ニコン F フォトミック(外光式)
HOME / Nikon F index





ニコン F フォトミック ( 外光式 )
.


ニコンFフォトミック ( 外光式 ) は、ニコンF用の露出計を 内蔵したファインダーの第1号です。

フォトミックファインダー は、シャッタースピードと レンズの絞りの両方に連動するもので、 レンズの取り付けは、レンズの絞りを ・・・ 16 に合わせて セットするよう、使用説明書に書かれています。
この位置でセットすると、ファインダーのピンとレンズの 連動爪とがうまく合体できます。





このファインダーは、通常、反射光式で、35ミリレンズの 画角がすっぽりと入る部分を測光するのですが、写真のように 受光角アダプターを取り付けることにより、135ミリレンズの 画角がすっぽりと入る部分を測光することができました。

また、ファインダーは、カメラにレンズが取り付けられて いなくても、あるいは、ファインダー単体でも測光が 可能だったのです ・・・ 当時は、そういった、単体露出計としての使い方も 紹介されていることがありました。
今から考えれば、ファインダーを、わざわざボデーから 外して、単体で使うというのは、なんとも滑稽に思われますが、 当時は、それほど、露出を測る ということが大変なこと だったんでしょう。




後ろの箱は、標準レンズ、ケースとともに収納されるもので、 上下2つに分かれます。

このタイプの箱は、その後、ニコン フォトミックFTnの はじめの頃まで続きますが、段ボール製の重厚な箱で、 今日のカメラの元箱とは、ひと味違ったものです。




















SP5 World ( Old Nikon Cameras and Nikkor Lenses )



























.