ゲームマーケット2004 出品物

King's Court
ゲームマーケット2004 出品物



ゲームマーケット2004にてKing's Court(サークルNo19)お越しいただいた皆様、ありがとうございました。家内制手工業のため、頒布数がそれほど多くなく、軒並み完売したことをお詫びいたします。

<怪獣ファイトをお買い上げいただいたお客様へ>(2004.3.28)
頒布が遅れましたことをお詫び申し上げます。
整理券をもらって引き換えにいらっしゃらなかった方、およびご購入されてサイコロがついていなかった方は、King's Court販売担当のメールアドレスまでご連絡ください。

<怪獣ファイトエラッタ>(2004.3.28)
(1)以下の防御カードのサイコロの個数が間違っています。
・甲羅A、透明化B → ダイスの個数が上から4個、2個、1個になっていますが、正しくは、4個、3個、2個です。
・鱗A、甲羅B → ダイスの個数が上から4個、4個、4個になっていますが、正しくは、4個、3個、2個です。
(2)攻撃本能表について、2枚あるうちの片方は、ダイス3と4の時のコメントが抜けています。もう片方もしくはマニュアルを参照してください。






近未来。日本の怪獣ブリーダー達は、手塩にかけて怪獣を育てていた。
怪獣同士を戦わせる国民的人気競技「怪獣ファイト」で優勝し、最強怪獣の冠を得るために。
そしてここに、マッドサイエンティスト、大学教授、防衛庁、怪獣研究団体、動物園、挙句には地球征服を企む宇宙人まで、強豪怪獣が集まった。怪獣ファイト、レディ、ゴー!

このゲームは、怪獣を育て、戦わせるダイスゲームです。
第1部の「怪獣メイキング編」では、競り形式で怪獣の各種能力を獲得し、自分の怪獣をつくります。
第2部の「怪獣戦闘編」では、最強怪獣を目指してお互いにダイスバトルを繰り広げます。






あなた達は帰宅途中、だんだんお腹の具合が悪くなり、トイレに行きたくなってしまいます。しかし、途中にトイレなどありません。
果たして、家にたどり着くまで、トイレを我慢することができるのでしょうか?
一番最初に漏らしてしまい、人間の尊厳を失ってしまう人は誰でしょう?

カウントアップ系の、おバカなカードゲームです。
今回は、オフセット版です。
昨年のゲームマーケット2003では25部(予約含む)出品いたしましたが、数が少ないせいもあり、開場後わずか8分で完売しました。御礼申し上げます。






魔法使い達は、モンスターを召還して戦わせる競技「ダイナゲイル」に熱中していた。 彼らは、能力の異なる4種類のモンスターを召還呪文によってバトルフィールド上に召還するのだ・・・

このゲームは、みんなで一斉にモンスターを表すダイスを投げて戦う、大変アナログなゲームです。ゲームの雰囲気は、ベーゴマやメンコのノリです。
基本ルールはHPにアップされていますが、頒布版は、呪文カード・地形タイル・ボーナスモンスター(呪文カードにより召還可能)・コースガイドなどが追加され、ダイス・投擲用マット・ゲームボード兼用のケース等が付いています。(昨年と同じものの再販です)




おかげさまで、時代劇3600秒は在庫がなくなり、完売となりました。ありがとうございました。なお、当面の再販予定はありません。

ご質問はこちらまでどうぞ


  2004/03 no-be-