オーダーメイドのポーカーチップをつくってみる

オーダーメイドの
ポーカーチップをつくってみる


みなさんは、ラスベガスのカジノで使っているチップを使ったことがありますか?
なにしろそのチップは500円玉よりも大きくずっしりと重く、ゴージャスな気がしてきます。
アナログゲームでこのポーカーチップを使うと、とても雰囲気が出るんです。
なにしろ、チップを置く音が「ゴトン」ですから。
一度でも使うと、普通のチップが貧弱貧弱ぅに見えて使えないくらいです。

で、最終的には自分専用のオーダーメイドのデザインのポーカーチップを作りたくなっちゃったりするわけです。(もはやゲーマーの末期症状ですな)



私の場合、よく使いそうな「1」「5」「10」「50」「100」をオーダーしました。
箔押しです。写真では見にくいですが、金色にキラキラ反射して、とてもキレイです。
このポーカーチップの欠点は、長所のそのまま裏返しで、重くて持ち歩きにくいことです。




拡大図です。
ウチのHPの名前である「Mission Outer Space」を印刷しています。
これに気が付いた人はみんな「えっ?」と驚きます。




たくさんあると、雰囲気が出ますよー。
これでククとかやると楽しいです。
ちなみに使用頻度の高い「1」は100枚作りました。




友人の那珂川さんにも、とある機会にオーダーチップをつくってプレゼントしました。(図のデザインはときさん)
同じく箔押しですが、喜んでもらえたようです。

このほか、知り合いのMさんに、その人の顔写真をカラーでプリントしたチップもオーダーしてプレゼントしたのですが、モロにその人の顔が印刷されており、本人はなんとも複雑な気分のようでした(笑)。
ポルナレフや花京院の魂を20枚のチップにしたような感じになっちゃってましたから・・・(笑)。
「そんなことに使うのなら、もっといい写真を送っておくんだった」とはMさんの弁。
そんなわけで、画像は残念ながら載せられません。


さて、私がチップをつくってもらったのは BALLY'S JAPANです。
ここはポーカーチップ・カジノチップを販売しており、オーダーのチップは箔押しかフルカラーのどちらかで作ってくれます。私個人の感想としては、対応がとても丁寧で好感の持てるショップだと思いました。
オーダーチップ申し込みの際、「ミッション・あうらスペースを見た」と書けば、ちょっとしたサービスをしてくれるかもしれません。(ホントか?)

ということで、興味のある方は作ってはいかがでしょうか。
決して安いものではないのですが、1回つくっておけば一生モノかもしれません。




  2004/12 no-be-