44

 ジャンプボールは、背丈に勝る相羽が獲った。
 だが、中指の先でボールの底を叩き、わずかにその軌道を変えたヒカルも、さすがと言わねばなるまい。
(こいつ、けっこう跳ぶ!)
 相羽が中空で驚嘆するさなか、田渕とリサの位置する中間に、ボールは落下する。
(お願い、真里、獲って!)
「おーッと」
 間一髪、リサとの獲り合いに競り勝って、田渕がボールを手にする。なおも食い下がるリサをかわし、田渕はフロントコート正面を向く。
 作戦通り、ゴールに向かってまっしぐらに疾る伊東の背中が視野に飛び込む。
「伊東ォォォッ、行っちゃえーッ」
 伊東に、ロングパスを放つ。
「あいよッ」
 伊東は足を止めることなく振り向く。伊東に向かって、ボールが疾る。絶妙の位置、タイミング。体勢を崩す必要はない。反復練習の賜物だ。
 そのボールに、別の手が伸びる。
「あ」
 それを見た田渕が、思わず声を漏らした。
 チカの手が、伊東に渡る寸前、ボールを叩いていた!
「おろ」
 伊東も意外げな呟きを漏らす。ボールはサイドラインへと転がってゆく。
 サイドラインを割る寸前、走り込んだアカネがルーズボールを獲った。
「ナイスカット、チカ姉!」
(ビンゴ!)
(ドンピシャだぜ、ヒカル!)

「ジャンプボールでは、私は相羽さんに負ける」
 試合開始直前、五人で円陣を組むべく輪になった際、ヒカルはそんなことを言った。
「なに弱気になってんだよ、ヒカルぅ」
「別に弱気になってるわけじゃない。事実を言ってるだけ。身長差から言って、ジャンプボールでは勝ち目はない。あと、十センチ背があれば、負けやしないけどね」
(それでも5センチ足りねえじぇねえか。それぐらいの差なら負けねえってか。アカネに劣らず、こいつも言うようになったよ)
 ヒカルの冷静な自己認識と自信に、リサは驚きと頼もしさを覚えた。
「それは、向こうもそう思ってる。だからこそ、そこが付け目になる。ジャンプボールを確実に獲れると思ってるあの人達は、最初の一本目、伊東のダンクを狙ってくる。……アカネにされたことへの、お返しとして」
「……考えられるね。確かに考えられるよ、それは」
「伊東にダンクができればの話でしょ、本当に」
 リサの言葉に続けて、チカが疑問を差し挟んだ。
「正直、あのタッパでダンクができるなんて信じられない。大木ゆかりみたいな怪物巨人ならわかるけど。祐子さんだって、実際に見たわけじゃないんでしょ」
「いや、それはこの際、問題じゃない。かなりの確率で言えるのは、やつらは速攻を狙ってくるってこと。そいつを請け負うのは、まず間違いなく、エースの伊東。……で、伊東へのパスをインターセプトすんのね? ヒカル」
「はい。それをチカさんにお願いしたいんです。できますか?」
「できますかあ?」
 不機嫌にチカは答えた。
「誰に言ってるんだよ。お前も最近、生意気になってきたよね」
「ごめんなさい」
 さほど悪びれた風もなく、ヒカリはペコリと頭を下げた。
「視力2・0、動態視力なら天島一! まかせろよ」
「よし。やつらに一泡噴かせてやるか!」
 リサの顔に、性悪なデビルの笑みが浮かんだ。

 ボールを獲ったアカネの視界に、何者にも妨げられず、ゴールまでの一直線の道が開けて見えた。
 日之出が丘最速、アカネのドリブルが反対コートへと駆け抜ける。パスはしない。カウンターのワンマン速攻だ!
 だが、その前を回り込んで何者かが立ち塞がる。
(ぐっ……コイツ、戻りが速え)
「なかなかやるじゃん」
 腰を落としたディフェンスでアカネの突進を阻んで、伊東は面白そうに言った。
「……まだまだ、こんなもんじゃねーよ」
 半身の体勢で伊東と対峙しながら、素早く周りを見渡す。各チームメイトには、ピタリと浄善の選手が張り付いている。
(抜く! それ以外に、崩す方法はねえ)
「勝負はこれか――」
 ら、を言う前に小さい身体を更に低くして、アカネが伊東のわきをすり抜ける。
「あ、ズルい!」
 伊東を抜いたアカネを、今度は田渕がブロックする。
 アカネがジャンプする。シュートか? させじと、田渕も跳ぶ。
 だが、アカネはシュートしたのではなかった。
 中空で上体を捻ると、アカネは須田のマークを振り切ったモエミに、オーバーヘッドパスを送った。
「ブチかましたれ、モエミ!」
 モエミがジャンプして、アカネのパスを受け取る。着地位置はスリーポイントラインの手前。決めれば3点だ。モエミがシュートモーションに入る。
(させるか!)
 モエミをマークする須田が、素早く飛び込んでくる。
 眼をゴールに張り付けたまま――ポトリ、とボール落とすように、モエミはバウンスパスを送る。
(あッ)
 不覚を取られた須田の背後を、疾風のようにリサが疾り抜ける。ボールを受け取りざま、一気にゴールに切り込む。踏み切ってジャンプ。
 だが、長身の相羽が、完全にシュートコースを塞ぐ形で、同時にジャンプしていた。
 ニヤリと、リサが口元を歪める。リサがボールを放った。――リングではなく、相羽のマークが外れた、ヒカルに向けて。
(!)
 フリーのヒカルが、落ち着いてジャンプシュートを決める。日之出が丘が、強豪・浄善から、先制のゴールを奪った瞬間だった。

  45

「おっしゃーッ」
 リサ、ヒカル、アカネの三人が、三角のハイタッチで手のひらを打ち鳴らす。
(みんな堅さはない。周りが見えてる。イケる。この試合、戦える!)
 この先制ゴールで、リサは自信を抱いた。
 チカがカットした。アカネが抜いた。モエミがフェイクを入れた。リサが切り込んだ。そして、ヒカルが決めた。それぞれが置かれた状況下で、最善の選択をした。それぞれの持ち味を生かして。殊に、アカネが伊東を抜いたのは大きい。アカネの脚は、怪物・伊東に通用する!

「なにアッサリ抜かれちゃってんのよ、伊東〜」
 般若の表情で安部が詰め寄る。
「すんません!」
 拝むようにすくめた首の上で合掌する。
 ベンチでは「やれやれ」と言うように君津監督が俯いた首を振っている。
「アホーッ、ボクと替われぇ」
 掌をメガホンにして、西澤が伊東にヤジを飛ばす。
「うるへーっ」
 ベンチの西澤に向かって、蹴りを入れるポーズをする。
「ドンマイ」
 それを窘めるように、相羽がそう言って、背に比例して大きな手のひらを伊東の頭に置く。
「完全に読まれてたね。悪い。……さすがは選抜ベスト8。気ぃ引き締めて行こ!」
「ハイ」

「さあ、落ち着いて一本取り返すピョン」
「おうッ」
 田渕が檄を飛ばしながら、ゆっくりとボールを運ぶ。
(なんじゃコイツは?)
 彼女のピョン語に目を点にしつつ、リサがマークにつく。
(――田渕真里。天女の水無月典子と並ぶ、天島ナンバー1ガードの一角。お手並み拝見といきましょ)
「カモーン」
 足を止め、ドリブルしながら、空いたほうの手を持ち上げ、人差し指を自分に向けて、クイクイと曲げてみせる。
(ボールを獲ってごらん、ってか。安い挑発しやがる)
「その手にゃ乗らねーよ。コロボックル」
 さすがに背を揶揄されてカチンと来たのか、表情が険しくなる。フロントコートの右サイドに向けてダッシュする。
(甘えよ、行かすか)
 ピタリとマークを外さず、中への進入を阻む。リサも脚にかけては自信がある。
 サイドラインに向けて突進しながら、田渕は背中越しにボールを放った。ビハインドバックパス!
(なに!)
(借りを返しな。伊東!)
 ボールが伊東真希の手に渡った。マークのアカネを前に。両掌でボールを持ったまま、伊東が口を開く。
「借りは即か――」
 返す、と言いきる前に伊東はコートを蹴った。弾丸のような静から動へのシフトに、アカネは全く対応できなかった。茫然と振り返って、伊東がランニングショートを決める様子を見つめる。
(速え! あいつ、予備動作ってもんがねえ!)
 愕然としていたのは、アカネだけではなかった。
(あのアカネが、一歩も動けなかった……! あれが伊東真希。やっぱり、そこいらのエースとは格が違う)
 リサもまた、伊東の桁外れの身体能力に驚愕していた。
(驚いてるようやな)
 それまで立って試合を見ていた君津監督が、満足げにベンチに腰を下ろす。
(瞬発力で伊東に並ぶ女子高校生は、日本中探してもそうはおらん)
(けどな、伊東が“怪物”と呼ばれる所以は、まだまだこんなもんやないぞ)
 口元に笑みを浮かべる。しかし、鼻にティッシュを詰めたその表情は、やはり間抜けだ。

「思いつめんな。気ぃ取り直していくぞ!」
 リサがアカネの腰を叩く。
「わーってるよ。リサ姉」
 アカネのスローインをリサが受け取る。
「1本! 1本、落ち着いていこう!」
 そう声を上げるリサに、田渕がつく。
「カモン」
 先程とは逆のことを今度はリサが田渕にした。リサもバカにされて、そのままにはしない女である。
(PGマリーにケンカ売ろうって? お望み通り、行ってやろうじゃん!)
 田渕が電光石火の早業で、ドリブルするボールに手を伸ばす。その瞬間、リサはボールに触れた右手を田渕の手をかわすように背中に回し、自分の左側にボールを落とす。そのまま、田渕の左わきを抜ける。
 ボールを奪いに来たその間隙を突いて、リサが田渕を抜いた。――かに見えた。
(やるじゃん。でも、まだ甘い!)
 田渕が後ろから、ボールを叩く。ボールが前に飛び出す。
(おーっと、やべッ)
 リサが慌ててボールを掴む。
「ヘイッ」
 声を上げたアカネにパスする。三たび、アカネと伊東が対峙した。

  46

 右へ。行くかに見せて、左へ。
 伊東の掌が、アカネのキープするボールを下から跳ね上げる。あっさりと。
(あッ!)
「ミエミエ」
 未熟なフェイントを嘲笑うかのような科白を残し、奪ったボールとともにゴールへ突進する。
「待ちやがれ、このッ」
「待たないよ」
 ゴール下で、今度はリサがブロックする。伊東がサイドにパス。コートの角にいる須田にボールが渡る。
(撃たせない!)
 マークのモエミが、懸命にジャンプする。それを見て、落ち着いて伊東にボールを戻す。
 既にアカネが張り付いていたが、気にせずハイポストからジャンプシュートのモーションに入る。跳んでしまえば、アカネには届かない。
(ナメやがって。見てろ、こうしてやる!)
 アカネは両の掌で、ジャンプする伊東のボールではなく、眼をブロックした。伊東の視界がアカネの掌で目隠しされる。
(うわッ、ズルいッ)
 盲撃ちでシュートを放つ。
「リバウンドーッ」
 伊東が叫ぶ。さすがの伊東も、これでは入らない。案の定、ボールはリングとボードに当たって跳ね上がる。
「アカネッ、走って!」
 ヒカルが叫ぶ。その意図を悟って、アカネが反対コートにダッシュする。
(こいつ、いいポジションを!)
 相羽はヒカルのポジション獲りの巧さに驚嘆していた。
(それになんて力! こんな小柄なコに、私が力負けするなんて!)
 長身の相羽を強引に背で追い出し、ヒカルのジャンプがディフェンス・リバウンドを制した。
「カウンターッ」
 ヒカルのロングパスが、ゴールへ疾るアカネに渡る。今度こそ、ワンマン速攻か。
(なんだ、コイツは……)
 アカネの前には、またしても伊東が立ちはだかっていた。
(なんて戻りの速さだ。人間かよ、こいつ)
「ざーんねーんでーした」
 伊東の口ぶりが小面憎い。
(生憎やったな)
 アカネに聞こえるものなら聞かせてやりたいとばかり、ベンチの君津が独白する。
(走り合いなら、うちはどこにも負けん)
「戻せッ、アカネッ」
 リサが後ろから声を掛ける。悔しいだろうが、無謀な勝負をさせるわけにはいかない。
(チイッ)
 不承不承、アカネがリサにボールを戻す。
「1本! この1本、大事に行こうッ」
(どうする? アカネ−伊東は分が悪すぎる。といって私は――田渕(こいつ)も巧えからなあ)
 隙あらば抜かんと、右へ左へと揺さぶりをかけるが、田渕は巧みなディフェンスで、中への切り込みを許さない。
(なら、こいつでどうだ)
 リサは外へ、ノールックパスを送る。サイドライン際のモエミに、ボールが移る。

(くっ……しつこい)
 だがモエミも、執拗な須田のディフェンスに、抜くも撃つも、ままならずにいた。
 リサはチラリと24秒計に眼を走らせる。電光掲示板の数字は、20秒をカウントしていた。
「モエミ、時間がない。撃てッ」
 24秒ルール。オフェンスチームはボールを持ってから、24秒以内にショットし、ボールをリングに触れさせなければならない。
 モエミが強引にシュートを放つ。入れば3点だ。だが。
(焦りすぎ。フォームがバラバラ。入りっこない)
 須田は動じることなく、放たれたボールを眼で追う。
(撃ちゃあいいんだよ、撃ちゃあ。ヒカルのスクリーンアウトは、相羽に通用する! 頼んだぜ、ヒカル!)
 リサの想いが通じたのかどうか。猛禽の翼のように両腕を拡げたヒカルの背が、相羽の進入を阻んだ。
(こいつ……また!)
「ほう!」
 そのプレイに感心するように、ベンチの君津が声を漏らした。
 モエミのショットは、リングを直撃し、ボールを跳ね上げる。
(負けない。相羽さんにも、誰にも、私は負けない。ゴール下は、私が死守する!)
 断固たる決意を胸に、静かに、だが熾烈に、全身の筋肉が唸りをあげて178センチセンター・相羽の強力な圧力に抗する。強豪・浄善でセンターを張る彼女もまた、非力なプレイヤーでは決してない。パワーとパワーがぶつかり合い、しのぎを削る。
 落下するボールに向かって両者がジャンプする。ベストポジションを守り抜いたヒカルが、両掌で力強くボールを掴み取った!
 着地したヒカルは、間髪入れず再び跳ぶ。ジャンプシュート。
(ここを獲って、流れをうちにする!)
「撃たすかあッ」
 ヒカルがショットする、まさにその瞬間、伊東のスパイクのような強烈なブロックが、ヒカルをボールごとコートに叩きつけた! 腰から落下したヒカルが、小さく悲鳴をあげる。ヒカルの手を離れたボールが、サイドラインを割る。
 伊東がブロックした右腕を誇示するように、胸の前で拳を握ってみせる。
「撃たせねーよ、チビちゃん」
 不敵な笑みでヒカルを見下ろし、伊東はそう言い放った。

続く 47〜50

次回予告
「あんた、まだチカって名乗ってんの? 義理堅いというかなんというか。ひょっとして、私に勝ったら、本名に戻そうなんて思ってる?」
「後輩にエースの座を取られても、その自惚れは矯正できなかったみたいね。元エースさん」

 チカ対夏陽の口ゲンカ……1オン1が、戦端の火蓋を切る。中学時代のチームメイトでありながら、妙に険悪なムード漂う二人。因縁の対決は、ゲームの均衡を破るか!?
 次回『強敵』第八幕。「元エースは、あんたもでしょ!」(by 安部)

戻る

第1稿 2002.08.23
第2稿 2003.01.28
第3稿 2003.07.02