第11回 「'99 展望 〜IRTA エントリーリスト〜」

 2週間ぶりのご無沙汰です。
 2月も今週いっぱいで終り、3月にもなるといよいよシーズンインが待ち遠しくなりますね。今回は 2/15 に発表された IRTA の '99 エントリーリストhttp://www.fim.ch/pressreleases/CP_99.02.15.htm を見ながら、新しいシーズンを展望してみましょう。ちなみに、リスト中の“?”は文字化けで読めなかったところで、“*”マークはヘレスの IRTA テストに参加したライダーです。

○GP125
1 Kazuto Sakata (JPN-Honda) M.T.P. ? Team Pileri
4 Masao Azuma * (JPN-Honda) Playlife - Li??eois
5 Lucio Cecchinello * (ITA-Honda) Givi Honda LCR
6 Noboru Ueda * (JPN-Honda) Givi Honda LCR
7 Emilio Alzamora * (SPA-Honda) Via Digital Team
8 Gianluigi Scalvini * (ITA-Aprilia) Inoxmacel Fontana Racing
9 Fr????ic Petit * (FRA-Honda) Racing Moto Sport
10 Jeronimo Vidal * (SPA-Aprilia) Valencia III Milenio
11 Massimiliano Sabbatani * (ITA-Honda) Matteoni Racing
12 Randy De Puniet * (FRA-Aprilia) Scrab Competition
13 Marco Melandri * (ITA-Honda) Playlife Racing Team
15 Roberto Locatelli * (ITA-Aprilia) Vasco Rossi Racing
17 Steve Jenkner * (GER-Aprilia) Marlboro Team ADAC
18 Reinhard Stolz * (GER-Honda) Polini Inoxmacel
19 Simone Sanna * (ITA-Honda) Polini Inoxmacel
20 Bernhard Absmeier * (GER-Aprilia) Mayer-Rubatto Racing
21 Arnaud Vincent * (FRA-Aprilia) Valencia III Milenio
22 Pablo Nieto * (SPA-Derbi) Derbi
23 Gino Borsoi * (ITA-Honda) emprucci Biesse Group
26 Ivan Goi * (ITA-Honda) Matteoni Racing
29 Angel Nieto Jr * (SPA-Honda) Via Digital Team
32 Mirko Giansanti * (ITA-Aprilia) Antinucci RacingTeam
41 Youichi Ui * (JPN-Derbi) Derbi
44 Alessandro Brannetti * (ITA-Aprilia) Team Future Strategies
54 Manuel Poggiali * (RSM-Aprilia) Antinucci Racing Racing

 このクラスの注目はやはり日本人ライダーでしょう。まずは、ゼッケン1を付けて走る坂田。マシンをアプリリアから念願のホンダにスイッチし、体制も一新して、王座防衛に望みます。それから、怪我が癒えた上田、昨年大きく飛躍した東も注目です。
 日本人以外では、マルコメ君ことマルコ・メランドリが要チェック。去年はキレのいい走りで125時代のロッシを彷彿とさせました。今年はさらに手強いでしょうね。
 それから、スペインのデルビからエントリーする宇井には、マシン・ライダーともに注目でしょう。アプリリアとホンダの争いに割ってはいることが出きるか、こちらも興味がありますね。

○GP250
1 Loris Capirossi (ITA-Honda) Elf Axo Honda Gresini
4 Tohru Ukawa (JPN-Honda) Shell Advance Honda Team
6 Ralf Waldmann * (GER-Aprilia) Aprilia Germany
7 Stefano Perugini * (ITA-Honda) T.V.R. - Tino Villa Racing
9 Jeremy McWilliams * (GBR-Aprilia) QUB Team Optimum
10 Alfonso Nieto * (SPA-Yamaha) Yamaha D’Antin
11 Tomomi Manako * (JPN-Yamaha) Yamaha Kurz Aral
12 Sebastian Porto * (ARG-Honda) Semprucci Biesse Group 14 Anthony West (AUS-Honda) Shell Advance Honda Team
15 David Garcia * (SPA-Yamaha) Yamaha D’Antin
16 Johan Stigefelt * (SWE-Yamaha) Edo Racing
17 Maurice Bolwerk * (NED-Honda) Arie Molenaar Racing
19 Olivier Jacque * (FRA-Yamaha) Chesterfield Yamaha Tech 3
21 Franco Battaini * (ITA-Aprilia) FGF Corse S.N.C.
22 Lucas Oliver Bulto * (SPA-Yamaha) Yamaha Kurz Aral
23 Julien Allemand * (FRA-Honda) Tecmas GP 250
24 Jason Vincent * (GBR-Honda) Padgetts HRC Shop
34 Marcellino Lucchi * (ITA-Aprilia) Docshop Racing
36 Masaki Tokudome * (JPN-Honda) Dee Cee Jeans Racing Team
37 Luca Boscoscuro * (ITA-Honda) Polini Inoxmacel
44 Roberto Rolfo * (ITA-Aprilia) Vasco Rossi Racing
46 Valentino Rossi * (ITA-Aprilia) Aprilia Grand Prix Racing
56 Shinya Nakano * (JPN-Yamaha) Chesterfield Yamaha Tech 3
58 Matias Rios * (ARG-Aprilia) PR2 Mitsubishi
66 Alexander Hofmann * (GER-Honda) Racing Factory

 このクラス、今年は本命が絞れない混戦になりそうです。各陣営の有力ライダーを見てみましょう。
 まずはホンダ。チャンピオンのカピロッシがアプリリアからスイッチしています。とりあえず、NSR は手に入れたようですね。ゼッケン“1”の実力、とくと見せてもらいましょう。宇川も今年4シーズン目、そろそろ優勝が欲しいところですね。
 次はアプリリア。名実ともにエースの座についたロッシがチャンピオンを狙います。ムラっ気さえ出さなければ、本命にもなり得ます。最初の3戦の調子が良ければ、そのまま行っちゃうかもしれないと私は見ていますが・・・。それから、ワルドマンが GP500 から復帰してアプリリアを駆ります。意外とチャンピオン争いに絡みそうですね。今年も GP250 はアプリリアカップになるか?
 そしてヤマハ。復活した YZR とともにフルエントリーする中野真矢には大注目です。流石に1年目でチャンピオンは期待しませんが、チャンピオン争いには顔を出すかもしれません。もう1人の YZR ライダーはオリビエ・ジャック。NSR からのスイッチですが、こちらも相性次第ではトップに顔を出すでしょう。
 他にも、徳留、眞子が GP125 からステップアップしています。

○GP500
1 Michael Doohan (AUS-Honda) Honda Team HRC
2 Massimiliano Biaggi * (ITA-Yamaha) Yamaha Racing Team
3 Alex Criville (SPA-Honda) Honda Team HRC
4 Carlos Checa * (SPA-Yamaha) Yamaha Racing Team
5 Alexandre Barros * (BRA-Honda) Movistar Honda Pons
6 Norifumi Abe * (JPN-Yamaha) Yamaha D’Antin
7 Luca Cadalora * (ITA-Muz) Muz Rennsport Gmbh
8 Tadayuki Okada (JPN-Honda) Honda Team HRC
9 Nobuatsu Aoki * (JPN-Suzuki) Suzuki Grand Prix Team
10 Kenny Roberts Jr * (USA-Suzuki) Suzuki Grand Prix Team
11 Simon Crafar * (NZL-Yamaha) Red Bull Yamaha WCM
12 Jean-Michel Bayle * (FRA-Modenas) Team Roberts Proton
14 Juan Borja * (SPA-Honda) Movistar Honda Pons
15 Sete Gibernau (SPA-Honda) Honda Team HRC
17 J??gen v.d. Goorbergh * (NED-Muz) Muz Rennsport Gmbh
18 Markus Ober * (GER-Honda) Dee Cee Jeans Racing Team
19 John Kocinski * (USA-Honda) Kanemoto Honda
21 Michael Rutter * (GBR-Honda) Millar Honda Britain
22 S??astien Gimbert * (FRA-Honda) Tecmas Honda Elf
25 Jos??Luis Cardoso (SPA-Honda) Technical Sports Racing
26 Haruchika Aoki (JPN-Honda) Technical Sports Racing
31 Tetsuya Harada * (JPN-Aprilia) Aprilia Grand Prix Racing
55 R??is Laconi * (FRA-Yamaha) Red Bull Yamaha WCM
?? ??? (???-Modenas) Team Roberts Proton

 今年で最後とも噂されるドゥーハンがV6を達成して有終の美を飾るのか、それとも、彼を打ち倒す新たな王者が誕生するのか、今年もシーズンはドゥーハン中心に回りそうです。
 ホンダは今年もワークス4台体制(うち 500V 1台)で望みます。ドゥーハンを打ち倒す可能性は同じ NSR を駆るライダーがもっとも高いとも言えますから、クリビーレと岡田にはぜひとも打倒ドゥーハンを達成してもらいたいものですね。サテライト系では、バロスが要チェック。
 ヤマハは、ホンダからマックス・ビアッジを獲得。1年ぶりに Marlboro カラーのヤマハが復活です。ヤマハはビアッジとチェカ、ノリック、クラファー、ラコーニのワークス5台体制(チームは3チーム)で望みます。昨年は NSR に迫る速さも時折見せていただけに、今年は良い結果を期待できそうです。
 スズキは、青木宣篤とロバーツ Jr. の2台体制。昨年は1人で開発からレースまでこなしていたため、結果が残せなかった宣篤。今年こそスズキのエースとして結果を残して行きたいところです。個人的にはスズキ党なので応援しています。
 そして大注目のアプリリア。原田哲也を擁し、満を持しての GP500 参戦です。Vツインマシンとはいえ、テストではV4マシンの 10km/h 落ちのスピードを出しているそうなので、期待できるかもしれません。GP250 の頃から続くビアッジとの因縁の対決、再現なるか?

 ざっと駆け足で3クラス分を見ましたが、どのクラスも、今年も面白いレースを期待できそうです。私は今年も日本人ライダーの成績に注目しながら、シーズンを楽しみたいと思います。

WGP は4月16日、マレーシアで開幕します。

当コーナーで取り上げてほしいテーマなど、ご要望は下記までメールにてお寄せください。
e-mail : nakamu@qb3.so-net.ne.jp


Index  Home