【コロナ緊急事態宣言解除後の各合唱団練習再開状況】


○泉北混声合唱団
今年11月29日開催予定だった第36回定期演奏会は来年6月6日に延期を決定しました。場所は弥生の風ホールです。
「3密」防止対策のため、パート毎に栂文化音楽室と視聴覚室に分かれ7月より練習を再開します。

○はばたけ堺!合唱団
6月より開始。マスクを着用し、広がって練習しています。楽しい曲を歌っています。
椅子や手の消毒を行っています。


○男声合唱団「DOYA
3密防止対策を徹底すべく現在の練習場所では狭いので、大フィル会館他出来るだけ広い練習場を借りて、7月より練習を再開します。


○鳳コーロアンダン
7月より3つのグループに分け、1グループ30分ずつ、楽しい歌を歌っていきます。1つのグループが終わる毎に消毒をします。9月から全体練習を開始する予定。


○コーロ・シレーヌ
指揮者から練習曲と練習ポイントの課題をもらい、各自で練習しています。集まっての練習はまだしていません。

○ジュエル・コール
7月の出席予定者は団の2/3です。2つのグループに分けて練習します。
1時間して30分換気休憩 次のグループも1時間 当分はマスク着用ハミングでの練習です。

○新金岡コール・トワニー
6月より開始。透明マスクを着用し、広がって練習しています。楽しい曲を歌っています。
椅子や手の消毒を行っています。

○初芝パープルエコー
まだ集まっての練習は開始していません。
開始については、ご指導の先生方がお考え下さっています。

○フレンズ・エコー
6月より開始。
練習場の規定人数内(半分)でしたので、お互いの間隔を1メートルとり、マスク着用して歌っています。
休憩も細めにとり、空気の入れ換えをしています。使用した物の消毒は会館の方がして下さいます。

○フィオーレ
7月より開始予定です

○神石女声コーラスあおぞら
6月より月2回練習しています。シールドを着用し、お互いの距離をとって音取りを中心に練習をしています。

○堺市民合唱団
6月より隔週で練習をはじめました。広い練習場を借りて団員は横1列配置、相互の距離を1m程度ずつ開けてマスク着用、
手指の消毒、窓やドアを開け放して換気を十分にとりながら行っています。


                TOPページへもどる