったが、おなじみのクルツと、この来日公演で初めて披露されたパガニーニ作品で披露された超絶技巧(に見えないところが彼のすごいところ)はまさに驚くべきものであった。やっぱり彼こそが世界一のコントラバス奏者であろう。アンコールは、1)ロレンツィーティのガヴォット、2)カール・ベームの"Perpetua Mobile"、3)「ジングル・ベル」。楽屋では某交響楽団のIさんに久しぶりにお目にかかれて嬉しかった。

2005年12月15日 木曜日■息子がおたふく風邪に。ここのところのハード・スケジュールでどっと疲れが出たかなあ。ぼくは幼少のときにかかっているとのことなので、まあうつることはないだろうと思ってはいる。ところで「おたふく風邪」(流行性耳下腺炎)って英語では何て言うのだろうか?調べてみると"epidemic parotitismumps"(あるいは単にmumpsとも)とある。いつの間にか忘れそうな呼び名である。ちなみに自分がかかっている「痛風」は"gout"である。こちらの方は、忘れることはあるまい(笑)。

2005年12月14日 水曜日■ゲーリー・カーの横浜公演(港北公会堂)。一緒に聴きに行った息子も彼らの演奏にすっかり夢中である。一昨日の鎌倉と同じプログラムだったが、今夜は、日本の歌(「雪の降る街を」-「からたちの花」-「浜辺の歌」-「中国地方の子守歌」-「待ちぼうけ」)、マイヤーズの「カヴァティーナ」、ガーシュウィンの「前奏曲第2番」-「スラップ・ザット・ベース」が絶品。ゲーリーの日本歌曲は日本人よりもずっと奥深いところで歌われている気がする。それは会場で聴いた方誰もが感じたにちがいないことである。今日のアンコールは1)ゲーンスの「スケルツォ」、2)ロレンツィーティの「ガヴォット」(ゾウとハエ)、3)カール・ベーム(名指揮者のカール・ベームとは別人で、綴りも「カール」は"Carl"とのこと )の"Perpetua Mobile"。3曲目のアンコール曲、ぼくは初めて聴いた気がする。◆朝の冷え込みが厳しい。路面がすべりやすい季節。バイク走行も十分気をつけなければ。

2005年12月13日 火曜日■やることが山のようにある。大変だァ!

2005年12月12日 月曜日■主催者さんのご好意でゲーリー・カーの公演に入場させていただく(鎌倉芸術館大ホール)。今日のプログラムは今までの来日公演で何度か演奏されている曲目によるもの。久しぶりに聴いたエクルズ作曲のソナタが懐かしい。今日もハーモン・ルイスはピアノのみを弾いていたが、彼はチェンバロもオルガンも弾けるすばらしいキーボード奏者であるから、いずれまた彼のピアノ以外での演奏も聴きたい思いがする。今夜の演奏では、ボッテシーニ作曲の『夢遊病の女』による幻想曲が絶品。彼のテクニックと豊かな音楽性が最大限表現されているものの1つであろう。ゲーリーが大好きな息子もしっかり耳を傾け、演奏に聴き入っていた。なお、アンコールはロレンツィーティのガヴォットと、ゲーンズのスケルツォであった。

2005年12月11日 日曜日■来日中の某演奏家と都内で昼食をとる。昼食のあとスターバックスに入り、コーヒーを飲んでゆっくり過ごす。◆今週は試験の答案返却があり、まだ終えていない採点に時間を取られそう・・・。今夜は早く寝ることにしよう。◆父の誕生日。今日は何もしてあげられなかったなあ。ちょっと反省。

2005年12月10日 土曜日■またも小学生の女児が殺害される事件が起きた。今度は京都府宇治市にある学習塾で、大学生が犯人だという。何という時代になったのだろう。今の世の中、何がいけないのか。彼らはなぜこうも安易に幼い生命(いのち)を殺してしまうことができるのか。

2005年12月9日 金曜日■今日も○○○で過ごす。1泊2日の滞在はあっという間に終了。夜、帰宅。

2005年12月8日 木曜日■今日、明日と休みをとり、○○○(←地名)にいる幼稚園時代の担任の先生に会いに行く。36年ぶりの再会!毎年毎年、会いたい、会いたいと思っていたのだが、ようやく夢が叶って嬉しかった。H先生、ご主人様、どうもありがとうございました。◆夜、現地でゲーリー・カーのリサイタルを聴く。2年ぶりの来日公演では、ヴォーン・ウィリアムズの「イングランド民謡による6つの習作」、ドニゼッティのコンチェルティーノなど、ゲーリーの新しいレパートリーが披露され、相変わらず意欲旺盛な音楽への姿勢が感じられた。ゲーリーは聴衆を大いに楽しませることでも一級のエンターテイナーであり、難しいパッセージでも聴き手を笑わせながらさりげなく弾きこなしてしまうあたりは、いつもながら大いなる驚きである。アンコールは1)ロレンツィーティの「ガヴォット」(ゾウとハエ)、2)ゲーンズのスケルツォ、3)琉球民謡の「私のウチナー」。

2005年12月7日 水曜日■来年(2006年)4月8日に東京芸術劇場でマイスキーの協奏曲の演奏会が行われる。ショスタコーヴィチ生誕100周年を記念し、久しぶりに第1番のコンチェルトが聴ける。マイスキーの協奏曲のレパートリーの中では、この作品において「マイスキーらしさ」がもっとも出るような気が、ぼくにはしている。ほんとうは大阪でのシューマンも聴いてみたいのだが、仕事もあるし、今回は東京だけで我慢することにしよう。(なお、本公演についての詳しいご案内は「最新ニュース」のページに掲載してあります。)

2005年12月6日 火曜日■期末試験の作問が終わり、今度は採点。休む間もない。採点が終わると、成績処理。会議があって、通知票の準備へ・・・。12月もあっという間に終わる、というのが目に見える。その間にクリスマスカードやら年賀状やら、そうそう、部屋の片付けも(笑)。もう1人の自分が現れて手伝ってくれないだろうか?(笑)

2005年12月5日 月曜日■期末試験の作問に追われる。作る問題は2種類。すでに7割は作業が終わったのだが、学校での仕事は試験問題を作ることだけではないので、なかなか進捗しない。同僚の中には1人で5種類もの試験問題を作っている人もいるが、超人だと思う(笑)。今夜は睡眠時間を大幅に削って、パソコンの前で仕事、ということになりそうだ。

2005年12月4日 日曜日■幼稚園や小学校に通っていた頃のことを思い出すと、実に懐かしい気持ちでいっぱいになる。◆幼稚園の頃は、毎日夕方遅くまで三輪車に乗り、近所を走り回っていた。なだらかな下り坂だったが勢い余り、道から外れて田んぼに突っ込み、胸から足まで泥だらけになって泣いて帰ってきたこともあった。オタマジャクシもザリガニもメダカも、捕まえるのが得意でないぼくでも、田んぼや小川で簡単に捕まえることができた。ホタルを捕らえ、ガーゼのハンカチにそっとくるみ、夜、蚊帳の中に放した。蚊帳の中で布団を敷き、寝ていたあの頃・・・。将来のことなど何も考えず、そのときそのときを思いっきり自由に楽しんでいた時代であった。

2005年12月3日 土曜日
■午後、学校の視聴覚室ではPTA主催で卒業生3人によるコンサートが行われる。ピアノ、声楽、ギターの順。バラエティに富んでいて楽しめた。◆他の時間は面談、期末試験準備などをして過ごす。◆夜、布団に入ってから気づく。「しまった、山田太一ドラマを見逃した!」

2005年12月2日 金曜日■電車で隣に座っている人が何か音楽を聴いているらしい。ところが、イヤフォンから漏れてくる音が実に耳障りで、迷惑なのである。ドラムのシャカシャカいう音がリズムを刻んでいるのだが、それに気をとらわれ気持ちが落ち着かなくなる。このノイズ、ぼくにとっては大変不愉快なものである。ほんとうにイライラさせられる。もっとも、「加害者」自身は目を閉じて気持ちよさそうであるから嫌になる。やっている人はずいぶん自分勝手なものだと思うが、本人が事の重大さに気づいていないのだから問題である。結局それを指摘できずに、今日は自ら席を立って別の場所に避難した。◆今日は用事があって東京へ行ってきたが、6歳の息子が、帰りに下車駅でJRの切符をもらってきてくれという、リクエストのメールをよこしてきた。そういえば、今から30〜35年前、電車の切符をずいぶん集めたものだが、そう簡単には入手できなかった記憶がある。駅員さんに頼んでも、たいていの場合もらえなかった。「国鉄」の駅の入場券が子ども10円の時代。切符ほしさに10円を出して買ったことが幾度かあった。現在、JRも私鉄も、サービスの一環なのであろうが、駅員さんは実に親切である。

2005年12月1日 木曜日■今日から師走。晴れの日が続いている。今朝の冷え込みは昨日よりも厳しかった気がするが、これくらいの方が気が引き締まってよいと思っている。