ロケーション・モデル
Location Model

   戻る
 紅の豚のストーリーは、第一次世界大戦の前後のイタリアのアドレナ海が
舞台になっていますが、そのモデルになった土地はオーストラリアのグレート
・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)と言われています。
中でもポート・キャンベル国立公園(Port Campbell National Park)のロック・
アード・ゴージ(Loch Ard Gorge)はポルコの住んでいた秘密の島によく似て
います。
赤い点がグレート・オーシャン・ロード
の位置です。
 グレート・オーシャン・ロードは、最初アングルシーからアポロ・ベイまでの
75kmに渡って造られたそうです。ちょうど第1次世界大戦 (1914-1919) が
終わり、帰ってきた軍人達により、1919年から造り始められ、完成したのは
1932年とのことです。その第1次大戦 『 The Great War 』 から 『 Great
Ocean Raod 』の名前がついたのだそうです。現在では、トーキーからワー
ナンブールまでの約200kmの海岸道路を、グレート・オーシャン・ロードと言
っています。
ポルコの住んでいた浜辺によく似ていると思いませんか?
 ここは、海岸線が複雑に入り込み、特に波が荒々しく砕けるスポットです。
ただ歴史的には悲しい場所でもあります。ここの沖合にはたくさんの難破
船が沈んでいて、『 ロック・アード・ゴージ 』の名も、1878年に難破したオー
ストラリア最後の移民船『ロック・アード』の名前にちなんで名付けられました
当時52名もの乗組員が亡くなりましたが、トムとエバの2人だけがここの渓
谷(ゴージ)に流され助かったという話です。
   戻る