デリヘル 風俗に行こう  



とにもかくにも自分が風俗するんだったらいろいろ知らないと話しになりません。

もしあなたが男でしたらどんどんガンガンいってください。

わたしも普通に家が一軒買える位は余裕で行きました。

 
まずよそのお店はどんなことしているのか、どんなサービスしているのか、

どんな女の子つかってるのか、どのような女の子の管理をしているのか、

お客さんの入りは、どういう子が人気あるのか、などなど。


一言では言い表せないくらい勉強になりますねぇ。 

 
風俗と言っても

デリヘル、ヘルス、ソープ(激安、大衆、高級)、ピンサロ、本サロ、イメクラ、SM、チョンの間、

韓国エステ、性感、ホモ、レズ、アナル専門、カップル喫茶ボッタクリ。。。。。。。

はっきり言ってきりないですw

 
でもそれがすべて私の肥やしとなってかえってきました。

 
自分のお店でどんなことをやっていけばいいのか、

女の子にどんな教育したらいいのか、

どんな管理が理想なのか、

よそのお店と自分のお店の違いはどこなんだろう、

じゃあどこらへんを変えていったらいいんだろうか、などなど。

 
お店の売り上げ下がってきた時には、やはり参考になりました。


また、いろんなお店行くことによって引き抜きもできますからねぇ

引き抜くつもりなくても、女の子の方から、「もう、この店やめたいんよー」

なんて話になった時も多々ありました。

当然、後日お茶して引っこ抜きました。

 
技の勉強にもなりますよねぇ。

なんたってその道のプロがやっているんだから。

素マタ1つとってもわけわかんないくらい気持ちい子いっぱいいました。

今のどうやったのw?

俺のあそこはどうなってたのw?みたいな。

我慢してても逝かされた事しょっちゅうありました。

 
そんな技を持ち帰ってお店の女の子によく教えたもんです。

 
店の女の子もオーナーが風俗に詳しいのか詳しくないのかわかってきます。

経験者ならなおさらでしょう。

何かあったときにここのオーナーなら頼りになる、何とかしてくれそう。

知識、経験があるだけで女の子の安心感にもつながります。

 
面接の時にも女の子から何を聞かれても何でも答えれるように

それだけの知識をしっかりつけておきましょう。


どんな風俗からの経験者が面接にきてもお手のもんです。


とにかくたくさん行って勉強してくださいね。




と、まぁ、風俗行きまくっていたわけですが、

生エッチが大好きなわたしとしては、

当然、リスクもあるわけで。。


はい!そうです!

ちょくちょくもらってきましたw


私の格言

「性病怖くて風俗行けるかーw」です。

あれ?息子がおかしいなwと思ったら
            ↓