55

 ポインガード・田渕に焦りはなかった。
 日之出が丘に得点を許しても、その次は浄善からのボールとなる。そしてゴール下には、インサイドの要、相羽早織がいるからである。
 リバウンドでは、小柄なヒカルに何度かやられはしたが、シュート勝負になれば、その身長差がものを言う。ミスマッチの有利は揺るぎない。

 ところが――。
 ヒカルは、その相羽のシュートをブロックした。
(うまい! 跳びきる前に叩いた)
 しかし、笛が鳴った。
「ディフェンス、赤6番ッ」

 だがこれは、ナイス・ファウルというべきであろう。
 相羽が、1本目のフリースローを外したからである。
「相羽先輩、フリースロー苦手だからなー」
 ベンチの西澤が怖れ気もなく口にする。
 監督の君津も荒い鼻息をつく。
「あれを克服せん限り、天島ナンバー1のセンターにはなられへんな」
 宿敵・天女には、巧さで勝るセンター、神宮麗那がいるからである。

「ドンマイ。次、入れていこう」
 フリースローレーン上の安部が、声を掛ける。
 相羽、二投目。
 だが、これも外れた。リングとボードに当たって、ボールが跳ね上がる。
 ヒカル、すかさずジャンプ。
「あまいッ、何度も獲らすかよ!」
 伊東の両手が一瞬早く、ボールを掴み取る。
「伊東ッ、下ッ」
「え?」
 安部の叫びを伊東は一瞬理解できなかった。
 着地した伊東の斜め後ろ。死角から伸びたチカの手が、伊東の掴んだボールを下から突き上げた。伊東の手を離れ、宙に飛び出すボール。
「あッ」
「いただきッ」
 チカ、奪ったボールを間髪入れず、フロントコートへロングパス。
「決めろ、アカネッ」
「決めさすかーッ」
 伊東がフロントコートへ猛然とダッシュした。自分のわきを通り抜けた彼女の後ろ姿をを追いながら、チカはまるで突風のようだと思った。
(なんて脚してんの、あいつ!? アカネ、さっさと決めろ。追いつかれたら、止められる!)

 一方、ボールをもらったアカネに、田渕が立ち塞がった。
(抜いてやれ)
 アカネはシュートの構えを見せた。
 田渕の勘が、それをフェイクだと告げた。経験に培われた、一瞬の判断。
(そいつは、お前の敵じゃねえ)
 それは的中した。だが、アカネの動きは、田渕の予測を上回った。
(いまのお前の脚は、このリサさんだって手に負えねえんだ!)
 田渕を振りきり、置き去りにする。
(そうだよ。そうこなくっちゃよ。それでこそ、うちの――)
 踏み切って、レイアップシュート――。
(小さなエース!)

「撃たすかーッ」
 アカネの手から離れたばかりのそのシュートボールを、弾丸のようにスッ飛んできた伊東が、ボードに叩きつけた。
(うそッ!?)
「見たかあッ」
 伊東が吼えるなか。
 ボードに跳ね返ったボールに向かって跳ぶ、ひとつの影。
(チカ――!)
 安部の驚愕をよそに。ボールに飛びついたチカが、まるで片手でバレーのトスをするように、ボールをゴールへと弾き返す。
 リングをバウンドしたボールは、入るか外れるか迷うようにリングを回り、やがて輪の内側にその身を落とした。
「見たか」
 口あんぐりといった様子の伊東に、鸚鵡返しを浴びせる。驚くべきチカのチップインが、スコアをさらに、15対12へと縮めた。

 チカの追撃は、終わらない。
 田渕から伊東へのパスをカットしたチカは、そのままゴールへ。
「コノヤロー、調子に乗んなーッ」
 すぐさま伊東が追いつく。フリースローラインの手前。
 そこでチカは、急制動をかけた。伊東がブロックする暇を与えず、ジャンプショットを撃つ。
(焦ったわね)
(伊東が怖いのはわかるけど、そんなに慌てて撃って、入るわけないでしょ)
 シュートはボードに当たって、ネットに吸い込まれた。安部の眼が、驚愕に見開かれた。
 15対14。ついに、日之出が丘が、1点差にまで詰め寄った!

「ほえ〜」
 感心したように、伊東が声を漏らす。
「スゴイね、あんた。やっぱり、実はあんたがエース?」
「ふん」
 無愛想な顔で、チカはそう応える。
(まるで焦ってない。ムカつく女だね)

「チャージド・タイムアウトッ。浄善」
 第1Qを1分半残して、ついに君津監督がタイムアウトを取った。

  56

「凄いッ、凄いよ、チカ姉!」
 アカネがチカを絶賛する。
(ホントに凄い)
(試合前は、自信なさげなこと言ってたのに)
(いざ本番になったら、こんな凄いプレイをしちゃうんだもん)
(「点は、私が獲る」って言ったら、言葉通りに実行してみせる)
(それに比べて、わたしは――)
「感心してる場合じゃないでしょ」
 嬉しくもなさそうにチカは応えた。
「おめーも頑張れよ。エースなんだろ?」
 そう言うと、少しだけ笑みを浮かべた。
(う……)
「わーってるよ、チカ姉ッ」

 一方、浄善ベンチの空気は重い。予想外の苦戦に、監督・君津の不機嫌は最高潮に達していた。これが決勝リーグ、対天女戦なら、もう少し冷静かつ戦術的なアドバイスを与えるところだが、これは緒戦。相手はノーマークの日之出が丘である。
 いったい何をやっているのか云々、というようなことを関西弁でまくし立てている。日之出が丘のここまでの全得点は、ヒカルとチカの二人だけで上げられている。当然、君津の矛先は、二人のマークである相羽と安部に向けられた。
 怒鳴られるのは馴れている。思い通りにゲームが展開しているときは紳士的だが、そうでないときは思い切り口が悪くなるのが、この君津監督という男だ。監督の罵倒を浴びない部員はいない。安部にしたところで、それはいつものことと言ってよい。
 彼女の沈痛な思いは、むしろ実際にチカに多くのポイントを許したこと自体にあった。過小評価したつもりはなかった。侮っていたわけではない。それでも、チカのプレイヤーとしての恐ろしいほどのセンスを失念していた自分が赦せなかった。
(そうだった。あいつはあの頃から、追いつめられると、とんでもない爆発力を発揮したんだ……)
 監督の罵声を聞きながら、安部の脳裏には、中学時代、夏・夏コンビと呼ばれた、チカとの日々の記憶がリプレイされていた……。

――五年前。
 西岡中学、女子バスケ部の新入部員が一列に並び、先輩の前で自己紹介をしていた。
「一年三組、安部夏陽です。春日ウイングスでミニバスをやってました。ポジションは、ガードとフォワードでした」
「春日ウイングス? 名門じゃん」
 それを聞いた先輩のひとりが言った。
「ウイングスでエースだったんだってね。即戦力として、期待してるからね」
 キャプテンの三年が言葉を掛けた。
「はいッ、頑張ります。あと、ニックネームは“なっち”です。みなさん、“なっち”って呼んでください。よろしくお願いします」
 元気にそう言うと、頭を下げる。
「ちょっと待ってよ」
 中学生になったばかりの女の子にしては、妙に低い声が列の最後尾から発せられた。
「私のアダ名も“なっち”なんだけど」
「あなた、名前は?」
 夏陽は訊いた。端にいる彼女の自己紹介は、まだ済んでいない。
「大久保千夏」
「それ、変だよ。なんで名前が『ちなつ』で“なっち”になっちゃうわけ?」
「『ちなつ』って、繰り返し言ってみ」
「ちなつちなつちなつ……(以下繰り返し)……なつちなつちなつち」
「ほらね」
「やっぱり、変! おかしいよ。ムリありすぎ」
「変だろうが、おかしかろうが、ムリありすぎだろうが、私も“なっち”って呼ばれてたの! あんたが先に自己紹介したからって、ひとのニックネームを勝手に使われちゃメーワクなの!」
 言い返そうとする安部の機先を制して、先輩が仲裁する。
「まあまあ、ニックネームのバッティングについては、あとで話し合えばいいじゃん。ね? 入部早々ケンカなんかしないで」
「勝負しようよ」
 千夏は先輩の言葉など意に介さずに言った。
「へ?」
「1オン1でさ。勝ったほうが、“なっち”のアダ名を使える。お互い、初心者じゃなさそうだし」
「さっきの話、聞いてなかったの?」
 莫迦にするような、表情を浮かべていた。ウイングスのエースと知って、勝負を挑んでくる身の程知らずさに腹が立っていた。
「ミニバスの名門チームのエースだか何だか知んないけどさ。私に勝てるなんて、どうして言えんのよ?」
「だから、ケンカはやめなさいって」
 フッ、と夏陽は笑みを浮かべた。跳ねっ返りを本気で相手にするのは、大人げないと思ったのだろう。
「それより、こうしようよ。
 千夏って、千の夏って書くんでしょ? だったら“チカ”にしようよ。チカちゃん。可愛いじゃん。イカしてると思うよ」
他人(ひと)の名前を、勝手に変えてんじゃねーよ」

  57

 勝負はあっけなくついた。
 夏陽は1オン1の10本勝負のうち、オフェンス3本をストレートで連取し、ディフェンス3本をことごとくブロックした。千夏は中一としては巧いプレイヤーではあったが、所詮は小学校の部活での我流の域を出ず、クラブチームで基礎からプロの指導を受けた夏陽の敵ではなかった。
「もうやめない? 勝ち、決まっちゃったけど。――チカちゃん」

「……あと、2本ずつ残ってる」
 ボールを拾って構える。
 ため息をついて、夏陽がディフェンスにつく。
 勝ちを決めて気が緩んだ瞬間を千夏は見逃さなかった。ズバッと抜いてみせると、初めてのゴールを決める。
「見てろ。残り全部獲ってやるからよ」
「させるわけないでしょ!」
 だが、残るオフェンス2本、ディフェンス1本のうち、オフェンスを1本、千夏に止められた。4−1での圧勝だが、ストレート勝ちを当然のように意識していただけに、ショックを覚えてもいた。
 ともあれ、この勝負で、“なっち”のニックネームは夏陽のものとなり、そしてもうひとつ、千夏の呼び名は、この日を境に“チカ”になったのだった。

 だが夏陽は、勝利で得たニックネームを使うことはなかった。
「ねえ、千夏――」
 練習後の部室で、夏陽はそう呼び掛けた。
「チカだ」
「そう呼ぶのは私の自由でしょ。だって、れっきとしたあなたの本名なんだから。それとも、先生や親にもそう言ってるの?」
「………」
「それより、そのことなんだけど……。もういい加減、そう名乗るの、やめにしない? 私も、“なっち”とは呼ばれてない。そう呼ぶ友達には、やめてもらった。だから、ね。もう意地張るの、やめにしようよ」
「なんだよそれ?」
 制服の上着に袖を通しながら言った。
「勝者の余裕ってやつ?」
「そんなつもりじゃ……」
「堪んないね、そういうの」
「………」
「勝負には勝った。でも、自分の勝利者賞を投げ出し、敗者のペナルティも免除してあげる、優しいわ・た・し、ってか。やだねえ」
「どうしてそういうイヤな言い方するの? ひとの好意は素直に受けるものよ」
「そら来た。自分の思い通りの反応じゃないと、すぐそれだ。一年で一番巧い、レギュラー当選確実の安部夏陽様がお慈悲を垂れてくださったら、涙流してありがたがらなきゃいけないワケ? ――ナニ様のつもり?」
「そんな……そんなヒドいこと言わなくたって。私はただ、あなたがかわいそうで……」
「かわいそう? それがムカつくんだよ。言っとくけどね、あんたにかわそうがってもらうほど、私は堕ちゃいないんだよ。
 あんたのやってんのはね、優しさでもなんでもない。自分がいかに親切で思いやりがあるかを見せつけて、自己満足に耽りたいだけ。今更そんなことを言うぐらいならね、アダ名が同じだってわかったときに、お互いそれを使うのはやめようって言ってりゃ良かったのよ。それをあんたは勝負を受けて、勝った上でそんなことを言う。そういうのをね、おためごかしっていうのよ」
「でも……でも! 勝負を吹っかけてきたのは、あなたのほうでしょ! 私じゃないわよ!」
「そうだよ。私は自分から挑んだ勝負に負けた。あんたは“なっち”のアダ名を自分のものにして、私は“チカ”って名乗ることになった。お互い納得ずくの勝負だったし、別に不服はない。あんたが“なっち”のアダ名を使おうと使うまいと、あんたの勝手だけど、私は自分が呑んだ約束は守る。憐れみで赦してもらうなんて、真っ平だね」
 夏陽は大きく息を吸い込んだ。本当に腹が立っていた。
「ああ、そうですか。そうですか。わかったわよ、わかりましたよ。お望み通り、チカって呼んであげるわよ。この先ずう〜ッと! なによ、ひとがせっかく親切で言ってあげてるのに……」
「『せっかく』『親切で』『言ってあげてる』。まだわかってないよ、このオネーさんは」
「イヤなヤツ!」
「そうかもね。でも、あんたよりはマシよ」
「あんたなんか、大ッ嫌い!」
「ちょうど良かった」
 千夏は部室のドアノブに手をかけて言った。
「私も嫌いだから」
 お先、と言って部室を出る。

「気にすることないよ。あのコ、ヒネクレ者だし」
「そうそう。クラスでも、あんまり友達いないらしいよ」
 部室にいた、ほかの一年が夏陽を慰めた。
「言い忘れてたけどさあ」
 バタッとドアが開いて、顔をのぞかせた千夏が言った。心臓が飛び出しそうな顔で、夏陽に言葉を掛けた二人が仰け反る。
「“チカ”でいるのは、あんたに勝つまでだ。あんたに勝った時点で、この名は返上する。そういうことで、ヨロシク」
 それだけ言うと、再びバタンと部室のドアが閉じる。
 その言葉を反芻するように、しばらく立ち尽くしていた夏陽は、突然駆けるように部室から廊下に飛び出した。
「私に勝てると思ってるの! 負けるもんか! あんたなんかに、絶対負けるもんか! 卒業するまで、ずう〜ッと“チカ”でいればいいんだ!」
 廊下を歩く千夏の背中に向けて、そう叫んだ。千夏は立ち止まりも、振り向きもしなかった。勝ったのは自分のはずなのに、どうしてこんなに惨めなんだろう。夏陽はそう訝しみ、そんな自分に腹が立った。わけもわからず、涙がこぼれた。それは千夏の言葉が、夏陽の自覚しない、彼女の傲慢、思い上がりをしたたかにえぐったからだ。
 だが、それに気付くには、このときの夏陽は、まだまだ子供だったのだ。

続く 58〜60

次回予告
「あなたのことは嫌い。でも、これだけは言わせて。あなたは私の、最高のパートナーだった」
 県大会ベスト8の成績を残し、西岡中の夏・夏コンビは別離の時を迎えた。ひとりは県下ナンバー2の強豪に。ひとりは無名の弱小校に。そして月日は流れ、運命は再び二人を巡り遭わせた。インターハイ予選第一回戦の敵同士として……。
 夏・夏コンビのその後と、第1Q終盤の攻防を描く次回『強敵』第十一幕。ついに第1Q、決着。

戻る

第1稿 2002.09.24
第2稿 2003.01.28