name

メニュー
  • 最新号
  • このサイトについて
  • メールマガジンの
    登録・解除
  • バックナンバー
  • メルマガサンプル
  • ブログ

  • 無料メールマガジンの登録
    毎週金曜日にメールマガジンを配信しております。
    お好きな配信スタンドより、ご登録下さい。
    めろんぱん
    E-mail
    まぐまぐ
    E-Mail:

    相互リンク
    もぐらの電脳工房

     自作ソフトを公開しています。現在

  • もぐらのメモ帳
  • もぐらのImage Viewer
  • テキストファイル
    管理ソフト
    TF Manager

    を公開中
    是非、いらして下さい。
    こちらから
  • 第82号 プラネタリューム
    2005年 9月 30日(金) 配信
    メガスターホームページ
       ドラマ「星に願いを」のモデルになったりと、最近有名になってきた、大平貴之さんのWebサイト。このサイトには高性能プラネタリウム「メガスター」のことや製作日誌なんかが公開されています。
       今回、ぼくがこのサイトを取り上げようと思ったのは、その中でも、「卓上プラネタリウム製作教室」というコンテンツが面白かったから。

       プラネタリュームというと、仕掛けが大掛かりなので、お金を払って見に行くものと思っていたのですが、よく考えると、プラネタリュームの原理は、真っ暗な中、スクリーンに光の点を映し出すことだと考えると、実はそれほど難しく考える必要はないのだなと気づかされました。
       もちろん、正確にきれいに星の形を再現するには、こだわれば、こだわるほど、苦労することはあるのでしょうが、このページで紹介されているように、ペーパークラフトと豆電球でも、プラネタリュームを作ることは出来るんですよね。

       何でも、難しいからと、最初から既成概念にとらわれていることありませんか?まずは、ちゃんと、何が難しいのかを考えてみることが大切なことなのかも知れませんよ。