管理人の音楽日記帳
(2010年5月1日〜5月31日)


ミッシャ・マイスキー ファンクラブのサイトの管理人(小島昭彦)による音楽日記帳です。音楽の話題に限らず、日々思っていることも織り交ぜながら記していきたいと思っています。ご質問、ご意見、ご感想等をお寄せください。メールはこちらへどうぞ。


HOME


■管理人の音楽日記帳(目次)へ

2010年5月31日 月曜日■義父の通夜で都内へ。家族葬のため、静かなひとときを過ごす。とはいえ、わが家を含め4人ほど小学生以下の子どもが会場で多少はしゃぐ。困ったものだと思いながら、一方で暗くなりがちな葬儀の参列者たちを微笑ませて、まあそれもありかと思う。義父も笑って見てくれているだろう。

2010年5月30日 日曜日■1週間ほど前、一太郎2010のディスクが部屋の中で行方不明。見つからず困っていたのだが、先日ジャストシステムのサイトを見たところ、プラチナ会員に紛失しても無料送付してもらえることを知り、早速申し込む。すると3日もしないうちにディスクが送られてきて感激。このサービスのよさに、顧客本位の企業経営の姿勢が感じられ、嬉しくなった。感謝。◆ペースがあまり上がらないが、自宅でテスト答案の採点業務。エマーソン・カルテットのドヴォルザークの弦楽四重奏曲第13番、第14番を繰り返し聴く。

2010年5月29日 土曜日■疲れがたまっていて1日自宅でゆっくり休む。夜から試験の答案の採点にとりかかる。

2010年5月28日 金曜日■午後、義父が息を引き取った。享年66歳。

2010年5月27日 木曜日■中間試験でもう1つ自分の持ち科目があり、作問・準備で夜までかかった。もっと余裕を持って準備するよう心がけたい、といつもの反省。◆ヤクルトの高田監督がチームの不振の責任をとって辞任。動いているのは選手であるが、監督の采配がいけないということになるわけだなあ。一方、別の種目に全日本の○田監督がいるが、こちらはというと・・・。

2010年5月26日 水曜日■午後から出勤。PTA総会のあとに3学年では学年懇談会が行われ、進路指導関係でも説明を行う。今日はポイントを絞り、15分でまとめることができてよかった。終了後、何名かの保護者の方から質問や相談をいただく。◆昨日、いつも行く眼鏡専門店に立ち寄り、現在の視力について診ていただく。やはり「老眼」初期のようである。遠いところは今の眼鏡でもよさそうだが、近いところを見るにはこれでは厳しそうである。左右の目の視力にも開きが出てきたので、「財務相」と相談したいところである。

2010年5月25日 火曜日■今日から中間試験。作問、採点、その他の業務でのんびりするヒマもないなあ。3階の教室で試験監督をしていたら、窓から入ってくるちょっとひんやりした風が心地よい。◆午後、横浜へ出張。

2010年5月24日 月曜日■午後出張。夕方自宅に戻り、食料品の買い出しに出かけた後、夜学校で仕事。25日の午前2時20分終了。ちょっとこのところ、異常なほど無理しすぎているな。身体をこわさないよう休まなくちゃいけない。

2010年5月23日 日曜日■1日雨。藤沢リラホールでマルティヌ弦楽四重奏団の公演。マルティヌ作曲のヴァイオリンとチェロのためのに重奏曲第2番、ドヴォルザーク作曲の弦楽四重奏曲第12番『アメリカ』、それにショパン作曲のピアノ協奏曲第2番(ピアノ五重奏版、ピアノ=李 清)。熱心な聴き手が集まり、なかなかよい演奏会になった。ショパンのピアノ協奏曲第2番をピアノと弦楽四重奏で聴いても十分魅力が感じられ、心に染み入る演奏となっていた。

2010年5月22日 土曜日■明日は茅ヶ崎市楽友協会主催演奏会。李清さんの取材記事をまとめ、会報の編集。

2010年5月21日 金曜日■職場のノートパソコンの電源がいきなり落ちる。◆残念ながら職場の歓送迎会には欠席。◆マイスキーの秋の来日が決まった。西本智実指揮ラトヴィア国立交響楽団との協演。ユスポフのチェロ協奏曲を聴いてみたかったが、今回は叶わず、ドヴォルザークのチェロ協奏曲に。ドヴォルザークはまあ嫌いではないけれども、たまにはサン=サーンスとかラロとかエルガーとか、別の十八番でショスタコーヴィチの1番とか、そちらを聴いてみたい思い。※なお、チケットについてはファンクラブの会員先行予約を6月に予定。

2010年5月20日 木曜日■小1の娘の授業参観に出かける。今日の授業は算数。小学校の先生方は知る限り大変熱心であり、授業の教材研究も十分にされていて、すばらしい。子どもたちとの接し方も見ていて「なるほどなあ」と思うことも多々あり、校種は違うものの同業者として見習いたいという感想を抱く。ほとんどの保護者は静かに参観していたが、一部保護者同士の私語も聞かれ、いったい何しに来校しているのだろうかと呆れた。◆16日に行った李清さんの音声を取材記事を文字にする作業。

2010年5月19日 水曜日■朝仕事に向かう途中でもう雨がポツポツ降り始めた。◆以前書いていた「大仕事」はほとんど片付いたが、次の仕事が待っている。来週は中間試験。この準備もある。◆大好きなエマーソン弦楽四重奏団のドヴォルザークの後期弦楽四重奏曲集のCDが先日届いた。12年ぶりの来日公演を目前に嬉しい。

2010年5月18日 火曜日■午後出張。某社主催の生徒の学力向上のためのセミナー。生徒の学力をいかに伸ばすか、講師が多少興味深い話をきかせてくれたものの、今日の会の狙いは、どうやら新しく開発した教材の宣伝にあったらしく、あまり心地よいものではなかったというのが率直な感想。

2010年5月17日 月曜日■午後早退し、入院中の義父の見舞に行く。◆夕食は家族で通りがかりのファミレスに立ち寄り、夕食。サラダバーのコーナーにはカレーやご飯もあり、それだけで結構満腹に。いい店発見。

2010年5月16日 日曜日■ピアニストの李清さんのお宅に伺い、インタヴュー。来週マルティヌ弦楽四重奏団とショパンのピアノ協奏曲第2番(室内楽版)をお弾きになるので、そのための取材。30分ほどであったが、ショパンのナショナル・エディションの譜面のことをはじめとして、今日もいいお話が聴けてよかった。もっとも「ききて」の技量が上がるともっとよくなるはず。いつも、反省なのだが。

2010年5月15日 土曜日■8月に行われる春風亭小朝さんの独演会のチケットを買ってくる。楽しみ。◆6月13日に茅ヶ崎で「N響チェロ・アンサンブル8」の公演があり、都内でチェリスト、藤森亮一さんのインタヴューを行ってくる。藤森さんはN響首席チェロ奏者としてのみならず、チェロ四重奏「ラ・クァルティーナ」、モルゴーア・クァルテットなどのアンサンブルや、ソリスト、音楽大学の講師としても活躍。短時間の取材であったが、興味深いお話を伺うことができてよかった。◆今日は都内に出たついでにタワーレコード渋谷店に立ち寄り、CDを2枚購入。オンラインでの購入のほうが気楽であり簡単であるが、たまに店の中をぶらぶらと見て回るのもいいかもしれない。今日はのんびり見る時間はなかったが・・・。◆帰宅後、今度は学校に行き、進路指導の大仕事にとりかかる。結局徹夜の作業になってしまった。終わったのは16日朝。とりあえずこれでひとつ片づいた。やれやれである。

2010年5月14日 金曜日■週末だが持ち越している大仕事のため、のんびりしているわけにはいかない。今日は日付が変わるまで残業。

2010年5月13日 木曜日■自分の授業が少ない日で、大仕事が少しは片付くかと思いきや、まったくの誤算。捗らない。

2010年5月12日 水曜日■朝食を食べる時間もなく家を出たため、出勤途中にセブンイレブンに立ち寄る。大好きな塩おにぎりが久々に棚に並んでいて4個も買う。なんだかとても嬉しかった。◆正月に買ってあったテレビを地下の部屋にようやく設置。もっとも最近テレビはあまり見ない。

2010年5月11日 火曜日■授業の時に生徒たちにスケジュール管理をどうしているかまだ大仕事が2件終わっていない。大いなるプレッシャーである。今夜1件は片付けるぞ、と意気込んで帰宅したのだが、・・・ちょっと眠い。

2010年5月10日 月曜日■昨日、職員室に今年3月に卒業したばかりの某専門学校に通うMさんと短大生Sさんが訪ねてきてくれた。Mさんの専門学校は先生方がとても厳しいそうで、言葉遣いやマナーなど、しょっちゅう注意を受けているそうである。授業も多く、かなり絞られているらしい。でもそれはとてもいいこと。その学校からの就職状況がよく、社会に優れた人材を多く送り続けている理由が十分想像できる。◆今日は夕方、某予備校のT先生により大学進学指導の研修会を開催。先生からもさまざまな情報やヒントを得て、大いに勉強になった。

2010年5月9日 日曜日■5時半過ぎに家を出て横浜に墓参り。今日は祖母の命日。日曜朝で道も空いており、8時前には帰宅。寺には線香に着火する装置(?)も備わっており、昔のように新聞紙とマッチがなければ困るということはなくなった。前日だろうか、誰かがすでに花を供えてくれており、墓石のあたりも雑草がなく、きれいになっていた。◆帰宅途中、車を運転しながら、幹線道路に靴が落ちているのを発見。しかも、それが片方だけだったりするから不思議だ。誰がどういう状況で落とすのだろうか。ときどき見かける不思議。◆高校の同窓会総会。3月に盛大にやり過ぎたので、今回は出席者はごく少数。第一、議案が硬い内容なのだから集まりが悪いのも仕方ないか。終わってからまた進路指導の大仕事。2件終わった。これで10時間かかる大物1件と、何時間かかるか見当がつかない大物1件が大至急こなさねばならない仕事である。

2010年5月8日 土曜日■小5の息子が妻(つまり彼にとっては母親)と昨夜激しい口論。しばらくその様子を第三者として眺めていたが、感想はどっちもどっち(と言うと妻から叱られそうだが)。互いの言い分はわかるが、相手の立場で考えればどちらももう少し冷静になれるはずだし、優しくなれるはず。それにしても、息子を見ていて、相当口が達者になった。相手を巧みに挑発するし、こう言えば相手がこう言うだろうと読んでいるのがよくわかる。う〜ん、なかなかやるなあ、と感心した次第。もっとも、自分が息子と言い合いになるときもあり、その場合には、息子の精神年齢に向かって自分が下りて行ってしまうのが情けないのだけれど・・・(苦笑)。実は、妻とは一昨日ちょっとした(←「ちょっとした」に異論が出そう)夫婦喧嘩をしていて、わが家は荒れ模様の天気である(苦笑)。◆今朝は早くに子どもたち3人を連れてコメダで朝食をとってきた。妻も誘ったが結局留守番。1時間ほど店で過ごし、帰宅後かかりつけの内科に通院。薬をもらう。その後、1件洋品店に出かけ上着を購入。今日はどうも仕事への意欲が高まらず、多くは明日に持ち越し。

2010年5月7日 金曜日■「今日は5月7日。ブラームスとチャイコフスキーの誕生日ですね」と授業で言うと、「・・・」。やはり反応はなかった(笑)。4月30日に書いた「やるべき大仕事」は9件ではなく10件であった。参ったなあ。で、今日までに終わったのが6件。あと4件。このうち2件は大大仕事である。土日で終えることができれば、来週はずいぶんラクができるはずだ。 

2010年5月6日 木曜日■眼がややぼんやり。ちょっと気になる。そういえば、大型連休も終わり、そろそろスギ花粉症の季節が終わったはずである。で、次の「花粉症」は何だったっけけ?◆今日は授業が2コマ。連休とは言え、3年生は体育祭の準備・練習や、部活動の試合があって、十分休めていない生徒も多い模様。疲れて「夢の世界」に浸っている生徒も・・・。

2010年5月5日 水曜日■子どもの日。休日。結局のんびり過ごすことはできたが、家族皆で何かすることもできずに終了。近々埋め合わせするからね。

2010年5月4日 火曜日■朝から出勤。進路関係の集計と、学校要覧、学校案内、県の調査回答などで1日が終わる。Excelを駆使しても時間はかなりかかった。連休があっという間に過ぎていく・・・。終わったのは23時過ぎ。「やるべき大仕事9件」のうち、とりあえず5件片付いた。・・・少し気分転換をしたい。

2010年5月3日 月曜日■昨夜早く寝ただけあって今朝は2時に目が覚める(笑)。もう一度寝ようと思ったが、やはりすぐに寝つけず、3月にテレビで放送され録画しておいた山田太一ドラマ『遠まわりの雨』を見る。かつて恋人同士だった男女間の揺れる思い。とともに、家族での親子関係も入れながらドラマが展開。山田太一さんならではの脚本に味わい深いものを感じさせる。最後のシーンに駅員さん(柳沢慎吾さん)が登場しているのだが、その台詞がドラマを締めくくるものだけあって、それにふさわしいキャスティングである。◆今日は出勤。朝から進路関係の集計、資料づくり。4月30日に書いた「やるべき大仕事が9件」のうち、終わったのが今日の時点で3件。あと6件を9日までに終えることができるのだろうか・・・。

2010年5月2日 日曜日■相模原市内にある麻溝公園に家族で出かけ、数時間滞在。子どもたちがアスレチックで遊んでいるうちは見物していればよかったのだが、後半場所を移動して「氷鬼(こおりおに=鬼ごっこのひとつ)をやろうよ」と誘われ、走り始めると、あっという間に息切れ。いやあ、だめだなあ。すぐにギブアップ。10分で終了。情けないがしかたない。自分はやはりインドア派だと再(「々」×100くらい?)認識。帰りに相模原の「萬金(まんきん)餃子」に立ち寄り、遅い昼食(早い夕食?)を食べる。帰宅後風呂に入るとあっという間に眠気が襲ってきて、7時過ぎには就寝(笑)。

2010年5月1日 土曜日■出勤。進路関係で文科省や県に提出しなければならない書類(データ)をまとめる。一般的には「大学進学準備のための浪人」は「浪人(進学準備)」のカテゴリーに収めて集計するのだが、文科省や県に出す今回の書類では、「某予備校の横浜校」は「専修学校への進学」扱い。そのため、全体の分類方法が変わり、別の資料を用意することになるわけで作業に手間がかかる。しかも、同じ予備校でありながら、校舎によって「専修学校」扱いであったり、「各種学校」扱いであったり。また、学校法人ではなく、会社組織の「予備校」であると「その他の進学(先への進学)」にあてはまり、これがなかなか厄介なのである。毎年のことではあるが、大型連休のうち半分はこういう作業でつぶれてしまう。やれやれ、である。