ニコンFフォトミックT - SP5 World / Old Nikon Cameras and Nikkor Lenses -
HOME / Nikon F index




ニコン F フォトミック T
.



ニコンFとして、初めて TTL測光 を可能にした 画期的モデルです。

当時の技術は、日進月歩で、この、TTL測光機能も 次々と改良されました。このため、 フォトミック T 、フォトミック Tn 、 フォトミック FTn と、 短期間のうちに 立て続けに発売されています。

これらの内でも、ニコン フォトミックFTn は、 売れに売れましたので こんにち、ごく当たり前に見る事ができますが、 この、最初の TTL 測光の フォトミック T は、販売期間も短く、 ニコンF 一族の中では 意外と少数派になってしまいました。





上の写真のボデーは、659万台のブラックボデーに、 フォトミックT ファインダーが取り付けられています。
フォトミック T ファインダーは、670万台以降の ボデーに適合しますが、それ以前のボデーでは、 ミラーボックスの加工が必要でした。

その交代期に、ミラーボックスを加工済みで出荷された ニコンFには、シリアルナンバーの前に 赤点が、 識別のために刻印されていました。



ところで、ニコンFとしては初めての TTL測光モデルでは、 なんと、レンズの開放 f 値が、「 手動セット 」 なのです。

写真をよく見ると、ダイアルの上面に小さなピンが2本 あるのが分かると思います。
このピンをつまんで、ダイアルを回して、感度を設定 するのです。

さすがにこれは大変なので、その後、ダイアルの外周 リングを持ち上げて回す方式に改良されました。




















SP5 World ( Old Nikon Cameras and Nikkor Lenses )

06/3

























.