管理人の音楽日記帳
(2009年8月1日〜8月31日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2009年8月31日 月曜日■朝から晩までテレビでは政権交代の話題がほとんど。今後日本がどう動いていくか、注目したい。◆台風が接近。日中、一時風雨が強くなる。◆明日から9月。授業が始まるが、インフルエンザで学校を休む生徒もいそうで気がかりである。

2009年8月30日 日曜日
■衆院選の投票日。もちろん投票に出かける。夜はテレビで開票速報を見る。◆台風11号がこちらに向かっているとのこと。明日の天気が心配である。

2009年8月29日 土曜日■午後、隣りの市に住む友人K君のお宅を訪ねる。K君と妻Yさんと歓談。午後のひとときを楽しく過ごすことができた。

2009年8月28日 金曜日■出張。夏休みも残すところあとわずか。授業の準備も大事なのだが、進路指導にかかる時間も相当なものである。◆週末。旅行前からサイトの更新を怠っていたので、今日は久々の更新となった。

2009年8月27日 木曜日■運転免許証を再発行してもらうため、運転免許試験場へ。会場では献血のコーナーがあり、献血を呼びかける声が聞こえる。400cc協力したいところだが、痛風で常時薬を服用している者はだめだと以前断られているので、献血するのは諦めている。◆会場近くの駅前の歩道橋階段には報道陣のカメラがずらりと並んでいた。何かと思えば、衆院選候補者とともに首相が応援演説で来るところであった。

2009年8月26日 水曜日■中学生対象の「学校紹介」(学校説明会)が開催され、午前、午後、それぞれ1回ずつ進路学習等について話をする。両方とも100名以上の参加があり、この夏もかなりの中学生が見学に来てくれたことになり、嬉しい限りである。◆比較的涼しい1日。湿度もそう高くなく、風も爽やかである。このくらいなら授業もできるのだろうが、9月に入った途端に裏切られるのではないかと、ちょっと気が重い。◆同僚の話では、相変わらず「学校の先生は夏休みがたっぷりあっていいですねえ」と皮肉混じりにおっしゃる方が世間にはまだまだ多いのだとか。時代はすっかり変わり、夏休みだからと言ってのんびり休んでいられる教員などほとんどいないと思うのだが・・・。◆落とした財布の件で警察に届けたり、駅にPASMOの再発行申請に出かけたり、面倒な仕事を増やしてしまった。◆今日までにマイスキー秋の公演チケットの発送がひとまず終了。

2009年8月25日 火曜日■レナード・バーンスタインの誕生日。このサイトを起ち上げてから満11年。はやいものである。◆今回の旅行は妻にも子どもたちにもほとんど何のサービスもできずじまいであった。午後、帰る前にと、国営アルプスあづみの公園(大町・松川)に行き、2時間ほど子どもたちを遊ばせてから帰る。快適なドライブ。結局帰宅は11時半すぎ。

2009年8月24日 月曜日■昨日のことは忘れて楽しみたいとは思うものの、気持ちはそう簡単に切り替えられるものではない。昼は泊まり先の近くにあるそば屋で。テーブルが空くまでの時間、店の奥にある自然庭園を散策し、少し気が紛れる。わが子たちがはしゃぐものだから、店の他のお客様や従業員さんたちに申し訳ない思いでいっぱいになる。もうそろそろ大丈夫だろう、と思いながら、どこかで外食するのだが、いつも失敗だったと、後悔ばかり。

2009年8月23日 日曜日■日帰りで新潟県の妙高高原の方へ車を走らせようと、ドライブに。ところが、途中有料道路のサービスエリアで財布を紛失。一気に落ち込む。家族にも迷惑をかけてしまった。それでも誰一人責めてこない。言ってもしようがないと思ってくれているからなのか、それとも心優しさによるものなのか。

2009年8月22日 土曜日■家族で長野県の安曇野へ旅行。一昨年は高山まで日帰りで出かけたが、今回はどうしようか、などと話す。もっとも、今日は午前中が勤務。会合があり、自宅を出たのは2時をまわっていた。安曇野に着いたのは夜の10時過ぎ。息子と温泉のお湯に浸かる。実に気持ちいい。

2009年8月21日 金曜日■5年ぶりに車を購入。久々の新車で、あちこちのハイテクに驚くばかり。ドアの解錠も施錠も、エンジンキーを差し込むことも、今の時代、必要ないらしい。走りもよく、実に気持ちよい。あとは車の大きさを感覚として身につけるまで、どれだけかかるかが勝負か。

2009年8月20日 木曜日■出張。午後は昨日とは別の研修が行われ、某企業による顧客サービスについて学ぶ。そこでの顧客に対するホスピタリティが、学校経営にも応用できないかというところに持っていくのが今日の研修のひとつのねらいのようであったが、売り上げで利益を伸ばし事業を新たに創り出したり拡大したりするその企業と、基本的には利益を伴わず、その利益を使って新たな事業を展開することはできない公立学校とでは、いろいろな面でギャップが生じてくる。◆民間企業における様々な手法には学ぶべき点は多い。しかし、それをすべて応用させようという話になると、当然のことながらいろいろな課題が生じてくる。この企業の担当者は顧客に対するサービスこそ最優先し、それを今後も追求していきたいという話をさかんにしていたが、顧客の家計からの支出の大きさをあまり問題視していないように思われた。その金額が安いか・高いかは、それぞれの顧客の価値観であり、その顧客が払う額は「安い」とさえ言い切る人も少なくないというわけである。それを根拠になのか、企業努力によって顧客の支出を軽減しようという話には一切ならないから不思議である。

2009年8月19日 水曜日
■出張。1日研修を受けてくる。高校のみならず、小学校、中学校、特別支援学校の教員とも接することができ、有意義な時間を過ごす。今日はネクタイ、上着を着用して出かけたが、汗びっしょりになることがなく助かった。

2009年8月18日 火曜日■今日は日中、ほんの少しだが風が涼しく感じられる。まさかこれで秋の到来だとは思えないが・・・。進路指導の仕事でほぼ1日費やす。ここのところ毎晩、DS(「パネルでポンDS」)で遊んでついついのめり込んでしまう。20分程度なのだが、終わると目が疲れ、ときには頭が痛くなる。それに心臓の鼓動も速くなる(笑)。ふだん1時間も遊んでいるわが子たちは、いったいどうなっているのか・・・。

2009年8月17日 月曜日■夏休みはもうすぐ終わりか・・・。ここ数年、夏休みが始まるといつも、「8月の終わりには、なんでこうも時間がどんどん過ぎていってしまったのかと悲しくなるんだよなあ」とこぼすのだが、今年もそれが現実になりそうである。◆9月に入って何がつらいと言えば、エアコンのない教室に40人の生徒たちがぎっしり詰め込まれ、そこで授業を進めなければならないということ。高温多湿の環境で学習に集中させるのは至難の業である。何しろ自分自身が暑くてバテ気味なのだから・・・。どうやったら、少しでも蒸し暑さを忘れ、おもしろく勉強に向かえるものかと思案中。◆今日は出勤したものの、午前中は電気系統の検査か何かが入っていて、ずっと停電。その間、汗だくになりながら、進路室の資料整理をして過ごす。昼近くなって、妻がランチを差し入れに来てくれる。それは、豪華マクドナルド定食だったが(笑)・・・。ありがたく受け取りながらも、今朝、昼に届く仕出し弁当を注文していたので、結局は両方を食べてしまい、やや腹がもたれ気味に。

2009年8月16日 日曜日■自宅で過ごす。各高速道路の上り線は帰省からのUターン・ラッシュで渋滞がひどいようである。◆『ファインディング・ニモ』のDVDを長女と観る。観たのは3回目だろうか。子どもも大人も楽しめる、なかなかよい作品である。◆引き続き部屋の大掃除。(いつから引き続いているのか、だって?)

2009年8月15日 土曜日■終戦記念日。◆ちょっと疲れがたまり、あまり作業能率が上がらなかった1日。『再生力―危機を打ち破る《人生版・野村ノート》』(野村克也・田原総一朗、イースト・プレス)を読み始める。田原総一朗さんはインタヴューでもテレビ番組における討論会の司会でも、天才的とも思えるききてであるが、ここでも相手のホンネを見事に引き出すことに成功していて、実におもしろい。いろいろ勉強になる。

2009年8月14日 金曜日■小4の息子には夏休みの宿題で自由研究が課されている。某友人の協力もあり、午後都内にあるその友人の職場見学をし、インタヴューさせてもらうのに同行する。周辺道路は激しい渋滞。人混み具合も異常。でも、息子にとっては取材というよい経験をさせていただいた。

2009年8月13日 木曜日■東京国際フォーラム(ホールC)でブラスト(blast)の公演。DVDでは今まで観たことがあったが、ライヴは初めて。「百聞は一見にしかず」。このエンターテインメントはまさに「一流」である。舞台と客席が一体となって盛り上がり、前半・後半それぞれ50分、聴衆をまったく飽きさせない展開。舞台上での動きが多く、めまぐるしすぎるという声もあるかもしれないが、その動きも緻密であり、徹底したサービス精神によるものと感じ、大いに楽しませてもらった。終演後はブラストで唯一の日本人メンバーであり、ドラム奏者としても人気の石川直さんに取材。短時間であったが、メンバーの中でもリーダー的存在であることを感じさせる責任感が、言葉の端々から感じられた。今日の取材記事は、10月の茅ヶ崎公演で配付の会報に掲載予定である。

2009年8月12日 水曜日■横浜市内でバンドネオン奏者、平田耕治さんに取材する。今回の取材の準備段階まで、バンドネオンがドイツで生まれた楽器だということを、不覚にも知らなかった。平田さんへの取材は1時間近くに及んだが、楽器の話、ご本人のアルゼンチンでの話、カンバタンゴ楽団の話など、聴いていてとても興味深く、あっという間の楽しいひとときであった。何と言っても、話し方が明瞭でとても明るい好青年、という印象を受ける。10月の公演が楽しみである。

2009年8月11日 火曜日■ちょっと大きな地震が目立つ。「東海地震」---いつかは来るだろうと思いながら、一方では、当分来ないかもしれない(来ないんじゃないか)という甘い気持ちも。でも、こうやって震度4程度でも長時間揺れるとドキドキするものだ。わが家の緊急時の対策は・・・。まずいな。準備が足りないのでは?◆アルゼンチンで今大きな注目を集めているカンバタンゴ楽団のCD《どうしてあなたを好きになれるかしら》を聴く。平田耕治さんのバンドネオンをはじめ、実にイイ感じである。茅ヶ崎公演は10月16日。公演当日の会報にインタヴュー記事を掲載するため、明日平田さんに取材をさせていただく予定である。カンバタンゴ楽団は、平田耕治(バンドネオン)、アリエル・ロペス・サルディーバル、ルーカス・ステリン・ペンセル(以上、ギター)、カロリーナ・カハル(コントラバス)、ルース・デ・ヴィセンソ(ヴォーカル)による編成。

2009年8月10日 月曜日■小学生から高校生までは夏休みが後半に突入。息子も自由研究の宿題を残しており、今週ある場所に取材・見学で同行することになっている。書店に行くと、棚には自由研究だの読書感想文だの、夏休みの宿題対策とも言えそうな本が各種並んでいて驚くほどの充実ぶり(?)である。◆昨日のこと。書店にいたある母親と思われる女性と娘らしき中学生。ふたり並んで1冊の本をのぞき込んでいる様子。どうやら読書感想文対策本らしい。母親は本のページを手で押さえ、読書感想文をうまくまとめるポイントを読みあげる。娘はそれを携帯電話でメモ帳らしきところに入力しているのである。・・・これはやはり、「犯罪」行為になるのではないだろうか。携帯電話で写真を撮るのではないにしても、書籍を購入せず、その内容を携帯電話にメモするというのはどうなのか。親の、大人としてのモラルを疑う。親も子も何の後ろめたさも感じなかったのだろうか・・・。

2009年8月9日 日曜日■今日も暑い。長男と長女が妻と一緒にプールへ。その間、1歳の二女と2人でコメダへ行き、トーストやピザを食べて過ごす。なかなかいいひとときであった。

2009年8月8日 土曜日■効率は上がらなかったが部屋の片付けに着手する。だいぶひどい状態である(^^;)。今日も日中の気温が上がり、エアコンはフル稼働。

2009年8月7日 金曜日■サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルによるブラームスの交響曲全集のCDがリリースされた。嬉しいのは、何と言っても、CDだけでなくDVDも全集で入っていることで、音楽を映像でも楽しめるということである。しかも、データを見ると収録は別の日。ドライブしながら交響曲第4番と第3番を車中で聴く。う〜ん、やっぱりブラームスは好きだなあ。◆テレビでは某女優の失踪、覚醒剤所持の疑いによる逮捕状請求の話題。芸能界は全体がそういうわけではないのだろうが、やはりどうかしている。

2009年8月6日 木曜日■夕方、仕事が終わったあとは同僚と「暑気払い」。たまにはこういうのもいい。◆ヒロシマの日。原爆症救済案が認定訴訟の原告側と政府との間で大筋合意との報道。被爆された方にはすでに亡くなった方も多く、なんでこんなにも時間がかかるのだろうかと不思議でしようがない。政府から今回の救済案が出てきたのは、実は衆院選が近いこととも無関係ではないのでは、と見るのはひねくれ者?◆全国初の裁判員裁判(足立区路上殺人事件)の東京地裁判決言い渡し。裁判官と共に有罪・無罪や量刑を決めなければならない裁判員にかかるプレッシャーは相当なものであっただろう。今回の裁判を通じ、なるほどこれが裁判員制度なのかと、具体的な形で理解できた気がする。

2009年8月5日 水曜日■午前中は講習。午後、早めに仕事を切り上げ、いつもの理容店で髪を短く切ってもらいさっぱりする。ほんとうにさっぱりできてよかった(^_^)。

2009年8月4日 火曜日■江の島の花火大会を見に出かける。相変わらずの混雑ぶりだが、車をいつも駐めるところに置くことができひと安心。砂浜では30分前にシートを敷き、場所を何とか確保。花火は1時間で終わったが、小さい子ども連れなので、それくらいで終わってくれて丁度よいかんじ・・・。1年前にこの花火大会に出かけたのにそれが昨日のことのように思われ、もう1年経ったんだっけと不思議な思いに浸りながら、夜空に打ち上げられる色とりどりの見事な芸術作品を楽しんできた。◆花火が始まる前、顔見知りの高校3年生のカップルを発見。わが家のシートの近くを通ったのだが、実は、名前が思い出せず声がかけられなかった(苦笑)。まあ、デートの邪魔をしなくてよかったのだろうけど・・・(でも、デートか、いいなあ〜。18歳の自分はデートとは縁がなかった・・・)。妻の話では、帰りがけに砂浜で、どこからかぼくの名前を呼ぶ声がしたと言う。教えている生徒の誰かが呼んでくれたのだろうか。結局わからずに帰ってきたのだが。◆夜、バンドネオン奏者の平田耕治さんに連絡を取り、取材をさせていただくことになった。平田さんは10月16日(金)に茅ヶ崎市民文化会館小ホールで演奏する、カンバタンゴ楽団で活躍している方である。

2009年8月3日 月曜日■午前中は3年生の講習。午後は出張。夕方かかりつけの医院へ行き、薬を出してもらう。ついでに散髪に行きたかったが、いつも切ってくれるNさんが店にいなかったので、今日はやめる。

2009年8月2日 日曜日■午後、家族で市内の画廊に出かけ、みずこしふみさんの個展を見てくる。7〜8年ほど前に一度伺ったことがあるが、暖かみのある色彩感が実に印象的でいいのである。小学校時代の恩師にも会え、うれしいひとときであった。気に入った絵はがきを10枚ほど購入して帰る。

2009年8月1日 土曜日■3年推薦・AO入試希望者対象の説明会のため出勤。終了後は文書等の整理。◆夕方、家族で新江ノ島水族館に出かける。ドルフェリア・ショーやイルカ・ショーをメインに楽しみ、のんびり過ごす。イルカの性格や行動についてトレーナーに質問することができ、いろいろ話が聴けた。勉強になってよかった。