石巻模型愛好会
Web会報

「石巻模型愛好会」は宮城県石巻市を拠点として活動している
四半世紀の歴史を持つプラ模型サークルです。

基本的に模型であればジャンルはフリー!
現在15名の会員が毎月第3土曜日の夜、石巻市中央公民館
にて作品を持ち寄って模型談義を交わしています。



宮城県石巻市


05年4月4日号

三澤彦吉会員制作。フルスクラッチ1/100戦艦大和が平成17年4月2日仙台市青葉城址の
「宮城縣護國神社」へ奉納され資料館「英霊顕彰館」にて一般展示されました。


1/100戦艦大和
全長2m70cm!制作期間8年の大作

宮城縣護國神社と英霊顕彰館

当日、境内内に「軍艦マーチ」が響く!宮司による歓迎の意らしいが思わず引いてしまった(笑)
国旗掲揚塔にはいつもの国旗の代わって軍艦旗とZ旗が!
青葉城本丸址は伊達政宗騎馬像や土井晩翠像もある仙台の観光名所・・・いいのか!?

宮城県在住の元大和乗組員馬場しげる氏(83)が来賓(画像左)
氏は第2艦隊付通信兵。沖縄特攻前に入院のため大和退艦。
昭和20年4月7日大和は沈没する。

「数日前にたまたま訪れた際、大和模型奉納を知り駆けつけた、海に沈む3000名の戦友達が引き合わせて
くれたに違いない・・・」と感無量。

社殿にて奉納の儀を行う直前の様子と田中光彦宮司 英霊顕彰館へ移され一般公開。大和前に立つのは製作者三澤会員        

奉納の儀の際、土佐沖の公使運転時に録音された「大和主砲46サンチ砲発射音」が流された
超貴重な資料らしい・・・計13発だったが音圧が高すぎと録音状態が悪いらしく
「ぐおおお〜ん、ぐおおお〜ん・・・」とこもった音だった。

報告:加藤会員(広報担当)協力:猪俣会員、阿部浩氏(戦史研究家)

2003年に開催された展示会の様子です。



作品1

作品2

作品3

作品4

作品5

作品6

今後、毎月の例会や活動報告をしていきますので、どうぞヨロシク!

管理者個人HP
加藤模型妄想工廠に戻る