2007年のニュース

◆ミッシャ・マイスキー 新譜CDのご案内(2007年11月19日掲載)
ミッシャ・マイスキーは2008年11月10日に満60歳を迎えますが、それを記念してドイツ・グラモフォンより"Mischa Maisky Song of the Cello"(2枚組)が発売になります(DG 4777442)。ここには25年間にわたってドイツ・グラモフォンに録音してきたマイスキーの様々なレパートリーが紹介され、1枚目ではオーケストラとの熱い協演の数々、2枚目ではソロや室内楽での美しい演奏が網羅されています。また、2005年ユトレヒト音楽祭や2006年ヴェルビエ音楽祭で、愛娘リリィ・マイスキー(ピアノ)と共演したものなども新たに聴くことができ、マイスキー・ファンはもちろん、マイスキーの演奏をまだお聴きになったことのない方にもお薦めできるベスト盤と言えます。輸入盤の発売予定は11月下旬から12月上旬にかけての予定です。どうぞお楽しみに。
CD "Mischa Maisky Song of the Cello"(DG 4777442) CD1
ブラームス: ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102より、第1楽章
 ギドン・クレーメル(Vn)
 レナード・バーンスタイン(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ボッケリーニ: 弦楽四重奏曲 ホ長調 作品11-5より、メヌエット
 オルフェウス室内管弦楽団
サン=サーンス: チェロ協奏曲 第1番 イ短調 作品33
 オルフェウス室内管弦楽団
チャイコフスキー: ロココ風の主題による変奏曲 作品33より、第6、7変奏
 オルフェウス室内管弦楽団
エルガー: チェロ協奏曲 ホ短調 作品85より、第1、2楽章
 ジュゼッペ・シノーポリ(指揮)、フィルハーモニア管弦楽団
R.シュトラウス: 交響詩《ドン・キホーテ》 作品35より、第5変奏
 ズービン・メータ(指揮)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ショスタコーヴィチ: チェロ協奏曲 第1番 作品107より、第1楽章
 マイケル・ティルソン=トーマス(指揮)、ロンドン交響楽団
ドヴォルザーク: チェロ協奏曲 ロ短調 作品104より、第3楽章
 ズービン・メータ(指揮)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
CD2
J. S. バッハ: 無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007より、プレリュード
シューベルト: 水車屋と小川
 ダリア・ホヴォラ(Pf)
ブラームス: 6つの愛の夢 作品3より、第1曲「愛のまこと」
ブラームス: 低音のための5つのリート 作品105より、第2曲「私の眠りはますます浅くなり」
 リリー・マイスキー(Pf)[2005年ユトレヒト音楽祭]
メンデルスゾーン: 無言歌集 第5巻 作品62より、第1曲:5月のそよ風
 セルジオ・ティエンポ(Pf)
Young-Sub Choi: Let me live amid nature
 ダリア・ホヴォラ(Pf)
ラヴェル: ヴォカリーズ、ハバネラ形式の小品
 ダリア・ホヴォラ(Pf)
メンデルスゾーン: 無言歌 ニ長調 作品109
メンデルスゾーン: 6つの歌 作品34より、第2曲「歌の翼に」
ショスタコーヴィチ: チェロ・ソナタ ニ短調 作品40より、第4楽章
 マルタ・アルゲリッチ(Pf)[ライヴ録音]
J. S. バッハ: 無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011より、サラバンド
フォーレ: 3つの歌 作品7より、第1曲「夢のあとに」
 ダリア・ホヴォラ(Pf)
キーゼヴェッター: 悲歌的タンゴ
 ギドン・クレーメル(Vn)、マルタ・アルゲリッチ(Pf)
カタロニア民謡[カザルス編曲]: 鳥の歌
 パーヴェル・ギリロフ(Pf)
プーランク: 愛の小径
 ダリア・ホヴォラ(Pf)
シューマン: 民謡風の5つの小品 作品102より、第1曲
 マルタ・アルゲリッチ(Pf)
プロコフィエフ: バレエ《石の花》 作品118より、ワルツ
 マルタ・アルゲリッチ(Pf)
ラフマニノフ: 6つの歌 作品4より、第4曲「乙女よ、私のために歌わないで」
ラフマニノフ: 12の歌 作品21より、第7曲「ここは素晴らしい場所」
ラフマニノフ: 14の歌曲集 作品34より、第14曲「ヴォカリーズ」
 リリー・マイスキー(Pf)[2006年ヴェルビエ音楽祭]
ラフマニノフ: 幻想的小品集 作品3より、第1曲「エレジー」
 セルジオ・ティエンポ(Pf)

◆ミッシャ・マイスキー(Vc)

2007年10月〜11月 マイスキー来日公演でのアンコール曲目
(2007年10月29日掲載、2007年11月7日更新)
◎2007年10月25日 [宇都宮] 宇都宮市文化会館
 1)ラフマニノフ:チェロ・ソナタから第3楽章
 2)バルトーク:ルーマニア民族舞曲
 3)作曲者不詳:『私があなたに会った時』

◎2007年10月26日 [名古屋] 愛知県立芸術劇場コンサートホール
 1)ラフマニノフ:チェロ・ソナタから第3楽章
 2)バルトーク:ルーマニア民族舞曲
 3)作曲者不詳:『私があなたに会った時』

◎2007年10月27日 [東京] サントリーホール
 1)ラフマニノフ:チェロ・ソナタから第3楽章
 2)バルトーク:ルーマニア民族舞曲
 3)作曲者不詳:『私があなたに会った時』

◎2007年10月31日 [大阪] ザ・シンフォニーホール
 1)ラフマニノフ:チェロ・ソナタから第3楽章
 2)バルトーク:ルーマニア民族舞曲

◎2007年11月1日 [東京] 東京オペラシティコンサートホール
 1)J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009より、ブーレ
 2)J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番二短調BWV1008より、サラバンド

◎2007年11月2日 [東京] 東京オペラシティコンサートホール
 1)J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011より、サラバンド
 2)J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007より、プレリュード

◎2007年11月3日 [東京] 東京文化会館大ホール[昼・夜]
 -サン=サーンス:白鳥(ピアノ:フジコ・ヘミング)

■2007年11月4日[東京] 都内のホテル [ミッシャ・マイスキー ファンクラブ パーティー]
 *J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009より、サラバンド〜ブーレ

◎2007年11月6日 [東京] 紀尾井ホール
 1)チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ
 2)J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011より、サラバンド

ピアニストとしては初来日の愛娘リリィと
(写真)2007年10月27日、東京・サントリーホール楽屋前にて。終演後のミッシャ・マイスキー(左)と愛娘でピアニストのリリィ・マイスキー(右)。
バッハの無伴奏チェロ組曲演奏会後のマイスキー
(写真)2007年11月2日、東京オペラシティコンサート楽屋前にて。 ◎PHOTOS:(C)2007 小島昭彦

ミッシャ・マイスキー 音楽誌への記事掲載情報
(2007年11月3日掲載)

 ミッシャ・マイスキーのインタヴュー記事が『サンケイ モーストリークラシック』(2007年11月号, pp.50-51=10月20日発売, 産経新聞社)、公演案内記事が『ぶらあぼ』(2007年11月号, p.38=東京MDE)に掲載されました。ご案内が遅れましたことをお詫び申し上げます。

ミッシャ・マイスキー 新譜CDのご案内(2007年11月3日掲載)
 ミッシャ・マイスキーの新譜CDがさらに2枚。しかも、両者ともショスタコーヴィチ作品集。まずは2006年ルガノ・フェスティヴァルでのライヴ録音で、マルタ・アルゲリッチを中心としたメンバーによるアルバム。もう1枚は2006年12月にウィーン・ムジークフェラインザールで行われた、ラクリン、バシュメット、ゴランらとの共演による熱いライヴです。同じ作品の異なる演奏によるCDが同時期に発売しました!それぞれお楽しみください。
EMI 5045042 ◎ショスタコーヴィチ:
 1) ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.35
  マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
  セルゲイ・ナカリャコフ(トランペット)
  アレクサンドル・ヴェルデルニコフ(指揮)
  スイス・イタリア語放送管弦楽団
 2) 2台のピアノのためのコンチェルティーノイ短調 Op.94
  マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
  リーリャ・ジルベルシテイン(ピアノ)
 3) ピアノ五重奏曲ト短調 Op.57
  マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
  ルノー・カプソン(ヴァイオリン)
  アリッサ・マルグリス(ヴァイオリン)
  リダ・チェン(ヴィオラ)
  ミッシャ・マイスキー(チェロ)
 ★EMI 5045042(輸入盤) ※国内盤(EMI ミュージック ジャパン=TOCE56018)は12月5日発売予定。
Onyx ONYX4026 ◎ショスタコーヴィチ:
 1) ピアノ三重奏曲第1番ハ短調 Op.8
  イタマール・ゴラン(ピアノ)
  ジュリアン・ラクリン(ヴァイオリン) 
  ミッシャ・マイスキー(チェロ)
 2) 2つのヴァイオリンとピアノのための『5つの小品』(レフ・アトフミアン編曲)
  ジュリアン・ラクリン(ヴァイオリン)
  ジャニーヌ・ヤンセン(ヴァイオリン)  
  イタマール・ゴラン(ピアノ)
 3) ピアノ五重奏曲ト短調 Op.57 
  イタマール・ゴラン(ピアノ)
  ジュリアン・ラクリン(ヴァイオリン)
  ジャニーヌ・ヤンセン(ヴァイオリン) 
  ユーリ・バシュメット(ヴィオラ) 
  ミッシャ・マイスキー(チェロ) 
 ★Onyx ONYX4026(輸入盤)[輸入・発売=東京エムプラス]

◆レオノーレよりマイスキー60歳記念グッズが登場! (2007年10月26日掲載、2007年10月29日更新)
 音楽ギフトショップ「レオノーレ」から、現在来日中のミッシャ・マイスキーの60歳(2008年1月)を記念し、新しいグッズが登場しています。当サイトでも通信販売が可能です。お問い合わせ、購入のお申込みはミッシャ・マイスキー ファンクラブ事務局までどうぞ(ファンクラブ会員の方には会員特別価格にてご提供します)。
マイスキー60年記念キャップ マイスキー記念トートバッグ
◎マイスキー60年記念キャップ
色は(1)黒、(2)ベージュの2種類。「黒」の方はつばの部分が赤色に、「ベージュ」の方は黒色になっています。3,000円(税込)。素材は綿100%、サイズはフリーサイズ(56〜60cm)です。
◎マイスキー記念トートバッグ
A4が入るサイズで、光沢がある高級でやわらかな素材を用いています。4,500円(税込)。
マイスキー長袖Tシャツ
◎マイスキー記念長袖Tシャツ
色は(1)黒、(2)グレー、(3)シャーベットブルー(=写真)の3種類。3,500円(税込)。サイズはS、M、Lです(日本のメンズサイズ)。右の写真はアップしたもので、マイスキーと関わりの深い作曲家12人(※)が周囲にデザインされています。

※一番上から時計回りで、J. S. バッハ、ベートーヴェン、ハイドン、ボッケリーニ、サン=サーンス、ドヴォルザーク、ショスタコーヴィチ、チャコフスキー、ブラームス、シューマン、シューベルト、ヴィヴァルディ。
★サイズ
 S:身丈64、身巾46、裄丈78cm
 M:身丈67、身巾48、裄丈82cm
 L:身丈70、身巾51、裄丈85cm
マイスキー長袖Tシャツのアップ
(写真提供=レオノーレ)

◆ミッシャ・マイスキー CD&DVD発売情報 (2007年8月15日掲載)
 ミッシャ・マイスキーの待望の新譜CDがドイツ・グラモフォン(ユニバーサル ミュージック)からこの秋発売になります。
 タイトルは《メロディ〜ラフマニノフ作品集》(予定)で、ピアノはセルジオ・ティエンポが受け持ちます。チェロ・ソナタ ト短調Op.19はもちろん、チェロとピアノのための『オリエンタル・ダンス Op.2-2』、そして歌曲やピアノ曲の編曲版の数々が収められており、います。この新譜CDは2007年10月17日に発売される予定です。10月下旬から11月上旬にかけての来日記念盤(日本大幅先行発売)です。どうぞご期待ください。(UCCG1374 \2,500)

◎《メロディ〜ラフマニノフ作品集》
 ■ラフマニノフ:
  1 エレジー(悲歌)変ホ短調 Op.3-1(『幻想的小品集』から)
  2 メロディ ホ短調 Op.3-3(『幻想的小品集』から)
  3 夕暮れ Op.21-3(『12の歌』から)
  4 前奏曲 Op.23-10(『10の前奏曲』から)
  5 あなたは皆に愛される Op.14-6(『12の歌』から)
  6 何という苦しさ(春の悲しみ) Op.21-12(『12の歌』から)
  7 チェロ・ソナタ ト短調 Op.19
  8 オリエンタル・ダンス Op.2-2(『2つの小品』から)
  9 夜の静けさに Op.4-3(『6つの歌』から)
 10 夜は悲しい Op.26-12(『15の歌』から)
 ★ミッシャ・マイスキー(チェロ)、セルジオ・ティエンポ(ピアノ)

 このほか、今年(2007年)の春から夏にかけて発売になったミッシャ・マイスキーのDVDをご案内します。
◎《マイスキー/バッハ:無伴奏チェロ組曲》(全6曲)
 すでにLDやDVDでも発売されたことのあるマイスキーのバッハの無伴奏チェロ組曲(全6曲)のDVDが再発売になりました(ドイツ・グラモフォン 0734337)。2007年10月17日には国内盤(UCBG1231)が発売になる予定です。これは1986年10月・11月にイタリアで収録されたもので、CDとは異なるものです。
 ■J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲
  第1番ト長調 BWV1007、第2番ニ短調 BWV1008、第3番ハ長調 BWV1009
  第4番変ホ長調 BWV1010、第5番ハ短調 BWV1011、第6番ニ長調 BWV1012
  ★ミッシャ・マイスキー(チェロ)  (1986年収録)

◎《ブラームス/ヴァイオリン協奏曲、二重協奏曲 バーンスタイン&ウィーン・フィル、クレーメル、マイスキー 》
 こちらもかつてLDやDVDで発売されたことがあるものです。輸入盤ドイツ・グラモフォン 0734333はすでに発売になっていますが、国内盤(UCBG1230)も2007年10月17日にリリースされる予定です。1982年にウィーンでライヴ収録されてからすでに25年が過ぎましたが、演奏は熱く、躍動感にあふれ、今でも大きな感動を呼ぶものとして定評があります。
 ■ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77、
          ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ長調 Op.102
  ★ギドン・クレーメル(Vn)、ミッシャ・マイスキー(Vc)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
   レナード・バーンスタイン(指揮) (1982年収録)
  ★バーンスタインによる作品へのイントロダクション(解説)付

◎《ハイドン:チェロ協奏曲集、シューマン:チェロ協奏曲 マイスキー(vc)ウィーン響、バーンスタイン&ウィーン・フィル》
 こちらは今までクラシカ・ジャパン(CS=Ch.736)で何度か放送されてきたものが初めてDVD化されたものです。輸入盤ドイツ・グラモフォン 0734351)ですでに市場に出回っていますが、2007年10月17日には国内盤DVD((UCBG1233)がリリースされる予定です。どうぞお楽しみに。なお、ハイドンは1986年、シューマンは1985年の映像です。
 ■ハイドン:チェロ協奏曲第1番 Hob.VIIb-1、チェロ協奏曲第2番 Hob.VIIb-2
  ヴァイオリン協奏曲ハ長調(マイスキー編曲:チェロ版)
  ヴァイオリン協奏曲ト長調(マイスキー編曲:チェロ版)
  ★ミッシャ・マイスキー(Vc&指揮)ウィーン交響楽団 (1986年収録)
 ■シューマン:チェロ協奏曲イ短調 Op.129
  ★ミッシャ・マイスキー(Vc)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
    レナード・バーンスタイン(指揮) (1985年収録)

◆ミッシャ・マイスキー 2007年秋の来日公演情報(続)(2007年7月7日掲載)
 ミッシャ・マイスキーがこの秋(2007年10月〜11月)、来日公演を行いますが、今回新たに、大阪、宇都宮(栃木)、仙台(宮城)でのリサイタル、東京でのフジコ・ヘミングとの特別公演が発表になりました。
 今回新たに発表になった公演につきましては、会員先行予約の受付はございません。ご了承くださいますようお願いいたします。
  詳細は「来日公演予定(2007年)」のページをご覧ください。

★マイスキー東京公演(10月27日のサントリーホールでのリサイタル、11月1日・2日の東京オペラシティでのバッハ無伴奏リサイタル、11月6日の紀尾井ホールでの協奏曲)につきましては、「ミッシャ・マイスキー ファンクラブ事務局」でもチケット(S券・A券)をお取り扱いしております。どの公演もよいお席がございます。メールでのご対応(24時間以内に返信)となりますが、ぜひご利用ください。ファンクラブ会員以外の方のお申込みも承っております。

◆クラシカ・ジャパン(CS・Ch.736)でのマイスキー(2007年7月7日掲載)
 クラシカ・ジャパン(CS放送=Ch.736)では、下記の日時にキリル・ペトレンコ指揮イタリア国立放送交響楽団公演が放送されます。これは2003年5月22日にイタリア・トリノにあるジョヴァンニ・アニエリ・ホールで収録されたもので、すでにDVD(商品)化されているものです。[JPBC-14504 ドリームタイムエンタテインメントより2006年2月24日に発売]。曲目はドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調(チェロ=ミッシャ・マイスキー)、ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』(全曲)。
 指揮者のキリル・ペトレンコは1972年ロシア生まれの若き俊英。ベルリン・コーミッシュ・オペラで音楽監督を務めている期待の指揮者です。マイスキー渾身のドヴォルザークを含め、ぜひお楽しみください。

●放送日時は次のとおりです。
7月3日(火)9時25分から、7月5日(木)6時20分から、7月9日(月)0時25分から、7月14日(土)7時50分から、7月15日(日)12時00分から、7月20日(金)1時55分から、7月23日(月)9時00分から、7月25日(水)17時40分から、7月30日(月)12時10分から

◆クラシカ・ジャパン(CS・Ch.736)でのマイスキー(2007年6月27日掲載)
 クラシカ・ジャパン(CS放送=Ch.736)では、6月27日(水)21時〜22時30分ポートレート『ミッシャ・マイスキー』が放送されます。これは1997年に制作されたもので、過去に何度か放送されています。マイスキーを知る興味深いドキュメンタリーです。ぜひご覧ください。(実際の放送時間は約1時間23分です。)

●なお、再放送は次のとおりです。
6月28日(木)12時30分から、6月29日(金)12時35分から、6月30日(土)16時45分から、7月1日(日)6時30分から、7月25日(水)[=24日深夜]2時30分から

◆ミッシャ・マイスキー 2007年秋の来日公演(2007年3月30日掲載、2007年5月14日更新)
 ミッシャ・マイスキーがこの秋(2007年10月〜11月)、来日公演を行います。
 現在、東京及び名古屋での公演のご案内をしておりますが、他公演につきましても順次掲載いたしますので、そちらにつきましてはもうしばらくお待ちください。
 なお、曲目や曲順等、変更になる場合がございます。予めご了承ください。
  詳細は「来日公演予定(2007年)」のページをご覧ください。

★東京公演につきましては、「ミッシャ・マイスキー ファンクラブ事務局」でもチケット(S券・A券)をお取り扱いしております。どの公演もまだよいお席がございます。メールでのご対応(24時間以内に返信)となりますが、ぜひご利用ください。ファンクラブ会員以外の方のお申込みも承ります。

◆ミッシャ・マイスキーを囲んで〜ファンクラブ会員限定パーティー〜(2007年4月1日掲載)
 ミッシャ・マイスキー ファンクラブでは2007年11月4日(日)夜、東京都内(会場未定)において、マイスキーを招いての会員限定(少人数限定)のパーティーを開催いたします。詳細につきましては会員の皆様にお届けするファンクラブ通信"SARABANDE"にてご案内します。なお、新規に入会される方でもご参加いただけますので、入会案内資料をミッシャ・マイスキー ファンクラブ事務局までご請求ください。


2007年2月 マイスキー来日公演でのアンコール曲目(2007年2月24日掲載)(w/フィンランド放送交響楽団)

◎2007年2月5日[東京]サントリーホール
 -J.S. バッハ作曲:無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011から、サラバンド

◎2007年2月6日[東京]サントリーホール[クローズドのコンサート]
 -J.S. バッハ作曲:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007から、プレリュード

◎2007年2月7日[金沢]石川県立音楽堂コンサートホール
 -J.S. バッハ作曲:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009から、ブーレ

◎2007年2月8日[名古屋]愛知県芸術劇場 コンサートホール
 -J.S. バッハ作曲:無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調BWV1008から、サラバンド



最新ニュースへ戻る

HOME

ミッシャ・マイスキー ファンクラブのご案内  □ニュース  

プロフィール  ■CD・LD・DVDリスト  ■来日公演予定

2007-08年演奏会予定  ■雑誌・新聞等の記事から  ■写真館 

  ■リンク集  ■掲示板  ■チャットルーム

更新記録  ■マイスキー関連グッズ

管理人のプロフィール   ■管理人の音楽日記帳