最新ニュース
◆ミッシャ・マイスキー 2015年5月来日公演 アンコール曲(2015年5月12日)

◆2015年5月12日 小林市文化会館大ホール(宮崎県小林市)【ジュリアン・ラクリン(ヴァイオリン)、リリー・マイスキー(ピアノ)】
 ・クライスラー:愛の喜び

○2015年5月10日 京都コンサートホール(京都府京都市)(協奏曲)
 ・ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第4番変ロ長調op.11 『街の歌』より、第2楽章

○2015年5月9日 京都コンサートホール(京都府京都市)(協奏曲)
 ・シチェドリン:3つのおかしな小品より、第3曲「ユモレスク」

○2015年5月6日 メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)演劇ホール(宮崎県宮崎市) w/サーシャ・マイスキー(ヴァイオリン)、リリー・マイスキー(ピアノ)
 1)メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1案ニ短調op.49より、第2楽章
 2)シチェドリン:3つのおかしな小品より、第3曲「ユモレスク」
 3)ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第4番変ロ長調op.11 『街の歌』より、第2楽章

◆ミッシャ・マイスキー 2015年5月の来日公演(2015年3月13日)
 ミッシャ・マイスキーが2015年5月にも来日公演を行います。今回の目玉は、何と言っても、ミッシャ・マイスキーの長男サーシャ(ヴァイオリン)と、長女リリー(ピアノ)と、ファミリーでのピアノ・トリオが日本で初めて実現することでしょう。詳細は来日公演予定(2015年)のページをごらんください。

ミッシャ・マイスキー 2015年2月来日公演 アンコール曲 (2015年2月3日、2015年2月8日更新)
○2015年2月8日 フェスティバルホール(大阪府大阪市北区)(協奏曲)
 w/ヤクブ・フルシャ指揮、プラハ・フィルハーモニア管弦楽団(1のみ)
 1) ドヴォルザーク:森の静けさ(《ボヘミアの森》作品68から)
 2) J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009より、ブーレ

○2015年2月6日 サントリーホール(東京都港区)(協奏曲)
 w/ヤクブ・フルシャ指揮、プラハ・フィルハーモニア管弦楽団(1のみ)
 1) ドヴォルザーク:森の静けさ(《ボヘミアの森》作品68から)
 2) J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008より、サラバンド

○2015年2月3日 札幌コンサートホール Kitara大ホール
(北海道札幌市)(協奏曲)
 w/ヤクブ・フルシャ指揮、プラハ・フィルハーモニア管弦楽団
 ・ドヴォルザーク:森の静けさ(《ボヘミアの森》作品68から)

○2015年2月1日 東京文化会館小ホール(東京都台東区)(リサイタル)
 1) J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009より、ブーレ
 2) J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008より、プレリュード
 3) J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007より、プレリュード


◆ミッシャ・マイスキー NHK-FMでの放送予定
(2015年2月8日)
 2015年2月10日(火)の19時30分から21時10分まで、NHK-FM「ベストオブクラシック・セレクション」で、ミッシャ・マイスキーの2013年宮崎国際音楽祭での公演(ミッシャ・マイスキー協奏曲の夕べ)の模様が放送されます。(今回は2013年10月4日放送分の再放送です。

 【2013宮崎国際音楽祭 ミーシャ・マイスキー 協奏曲の夕べ】
 1) 歌劇『エフゲニー・オネーギン』から、ポロネーズ(チャイコフスキー作曲) (4分56秒)
 2) 歌劇『エフゲーニ・オネーギン』から、「青春の日は遠く過ぎ去り」(チャイコフスキー作曲)  (6分11秒)
 3) ロココ風の主題による変奏曲 作品33(チャイコフスキー作曲) (18分23秒)
 4) 交響詩『死の舞踏』作品40(サン=サーンス作曲) (7分02秒)
 5) チェロ協奏曲 第1番 イ短調 作品33(サン=サーンス作曲) (18分54秒)
 6) 組曲『動物の謝肉祭』より、「白鳥」(サン=サーンス作曲) (1分30秒)
 7) 無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007から、前奏曲(J.S.バッハ作曲) (1分54秒)
  チェロ:ミッシャ・マイスキー(2、3、5、6、7)
  ●指揮:広上 淳一(1~6)  ●管弦楽:宮崎国際音楽祭管弦楽団(1~6)
 (2013年5月14日、メディキット県民文化センター[宮崎県立芸術劇場]アイザックスターンホールにて収録)
 
 【CD録音(ドイツ・グラモフォン POCG-10243/4)より】
 ○無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007から、クーラント、サラバンド、メヌエット、ジーグ(J.S.バッハ作曲) (11分58秒)
  チェロ:ミッシャ・マイスキー

◆ミッシャ・マイスキー テレビでの放送予定
(2015年2月3日)
 2013年5月14日、メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)アイザックスターンホールで行われたミッシャ・マイスキー協奏曲の夕べの模様が、2015年2月24日(火)午前6時からNHK-BSプレミアムで再放送されます。これまで2回、放送を見逃してしまった方、今度はぜひ!

 【2013宮崎国際音楽祭 ミーシャ・マイスキー 協奏曲の夕べ】
 1) 歌劇『エフゲーニ・オネーギン』から、「青春の日は遠く過ぎ去り」(チャイコフスキー作曲)*
 2) ロココ風の主題による変奏曲 作品33(チャイコフスキー作曲)*
 3) チェロ協奏曲 第1番 イ短調 作品33(サン=サーンス作曲)*
 4) 無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007から、前奏曲(J.S.バッハ作曲)**
 
  チェロ:ミッシャ・マイスキー(*、**)
  ●指揮:広上 淳一(*)  ●管弦楽:宮崎国際音楽祭管弦楽団(*)

◆ミッシャ・マイスキー 2015年来日公演
(2015年2月3日)

 2015年2月1日に東京文化会館小ホールでバッハの無伴奏チェロ組曲第1番・第4番・第5番を演奏。2月3日(火)には札幌コンサートホールKitaraにて、2月6日(金)には東京・サントリーホールにて、さらに2月8日(日)には大阪・フェスティバルホールにて、ヤクブ・フルシャ指揮プラハ・フィルハーモニア管弦楽団と、ドヴォルザークのチェロ協奏曲を協演します。詳細は来日公演予定(2015年)のページをごらんください。
2013-2014年のニュースへ 
 2012年のニュースへ 
 2011年のニュースへ 
2010年のニュースへ 
2009年のニュースへ
2008年のニュースへ
2007年のニュースへ
2006年のニュースへ
2005年のニュースへ
2004年のニュースへ
2003年後半(7~12月)のニュースへ
2003年前半(1~6月)のニュースへ
2002年後半(7~12月)のニュース
2002年前半(1~6月)のニュース
2001年のニュース
2000年のニュース

HOME

ミッシャ・マイスキー ファンクラブのご案内  □ニュース  

プロフィール  ■CD・LD・DVDリスト  ■来日公演予定

演奏会予定  ■雑誌・新聞等の記事から  ■写真館 

  ■リンク集  ■掲示板  ■チャットルーム

マイスキー関連グッズ

管理人のプロフィール   ■管理人の音楽日記帳