テープ起こし総合研究所

                                               




 テープ起こしどの国語辞典にもいまだ載っていない言葉だが、仕事そのものは確かに存在する。
 録音媒体がアナログでもデジタルで
も、テープ起こし屋、録記者、音声起稿師、トランスクライバー等、
 作業者自体を表す言葉が定まらなくても、問われるのは起こされた原稿の質そのもの。

ちなみに、最近はカセットテープだけでなく、MDやビデオ、ICレコーダー等で録音されることも多くなりました。
そのため、お客様からお預かりする媒体も、テープ、MD、MO、CD、DVD、ICレコーダーなどなど多岐にわたっています。

 それでもやっぱり起こしは起こし。たかが起こし、されど起こし。

テープ起こし総合研究所は、音声を文字に起こす「起こし業」にまつわるあれこれをマジメに楽しく研究しています。

設立宣言


ほぼ日の「声に出して読めない日本語」はたいへん勉強になります。
特に日曜日の一題(ムリムリサンデー)はギャフンです!

※2006年10月25日に「お終いです。左様なら」をもって終了しています。

Baghdad
 Tokyo

 

 2007年7月のひとこと  

お客様は私たちの先生です。だからクレームも大事な勉強になるんですよ。                      
                                           某テープ起こし会社の某上司の言葉より

 


メルマガ「おこ総研通信」購読申込・解除は上の「バックナンバー」欄からどうぞ。



2005年から聞き間違いをしやすい言葉を集めはじめました。(2007.7/14現在 223組)

   お     知     ら     せ   

図  書  室

メールマガジン

情 報 閲 覧 室

2006
9/17「漢字を正しく使い分ける辞典」
UP

 9/11「知っておきたい
        日本語コロケーション辞典」
    「句読点活用辞典」
    「日本語の歴史」
   -------------------------
2005
12/4「かなり気がかりな日本語」 

 
9/18「数え方でみがく日本語」

  8/13「最新日本語読本」

  7/3「ことばの意味」

  5/15「恋する日本語」
  5/9 「日本語ぽこりぽこり」

  2/2「問題な日本語」「言葉の常備薬」
    「言葉につける薬」
   -------------------------
2004
 10/20 「ワープロ時代の
    同じ読みで意味の違う言葉の辞典」
      「新聞と現代日本語」

 10/2「言葉に関する問答集」
        
新ことばシリーズ10・12・14
    
「ことばを調べる考える」
            
新ことばシリーズ13
   
 「日本語を外から眺める」
            
新ことばシリーズ15
   
 「ことばの地域差−方言は今−」
            
新ことばシリーズ16

 10/1「ゴシップ的日本語論」
    「外辞苑」平成新語・流行語辞典
   -------------------------
 9/29「言葉に関する問答集」総集編
    「懐かしい日本の言葉ミニ辞典」
    「続懐かしい日本の言葉ミニ辞典」
   -------------------------
 8/16「ワープロのための
      漢字使い分け辞典」
 8/12「消えゆく日本の俗語・流行語辞典」 
    「キライなことば勢揃い」
    「辞書はいらない!」
   -------------------------
 6/13
    「子どもはことばをからだで覚える」
 6/9「数え方の辞典」
    -------------------------
 4/2「おじいちゃんの日本語教室」

   -------------------------
 2/22「なつかしい言葉の辞典」
    「絵解き・江戸っ子語大辞典」
 2/5 「文章工房」
    「日本語と外国語」
  -------------------------
 1/28「新語死語流行語」

  
-------------------------
2003
 12/27 「日本語の磨き方」
 「間違いやすい言葉の事典」

  
 12/23 「オトナ語の謎。」
 --------------------------
 11/8「林真理子文章読本」
 --------------------------
 10/28「宇宙をうたう」
 10/1「知って合点 江戸ことば」
 --------------------------
 9/24「性と愛の日本語講座」
 9/23
 
「遊ぶ日本語不思議な日本語」
 9/13「ガクモンの壁」
  -------------------------
 7/21「日本語の作法」
    「日本語は進化する」
 7/12「若者言葉事典」
 7/6「知らない日本語」
   ―教養が試される341語―
   -------------------------
 6/10「かがやく日本語の悪態」
   -------------------------
 5/14 「AV女優」
   -------------------------
 4/20「日本語イディオム用例辞典」
   -------------------------
 3/20「ことばの花道」
   
   「インタビュー術!」
  -------------------------
 2/24「日本ゴロン」
   「日本語通り」
 2/17
 
  「微妙な日本語使い分け字典」 
  -------------------------
 1/5 「話しことばと日本人」
  
-------------------------
2002
 12/20
 
 「大切なことば、いらない日本語」
 12/19
 
   「フィンランド語は猫の言葉」
 12/17
     「辞書と日本語」
 12/13
     「話し言葉の日本語論」
 12/7
     「日本語の真相」
 -------------------------
 11/18  「感じる日本語」
      「速記と情報社会」
 11/10  「言語の脳科学」
     「もっと知りたい!日本語」
  ----------------------
 10/23
     「国語辞典で腕だめし」
             
 10/19「失われた日本語、
          失われた日本」
 10/13「悪文」   
    「日本語の個性」
 -------------------------
 9/14
   「犬は「びよ」と鳴いていた」
 9/ 1  「文章読本さん江」
 -------------------------
 8/31 「美しい日本語」
    (文藝春秋特別版)
 8/15
  「気持ちを伝える言葉辞典」
  「図夢inつがる弁」
 -------------------------
 7/20  「ザ・漢字」
2007
2/28 
「第51号」にて廃刊
       (まぐまぐ)
-------------------
2006
12/7「第33号」
オリンパスフットスイッチ
について一部加筆

 8/31「第50号」

 2/26「第49号」
-------------------
2005
 8/13「第48号」

 
5/15「第47号」

 
4/18「第46号」

 
3/24「第45号」
 
3/21「第44号」
 
3/10「第43号」
 
3/5「第42号」
-------------------
2004
 12/31「第41号」
-------------------
 
11/6「第40号」
改編
 11/3「第40号」
-------------------
 10/10「第39号」
 10/1「第38号」
-------------------
 9/17「第37号」
-------------------

-------------------
 7/11「第36号」
-------------------
 6/20「第35号」
 6/18音声ファイル関連
   情報一部追加
-------------------
 5/29「第34号」
 5/10「第33号」
 5/3「第32号」
-------------------
 4/1「第31号」
-----------------
 3/10「第30号」
-------------------
 2/21「第29号」
-------------------
 1/24「第28号」
-------------------
 
2003
 12/28「第27号」 
 12/13「第26号」
------------------- 
 11/30「第25号」
-------------------
 10/30「第24号」
 10/1「第23号」
-------------------
 9/20「第22号」
-------------------
 8/2 「第21号」
------------------
 7/16 「第20号」
------------------
 6/24 「第19号」 
-------------------
 5/23 「第18号」
 5/ 5 「第17号」
-------------------
 4/20 「第16号」 
-------------------
 3/2  「第15号」
-------------------

-------------------
 1/31 「第14号」
 1/13 「第13号」
-------------------
 2002
 12/30 「第12号」
 12/3  「第11号」
-------------------

-------------------
 10/29 「第10号」
 
 10/ 4 「第9号」 
------------------
 9/18 「第8号」
------------------
 8/31
「おこ総研通信」第7号
 8/16
「おこ総研通信」第6号
 8/ 6
「おこ総研通信」第5号
-------------------
7/25
「おこ総研通信」第4号
7/18
「おこ総研通信」第3号
7/11
「おこ総研通信」第2号
「おこ総研通信」第1号
-------------------
6/29
「おこ総研通信」
      創刊準備号
            
2007
1/8 Bluetooth大百科/ことわざワールド
   HyperDyne/A-net/BestGate
  やまとことばワンポイントレッスン

                  以上 削除

 いじわるな検索/情報言語学教室
 国立国語研究所/漢字の話題/
 ことわざ辞典/サイバー四字熟語辞典
 0から始めるアイヌ語入門(音声付き)
 ことわざワールド(ことわざ/四字熟語)
              以上 URL変更
-------------------------------------
11/8「日本語を読むための漢字辞典」
  「略語辞典」「印刷関係用語辞典」
  「日本史用語」「花の名前小辞典」
  「お天気用語集」     URL変更
(管理人様、ご連絡ありがとうございました)

5/17「英語用語集」(英語雑貨屋)URL変更
(管理人様、ご連絡ありがとうございました)

-------------------------------------

11/26「建築用語小辞典」URL変更

(管理人様、ご連絡ありがとうございました)
 
「日本人社会学者小事典」
 「50音検索地方自治体」
UP
 
10/30「地層処分技術に関する用語集」
 「日本近現代人物履歴事典収録人物一覧」
     「放射線に関する用語集」

10/8「治験用語集」3件 「語源由来辞典」
   「データ通信用語事典」

9/20「ロータリー用語便覧2005」
    URL及び名称一部変更
(管理人様、ご連絡ありがとうございました)

9/19「金属用語」「表面処理用語」
9/14「サルビア図鑑」
    「国際関係略語集(財務省HP)」

8/25
「日本語を読むための漢字辞典」
   「略語辞典」「印刷関係用語辞書」
   「日本史用語」「花の名前小辞典」
   「お天気用語集」       URL変更
(管理人様、ご連絡ありがとうございました)

7/31「和紙用語集」
  「外務省 EU関係用語集」

  「日本血栓止血学会用語集」
  「教えて歯科用語」「歯科用語(略称)」
  「デンターネット歯科用語集」
  「心不全.com用語解説一覧」
  「自転車用語」「自転車用語辞書」
  「自転車用語集・解説用写真集」

  
「貿易用語集」   削除
 
 「貿易関係用語集」URL変更
  
「自治労用語の基礎知識」

7/24
「出雲弁の泉」URL変更
 (管理人様、ご連絡あーがとございした)


7/9「古本用語集」「韓国有名人辞典」
   「日本救急医学会用語集&報告書」
7/3「人事・労務の用語集」
    「医薬品情報サイト(e-pharma)」
    「海洋略語辞典」2件
7/2「がん関連用語解説」
    「水産関係用語集」「水産統計用語集」
    「水産・増殖一般用語」
-------------------------------------
6/18「新昆虫用語の基礎知識」
    「ISUZU:自動車用語辞典」
    「計量器・ロードセル用語辞典」
   「天びん用語集」「航空用語解説」
「英和対訳軍事関係用語集」サンプル版PDF
   「高速バス用語集」
-------------------------------------
5/9「仏像一覧」「配役宝典」
 「大河ドラマ・時代劇登場人物配役辞典」
                    URL変更

 「若者用語の小辞典」 「SONYまいど」削除
-------------------------------------
4/16「ことばの散歩道」URL変更
4/5 「裏オンライン和英辞典」URL変更
-------------------------------------
 
★以下、省略

  

先 月 ま で の ひ と こ と

4〜6月 私はフィンランド語を無料で使うことができる。フィンランド語を使ったからといって、税金を払う必要はない。
言葉はすべての人への贈り物だ。                                          稲垣美晴著「フィンランド語は猫の言葉」より
3月 日本人が英語ができない最大の理由は、日本語ができないこと。つまり、自己表現力の低さ。
                                    数学者 ピーター・フランクルさん 2006年11月7日付「朝日新聞」わたしの教育再生より
1・2月 **お客様へ**録音のコツ(その6) 
カセットやMDテープは機材自体で音量調節ができますが、ICレコーダーはほとんどが不可能ですので、
乾電池の消耗を防ぐためにはボリュームを小さめに抑えておくことをお勧めします。
12月 **お客様へ**録音のコツ(その5) 
録音マイクはマイク口にしっかり差し込んでください。差し込み方が甘いと再生したときに左側からしか音が聞こえないことがあります。
11月 人間をつくるのは「ことば」です。                                   櫻井美紀著「ことばが育てるいのちと心」(一声社)より
10月 言葉は荷物にならない。心に染ればよい。しかも、その地方の文化を知る上で大いなる手掛り、入口である。  
                                                      琉球放送キャスター 上原直彦さん 
「週刊上原直彦」より
9月 日本語の数ある助数詞は先細りの運命にあり、いずれは、一個、一つに集約されるか、
接尾語としての助数詞は脱落して、単語の頭に数字をつけるだけになってしまうかもしれない。

 
例:年齢差○個  一入院(某生命保険CM)                       野口恵子著「かなり気がかりな日本語」より
8月 言葉が人の感覚に働きかけるものは、リズムもあれば、字面もある。楽しみ方は多様だ。 
                                                      山崎ナオコーラさん 7/29付朝日新聞「指先からソーダ」より
7月 シンキ°カイは審議会、シンギカイは新議会となります。                   「が行鼻音化の手引き」より (2007.4.リンク切れ)
6月 活字は肥満する情報世界の骨格である。                 山崎正和さん(活字文化推進委員会委員長)
5月 活字は漂流する情報世界の碇(いかり)である。                          山崎正和さん(活字文化推進委員会委員長)
4月 引用のない辞書は骸骨である。“Un dictionnaire sans citation est un squelette”
                                         
ヴォルテールさん(Voltaire:フランスの小説家、劇作家、思想家)
3月 日本語は音声と映像という二つの異質な伝達刺激を必要とするテレビ型の言語であり、
西欧の諸言語は音声にほとんどすべての必要な情報を託すラジオ型の言語である。     
鈴木孝夫さん「日本語と外国語」より  
2月 「非対面伝達」を基本とする文字言語は、整然とした脈絡だけを頼りに了解を進めていくものである。    
                                前北海道教育大学・野口芳宏さん「教師のための実践ヒント抄」テープ起こしのポイントより(2)
1月 話し言葉というのは基本的に「対面伝達」である。表情や語調に助けられて相互の了解効率が高い。
                                前北海道教育大学・野口芳宏さん「教師のための実践ヒント抄」テープ起こしのポイントより(1)
12月 話し言葉には相手がいる。どうしても遠回しになる。言葉への自信のなさが、それをさらに加速させる。
                                                           国語学者 北原保雄さん 朝日新聞「ひと」より
11月 **お客様へ**録音のコツ(その4)
 乾電池は、再生をするときよりも録音するときのほうがエネルギーを多く消費いたします。
                 録音の際には常に新品のものを使い、録音機の機能を最大限に生かすことがポイントです。
 
10月 お客様へ**録音のコツ(その3)
 会議やインタビュー時の飲食の音は思いのほか大きく、大事なお話が聞き取れなくなることがあります。
 飲み物等にはなるべく紙容器のご使用をオススメいたします。
9月 カタカナ語がわかりにくいのは、外来語であるからではない。
  新しく生まれた言葉であったりして、その意味が広く普及するに至っていないだけである。
            国立民族学博物館教授(言政学)出口正之さん 朝日新聞「私の視点」 ◆外来語言い換え カタカナ語の利点忘れるな より
8月   教科書にはオチがないのよ。                                          萩本欽一さん  某ラジオ番組にて 
7月   本は心のたべもの                                                 こどもの本の童話館グループ 
6月 **お客様へ**録音のコツ(その2)   ご自身でよい録音をしたいとお考えの場合、
                          例えばインタビューぐらいの規模でしたら、カラオケルームをご利用になるのもよいでしょう。
5月 読書は聴く作業=積極的受動性なのである→人の話をしっかりと聴き続けるための根底的な訓練である
                                                                明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
4月 言葉を豊かに持っていたら……。言葉って邪魔にならないんです。いやなら使わなければいいんですから。 
                                                          元NHKアナウンサー・エッセイスト 加賀美 幸子さん 
3月 読んだことは頭に残るけど、聞いたことは心に残るのよ。
                           クリスティアーナ・クイック・クリーブランドさん(カリフォルニア州ルドルフ・シュタイナー・カレッジ教師
2月 使い慣れふくるる辞典冬ぬくし  檜 紀代   「木染月」(平成16)所収  
1月 声帯が震えて出てくるのは、単なる音。それが、のどや口の中で共鳴して「声」になる。      音声工学者 板倉文忠さん  
12月 言葉はね、心の中に入れるのが大事なんです。何度も取り出して、生きていく力になりますから。
                               「日本語特区」を提案する東京都世田谷区教育長 若井田正文さん    朝日新聞「ひと」より
11月 ほぼ日式「声に出して読めない日本語」始まってます。 ←クリックすると飛べます。
10月 オトナ語センター試験開催中!←クリックすると飛べます。
9月 わが国の氏姓は約12万、中国は500、朝鮮は250であるのに比して遙はるかに多い。
                                白川静(中国文学・漢字研究)さん 6月26日付朝日新聞朝刊「opinion ◎ news project」より
8月 言い換えた日本語がまた分からない       名古屋市Aさん  朝日新聞 「朝日川柳」より
7月 ラジオは、耳で聴いてわかる話をするので、文字にすると漢字の言葉が少ないんです。by秋山ちえ子さん
                                         6月22日付朝日新聞夕刊 「80周年を前に  ラジオの今  <下>」 より
6月    「ホームページのアドレスはこちらです」と聞いて起こすときのややこしさ  例:おこ総研  エイチティーティーピーコロンスラッシュスラッシュ
ダブリュダブリュダブリュゼロゼロロクドットユーピーピードットエスオーハイフンエヌイーティードットエヌイードットジェーピースラッシュオーケーオーエスオーケーイーエヌスラッシュ   
5月 たかが言葉と嘯(うそぶ)けど、されど言葉の摩訶不思議              「生きとし生きる物へ」by森山直太朗さん 
4月 録音状態のよしあしや内容の硬軟にかかわらず、常に納期を守ること。これがプロの道である。(キビシ〜)
3月

写真が「手書きで起こし」でなくなったことでだいぶ現実的にはなりましたけれども、
   
小さなテレコを使っての起こしでは、あまりにも効率が悪すぎると思うんですが。 (G社広告写真)

2月 漢字は外国語ではなく、もともとは私たちの文字だ。世界で最も使われているのは英語ではなく漢字だ。
           金泳三・韓国元大統領、ハングル中心の韓国から消えつつある漢字の「復活論」をとうとうと語る。  −朝日新聞2003.5.24−
1月 「よい人はよい文章を書く」とは全く思わないが、「よき書き手はよき読み手」だと断言する。
                                                
林真理子さん「文章読本」より 
12月 音声ファイルでもICレコーダーでもカセットテープでも、モノラルはモノラル、ステレオはステレオです。
11月 録音状態の悪い音源は、まとまった文章になりにくく、とんでもない聞き間違いをしてしまうおそれがあります。←クリックして覗いてみてください。
10月 **お客様へ** 録音のコツ(その1) 録音機は話し手からなるべく1メートル以内のところに置いてください。

9月

1社だけの広告で占められた電車に偶然乗り合わせたときの寂しさといったら・・・   (続々・活字中毒)

8月

車内広告、お店やビルの看板、はては菓子袋の裏面まで読むのがクセだったりする。  (続・活字中毒)

7月

街じゅうにあふれるTシャツの横文字をこっそり読むのが楽しい季節となりました♪     (by活字中毒)

6月

Sorry,this site is almost written by 日本語(Japanese)./Almost every page is written in 日本語(Japanese).
                        
*こんな表現もありますが、うーん、でもやっぱりわざわざ謝るようなことでもないような……。

5月

es mots s'envolent les ecrits ressentent. 言葉(話す)は消えてしまうが、書き留めたものは残る  <フランスの諺>
4月 会の誕生とともにテープ起こしの世界が劇的に変化したともいえる、ML「テープ★おこし太郎会」が先月閉会された。
お世話になりました。そしてお疲れさまでした。
3月 「テープライターとしてまずマスターしておきたいことは原稿用紙の書き方…」といわれても……。(G社広告)
                     and いまだに手書きで起こしている人の写真が出ているのも、なんでだろ〜、なんでだろ〜♪
2月 えっ、 「テープ起こし」って、「内職」だったの?
1月 「テープ起こし」という言葉が「国語辞典」や「現代用語の基礎知識」等に載るのはいつ? (LV)  
12月 忙しいのは嫌なはずなのに、起こすテープが手元になくなると無性にさびしい      (キシタニ)
11月 個人事務所の方からテープ起こし会社に営業をかけてこられても……。 (>_<)     (LV)
10月 起こしとは「一期一会」とおぼえたり (詠み人知らず)
9月 「はじめまして。質問です…」 こういうメールは、うれしいですけど心臓に悪いかもー。(^_^;;; (はずみ)
8月 「在宅ワーク」みたいな曖昧な甘ったるい造語で専門性の高いテープ起こしを語ってほしくない。 (ボーダー)
7月 ランスクライバーとは、美容師のシザー、大工の鉋(かんな)、医師の聴診器のようなものである。(LV)     

 ←リンクはご自由に   E-MAILは okosoken @ hotmail.comへ
                                   (スパムメール防止のため一部スペースを入れてあります)
リンク先アドレスはこちら→
http://www006.upp.so-net.ne.jp/okosoken/

 ← 当HPの素材をいただきました。

     テープ起こし総合研究所©すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されているんだそうです。

ロッカー
ルーム