管理人の音楽日記帳
(2008年2月1日〜2月29日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME

■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2008年2月29日 金曜日■午後、立教大学へ出張。キャリアガイダンスセミナー(リクルート主催)に出席。立教大学の小島貴子先生の基調講演、『キャリアガイダンス』アンケート集計結果分析など実り多き2時間半であった。◆夜は鎌倉芸術館小ホールで田村麻子(ソプラノ)リサイタル。「100万人のクラシック」と題したコンサート。堅くなく、気軽に楽しめる工夫があちこちに。田村さんのキャラクターが親しみを感じさせるのだが、彼女は歌もうまい。初めて訪れた聴き手も少なくなかったはず。それでもずいぶんCDが売れたようだ。企画のよさ・面白さ、出演者の魅力でこれだけの聴衆が動員できるのだから大したものである。

2008年2月28日 木曜日■今日も授業の合間、パソコンに向かう。放課後は会議。

2008年2月27日 水曜日■3年生の登校日。生徒の進路相談に乗ったり、受験状況の集計をしたりしているうちにあっという間に1日が終わる。大学受験では生徒の健闘ぶりが目立って嬉しい。本屋さんからは毎月購読の音楽雑誌が届いているが、まだゆっくり目を通す余裕がない。

2008年2月26日 火曜日■2月もあと3日で終わりか。はやいなあ。今年も6分の1が終わるということだ。あっという間だろうなあ、次の正月も(笑)。

2008年2月25日 月曜日■2006年に行われた第75回日本音楽コンクールのバイオリン部門の本選の一部を収録したNHK番組を、長い間見ずにそのままにしておいてしまったのだが、その中で黒川侑という18歳のすばらしい演奏家を知る。受賞後はオーケストラとの協演も多くなってきているようだが、まだ関東での出番はそう多くないかも。ビデオで視た(聴いた)のはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。堂々とした弾きっぷりもよいし、何よりも豊かな感性がそのまま演奏にあらわれていて、ものすごい才能が感じられる。レパートリーもかなり広そう。今まで逃してしまった公演が多々あるが、これからはまめにチェックをしてぜひ聴きに出かけたい。嬉しい出会い。

2008年2月24日 日曜日■昨日、閉店間際のドラッグストアの店内放送について記したが、そういえば・・・と、ニューヨークのCDショップを思い出した。もう12年以上前の話ではあるが(笑)。午前0時閉店のその店に夜ふらりと出かけると、23時30分あたりから店の天井から吊してある蛍光灯が1列おきに消され、23時45分にはさらに暗くなった。レジは23時55分には締めますとの放送が入り、23時50分に慌ててレジへ。選んだCDの会計を済ませ、なんて慌ただしいんだと思いながら店を出て、0時になったまさにその瞬間、店員が店のドアに鍵をかけ、中には見事に客が1人もいない状態になっていた。顧客サービスよりも従業員の勤務時間が優先されているのを見て、日本とは違うあとつくづく感じたのであった。◆クレンペラー指揮バイエルン放送響の1957年ライヴ、ブラームスの交響曲第4番のCDに感動。独特のうねりがあり、強い説得力をもって心に訴えかけてくる美しいブラームスに何度も耳を傾けたくなる。味わいがあり、深みがある。カップリングのバッハ(管弦楽組曲第3番)も見事。【ORFEOR201891】

2008年2月23日 土曜日■5か月の娘の体温が上がり、急遽病院へ。まだ熱を出したばかりなので、インフルエンザかどうかはわからないとのこと。薬をいただいて帰宅。◆夜、ドラッグストアに買い物に。閉店10分前くらいから店内に♪『蛍の光』が流れる。「あと5分で閉店させていただきます」と言っておきながら一方で、「・・・まだお時間がございます。ごゆっくりお買い物をお楽しみください」と続く。残り5分でどうやってゆっくり買い物を楽しめばよいというのか・・・。疑問に思いながら店をあとにする。

2008年2月22日 金曜日■昨日の「学力検査」の採点。採点2回、点検3回、大問毎の小計計算1回、小計確認3回、点数の合計計算1回、確認3回。まる1日の作業は神経を使う。無事終了し、ほっとひと息。◆インフルエンザ予防のため、手洗い、うがいを励行。◆マイスキーの今年の来日は春と秋の2回の予定。5月には別府アルゲリッチ音楽祭での公演、佐世保でのリサイタルがあり、チケットの一般発売がいよいよ明日から。サイトの更新も行う。

2008年2月21日 木曜日
■後期選抜(学力検査)。5科目。神社の合格祈願の鉛筆を持った受検生は以前よりはだいぶ少なくなった気がする。シャープペンシル派が圧倒的に多い。まだ全科目の問題に目を通していないのだが難易度はどうだったのだろうか。◆わが家は息子に次いで妻がダウン。インフルエンザA型ということで、タミフルほかをもらって帰る。行った病院が違うからかもしれないが、息子はタミフルは粉で、妻はカプセル。妻もこのところ無理をしすぎたようである。少しぐっすり休んだ方がよい。気をつけるべきは、自分に番が回ってこないように、ということである。あっ、同じようなことを昨日も書いていた・・・(汗)。

2008年2月20日 水曜日■明日は後期選抜(学力検査)のため、昼前に生徒は下校。大掃除と会場整備を行い、受検生を迎える準備が整った。息子が発熱で夕方近くの医者へ。インフルエンザのA型と診断される。予防接種をしていたからだいぶ軽く済んでいる模様。夜には熱がだいぶ下がり、本人は冗談なんか言って、意外と元気に見える(笑)。こちらが感染しないように気をつけなければ!

2008年2月19日 火曜日■午後、息子の授業を参観に小学校へ行く。1・2年生による学習発表会形式でクラス毎に音楽の演奏(クラスによっては歌もあり)がある。子どもたちの演奏はと言えば、まだまだ改良の余地はあるだろうが、それでもこのレベルまでまとめた各担任の先生方の尽力に感謝。それにしても一部(いや、かなり?)の保護者のマナーのなっていないこと。ものすごいビデオカメラの数にはもう驚かないが、保護者同士の私語にはうんざり。子どもたちが静かに演奏を鑑賞しているのに、保護者はといえば・・・。ぼくが小学校の教員ならきっと・・・。

2008年2月18日 月曜日■3年生の係がやってきて「卒業ビデオ」の収録。ひとことメッセージ(ちょっとしたおまけ[=演出?]もあります。32期生の皆さん、お楽しみに〜)。3学年に関わった教職員をまわって撮影しているのだという。放課後、入試関係の書類の点検作業。神経を使う日がずいぶん長くなってきたものだ。

2008年2月17日 日曜日■妻が家で用事をしている間に子どもたちを連れて買い物に出かける。ピーマンが4個入りで198円。1個50円とは高すぎないか?今日は仕事のことは忘れてのんびり過ごす。

2008年2月16日 土曜日■部活動で練習をしたいと生徒が言うので、1日学校で過ごす。3年生の進路状況の集計作業も行う。一般受験の生徒たちも健闘している様子。◆今日はかつての同僚、Hさんにお目にかかり話ができて嬉しかった。

2008年2月15日 金曜日■妻と長女がダウンし、昼過ぎまで自宅で過ごす。◆注文しておいたCDがようやく届く。クレンペラー指揮バイエルン放送響の1957年ライヴによるブラームスの交響曲第4番ほか【ORFEOR201891】。最近ブラームスの交響曲にはまっているが、この演奏は長い間聴いてみたいと思っていたもの。週末にじっくり聴いてみたい。

2008年2月14日 木曜日■バレンタインデーか・・・(笑)。帰りがけ、職員玄関を出た脇で高校生の男女に遭遇(?)。「さようなら〜」なんてお互い明るく挨拶。何かを渡そうとしているところだったようで、失礼しました(とは言ったって、たまたま通っただけだけどね〜)。人目のつかないところで彼女は「想い」を伝えたかったんだね。微笑ましくていいなあと素直に思う。帰りがけ、近所のスーパーの食料品売場で生徒のお母さんに、それから卒業生のGさんに会う。◆わが家は妻と長女がダウン。今月は家族の誰かしらが体調を崩している。

2008年2月13日 水曜日■日中は職員室に暖かな陽射しが入ってきて眩しいくらいなのでカーテンを閉めるが、朝晩の冷えこみは相変わらず厳しい。◆鼻のレーザー治療は結構効果があったかも。治療後一度もくしゃみが出ていない(笑)。

2008年2月12日 火曜日■1年生全員が「情報」の授業でウェブページ(ホームページ)を制作している。ぼくは週6時間、3クラスの授業に出て手伝いをさせてもらっているが、生徒からはときどき難しい質問が飛んできて、こちらをヒヤリ、ドキリとさせることもある。著作権や肖像権についてはメインとなる担当教員が事細かに注意しているのだが、自分のページを作るのに情報が必要となると、自身のことを書いているうちはよいのだが、何か専門的なトピックになってくるとどこからか「引用」が始まる。正しい引用ならよいのだが、ルール違反と思われそうな問題のものもあるようで、これは困ったものだと思うのである。◆今日で歯医者での治療が完了。お陰様で痛みも不安定さもなくなり、口の中はバッチリである。先生(高校の先輩)も奥様もとてもよい方。治療後いつもいろいろお話しさせていただき、毎回楽しかったので、今日が最終回と言われると、何だか寂しい気がしなくもない。

2008年2月11日 月曜日■「先週はありがとうございました」、「ホームページ拝見しました」などとおやっ?と思わせるようなメールがほんとうに多くてうんざりする。メールチェックの度に迷惑メールもせっせと削除しなければならない毎日。まったく時間の無駄!そうしたら、先程ニュースで総務省が迷惑メールに関して上限で3000万円の罰金が科せられる法改正案を出そうとしていると知った。罰則強化で歯止めをかけようというのはよいのだが、変なイタチごっこになって迷惑メールが減らないというのでは困るのだが、大丈夫だろうか。

2008年2月10日 日曜日■昨日は雪が降ってきて夜、必死になって自宅の車庫に積もっていた雪(といっても2〜3センチ程度だったが)を買った「雪かき用スコップ」で取り除いた。しかし、今朝見てみたら雪はすっかり溶けてなくなっており、すべて取り越し苦労に終わった。やれやれ。今日は用があって終日外出。

2008年2月9日 土曜日■辻井伸行(ピアノ)の茅ヶ崎公演。 ショパン4曲、ベートーヴェン2曲によるプログラム。会報も無事書き終え、配付することができてよかった。アンコールには自作2曲を含む3曲が演奏される。◆ところで、2002年6月14日金曜日付の日記に、トルコのピアニスト、ファジル・サイのリサイタルに出かけたときのことを記したのだが、その日の最後の方にこんなことを書いた。「終演後楽屋を訪ね、マネージメントのSさん、Uさんらに会う。楽屋ではある前途有望な少年がサイの前で演奏を聴かせるという出来事があった(実はこの少年の演奏に目がうるんだ)が、ここでは割愛する。」◆実はこの「少年」こそ辻井伸行であり、ぼくが耳にした曲は彼の自作、『ロックフェラーの天使の羽』であった。心染み入る曲の美しさに涙がこぼれたあの日を思い出した。【写真=2008年2月9日、茅ヶ崎市民文化会館にて。※写真の撮影及びサイトの掲載につきましては、音楽事務所の許可を得てあります。】
ショパン作曲の幻想曲ヘ短調を弾く辻井伸行
PHOTO:(C)2008 小島昭彦
2008年2月8日 金曜日■また明日は雪だって?冗談じゃない。茅ヶ崎で辻井伸行ピアノ・リサイタルがあるのだ。夜は会報を執筆。近所のホームセンターに行って、雪かき用スコップを購入。お願いだから降らないでもらいたい・・・。

2008年2月7日 木曜日■鼻水がなかなか止まらずつらい1日。花粉症がひどくなったような症状(苦笑)。レーザー治療後はしばらくは我慢らしいが、はたしてどうなるのやら(笑)。◆3年生の成績処理が終わったものの、進路指導の年間の総括をしなければならないので、大変なのはこれからである。

2008年2月6日 水曜日■今日も午後から夜にかけて雪が舞う。「積もらないでくれ〜」とひたすら祈る(笑)。◆夜、市内の耳鼻科で鼻の中にレーザーを当て、花粉症対策とするところへ行く。いやあ、耳鼻科や皮膚科は混んでいるなあ。待つことを考えるだけで行きたくなくなる。今日は予約を入れての治療だったので待ち時間も少なく済んだ。さて、肝腎の治療だが、まず鼻の穴の中に麻酔をかけるということで、ガーゼを何枚も鼻の奥の方まで突っ込まれる。それにしてもこんなに中に入るものなの?と言いたくなるくらいなのである。その後10分あまり麻酔が効くのを待つ。そしていよいよ、レーザーによる治療が始まる。粘膜をレーザーで焼くらしいが、髪を燃やしたときに発生するのと同じ臭いがする。鼻毛が燃えているのだろう(笑)。痛みは皆無。ぼくの鼻は骨がずいぶん曲がっているらしく、レーザーが行き届かない部分もあったとか。もっとも花粉もそのような鼻の奥にまではなかなか届かないだろう、と先生。1年程度しかもたないらしいが、多少は違うのだろうか。ちょっと期待しながら病院をあとにする。ちなみに今日の治療費は8,300円。あとは1〜2週間後に一度見せに行くだけでよいらしい。院内の何箇所かの壁に、ノーマン・ロックウェルの絵が額に収められ掛かっていたのが印象的。院長、それとも副院長の趣味であろうか?親しみを感じる。

2008年2月5日 火曜日■昨年2007年は作曲家エルガーの生誕150年を祝う年だったが、個人的にはその機会を逸してしまった。最近ラジオ放送で聴いていいなと思ったのが、弦楽四重奏曲ホ短調Op.83。すぐにインターネットでミストリー弦楽四重奏団によるCDを購入。曲はもちろん、このカルテットの存在(名前)すら知らずに注文したのだが、いざ聴いてみると、演奏はしっかりしたアンサンブルで聴きごたえ十分。カップリングにピアノ五重奏曲イ短調Op.84が収められているのも嬉しい。【ユニバーサル UCCD 3905】。ぼくは結構ロマン派の短調の作品に弱いのかも(笑)。今回も名曲との新たな出会いに感謝。

2008年2月4日 月曜日■雪が夜の間に凍結しカチカチの氷の塊に。車庫の前に子どもたちが作った雪だるまが崩せず、車を出すのに時間がかかる。いやあ、参った。◆学校では進路の仕事が1つ片付き、ほっとする。

2008年2月3日 日曜日■新しく買ったサイクロン式の掃除機の威力は抜群。しかも排気もきれいで、安心して使えそうである。敢えて難をあげるとすれば、音がうるさいことか。◆朝から雪。かなり積もりそうな気配。午後になって小降りになり、雨まじりになってほっとする。雪だるまを作った子どもたちは納得がいかない様子。外に向かって大声で「雪頑張れ〜、雨は止(や)め〜っ!」と8歳の長男。4歳の長女も「雨はもういいよ!」とか「雨はもう十分だよ!」と言って(笑)、雪を応援している。そうは言ってもねえ。大人は困るんだよ、それでは(苦笑)。◆家でおとなしく過ごす。とはいうものの、半日以上、学校の持ち帰り仕事に携わる。これじゃあ、休んだことにはならないな・・・。

2008年2月2日 土曜日■家の掃除機の調子が悪く、新たに買いに某大型量販店に買いに出かける。5年くらいはしっかり働いてほしいものである。◆明日は関東地方南部でもかなりの雪が降るらしい。参ったなあ。おとなしく家で過ごすしかないな・・・。

2008年2月1日 金曜日■週末。3年生の進路状況集計の準備で6時間ほどパソコンに向かって作業。まだまだかかりそうだ。それにしても、さすがに同じ作業をしていると疲れる。◆その後会議。