Game Review

ダミー


<DATA>
名称:ダミー(DUMMY)
分類:カードゲーム
メーカー:DAL NEGRO
プレイ可能人数:2〜5人
プレイ適正人数:3〜5人
プレイ時間:約10分
値段:¥1200(ぐらい?)
ルールの難しさ:大変簡単。
持ち運び:箱は小さい。
オススメ度:まあまあオススメ。



<ルール>
場に同じ種類のカードを並べ、数字と同じ枚数になるようにするカードゲームです。

全員に同じ枚数のカードを配り、そのうちの3枚を手札とします。
自分の番には1枚から3枚までの好きな枚数だけ出す事ができます。
カードには3から7までの数字が書かれておリ、場に出す時は3は3の列に、4は4の列、という風に同じ数字の場所に並べます。
出した結果、その枚数がちょうどその数字になったらら、その列のカードを全て獲得できます。
誰かの手札がなくなった時点で、最もたくさんカードを取得しているプレイヤーの勝利です。


<コメント>
東急ハンズで見つけました。
コンポーネントのカードには「ぷよぷよだかスライムだかのパチもんが電撃を発射するところ」みたいなかわいいキャラクターが描かれています。
箱もキラキラ輝くつくりになっていて、妙に目を惹きます。

で、買ってみたら、たったこれだけのシンプルなルール。カードも3から7までの数字が書いてあるだけです。
一時はどうなるかと思ったら、意外に遊べるゲームなので、驚いてしまいました。

場に特定の枚数だけ出るようにする、というシステムは6ニムトと似ていますが、実際には雰囲気が全く違うゲームです。
6や7の列は得点が高いので、他人につくられてはたまらん、と4枚や5枚までは出ますが、そのあたりで止まります。
ですが、自分の番には必ず1枚は出さなければならないため、確実に列は揃う方向に進みます。
ある時、他人が揃おうが何しようがお構いなしに、自分のカードを出せるだけ出した者がいました。
その時は彼の行動が愚かに見えたのですが、たまたま他のプレイヤーの手札がうまく合致せず、彼はそのあと、快進撃を開始しました。
自分の手札を最大限に循環させ、欲しい札を得る確率を上げる手段として、それなりに有効だったのです。
まったく頭を使わずに、ただでたらめに運まかせにするのも1つの手段となるゲームということで、妙に新鮮でした。
時間も短いので、疲れてあまり考えたくない時にやるといいでしょう。
考えても考えなくても、それなりに勝ててしまうゲームは、初心者を巻き込むのに丁度いいゲームといえます。



  2000/1 no-be-