ストレスによる不調あれこれ

 ストレスから来る精神疾患は普通の怪我や病気と違い、その症状が目に見えて現われないため、 なかなか理解されないのが現状です。

でも、 不安感 憂鬱感、 脱力感 パニック などの精神疾患は、ストレスによって 自律神経やホルモンのバランスが乱れ、それにより脳内の物質の分泌異常などが起きるために 生じる、れっきとした病気なのです。

 精神疾患には、 神経症 心身症 うつ パニック障害 依存症 強迫性障害 精神分裂病 …などなど、他にも本当にたくさんの種類があります。

心身症は胃潰瘍や腸炎、狭心症など身体に症状が現われるので理解される事もあるかも
しれませんが、身体の治療だけでは心の問題は解決しません。
特に
鬱(うつ)などは精神的にとてもつらいのに、体にはっきりした症状が現われないため、
なかなか周りに理解してもらえないのが現状のようです。

  そこで、ここではそんな「うつ」についてお話を進めて行きたいと思います。
「うつ」は「うつ状態」や「うつ病」など、症状によって病名が細かく分かれますが
本当に重い「うつ病」は布団から出られなくなってしまうほど だそうなので、ここでは
「うつ状態」の方を中心に「うつ」についてお話をして行きたいと思います。




うつの主な症状
・ 憂鬱な気分が何日も続いて消えない。

・ 以前興味が持てた事にも興味が持てない。

・ すべてがつまらなくなり、何もする気が起きなくなる。

・ なかなか寝つけず、夜中に何度も目が覚める。

・ 人と会うのがおっくうになる。

・ 食欲や性欲がめっきり衰え、体重が減少する。

・ 胸が締め付けられるような不安感や動悸がある。

・ 朝が最も憂鬱で、夕方になると少し軽くなる。


 他にも「うつ」に伴う色々な症状はありますが、上にあげたものが主な症状と
されているようです。症状が重くなると、自殺願望を抱く人も少なくありません。




うつかな…?と思ったら

 気分が憂鬱でどうしようもなく、上記にあてはまる症状が多い方は「うつ」の
可能性があります。

 自分が「うつかな…?」と思った方には、心の病院へ行かれる事をお勧めします。
心の病院とは
「精神科」 「神経科」 「心療内科」 「メンタルクリニック」 などと看板を掲げているものです。精神科だなんて…と人目を気にされる方も多いようですので、
そういった方は
「心療内科」 「メンタルクリニック」に行かれるとよいかと思います。

どうやって探したらよいか分からないという方は、下記のページで病院検索ができます。
よろしかったら参考にして下さいね。


<病院検索のできるサイト>

・UTU−NET
うつ パニック障害 強迫性障害 などの詳しい説明や、セルフチェックなどもあります。

・心療内科ネットナビ
全国の心療内科を検索できる、日本最大級の心療内科専門検索サイトです。


 うつになったらとにかくよく休む事が大切です。そして、うつの時には人生における重要な
決定をしてはいけません。
退学や転職、転居、離婚などの重大な決断は、よく休んで病気が良くなってから、 ゆっくり考えましょう。



うつになりやすい人

・ 真面目な人

・ 責任感が強い人

・ 感受性が強い人

・ 完璧主義な人

・ 傷付きやすい人

・ 幼い頃親からの愛情をあまりもらえなかった人...etc

 うつになりやすい人には真面目な人が多く、真面目で責任感が強いがために、つらくても
「頑張らなければ」とか「こんなことで休んだら怒られる」などと、自分でも病気という自覚が
ないまま限界まで無理をしてしまいます。
そうしてどんどん病気が悪化してしまうのです。

 うつは何もする気が起きなくなるため、周りにはただの怠けや甘えと誤解されがちです。
でも実際はその逆で、真面目で一生懸命な人がうつになりやすいのです。




周りにうつの人がいたら…

 うつの人を決して怒ったり励ましたりしてはいけません。

 うつ状態の人はただでさえ、学校や会社を休む事を気にしていたり、自分はダメなやつだと 思い、「もっと頑張らなきゃ」と焦っています。そんな状態の人を安易に「頑張ってね」などと
励ます事は、その人を「やっぱり自分は頑張りが足りないんだ。」と余計焦らせてしまう事に
なります。ましてや、うつの人を叱るなんて事はとんでもない行為です。
よく会社の上司などで、うつで休む部下に対して理解が全くなく「甘えるな!!」と怒鳴る人がいます。 これは真面目な部下を自殺に追いやっているのと同じです。

 よく、その人のためなんだとうつの人に無理をさせて頑張らせる人がいます。
でも、
うつの人の1番ためになる事は 「休養」なのです。
うつ状態の時に無理をさせてもかえって病気を悪化させ、治るのを遅くさせてしまいます。

早く病気を治してまた元気に再出発できる事が、1番その人のためになると思いませんか?
そのためには、周りが「うつは病気なんだ」という意識を持って、うつの人に適した接し方をする必要があります。

 うつの人には優しく接してあげましょう。
悩みや不安を聞いてあげるだけでも心が軽くなることがあります。
できればその人の立場になって、共感してあげると良いでしょう。
言葉には注意して下さい。うつ状態の人の心は大変傷つきやすく、ほんの些細な一言が
心にささってしまったりします。
きつい言葉は絶対に言ってはいけません。接し方が分からないなら、そっと見守ってあげましょう。





うつは必ず治る

 うつは必ず治る病気です。病院で適切な治療を受け、よく休んで、焦らずゆっくり
進んで行きましょう。



 以上、ここでは「うつ」を例にお話をしましたが、ストレスから来る不調には数え切れないほどの 様々な病気があります。調子が悪いと感じたら無理をせずに、気楽に病院へ行って治療を受けましょう。



こころの掲示板

みなさんの意見交換の場としてお使い下さい。
鬱や心身症など、ストレス性の精神疾患にご理解のない方の入室はご遠慮下さい。




さゆのほーむぺーじに戻る

ぷろふぃいーるへ ぴこちゃんのぺーじへ キット写真館へ かめちゃんのぺーじへ
UFO CATCHERへ さゆのイラストへ さゆの絵本へ あにまるらんどへ さゆのお気に入りへ