無線LAN子機の紹介(販売)

無線LAN子機の販売と子機の設定を紹介しています。

無線LAN子機

自宅で無線でローカールエリアネットワーク(LAN)を構築する時は親機と子機を用意し、ネットワークの設定すれば家庭内無線LANが出来ます。
家庭内で無線LANを構築すると大変便利で、生活の質が向上します。
是非構築してください。

無線LANを構築する時に避けて通れないのが、「無線接続」と「インターネット接続」です。
初級者の方はこの作業が難しいと思っているようです。
最近の無線LANルータはボタンを1,2回押すだけで簡単に設定できるようになっています。
無線LANとは親機と子機を無線信号を利用してデータの送受信を行うことです。

この無線信号の安全性を確保するために、ネットワーク名、暗号化キー、SSIDステルス化、MACアドレスのフィルタリング等を行います。
無線子機には、USBタイプ、カードタイプ、イーサボックスタイプがあります。
又、ノートパソコンには無線子機が内臓されているのが一般的です。
(子機のことを無線アダプターとも呼びます)

当サイトでは、
ATERM
AIR STATION
PLANEX
IO DATA
LOGITEC
COREGA
の無線LAN子機を紹介しています。

又、一部のモデルですが
無線子機の接続・設定方法
も紹介しています。

    
    

おススメ無線子機

WLAE-AG300Nをおススメめします。

ビギナーから上級者まで対応しています。
無線を接続する時、「つながって欲し〜い(特に初級者の場合)」と思いながら、無線の設定をしているのではないでしょうか。そういったとき、カンタンに無線LANの構築ができる子機(親機としても利用可)があります。
(1)無線LAN親機として使用が可能
(2)無線LAN子機として使用が可能
(3)接続台数を増やすことも可能
(4)中継機としての機能も搭載
以上
のような特長を持った子機、WLAE-AG300Nをおススメします。