管理人の音楽日記帳
(2007年10月1日〜10月31日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME

■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2007年10月31日 水曜日■午後は進路指導関連の出張。内容は自分の思っていたイメージとかなりの隔たりがあり、ちょっと期待はずれであった。◆4日のマイスキーを招いてのパーティーで通訳を務めてくださるTさんと初めてお目にかかり、当日に向けた打合せを行う。本業はピアニスト。「レコ芸特選」のCDもリリースしたことのある実力派である。音楽や海外での話をいろいろ聴かせていただく。

2007年10月30日 火曜日■今日も放課後は3年生の進路指導。昨日、今日とずいぶん暖かかった。ぼくにはちょっと暑いくらい。

2007年10月29日 月曜日■2年生が今日から修学旅行。校舎内がずいぶん静かだ。1学年いないだけでずいぶんちがう。今日も授業の合間は進路関係の書類の点検。そして、3年生の受験指導。志望理由書のチェック、推薦入試に向け合格への秘策(?)などの伝授(←大袈裟!)。◆夜、愛用の万年筆が見あたらない。必死で探すがまだ発見されず。いつもながらなくしものが多くてほんと、情けない。トホホ。

2007年10月28日 日曜日■台風も昨夜の演奏会が終わったころにはすでに通り過ぎていたようで、今日は1日気持ちのよい、多少暑いくらいの好天であった。◆朝早く、よく知る花屋さんが来て、鉢植えの花を土に植え替えて行ってくださる。Gさんはわが家の「ホームドクター」ならぬ「ホームガーディナー」みたいなものだ。Gさんに見ていただき、雑草か普通の花かわからず伸ばしておいたものが雑草だとわかる。しようがないね、まったく。◆夕方、家族で海辺の公園へ。家族連れがかなり目立つ。公園では息子とキャッチボール。30分ほど相手にしたがそれだけで十分疲れた(苦笑)。

2007年10月27日 土曜日■学校説明会。台風が向かってきており、風雨が強まる荒れ模様の天気だったが、にもかかわらず多数の中学生や保護者の方が来校してくださる。ありがたいことである。今回も進路指導関連で話をする。8分ほどの割当であったが15分近く喋ってしまったようである。8分で言い足りないから知らず知らずのうちに時間が過ぎているのであるが(苦笑)。◆悪天候の中、サントリーホールのミッシャ・マイスキー(チェロ)リサイタルに出かける。「今日の演奏を師のロストロポーヴィチに捧げたい」というマイスキーの気持ちが会場に放送が流れる。間もなくミッシャと愛娘のリリィが登場。前半はロシア歌曲集、後半はショスタコーヴィチのソナタであった。リリィのピアノは技術的にはもちろん、音楽的な感性の面においても豊かさが感じられ、なかなかよかった。父の長年の夢であったわが子との共演が日本でも実現し、感慨深い思いで耳を傾けた。今夜のアンコール曲は1)ラフマニノフのチェロ・ソナタより第3楽章、2)バルトークの『ルーマニア民族舞曲』、3)作曲者不詳:『私があなたに会った時』。終演後楽屋を訪ねる。サイン会のあとミッシャ、リリーと話をしホールをあとにする。

2007年10月26日 金曜日■マイスキー関連でにわかに忙しくなってきた。レオノーレからは新しいグッズが登場。サイトにも順次情報を掲載したい。◆昨日のマイスキーの宇都宮公演でのアンコール曲は、1)ラフマニノフのチェロ・ソナタから第3楽章、2)バルトークのルーマニア民族舞曲、3)作曲者不詳の『私があなたに会った時』とのこと。◆4日に行うパーティーの最終打合せを某ホテルで行ってくる。さすが一流のホテル。いろいろな面で至れり尽くせりである。当日の参加人数がやや少ないのが残念だが、出席された方々はその分マイスキーと多く話ができるわけだからラッキーなのかな(笑)。そして、通訳を務めてくださる方にも乞うご期待(私のことではないっ)。

2007年10月25日 木曜日■先日冷蔵庫の中を整理した古くなった調味料や食品を一気に処分。日頃からきちんとしておけばよいのだが、それができないでいた。それにしても、自分の部屋や書類の整理は下手なくせに、自分と直接関係のない(?)ところになると、どうしてこうも思い切ってできるのだろうか(笑)。◆マイスキーの来日公演が始まった。愛娘リリィとは日本では初共演。どんなデュオを聴かせてくれるのか、楽しみである。マイスキー自身、昔から夢見てきた親子での共演。私たちもどんなにこの日を待ったことか。感慨一入である。今日は宇都宮。聴きに行こうかずいぶん迷ったが、気づいたら仕事に没頭して電車の時間を過ぎていたので諦めた。27日から忙しくなるので、今日のところはおとなしく帰宅してきた。

2007年10月24日 水曜日■欲しい本があって昨夜遅くインターネットで注文。急ぎの便で頼んだら、今日夜にはもう手許に届いた。なんて便利な世の中になったのだろう。◆今朝NHKのFM放送でバーンスタインのクラリネット・ソナタがかかった。大好きな作品の1つである。バーンスタインが若い頃花粉症の治療のためにフロリダ半島の先端にある島、キー・ウェストを訪れた際に書き上げた作品だと紹介されていて、へえ〜っと思った。バーンスタインも花粉症だったのか。ぼくも花粉症である(←だから何だって?)。◆夜、NHK-FMではN響ライヴが生放送中。ブラームスの交響曲第4番を少しだけ聴く。指揮はサー・ネヴィル・マリナー。21年前、シュトゥットガルト放送交響楽団の茅ヶ崎公演でマリナーと話す機会があったが、いかにもイギリスの紳士らしさが人柄から感じられ、ファンになったのを懐かしく思い出している。すっかりご無沙汰してしまっているが、元気に来日し指揮しているのは嬉しい限りである。(そういえば、息子のアンドリュー・マリナーはロンドン交響楽団のクラリネット首席奏者だったが今はどうしているのかな・・・。)

2007年10月23日 火曜日■早朝目が覚めてパソコンのスイッチを入れると、このところ、まずはインターネットラジオのクラシック音楽番組をかける。KUSCという南カリフォルニアの放送局。かかるクラシック音楽の選曲はアトランダムだが、そこがまたよいとも言える。音質もよく、音が途切れることもほとんどない。もちろん無料。オススメである。◆その放送で、すてきなブラームスのヴァイオリン協奏曲がかかっていた。ヴァイオリンの音色が実に美しい。ぼくの好きなシュロモ・ミンツのような、透明感のある実に美麗な音質。う〜ん、いったい誰の演奏なんだろう、と思って曲が終わって確認すると、奏者名はRachel Barton Pine(レイチェル・バートン・パイン)とある。えっ?知らないなあ。しかし、公式サイトが見つかった。まだ30代半ばのなかなか素敵な女性アメリカ人ヴァイオリニストであり、すでに何枚もCDをリリースしている。さて、この人は日本に来たことはあるのだろうか。次に来日したら絶対に聴きに行きたい!先ほどamazon.comでCDを2枚注文。じっくり演奏を聴いてみたいアーティストを1人発見した。

2007年10月22日 月曜日■相変わらずやるべきことがいくつもある。それでも楽しいと思えるのは充実しているからかな。今日も昼休み、放課後と推薦入試を受験する生徒が相談に訪ねてくる。これからは「問題解決能力」だけでなく一歩踏み込んで「課題を発見する力」も求めたい。大学の推薦入試が生徒たちにとって、このことを考えるよい機会となっているようである。◆マイスキーが来日している。日本では初めて愛娘リリィとの共演が実現する。マイスキーにとってもファンにとっても、感慨深い思いのする瞬間が近づいている。

2007年10月21日 日曜日■今朝は寝坊する。自宅で試験の採点を済ませ、新しい週に向けて授業の準備。夜、息子と野球盤で遊ぶ。

2007年10月20日 土曜日■注文しておいたマイスキーのラフマニノフと村治佳織のアランフェス協奏曲のCDが昨日届いた。すぐにでも聴きたいところだが、身体の調子がまだいまひとつだし、仕事がまだたまっている。明日にでも一段落したところでゆっくり聴いてみたい。◆最近はCDショップへ足を運ぶ機会が減った。代わりにインターネットで注文することがほとんど。必要な情報は店頭でなくてもわかるし、生鮮食品を選ぶわけではないから、よい物を選ぶということもないわけで、ずいぶん便利な世の中になったものである。◆今日は朝から夕方まで近くの高校で「公私合同説明会・相談会」があって、多くの受験生や保護者の方の個別相談を受ける。まだ受験校が定まらない、あるいはどんな学校か一応話を聴いてみたいという方が多かったようだが、個別相談を機に「ぜひ受験してみたい」とか「ちょっと考えてみようかな」という気持ちになってくだされば嬉しい限りである。◆夜は横浜で演奏会の予定があったが、ここ数日体調が思わしくないのと、週末の疲れもあって残念ながら諦め、友人に代わりに聴きに行ってもらった。

2007年10月19日 金曜日■週末。進路関係の書類の点検であっという間に1日が終わる。ミスは許されない書類だから頑張らなくては。◆美容の専門学校に合格した生徒から報告とお礼のメールが届く。とても嬉しい。一流の美容師になるためにはこれからが大事。美容師になったら髪を切ってもらおう。(そのときに髪が残っていればの話だが=笑)。◆やはり疲れがたまっているらしい。寝る前、37.5℃。ちょっとだるいな。頭も少し痛む。

2007年10月18日 木曜日■平塚市のスーパーで小学3年生がエスカレータ手すりと保護用のアクリル板に首を挟まれた事故では、その後保護板の長さが国の基準を満たしていなかったことがわかったという報道。事故が起きてからこういうことがわかってくるケースが最近やたら多い気がする。重体の小学生が1日も早く元気になることを祈りたい。◆昨日から風邪気味。学校は中間試験中だったので、ようやく1か月前の文化祭の代休を取り、休む。疲れがたまっているのかな。薬を飲むと眠気に襲われ、午後はおとなしくしていた。今夜は早く寝るぞ〜。

2007年10月17日 水曜日■午前中は中間試験。午後、職場では事故防止の研修会。その前後に会議が入り、やることがぎっしり詰まった1日であった。◆2011年春の九州新幹線全線開通に合わせ、山陽新幹線との直通運転が行われることになり、大阪-鹿児島間が4時間で結ばれることとなった。また鹿児島に遊びに行きたいなあ。おいしい食べ物がいっぱいあるから・・・(笑)。◆11月4日にマイスキーとの懇親会を都内で行うが、参加される方に案内を郵送した。

2007年10月16日 火曜日■午後進路指導の会議で出張。◆夜、テレビではプロ野球パ・リーグの「クライマックスシリーズ」とやらが放映され、小2の息子が夢中になって(?)観ていた。リーグ優勝をしていてもこのシリーズで勝たないと、日本シリーズに出られないということだそうで、どうも解せない。「リーグ優勝」の重みよりも、「盛り上がり」、あるいは「試合開催でチケット売上げによる収益が上がること」を優先させるということなのだろうか・・・。◆話は変わるが、土・日に新券(新札)に両替できるATMあるいは金融機関はないだろうか。急な特別な出費で必要なときがあるのだが。金融機関でなくてもよい。そういう場所をどなたかご存じないだろうか。

2007年10月15日 月曜日■妻の誕生日。ささやかな贈り物をし、夜はケーキの代わりにアイスクリームで祝う(笑)。◆今日は午前中4コマすべて授業が入っていたため、その他の業務はすべて午後へ回す。慌ただしい1日であった。

2007年10月14日 日曜日■定期試験の作問。インターネットではクラシック音楽の番組が流れている。シューベルトの即興曲Op.90-3が美しい。週末までの疲れがたまっている感じ。◆夕方、厚木高校吹奏楽部の演奏会を聴きに伊勢原市民文化会館へ出かける(指揮は中山鉄也、客演指揮がギリングハム)。中山さんは最初に赴任した高校で9年間一緒に過ごさせていただいた先輩。吹奏楽の顧問にも入れていただいていたので、それなりに親しくさせていただいていた。異動して11年が過ぎ、久しぶりの指揮姿を見せていただいた。アメリカの吹奏楽界との交流は相変わらず活発なようで、新曲もずいぶん日本初演してきているようである。今夕は吹奏楽のためのオリジナル作品ばかりによる演奏会だったが、なかなか聴きごたえがあって感動。最後のシュワントナーの作品がよかったなあ!

2007年10月13日 土曜日■娘の幼稚園では運動会。9時半開始だったが、年少の出番は10時20分頃には終わり、あっという間に帰宅。午後は自宅で過ごす。

2007年10月12日 金曜日■ここ数日学校では、授業時間以外は進路指導関連の書類を作成したり、担任から出された書類を入念に点検したりするのに時間が割かれる。今日の放課後は会議。また1週間があっという間に過ぎていった。◆週末は11月4日のパーティーの案内づくり! 

2007年10月11日 木曜日■帰宅後ボクシングの試合をテレビで少しだけ観てから、スーパーへ出かける。(ボクシングは好きなスポーツではないがつい・・・。)息子が明日遠足なので弁当のおかずとおやつを買いに。今日は冷凍食品が半額だったり、新米が安くなっていたりと、ついつい「衝動買い」に走ってしまった。ところで、店は夜11時まで営業と言っているのに、夜9時過ぎに行くと(特に)生鮮食品では「残りもの」(あまり見た目がよくないもの)ばかりが目立つ、あるいは棚に並んでいないことも・・・。これって、顧客サービスという面ではどうなんだろうなあ。

2007年10月10日 水曜日■授業時間以外は推薦入試やAO入試を受験しようという生徒の調査書や推薦書の点検作業に追われる。昼休みや放課後になれば3年生がやってきて、志望理由書や提出書類のことでの内容確認、質疑応答などをする。ついこの前入学してきた生徒たちだったのに、あと数か月で卒業なんだなあ。ほんとうにあっという間である。◆ミッシャ・マイスキー ファンクラブのパーティーを11月4日に行うことになっていて、今日は使用する会場と通訳をお願いしている会社に連絡を取る。(出席申込みをいただいている方には間もなくご案内を送ります。お待たせして申し訳ありません。なお、これを読んでいる方で今からお申し込みになりたい方がいらっしゃれば、15日くらいまでにお問い合わせください。)

2007年10月9日 火曜日■帰りがけに近所の医者に立ち寄る。処方箋を出してもらい、薬局へ。小さな薬局なのに薬剤師が6〜7人はいるようだ。いったいどうやって経営が成り立っているのだろう。前に誰かから聞いた話では、お客さんの数がそこそこいれば薬局というのは十分やっていけるとのことだったが、そんなものなのだろうか。◆英語の授業で「執行猶予」、「陪審」、「判決」、「裁判所」などの語(句)を紹介しているうちに、調子に乗って「脱線」。『ニューオーリンズ・トライアル("Runaway Jury")』の話をしようと思っていたら、喋っている内容が『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン("Catch Me If You Can")』になっていた。ありゃりゃ。

2007年10月8日 月曜日
■今日は「体育の日」だっけ。あまり親しみのわかない日だなあ(苦笑)。昔から体育があまり得意ではなかったし、どちらかと言えば、いや、どちらかと言わなくても「インドア派」のぼくとしては、太陽の光をいっぱいに浴びて身体を思いっきり動かすなどという発想がないのである。◆マイスキーの来日が近づき、ファンクラブ通信の準備やらパーティーやら、しなければならないことも多くある。部屋の整理もしたいし、学校で片付いていない仕事もしたいし、いやあ、大変だあ・・・。

2007年10月7日 日曜日■昨日、近所の閑静な住宅街を車で走っていると、突然「着ぐるみ」の動物に遭遇。子ジカのバンビだったかうさぎだったか、あまりよく覚えていない。そこでは住宅販売が行われており、歩行者や車が近づくと、客寄せに「着ぐるみ」が道路に飛び出してきて手を振るのである。運転している自分に向かって「着ぐるみ」が手を振っている。う〜ん、どう反応したらよいのか・・・。中に入っているのが子どもなら、こっちもそれに応えて手を振り返すが、そうではないはずだ(笑)。「無視するのも何だか申し訳なくて、仕方なく軽くお辞儀をしながら通り過ぎたよ」と妻に話したら、笑われた。やっぱり対応の仕方を間違えたか。

2007年10月6日 土曜日■中学生やその保護者の方を対象に授業公開が行われる。◆息子の小学校で運動会が行われているので、途中から休みをもらい見に行く。プログラムには保護者と先生が参加する綱引きがあり、子どもたちの目の前でちょっとハッスルしようと思ったのだが、午前の部が長びいたため「カット」された!ガ〜ン。せっかく張り切っていたのに。たしか去年もカットされたんじゃなかったかな。ブツブツ・・・。それにしても運動会に来る保護者のビデオ、カメラの数はものすごい。今に始まった話ではないが、大人はわが子(孫)の記録を残すために夢中である。そのために朝早くから並び場所を確保している。ふだん学校現場で仕事し、親の立場で参観にも行く者としてはいろいろ思うところがある。◆昨日学校に取材に見えた方からメールが入る。見てみるともう記事の原稿ができあがっていて、内容の確認をしてほしいとのこと。「何てはやいのだろう!」いやあ、驚いた。自分のことをずいぶんよく書いていただいて恐縮しているところである。

2007年10月5日 金曜日■午後は保護者懇談会。全体会のあと3学年の懇談会では生徒の進路について話をさせていただく。保護者の方の声がいろいろ伺えてよかった。◆夕方、某新聞に掲載されている進路指導関連記事のための取材を受ける。今まで様々な音楽家にインタヴューをしてきているが、自分が取材を受けた経験はそう多くない。取材の進め方から聴き手のあり方などを教えていただき、別の面でも勉強になった。◆夜、某カメラ量販店でビデオカメラを購入。ハードディスクに記録するタイプ。7年ぶりの新規購入だったが、その技術の進歩に驚かされる。でも、予備のバッテリーパックは何であんなに高いのだろう。1万円もしてビックリ。

2007年10月4日 木曜日■授業で『刑事ジョン・ブック 目撃者』を見せた。この映画はもう何十回と観ているが、ピーター・ウィアー監督は、起こった殺人事件がどう解決されるかではなく、むしろ「アーミッシュ」の生活ぶりに焦点を当てそれを伝えることに力を注いでいる。以前、ペンシルヴェニア州ランカスターを訪ねたことがあるが、現代の文明の利器(自動車、電話、テレビ・・・)を排しての生活を追求し、その社会の中で互いに協力し合って生きていく人々が何万人もいることにとても驚いた。『刑事ジョン・ブック 目撃者』のおかげでぼくはピーター・ウィアーを知り、彼の作品(『いまを生きる』、『グリーン・カード』、『トゥルーマン・ショー』など)が大好きになった。最近入手した『刑事ジョン・ブック 目撃者』のDVDには映画本編からはカットされたシーンや、メイキングにおけるインタヴューなども収められていて実に興味深い。

2007年10月3日 水曜日■夜、上野の東京文化会館小ホールで斎藤雅広デビュー30周年記念コンサート。開演が6時半だったため前半途中から聴く。ゲストが多数。3時間にわたる長い演奏会だったがバラエティに富み、けっして聴き手を飽きさせなかった。斎藤さんの多才ぶりが遺憾なく発揮され、実に楽しい内容。ロビーでは、日頃ご無沙汰している多くの方にも会え、嬉しかった。都内への往復は久しぶりに車で。道路混雑がほとんどなく、快適なドライブを楽しむ。

2007年10月2日 火曜日■学校での今日1日のおもな流れ。書類作成、進路関係の文書点検、授業、授業、小テストの採点、電話、書類作成、打合せ、電話、来客、授業、センター試験の校内受付、書類作成、進路関係の文書点検、生徒の進路相談、会議、郵便物処理、文書作成、電話、進路関係の文書点検、机の整理、書類整理。(途中、トイレは省略。ちなみに昼食は今日は抜いている。)ふ〜うっ、忙しかった・・・。◆ところで、知らぬ間にプロ野球のセ・リーグは読売ジャイアンツが5年ぶり31度目のリーグ優勝を果たし、原監督が胴上げされたとか。ところでそのジャイアンツだが、来期の抑え要員に横浜のクルーン投手獲得へ向けて動いているというではないか。ジャイアンツは金にものを言わせ、獲れる名選手は誰でも獲るというようなことが長い間続いているが、その姿勢には事あるごとに不愉快になる。巨人にも若手で前途有望な選手が多くいるだろうに、これでは彼らが伸びてこない。◆教え子のCさんから、教員採用試験に合格し、晴れて来春高校の教壇に立つことになったと報告をいただく。おめでとう。とても嬉しい。

2007年10月1日 月曜日■今日から10月。文化祭の代休で学校は静かである。明日には「衣更え」の案内文書が配られるようだが、この涼しさ(寒さ?)では、案内しなくとも皆冬服で登下校するようになるだろう。今日は勤務日ではないので、生徒の進路相談や書類の整理をして早めに学校を出る。夕方、娘の出生届を出しに近くに市民センターへ行く。◆郵政民営化。用があったので早速出かけたが、郵便局内はかなりの混雑。「大きな混乱はなかった」とラジオのニュース。でも小さな混乱は多かったのかも・・・。 ◆住んでいる市では今月からゴミ収集が有料化。「資源」や「プラスチック」などは対象外だが、生ごみ、可燃ごみなどの類は市販の専用ビニール袋に入れて出さなければならなくなった。地球環境について子どもたちと一緒に考えるよい機会ではあるが、これまで受けてきた市民サービスや市民が払い続けている高い税金について、市の考え方・姿勢の面でもっと丁寧な説明、あるいは意見交換の場がもっとあってもよかったのではないかと思う。