ゲームマーケット2009 出品物

King's Court
ゲームマーケット2009 出品物




King's Courtはゲームマーケット2009に参加いたします。ここに頒布物を紹介いたします。
家内制手工業のため、頒布数がそれほど多くありませんのでご了承ください。
※当ページは開発状況に応じて随時改定していきます。

2009/5/9 頒布価格等の情報を更新しました。
2009/5/9 ワンダフル映画祭の製作状況を更新しました。
2009/5/16 ワンダフル映画祭の製作状況(箱)を更新しました。
2009/5/21 ワンダフル映画祭の製作状況(おまけチットの一部)を更新しました。
2009/5/25 ワンダフル映画祭の製作状況(コンポーネント全体)を更新しました。



<今年の新作>
ワンダフル映画祭
・ワンダフル映画祭

あなたは敏腕映画プロデューサーです。そして今年も、権威ある映画祭「ワンダフル映画祭」に出品すべく、3本の映画を制作しています。
俳優を配役に適切にキャスティングし、魅力あふれる映画を制作しましょう。もちろん監督や音楽・特殊効果なども重要です。映画祭で最優秀映画賞を受賞するために、審査員に評価される単純に数字の高い映画を撮っても構いませんが、一般大衆に人気のある映画を撮って真のニーズを満たすことも重用です。
他のプロデューサーも各種賞を狙っています。さあ、素晴らしい映画を撮ってください!

映画制作を題材としたゲームです。
昨年は、クニツィーアの映画作成ボードゲーム・ハリウッド(ドリームファクトリー)を日本俳優化キットを発表しましたが、元のハリウッド自体にちょっぴり不満点もあり、自分なりにやりたいことを実現し、違うゲームに仕立て上げたのがこのゲームです。
プレイヤーは映画プロデューサーとなり、キャスティングチップの制限内で、監督チット・俳優チット・音楽チット・特殊効果チット・評論家チットなどを獲得し、配役などが記された3つの映画シートに配置していきます。
最後に「映画祭」が行われ、「最優秀映画賞」「最優秀主演男優賞」「最低映画賞」などで各種賞が発表されます。一般大衆(他のプレイヤー)の評価も重要視していますので、単に数字が大きいだけの俳優を使っただけでは勝てません。
具体的な配役に日本の俳優をキャスティングする楽しさを味わえるゲームです。ゲームが終わったあとに、完成した映画を眺めて感想を述べ合うのが楽しいです。
ワンダフル映画祭製作状況はこちらです。

※ダイス、チップ、箱が付き、オフセット印刷になります。
(好演インジケーターのみ切り抜いていただく必要があります。)
頒布予価:2500円



<再販作品>

時代劇3600秒
時代劇3600秒 −カラー版−

あなたはテレビ時代劇の監督。歴代の時代劇ヒーロー3人で番組を組成し、魅力的な番組タイトルをつけ、8:00からの1時間枠の中で悪人をバッタバッタと斬り倒し、結果的に視聴者にウケる番組をつくらなくてはなりません。

毎年、開場後すぐに完売となる人気作品であり、お買い上げ御礼申し上げます。
バージョンは昨年のものと全く同じです。
頒布予価:1500円(ダイスが10個つきます)

※もともとダイスはついていますが、よりマニア向けの「専用ダイス」も少数用意しております。興味のある方は当日お尋ねください。



おバカショッピング
・おバカショッピング

パラレルワールドのテレビショッピングでは、一風変わった商品が売られています。あなたは今日もテレビショッピングのプレゼンターとして、4つの商品を提供します。
さあ、商品に様々な便利機能やおまけをつけて、あなたの絶妙なセールストークで視聴者の購買意欲を刺激しましょう。時には勢いで、ありえないバカ機能を口走ってしまうかもしれませんが、売れればそれでいいのです。しかし、調子に乗っておまけや機能を付けすぎると、赤字になってしまいますのでご注意を!
赤字にならないように商品をうまくプレゼンテーションできるのは誰でしょうか?

テレビショッピングを題材にしたカードゲームです。(テストプレイ&修正を繰り返すうちに、すっかりお笑いゲームに変貌してしまいました)
バースト系のカードゲームなのですが、プレゼンテーションカードには売り文句であるセリフが書いてあり、ゲーム終了時に自動的におバカな商品ができあがります。
(例)商品名:高枝切りばさみ「大変希少価値の高いピンクダイヤをあしらった逸品」「そのまま電子レンジに入れられます」「これをもう一つおつけします」
頒布予価:1700円



料理チャンピオン
・料理チャンピオン

あなたは料理人。テレビ公開料理大会に出場することとなった。自慢の料理を作り、優勝を勝ち取るのだ。
だが他の料理人も実力伯仲。そこで披露される料理は見たこともないような奇抜なものばかり!
果たして、何人の会場審査員があなたに投票するだろうか。そして、テレビで見ている視聴者人気No1の料理になれるだろうか。

料理をつくり、その人気を競うゲームです。
審査員は大きく分けて「男性」「女性」「年配」「子供」「特殊」に分かれます。 うまく各ジャンルの一番人気料理となり、審査員から多く投票してもらうことが目的となります。ダイス1個を1人の審査員に見立てます。このゲームにはダイスがなんと70個以上ついています(笑)。
3枚のカードを組み合わせて、オリジナリティ溢れる料理名をつくる部分が腕の見せ所です。(時代劇3600秒の番組名作成のようなものです)例:「激辛メロン鍋」「皇室御用達コーヒーかつ丼」など・・・
頒布予価:1200円(ダイスが70個以上ついています)



バカシェフの晩餐
・料理チャンピオン拡張カード バカシェフの晩餐

過去の試合で「料理チャンピオン」となったシェフたち。彼らに対して、ゲストが次々と料理の要求をしてきます。さて、お題に沿った料理を作れる、グレイトなシェフは誰でしょう!?

これは、「料理チャンピオン」の拡張カードです。プレイするには、「料理チャンピオン」本体が必要です。材料カードを拡張するものですが、おバカな単語が多く含まれているため、全部混ぜるとまともな料理ができなくなります(笑)。覚悟のできた方のみ、お使いください。
ちなみに料理チャンピオンは「料理名を作る部分」が特に盛り上がるため、その部分だけをプレイする人が多い、という現実に基づき、その部分に特化したルールを作成しました。そのおかげで、めでたく完全なバカゲーになりました。
頒布予価:500円



怪獣ファイト
・怪獣ファイト

近未来。日本の怪獣ブリーダー達は、手塩にかけて怪獣を育てていた。
怪獣同士を戦わせる国民的人気競技「怪獣ファイト」で優勝し、最強怪獣の冠を得るために。
そしてここに、マッドサイエンティスト、大学教授、防衛庁、怪獣研究団体、動物園、挙句には地球征服を企む宇宙人まで、強豪怪獣が集まった。怪獣ファイト、レディ、ゴー!

このゲームは、怪獣を育て、戦わせるダイスゲームです。
第1部の「怪獣メイキング編」では、競り形式で怪獣の各種能力を獲得し、自分の怪獣をつくります。
第2部の「怪獣戦闘編」では、最強怪獣を目指してお互いにダイスバトルを繰り広げます。(一言で言うと、怪獣ヤッツィ)
頒布予価:1800円



ダイナゲイル
・ダイナゲイル

魔法使い達は、モンスターを召還して戦わせる競技「ダイナゲイル」に熱中していた。 彼らは、能力の異なる4種類のモンスターを召還呪文によってバトルフィールド上に召還するのだ・・・

このゲームは、みんなで一斉にモンスターを表すダイスを投げて戦う、大変アナログなゲームです。ゲームの雰囲気は、ベーゴマやメンコのノリです。
基本ルールはHPにアップされていますが、頒布版は、呪文カード・地形タイル・ボーナスモンスター(呪文カードにより召還可能)・コースガイドなどが追加されています。
昨年バージョンと同様に、マットがついています。
※切り抜いていただく必要があります。
頒布予価:1000円


Gロボ
・ジャイアントロボカードゲーム 地球静止作戦バトルロイヤル

※小部数の出品になります。申し訳ありません。

今川監督の傑作アニメ「ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日」をモチーフにしたカードゲームで、3本の「サンプル」をめぐって、国際警察機構とBF団のキャラクターが火花を散らします。
1998年に、今川ファンである時代劇3600秒の作者が思い入れたっぷりにデザインしたものをカラー版として再作成しました。今回は「アルベルトの入浴シーン」などのOVA鉄腕GinRei冗談カードも入っています。
「セリフシステム」「特殊能力」「宿敵」「イベントカード」といった仕掛けで、原作の再現に力を入れたゲームです。(特にセリフカードは場が盛り上がります)
結局、カードの枚数は260枚近い大ボリュームのゲームとなりました。
※切り抜いていただく必要があります。
頒布予価:3000円



<その他>

・サイコロつかみ取り

午後(混雑緩和時)より、「サイコロつかみ取り」を行います。1回100円です。
(ちなみに2007年にもつかみ取りを開催しておりますが、最高記録は55個でした)


ご質問はこちらまでどうぞ


  2008/03 no-be-