ニコンF ニッコール オート 5cmF2 - SP5 World - 落合泰之 -
HOME / Nikon F index



ニッコール オート 5cm F2




ニッコール オート 5cm F2 は、ニコンFの新発売と同時に 発売された ニコン F 用の最初の標準レンズです。





初期のレンズでは、鏡筒に 赤いの文字が刻印されて いました。また、距離環の部分と絞り環の部分に、それぞれ 目盛り線が入っていました。 距離環の方には、数字が刻印されていない、例えば 3( m )と 2( m )の間にもあり、1.5( m )と 1.2( m )の 間には、目盛り線が2個刻まれています。 絞り環の方の目盛り線は、それぞれの絞り値と同じく、カラフルな色で 着色されています。

これらは、極初期のレンズのみに見られる特徴であり、これらを 特に R マーク付きレンズ と呼んで、他のレンズと区別しています。

写真の 5cm F2 レンズは、千数百番台のレンズですが、Rマーク付きレンズの うちでは、2番目のバリエーションとなっています。


また、右側にあるのが、ニッコール オート 13.5cm F3.5 レンズで、 こちらも、Rマーク付きです。フードも、初期のもので、 NIPPON KOGAKU の刻印、マークがあります。当時は、交換レンズが あまり売れていなかったようで、5cm F2 レンズと比べると、ずいぶん 希少な存在となっています。


左後方にあるのは、最初のセミソフトケース です。薄手の茶色い革で 作られており、ストラップは 1 枚革でした。このセミソフトケースは、この後、 すぐに上等な黒革製になったので、茶色のケースは、今となっては、貴重です。




















SP5 World ( Old Nikon Cameras and Nikkor Lenses )

Yasuyuki Ochiai

























.