管理人の音楽日記帳
(2009年4月1日〜4月30日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2009年4月30日 木曜日■午後、生徒の進路相談。その後定例の会議。会議は1時間かからず終了。◆明日から5月か。1年のうち3分の1が終わったことになる。はやいなあ。いろいろな意味で充実した1ヵ月間だった。来月もそうありたい。願わくば、音楽と関われる時間をもう少し増やしたいところである。

2009年4月29日 水曜日■休日出勤。進路関係の作業を含め、今日中にしなければならない大きな仕事を4つ片付けることができ、非常に満足。この勢いで残る仕事も一気に終えてしまいたいところである。◆世界保健機関(WHO)が、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の拡大により、「フェーズ4」から「フェーズ5」に警戒水準を引き上げると発表。WHOが世界的大流行(パンデミック)の一歩手前である「フェーズ5」を宣言するのは初めてとか。感染がこれ以上拡大しないことを祈るばかりである。

2009年4月28日 火曜日■3学年の体育祭の種目別選手を決めるLHR(ロングホームルーム)を設定してある時間と進路関係の行事の日程がバッティングしていることがわかり、慌てて時間割を変更。何とか解決してほっとしたが、はじめはかなり焦りヒヤヒヤであった(苦笑)。

2009年4月27日 月曜日■3年生の授業での姿勢がなかなかよくて感心。2年までとはうって変わって意欲的に参加している生徒もいて、嬉しくなる。◆ゴールデン・ウィークもいよいよ。とはいえ、3年生たちは6月の体育祭に向け、毎日遅くまで学校に残り、ひたすら踊りの練習。それを憶えると下級生の指導に移るのである。こういう頑張りをふだんの学習面にも期待したいのだが、なかなかそう思うようにもいかないのである・・・。◆夜、ラジオ(FM放送)からシューマン、そしてブラームス(2番のソナタ)が聞こえる。チェロとピアノのバランスがいまひとつ。チェロはうまい人なのだろうが、ヴィブラートのかけ方が自分の好みとは違う。歌うべきところは歌っているが、いくぶん強引な引っ張り方をする演奏。ピアノも雄弁すぎて自分の主張だけを押し通している気がする。いったいこの2人は誰なのか。・・・演奏後、奏者の名前を知り、ちょっと意外。比較的好きなヨーロッパのカルテットのチェリストであり、ソロでも活躍中の人であった。ピアノも聴く機会の多い若手。でも、名前を知らされずに演奏を聴くのはなかなか面白い。

2009年4月26日 日曜日■午後、息子と2人で箱根経由で沼津港までドライブ。好天に恵まれ、富士山が鮮やか。沼津港で鰺の干物を買い、寿司を食べる。東名高速で帰ろうと思ったら、途中大きな渋滞があって利用を断念。ETC利用による高速道路料金休日割引の影響だろうか。仕方なく、国道246号線を走って帰ってくる。

2009年4月25日 土曜日■雨。肌寒い。日中気温が上がる日があると思えば、今日のようにシャツ1枚では寒くて過ごせない日もあり、風邪をひかないように気をつけないと。半日仕事で出勤。来週はゴールデン・ウィークに突入。とは言ったって、あっという間に終わってしまうのだろう。◆定額給付金に関する通知がわが家にも届いた。住んでいる市は電子申請が可能。書き込んで返送せず、電子申請で経費節減に協力しようと思う。

2009年4月24日 金曜日■職場の歓送迎会は先約があったため欠席。ところが、その先約(東京でのSさんのリサイタル)も娘が体調を崩し、急遽行くのを断念。◆週末。いくつかの仕事は片付けたが、残りはこのあとの連休中に・・・トホホ。

2009年4月23日 木曜日■午後小4の息子の授業参観のため途中年休を取って一時抜ける。参観に来ているはずなのに、一部の保護者は自分たちのおしゃべりに夢中。子どもたちの声が聞こえないほど耳障りなときもあり、ほんとうにうんざり。子どもたちの何を見に来ているのだろうか。呆れてものが言えない。その後の学級懇談会の途中で妻と交代し、職場に戻り会議に出席。

2009年4月22日 水曜日■今日も慌ただしく1日が過ぎていった。小4の息子は横浜へ野球観戦に。応援もむなしく、ベイスターズが敗れたが、帰宅したときにはさっぱりした様子。まあ、負けることには慣れているチームだからね〜(笑)。

2009年4月21日 火曜日■今年は午前中に授業が詰まっているので、校務はほとんど午後回しである。午後、生徒の進路相談のあと、郵送物の整理をしているうちにあっという間に1日終了。帰りは雨。カッパを持って出かけなかったので、原付でびっしょり濡れて帰宅。走行時間が短いので我慢できたが、雨滴が目に入るとやけにしみて涙が出てくる。雨に何か有害なものが混じっているのだろうか。

2009年4月20日 月曜日■3年遠足の引率で富士急ハイランドへ。生徒たちの目当ては専ら「絶叫系」のアトラクション。一方、こちらは本部詰めでのんびり過ごす。途中、セグウェイ(SEGWAY)の体験コーナーを見つけ、初挑戦。数年前、この不思議な乗り物をインターネット上で知り、いつかは乗ってみたいと思っていた。実際やってみると、身体のバランスさえコツをつかめば、あとは至って簡単。いやあ、実に楽しい。25分ほどの短い試乗ではあったが、ほんとうに面白かった。いつ個人レベルで実用化される日が来るのだろうか。◆ところで明日は平常授業。生徒たち、頑張れるかな?いやいや、自分はどうだろうか?

2009年4月19日 日曜日■早朝、家族で日の出を見に行く。家を出るのが遅れ、途中の海岸から眺めたが、やや曇り気味で日が昇るところがよく見えず、そのまま箱根をドライブをして戻る。ガソリンがなくなる表示が出たのだが、早朝で営業しているスタンドが見つからず、ヒヤヒヤした。午後は上の子ども2人を連れ、はまぎんこども宇宙科学館へ。長く感じた1日。

2009年4月18日 土曜日■休日出勤。毎年そうだが、5月連休が明けるまでは仕事に追われる毎日。いやいや、年中仕事に追われているわけだが、今年(4月以降)はとにかく書類をため込まず、どんどん捨てることを心がけている。机の上はまだきれい!できるだけ「捨てる」こと、と自分に言い聞かせる。

2009年4月17日 金曜日■マリナーズのイチロー選手が背番号42をつけて試合に出ているのをテレビで見た。「あれ、いつ51から42になったんだろう?」と思って調べたところ、実は勘違い。黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンがデビューしたこの日、選手・コーチ・審判が皆、ロビンソンがつけていた背番号42をつけていたということである。日本のプロ野球の公式戦では絶対にこんなことはしそうにない。

2009年4月16日 木曜日■二女が猩紅熱にかかり、仕事途中で病院に連れて行き、しばらく看病。「しょうこうねつ」って「猩紅熱」と書くんだと今日初めて知る。夕方、職場に戻り、再び机に向かう。

2009年4月15日 水曜日■授業でジョン・ケージ作曲の『4分33秒』について紹介。これは最初から最後まで奏者が音を出さない作品である。わが家にはこの曲のCDがある(!)。ノイズは聞こえるが、もちろん楽器の音は何も聞こえてこない。あるクラスで授業の後、生徒の一人がこの曲を知っていて譜面も持っていると話しかけてきてくれた。クラシックも実は大好きだというK君。現代音楽もよく聴くのだそうだ。たまにこういう生徒がいると嬉しくなる。

2009年4月14日 火曜日
■身体計測と体力テスト。昼過ぎから久しぶりの雨。午後は会議や細かな雑用など。

2009年4月13日 月曜日■プラスチックゴミの収集日。ゴミの入ったビニール袋にはカラス対策の黄色いネットを被せているのだが、先週はネット下の隙間からカラスが中の袋を突っつき、道路にはゴミが散乱。とんだ目にあったので、今日はネットの周囲に重石を並べて対抗。電線の高いところからこちらを見下ろしているカラスたちに、ニヤリと見返し、出勤した。◆午前に詰まっている授業が終わると、午後は進路指導関連の作業や打合せが続く。教材研究をする時間が取れず帰宅。昨夜の睡眠時間は2時間半。今夜は早く寝よう。

2009年4月12日 日曜日■午後、出勤。仕事がたまっていて大きなことを4つほど片付けたかったのだが、郵送物などの整理をしていたら、結局1つやって終わってしまった。自宅に持ち帰り。今夜はしばらく寝られそうにない。

2009年4月11日 土曜日■横浜スタジアムで横浜ベイスターズ対東京ヤクルトスワローズの試合を観戦。試合開始2時間ちょっと前から球場に入り、子どもたちは練習を見る。試合は14時開始だったが、とにかく暑い。春の陽射しがこんなにも強いのかと驚く。とてもとてもスタンドにじっと座ってなどいられない。しかも、試合はベイスターズの拙攻が続き、3-0で完封負け。まったく見どころも面白みもない試合を3時間半観なければならなかった(苦笑)。疲れに疲れた1日。

2009年4月10日 金曜日■三軒茶屋のサロン・テッセラで、池上英樹(マリンバ、パーカッション)のコンサート。前半は女優の立原麻衣さんの芝居が入りながらの演奏で、『男と女』、『黄昏のビギン』、『テネシーワルツ』、『愛の賛歌』など。後半は『ピアノの柴田かんなさんもところどころ入り、プーランクの『愛の小径』、フォーレの『夢のあとに』、ロシア民謡の『黒い瞳』、さらに映画音楽3曲『ニューシネマパラダイス』、『シェルブールの雨傘』、『マイフェアレディー』が聴けた。今日は《サウダージ》をテーマに全体的にしっとりした音楽。池上英樹さんの演奏はしっかりした技巧とともに、マリンバがときにやわらかく美しく、実に豊かに響く。聴いていて心身ともに癒される。終演後、渋谷で食事。「月世界」という新鮮な野菜とコラーゲン鍋をウリにしている店。楽しいひとときを過ごす。

2009年4月9日 木曜日■息子の通う小学校の横断歩道「旗ふり当番」を務める。とは言っても、8時までの15分ほどだったが、通る子どもたちとあれこれ会話をして元気な気持ちで出勤できた。◆今年度初めての授業。3年生3クラスに行き、授業の説明、心構え、進路のことなどを話す。放課後は会議。会議は久しぶりにちょっと白熱(笑)。

2009年4月8日 水曜日■学校では毎日いろいろなプリントが配付されるが、この4月からは、もう見ないだろうと思われる書類はどんどん処分するようにしている。お陰で実に快適。机の上も引き出しも整理され、非常に気分がよい。何でこんなことが今までできなかったのだろう。職場でできるのだから、次は家の中のものも思いっきり処分しなくては(苦笑)。

2009年4月7日 火曜日■入学式。電話連絡や作業、書類作成などが続き、忙しい1日であったが、終わってみればかなり充実していた。予定よりも多くの仕事がこなせたようで、結構満足。帰りにかかりつけの内科医に通院。花粉症などの薬を出してもらう。夕食後、料理で使った油が台所の床にかなりこぼれ、清掃・後始末するのにかなりの時間を要し、実に損した気分。早く寝たかったのだが・・・。

2009年4月6日 月曜日■着任式、始業式。新クラスの担任発表では異様な盛り上がりを見せる(笑)。打合せ、資料作成などであっという間に1日終了。◆注文後、長い間待っていたアバド指揮ベルリン・フィルのベートーヴェン/交響曲全集のDVDがようやく店に入荷し、宅配便で届いた。収録後10年にも満たない新しい演奏が映像付きで、3,400円足らずという驚きの安さ。ベートーヴェンのシンフォニー9曲がこの価格で楽しめてしまうのだがら嬉しいには違いないが、やはり何だか申し訳ない気持ちにもなる。早く見たい(聴きたい)が、このあとしばらくはかなり忙しい日々が続きそうで、ゴールデン・ウィークに入ってからのお楽しみになってしまうかも。

2009年4月5日 日曜日■昨夜、朝日新聞beに載っていた数独にはまってしまい、寝るのが午前1時を回ってしまい、今朝は9時起床。ふだんよりはぐっすり休めた方かな。比較的のんびりしてしまったが、明日からはまたバタバタ走り回ることになるのだろうなあ。やれやれ。

2009年4月4日 土曜日■室内楽部員6名が近所の公民館で演奏会。これまで市民センターのTさんが熱心に企画、準備を進めてくださり、感謝。1時間弱のものであったが、初めての試みにしてはまずまずかな。クラシック畑の作品になると、こちらはどうしても厳しくなってしまうが、ヘンデル、バッハはもちろん、ラヴェルやチャイコフスキーはもっともっと練習しなくては。それに優れた演奏を生でもCDでも、どんどん聴き、感性を豊かにしないと。歌う心をこれからさらに身につけていかないとね。◆明後日から新年度。たまっていた書類やガラクタをずいぶん処分し、すっきりした。このあとは授業の準備、進路状況の資料を用意しなくては・・・。

2009年4月3日 金曜日■職員会議、グループ会議、学年会が続く。週明けには始業式、入学式があり、授業もスタートする。春休み以降、職員室の机は整理整頓が行き届き、実に使いやすくなっている。とてもきれいで自分が使っているスペースとは思えないぞ(笑)。書類はため込まない。どんどん捨てる。NHKテレビ『めざせ!会社の星』でやっていた整理術が役立っている。

2009年4月2日 木曜日■娘2人が保育園に入園。園長先生とは顔見知りだし、教え子だったOさんが保育士をしているのでいつでも相談できる。何とも心強い。

2009年4月1日 水曜日■勤務校には異動で新しい職員が10名以上着任した。朝は1時間ほど着任者オリエンテーション、午後は会議など濃密な1日。そして相変わらず旧年度の書類の処分などで忙しい。