◆02/06/14 チュニジア−日本@長居陸上競技場

 幸運にも当たったサポ枠の割り当てチケットだったのが、この大阪の日本戦。横浜のほうが近くて良かったのだけど、文句をいうと罰があたりますね。
 新横浜で、malicia-ML の今野さんや栗原さんと待ち合わせ、08:36 の「のぞみ」に乗って新大阪へ。当然ながら、全員「3番松田」ユニ。他にも数名見かけました。やっぱり、マリサポは皆、悔しさを松田に託しているんだ。他にも車内には代表ユニやTシャツの方がちらほら。

 京都駅では静岡に向かうベルギーサポーターに手を振り、新大阪では新潟に向かうイングランド人が宿の予約をしたいというので、つたない英語で人助け。おお、なんかワールドカップみたいだ(笑)。九州から来た友人・瀬口君と新大阪で合流し、ひとまずホテルへ荷物を置きに行く。ホテルに到着すると、ロビーにセルジオ越後を肉眼で確認。そういや、今日の中継はテレ朝だったね。他には探したけど、居ませんでした。写真を一緒にと思ったら、タイミングを逃して失敗。

 チェックインさせてくれたので、荷物を部屋に置いて、昼食を取ってから、御堂筋線で競技場へ。長居へは、一度Jリーグで来たことがあるのだけど、駅から近くて、街の中に聳え立っている、まるで欧州の広場にあるような雰囲気のスタジアムだ。中は陸上競技場だけどね。駅から出ると、既にもう凄いひとだかりで、チケット下さいは当然のごとく、グッズを売る奴やパフォーマーやら、お祭り騒ぎ。
 1次ゲートからは、チケット種別によって入口が分かれるので、ゲートの前でみんなで記念写真を取ってから、通路を進む。ところが、各種売店はカテ1のメイン・バックへの誘導路に設置され、カテ2・3用の通路から購入するのは難しい配置となっていた。金持ち優遇とは、おそるべし、商人の町・大阪。

新幹線内の3番集団 スタジアム前は真っ青 宮本仮面 書いてる奴もいた

チュニジア美人 入場ゲートにて

 スタジアムに入ると、カテ2・3は結構な入りになっていた。席を探すと、かなり上のほうで、売店に走るにも一苦労。見え方は、陸上競技場の割はそこそこ見える。でも、映像スクリーンは全く見えず、対面にはスコアボードのみ。同じ座席を買って見える・見えないがあるのは、どうかと思うぞ。横断幕をざっと見回すと、ガンバ名物「勝て勝て勝て勝てホームやぞ!」の横断幕が(笑)。ま、そりゃホームだよね。今日も勝ってもらわなきゃ。

 試合の詳細はもう日本の殆どの人が見た試合なので省略。ワールドカップで日本が圧勝する試合を観るなんて、信じられなかったし、ちょっと感動した。

大阪名物
勝て勝て勝て勝て ホームやぞ!!
ボランティアともハイタッチ 勝利後のスタジアムで

 試合終了後、人が履けるまでスタジアムでのんびりしていたが、ちっとも減らない。仕方ないので外に出たら、外も凄い人で、最初のゲート付近に来るのにも1時間かかってしまった。地下鉄に乗って、のんびりホテルに帰ってきたら、ロビーに先着していた栗原さんが「藤原紀香を見ましたよー」と話してくれた。ユニフォーム姿だらしい。惜しいものを見損ねたもんだ・・。

 夜は、賑わうであろうミナミを避けて、キタ(梅田)でまったりと祝勝会。決勝T進出、よくやりました。その最中、ポルトガルの敗戦を知って号泣。フィーゴー!(泣)。

 0時頃に宿に戻るついでに道頓堀を見物に行くと、まだまだ興奮覚めやらぬ様子。お前ら、そこまで嬉しいなら、セレッソとガンバの試合も観に行けよ。御堂筋には護送車がいっぱい控えていた。大阪の町はまだ眠らないようだ。