うどんスマイルプロジェクトHPへようこそ

このたびの東日本大震災により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。



UDONをつくる SMILE(えがお)をつくる



「うどんスマイルプロジェクト」始動!


うどんスマイルプロジェクト

とは、2011年に東京・埼玉の4軒のうどん屋(福麺会・蔵之介、才谷屋(閉店)、如水、野口製麺所)が、何かこの度の震災で被害を受けられた方々に何か出来ることはないか、と話し合って立ち上げたプロジェクトです。


長期戦で、我々うどん屋ならではの、支援の取り組みを長期にわたり展開してゆきたいと考えています。
具体的には、被災地に笑顔を!人と人とのふれあいの機会を!ということで、第一弾として、2011年10月に避難所での炊出しを行いました。
今後も炊出し、うどん教室等を開いていきたいと思っています。





◎加盟店舗

50音順

うどん 蔵之介(高田馬場) → HP
讃岐うどん 元咲(小岩) → キムラ君ブログをご覧下さい。
さぬきうどん こがね製麺所(大久保) → HP
軽度障がい者&ニート自立活動支援の店 純手打ち讃岐うどん ゴーシュ (長瀞) → HP
手打ちうどん 如水(飯能) → ブログ
うどんsugita(中目黒) → HP
野口製麺所(東村山) → HP
福助(清瀬) → 食べログ
味噌煮込罠(本郷三丁目) → HP


最近の活動

2013年2月 石巻炊出し協力(ゴーシュ報告) 

石巻炊出し

 kasiwakasiwakasiwakasiwakasiwakasiwa


NPO法人ゆかいな仲間たち(真下雅章理事長)の炊出しにプロジェクトからうどん玉を提供致しました。
NPOのメンバー30名が、9日夜9時ころ秩父を出発し、10日石巻にて炊き出しを行ないました。
うどんスマイルプロジェクトでは、320玉提供しましたが、すべて地元の方に食べていただき、スタッフの分はなかったとのことです。
ゴーシュの近くの秩父鉄道のレストラン有隣倶楽部が天ぷらを提供し、秩父のNPOメンバーが、出汁をつくり、天ぷらうどんとして振舞われました。
うどんはとても美味しいとみなさん喜んでくださったそうです。
また来年もお願いしますとのことです。



プロジェクト過去の活動報告


@ Udon Fantasista2011 終了しました。

 Udon Fantasista2011とは、昨年の大阪に続いて、東京で行われたうどんのイベントです。

会場の練馬・むさしのエン座に一週間、日替わりで全国から色々なお店が出店し、自慢のうどんを振る舞いました。
遠くは九州か参加の店舗も。
本場讃岐からは本プロジェクトに寄付金も頂いた「よしや」さんも参加しました。
毎日大行列ができる繁盛ぶりで、うどんスマイルプロジェクトからも、殆どの店が裏方として協力してきました。
次回は何処で開催か決まっていませんが、次回開催の折には皆様も足を運んでみて下さい。



A 10月10日に、福島の被災者の方々避難しておられる、加須市の旧騎西高校にて炊出しをしてまいりました。

プロジェクトメンバーのうどん屋と、有志のボランティアにて、学食の施設を利用し、昼食としてうどん400食を提供させて頂きました。
茹でたてのうどんを召し上がって頂こうと、プロジェクトメンバーは、何度も打ち合わせをし、事前に麺、ダシなどを用意して朝早くから騎西高校へ向かいました。
この日提供させて頂いたのはちくわの天ぷらが乗った「かけうどん」。
普段、昼食はお弁当ということですが、この日は温かい、茹でたてのうどんを召し上がって頂こうという狙いです。
我々のプロジェクトの名前通り、学食のあちこちに笑顔の花が咲き、我々も「このプロジェクトをやって良かった」と心の底から思うことができました。


… … …

うどんスマイルプロジェクトでは、その他のうどん屋とともに、支援の輪を広げられたら!と考えています。他店の参加をお待ちしております。
興味を持たれた店主様は、上記「プロジェクト立ち上げ店舗」のいずれかにお電話頂くか、当HP管理人までご連絡下さい。詳しく説明申し上げます。



当プロジェクトは、うどん好きの鍼灸師→HPが管理させて頂いております。