全体の形状による分類


1.旧タイプ(スカート型)

旧タイプ 旧タイプ 腰の部分に特徴があるタイプで、スカートのように見える事から 「スカート型」とも呼ばれています。 脇の下から股間にかけての縫い目も特徴の1つです。 昭和40年頃〜60年(1965年〜1985年)頃くらいまで、 スクール水着と言えばこのタイプでした。

主にナイロン100%、ポリエステル100%を ウーリーナイロンをジャージ、トリコット、あるいはエラスツイル編したもので、 厚ぼったい感じがします。 手触りは、ナイロン100%、あるいはポリエステル100%のブルマと さほど変わりません。

スクール水着とは、学校指定の水着の事を指しますが、 狭い意味ではこのタイプの水着の事に限定されます。 このタイプについては、後程詳しく説明します。

2.新タイプ(ストレート型)

新タイプ 新タイプ 昭和60年(1985年)頃から現れたタイプで、 旧タイプのスカート部分がなくなり、すっきりした形になったものです。 旧タイプのスクール水着に対して「ストレート型」と呼ばれています。 また、ナイロン+ポリウレタンや、ポリエステル+ポリウレタンなど、 伸縮性に富んだ素材で作られるようになりました。 生地の編み方も、ツーウェイトリコットが採用されるようになり、 大変伸縮性に富み、体にフィットするようになっています。 旧タイプに比べると、生地が若干薄くなり、手触りもスベスベした感じです。

また、肩ひもの形状にも改良が加えられ、肩に負担がかかりづらく、 ずり落ちにくくなっています。

3.競泳タイプ

競泳タイプ 競泳タイプ 新タイプと同じ頃に現れたタイプで、 ナイロン+ポリウレタンや、ポリエステル+ポリウレタンなどの 伸縮性に富んだ薄い生地でできています。 また、肩ひももゴムひもになっています。 このタイプの水着は、乳首が透けたり、体の凹凸がはっきりわかってしまいます。

4.スパッツタイプ(オールインワン型/スクェアカット)

2000年に入ってから登場したタイプで、 オールインワン型とか、スクェアカットと呼ばれる形状の水着です。 太股を覆ってしまう形状で、まるで大昔の水着のようです。 また、値段が他のタイプのスクール水着に比べて倍くらいします。

女子の「脚の付け根を見られて恥ずかしい」などの声に応えるもので、 女子の受けはおおむね良いそうです。 まだ採用している学校はほとんどありませんが、 今後広まっていくのでしょうか。

※ スクール水着姿が「恥ずかしい」と言う点では、 スクール水着の上にショートパンツを重ね履きするケースが確認されています。


http://www.sukumizu.info