Game Review

イモムシ・イモムシ


<DATA>
名称:イモムシ・イモムシ(Vermi)
分類:ボードゲーム?
メーカー:Venice Connection
デザイナー:Alex Randolph
プレイ可能人数:2〜5人
プレイ適正人数:4〜5人
プレイ時間:15分程度
値段:¥1800(参考価格)
ルールの難しさ:とても簡単。ルール説明は3分でできる。
持ち運び:箱は小さく、軽い。
オススメ度:オススメ。



<ルール>
この「イモムシ・イモムシ」はイモムシ達のレースを扱ったゲームです。
各プレイヤーは7個の半球状のパーツで構成されたイモムシを動かします。
プレイヤーは専用のダイスを1個づつ持ち、何コマ進めたいかをそのダイスでこっそり表示させます。(振るのではありません。自分で選んで表示させるのです)
全プレイヤーがそれを決めたら、一斉にオープンし、その数だけイモムシをゴール目指して進めることになります。が、他のプレイヤーと同じ数字が出てしまったら、1コマも進めることはできません。
ダイスには特殊な目「X」があります。これを選ぶと、他のプレイヤーは選んでいない数字を選択してその数だけ進めるだけでなく、ゴールを動かすことができます(!)。
このようにして、最初にゴールにたどり着いたイモムシが勝利となります。


<コメント>
とてもヘンテコで面白いゲームです。
何が面白いって、テーブルでも地面でも、平らでありさえすればどこでも好きな場所がゲーム盤になるということです。時間がたっぷりあれば、ゴールを遠くに置いてロングコースにしてもいいですし、障害物を置いてトリッキーなコースをつくってもいいでしょう(やりすぎるとゲームになりませんが)。
イモムシの移動が、これまでにあまり見ないアナログな形式なのもいいですね。それに、ゴールを物理的に動かせるゲームなど、私は今までに見た事がありませんでした。ドイツゲーム、恐るべし!
慣れてくると、露骨な邪魔をするのもいいでしょう(ルールにも書いてあります)。相手のイモムシの頭を囲むように移動すれば、相手は前進できずにバックするしかなくなります。
誰かがゴールに近づくと、みんなはゴールを動かすために「X」を選ぶのですが、殆ど全員がそれを選んでしまったり、笑える状況もよく起こります。
他人とダブらない選択が有利になるシステムなので、逆に言うと、人数が多くてダブりやすい方が楽しくなります。そのため、このゲームは2〜5人ということになっていますが、2人でプレイすることなど言語道断です。最低でも4人、できれば5人で遊びたいゲームです。
このゲームは見た目がとてもユニークなだけでなく、1回のゲームは15分もあれば終わりますし、ルールもとても簡単です。初心者を巻き込むのに適したゲームといえます。売っているのを見かけたら、とりあえず買っておきましょう。




  1999/08 no-be-