管理人の音楽日記帳
(2008年9月1日〜9月30日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME

■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2008年9月30日 火曜日■肌寒いくらいの1日。午前中早めに家事を終えたのだが、その後取りかかったサイトの更新作業に時間を食う。明日からマイスキーの来日公演が始まる。インストアイヴェントも4回ある。その問い合わせ・確認や、最近発売になったCDやDVDをまとめて掲載するのに夕方までかかる。

2008年9月29日 月曜日
■昨日は家で昼寝をした時間が長かった反動で、夜更かし。遅くまでパソコンの前に座り、その後風呂に入って本を読んで・・・、と寝たのは結局3時、つまりいつもの起床時刻近くなってしまったということである(苦笑)。今日は文化祭の代休。家族が出かけて行って、部屋の掃除をし、自宅に持ち帰ってきた仕事に取りかかる。今日も涼しい。このくらいが最も好きな気候である。

2008年9月28日 日曜日
■朝から肌寒いほど空気が冷たい。◆疲れがたまってしまい、今日はあまり仕事のことも考えないようにして、ゆっくり過ごす。◆車を走らせているときにNHK-FMから流れてきたプーランク風の木管五重奏曲。これはきっとプーランクの作品なのだろうと思っていたが、そうではなく、ムチンスキーという作曲家による木管五重奏曲 Op.45(演奏時間は15分弱)であった。調べてみると現代アメリカの人とか(Robert Muczynski b.1929)。サイト上で同曲のCDを見つけたので、早速注文【MALCO POLO 8.225041】。聴いていて気持ちのよい、なかなか洒落た作品である。

2008年9月27日 土曜日■新内閣になって就任早々の某大臣が早くも辞任に追い込まれそう。失言の多い政治家があまりにもいて呆れる。◆西武ライオンズがリーグ優勝。近所のスーパーで牛肉が安くなっているので、夕方買い込みに出かける。◆たった1日でいい。朝から夜まで思う存分、何も気にせずゴロゴロできる日がほしいなあ。

2008年9月26日 金曜日■前期の終業式。来週の月・火は文化祭の代休のため、次の授業は10月1日。つかの間の休息?とはいえ、仕事がたまっているので、それを片付けなければ。◆夜遅くドライブ。8月に出かけた宮ヶ瀬ダムからヤビツ峠へ抜ける道を再び走る。遭遇できた野生のシカは2頭だけ。もうちょっといるかと期待していたのだが・・・。

2008年9月25日 木曜日■日中はまだまだ蒸し暑くなるなあ。生徒の授業での集中力もいまひとつ。特に2年生は修学旅行が近く、学習に身が入らない者が目立つ。放課後は会議が続き、そのあと書類の作成やら点検やらに追われる。

2008年9月24日 水曜日■午前中は授業で慌ただしく過ぎていき、午後は書類の作成やら会議やらであっという間に終わった。◆マイスキーの新譜CDが届く。来日中のイヴェントも新たに追加。サイトにアップしなくては。

2008年9月23日 火曜日■秋分の日。やらなければならない仕事も先送りにして、朝からのんびり過ごす。リラックスして1日過ごしたものの、1日の後半になるにしたがい、「アリとキリギリス」での「キリギリス」の心境に近づいていく・・・。

2008年9月22日 月曜日■二女の1歳の誕生日だったが仕事が片付かず、今日は何もしてやれなかった。明日ケーキでも買って祝うことにしようか。実際に食べるのは本人以外の家族かな(笑)。

2008年9月21日 日曜日
■昨日は校務の関係で、夜のコンサートには行けず。いつも顔を合わせる友人たちとも会えずじまい。◆今日は昼過ぎから雨が本降りとなる。朝早めに行動を開始したため、はじめこそ1日が長く感じられたのだが、午前11時を過ぎたあたりから急速に時間が進み、あっという間の休日であった。

2008年9月20日 土曜日■台風が関東地方を通過。◆校舎の耐震強度に関し、県から保護者対象の説明会があって出勤。学校運営に関わっていて日頃から大切だと思うこと。それは「それが生徒にとってどうなのか」、「自分が保護者だったらどう考えるか」という視点。保護者の方々の質問や意見に耳を傾けながら、その思いがずっと頭の中を占めていた。

2008年9月19日 金曜日■前期の成績処理が終了。ほっとひと息。台風接近。夜遅くに風雨が強まる。

2008年9月18日 木曜日
■『となりのトトロ』を生徒に見せて授業を行う。以前、イギリスより英語版DVDを取り寄せた。英語による音声・字幕を使ってさまざまな表現を学ばせるというもの。ほとんどの生徒が日本語でストーリーを知っており親しみやすく、内容が難しくないので、興味・関心を高めるのにうってつけの教材かも。日本とイギリスはDVDのリージョンコードが同じだから、プレイヤーによっては再生が可能。もっともすべてのプレイヤーで再生できるわけではないところがミソか。ちなみにこのDVDでは、1)英語音声、2)日本語音声+英語字幕、3)英語音声+英語字幕で再生できるようである。◆台風接近。土曜あたりなのかな、関東は。

2008年9月17日 水曜日■だいぶ涼しくなってきて授業もしやすくなってきたかなあと思いきや・・・とんでもない!昼過ぎあたりから気温が上がり、まだまだ残暑健在のようである。何と言っても湿度が上がっているのには参る。

2008年9月16日 火曜日
■代休。朝、妻、子どもたちが出かけたあとは家事に打ち込み、掃除、食器洗いなどをして汗を流す。夜は野菜炒めとオムレツを作り、家族にふるまう(笑)。野菜炒めは、玉ねぎ、ピーマン、茄子、ニラ、ベーコンを油で炒め、塩、胡椒、醤油、そしてごま油で味付けというごく簡単なもの。とはいえ、われながらなかなかうまくできたので、満足、満足。

2008年9月15日 月曜日■文化祭も終了。指定校推薦内定者に渡す書類の準備などがあり、閉会式を覗くことができず、残念。◆また仕事がたまってきた。大変だぁ。それにしてもここ数か月、音楽をゆっくりかけるゆとりもない気がする。コンサートに出かけて慌ただしい日常から解放される時間は貴重だとつくづく感じる。

2008年9月14日 日曜日■文化祭2日目。大勢のお客様が来校。賑やかな1日となる。もっとも金券売場の仕事や翌日以降の進路指導の作業があったため、会場内を見ることはほとんどできなかったが・・・。顧問をしている室内楽部の演奏発表は聴けてよかった。◆夜、マイスキーの来日情報(追加分)などをサイトにアップ。

2008年9月13日 土曜日■文化祭1日目。ところが、出張の2日間に校舎が耐震性に問題ありで建て替え(補強)対象になったというニュースが流れていたことを知る。これぞまさに「青天の霹靂」。いやあ、これはこれで今後相当忙しくなりそうである。

2008年9月12日 金曜日■今日も進路指導関係の大会。発表校の先生にも直接お話を伺え、いろいろ勉強することができた。◆東野圭吾の『秘密』を読み始める。ジャンル的には自分の嗜好とはややずれているが、読み始めたらちょっとはまってしまっている。

2008年9月11日 木曜日■進路指導関係の大会に出席。◆アメリカ同時多発テロから7年。2,993人もの人が亡くなり、6,000人以上の人が負傷した衝撃的な1日であった。なぜこのようなことをしなければならないのか。思い出すたびに怒りがこみ上げてくる。

2008年9月10日 水曜日■夜、窓から入ってくる風が涼しく、徐々に秋になりつつあるのを感じる。とはいえ、日中は気温がかなり上がり、授業に集中して取り組むのは大変である。文化祭を週末に控え、生徒の気持ちはそちらへ・・・(苦笑)。授業へチャンネルを切り換えさせるのに苦労する。◆今日は進路指導関連の大事な会議。ここ数日資料作成とその点検に追われてきたが、こちらの方もまだしばらくは気が抜けそうにない。

2008年9月9日 火曜日■洗濯機の下から水が漏れるみたいだ、と妻。ホースの接続が悪いのなら話は簡単だが、どうもそうではないらしい。こういう理系的(?)なことになると逃げ腰になってしまう自分。「ちょっと見てみようね」と妻に言っておきながら、見ても自分には原因が突き止められるわけがないと、はじめから諦め気味。情けない・・・。明日じっくり観察し、原因究明にあたりたい。

2008年9月8日 月曜日■夜、仕事を終え、原付で帰宅途中、1キロくらいのある区間で、ウォーキングをしている人を10人以上見かけた。健康のために歩いている人が増えている。少し歩こうかなあ。気持ちだけは動き出したのだが、肝腎の身体はまだ「アイドリング中」である。

2008年9月7日 日曜日■今日も結局午後出勤。何だかちっとも休めないや。帰るときには雨。庭の草木への水やりはしなくて済んだものの、自分がびっしょり濡れてしまってはなあ・・・。

2008年9月6日 土曜日■1日出勤。進路関係の会議資料を作り始めるが、1日では終わらず。夜、家族でスーパーへ買い物に。子どもたちは買い物のあとのソフトクリームが目当てらしい。

2008年9月5日 金曜日
■ほんとうに毎日蒸し暑くてしんどい。それでも、ともかく最初の週が終わった。夕方卒業生のHさんが職員室に訪ねてきてくれる。久しぶりにゆっくり話ができて嬉しかった。

2008年9月4日 木曜日■今日も慌ただしく1日が過ぎる。まもなく1歳になる下の娘が高熱を出し、いろいろ予定変更が生じ、バタバタする。◆夕方は会議。1つ望んでいた企画が実現しそうな運び。嬉しい。

2008年9月3日 水曜日■8月下旬のある日の夜、かつての教え子から電話。結婚披露宴でスピーチをしてくれと「正式依頼」があった。県内の総合病院で看護師として頑張っている彼女の高校時代のエピソードは、担任として2年間接したこともあって、いくらでもある。が、問題なのは、スピーチで使えそうな話題がほとんどないことである(笑)。しかも、電話での声から判断するに、本気で(?)よい話題を「精選」して話してほしいという口調であった。さあ、どうしようか。◆教室が蒸し風呂みたい。エアコンがないのがきつい。映画を見せたが、暗幕をかけると風が入らないので、ますますひどい状態。それでも教科書で勉強するよりもいいのだろう。生徒は映画と聞いて、クラスによっては歓迎の拍手で盛り上がる(笑)。

2008年9月2日 火曜日■昨日はやや寝不足気味、疲れ気味、残暑でバテ気味の身体を池袋まで移動させ(苦笑)、三谷幸喜の『戸惑いの日曜日』をH君と観てきた。池袋のサンシャイン劇場。地下鉄の駅を下りてからが意外と遠い。肝腎の舞台だが、さすが三谷作品だけあってもう笑いっぱなし。見事!3時間近くの公演が短く感じられ、大いに楽しめた。佐藤B作に代わって出演した升毅、西郷輝彦、石野真子、中澤裕子ら、役者もすばらしかった。一気に疲れが吹っ飛んだ。

2008年9月1日 月曜日■そういえば、昨日の日記で「蜘蛛」と書いたが、ワープロソフトのおかげでいとも簡単に漢字変換したが、いざ漢字で書いて見ろと言われたら書けそうにないな。「葡萄」、「薔薇」ほどではないにしても、ちょっと怪しい。◆昨夜、寝る直前に録画しておいた、NHKテレビ『課外授業 〜ようこそ先輩〜』を見る。指揮者の西本智実さんが大阪の小学6年生を訪問。子どもたちにオーケストラの指揮体験をさせる。緊張のあまり練習では指揮台にも上がれなかった子どもたちが、『白鳥の湖』をそれなりに指揮して感激する様子が映し出されていた。滅多にできない体験に興奮する子ども、感激のあまり舞台袖に戻った途端泣き出してしまう子どもなどさまざま。はじめは子どもをどう「つかむ」かで苦労していた西本さん。序盤の、その戸惑いを語る場面では、彼女の誠実な人柄がよく表れていたのが印象的であった。それでもさすが指揮者。最後はよくまとめ、子どもたちにこれから生きていく上での指針となるような話をして結んでいた。番組が30分に編集されているためか、子どもたちの心境の変化がもう少しよく捉えられているとよい気がした。