慰安婦の収入

慰安所の料金は昭和13年当時「兵 1円50銭、下士官 3円、将校 5円」などと決められていま した。相手によって値段が大幅に違う妙な設定ですが、軍が有無を言わさず値段を決めたから 出来たことです。実際は軍が「キップ(花券)」を発行して、階級に応じて給与から天引きし たようです。慰安婦は値段交渉の余地なく花券を持った客の相手をさせられたわけです。

当時の兵士の給与が月10円程度だったので5円というのは相当高い金額に見えます。 しかし、当時の内地のサラリーマンの月給は100円くらいですから、むしろ兵士の給与が 異常に低かったわけです。これは兵士の給料というのは、住居費、食費、被服費が差し引か れたあとの小遣いという意味合いだったからです。軍人も自宅から通勤するサラリーマン的 な位置、中尉くらいになると月給100円です。

客の90%は下級兵士だったわけですから「売り上げ」も知れています。一日10人としても 月300円くらいで、その多くは経営者の懐に入ったはずですから、「高給取り」のはずがありません。 支払いは軍が勝手に発行する通貨「軍票」での支払いでしたから、戦後は紙くずになりました。

しかし、元慰安婦の中にはかなりの金額の貯金があったとして、その返還を求めている人 がいます。これには少し事情があるようです。その人の説明によると、これは給与ではなく、 「チップ」をためたものだそうです。一部の慰安婦はチップを沢山手にしたことになります が、貯金の日付けをみると、殆どが終戦間際になっています。

軍票というのは何の裏づけもなく印刷した通貨でから、あまり通用価値はなかったのですが、 公式には内地の円と等価と言うことになっていました。軍がいくら軍票を発行しても 内地がインフレにならないように、外地で貯金はできても内地(朝鮮を含む)で引き出すこと は出来ない定め になっていました。でも、事情がよくわからない慰安婦たちは収入をせっせと貯金したのです。

兵士たちは他に使い道もなく、内地に送金もできない「軍票」を慰安婦にチップとして渡 したものが多くいたようです。特に終戦間際には、紙くずになることが確実で、大量発行で 超インフレ的に使用価値を失っていた軍票を持っていてもしかたがないので、どっさり慰安婦に くれてやったのでしょう。

軍票は当時の慰安婦の生活にとってもなんの役にも立たないものではありました。 国に帰っても引き出せない郵便貯金は詐欺のようなものでした。 しかし、今となってみれば、円通貨と等価という当時の公式見解を利用して、返還をもとめ ることも論理として成り立ちますから、慰安婦が一矢を報いたことになります。