◆ Stage1 ◆

■登場キャラ紹介
ふきだしうさぎ・赤 ふきだしうさぎ・青 くらげ
20pts. 20pts. 20pts.
ときめきバトンまんが・くるくる♥りんねの説明用のふきだしに時々登場していたうさちゃん。
並んで登場し、グラディウスの最初のザコのような動きをして去っていきます。
ふきだしうさぎ・赤とは別の種族のうさちゃん。
弾を撃ちながら、画面中央あたりまで動いた後、再び弾を撃ちながら引き返していきます。
赤に比べて行動にまとまりがないようです。
9月号9コマ目で、ちあきがりんねのダンスをバカにしたときに登場したくらげ。
画面に浮き上がるように登場し、一定時間で消えていきます。
ぬいぐるみうさぎ・赤 親火星人・赤 たこ
100pts. 100pts. 100pts.
12月号1コマ目に登場したクリスマスプレゼント用(?)のぬいぐるみうさちゃん。元の絵と結構印象が違いますね。
自機に向かって2列に弾を撃ってきます。実は、動かなければ当たりません。
5月号28コマ目でりんねがフラットリストを成功させたときに登場した火星人の親。
7wayの弾を撃ってきます。
ちなみに、子供はStage4で登場します。
9月号1コマ目に登場した、たこさん。
自機をねらった弾を1列と、その上下に2列ずつの弾を撃ってきます。
Stage1中ボス
なつき
Stage1ボス
あいら
あいらのバトン あいらの髪留め風の
何か
2500pts. 10000pts. - -
りんねの親友で、りんねが不安なときにはげましたり、ちあきにいじめられたときにかばうなど、友達思いな女の子。
微妙に男の子言葉を使うようです。
6月号1コマ目でボンボンを持っているので、チアリーディングをやっている可能性アリ(?)。
Stage1の中ボスとして登場するほか、ボス前のワーニングメッセージ時や、Stage4でも登場します。
サユリン先生バックダンサー4人組の一人。
星がトレードマークのようで、髪留め、服の飾り、スカートの模様、バトンに星があしらわれており、彼女のこだわりが感じられます。
他の3人に比べてスタイルが良い感じで、チャイドルのような印象を受けます。
バックダンサーオーディションでは、海をバトンで表す課題を押し寄せる大なみで表現し、合格を勝ち取りました。
あいらのバトン。
ティップとボールが星の形になっています。
あいらの最終攻撃パターン時に登場する、あいらの髪留め風の何か。
ドラ●ンボールの一星球のような様相を呈しています。


■攻略
前半道中
 特に問題はありません。あまり大きく動いて追いつめられないようにしましょう。
 ちあきの場合は、ザコを撃ち漏らさないように注意しましょう。
 撃ち漏らさずにザコを倒してフルーツを回収していけば、中ボスまでにランクはりんごに、スコアは30000点くらい行くと思います。
中ボス・なつき
 このゲームのボスの攻撃パターンは、複数の攻撃パターンを順に繰り返し、ある一定のダメージを与えるか、定められた時間内に規定の値までダメージを与えられなかった場合、次の攻撃パターン群に移行します※1
図示すると、次のような感じになります。
パターン1-1 → パターン1-2 → パターン1-3 → パターン1-1 → ...
一定ダメージを与えるか、一定時間が経過
パターン2-1 → パターン2-2 → パターン2-1 → ...
一定ダメージを与えるか、一定時間が経過
パターン3

※1要するに、エスプレイドと同じです。
パターン1-1
 なつきから外側に向かって弾を生成する弾(黄色くて格子状の模様がついた弾のことです。プロギアの嵐に習って、カプセル弾と呼ぶことにします。)が同心円状に撃ち出され、一個一個から少しずつ角度を変えて扇状に弾が出てきます。弾の間隔はそんなに狭くないので、落ち着けば当たることはないと思います。
 カプセル弾自身にも当たり判定があり、触れるとミスになります。また、全て弾を吐き終わった後、下に落下しますが、落下中も当たり判定が残っているので注意して下さい。
パターン1-2
 なつきから後方にカプセル弾が2個撃ち出され、Uターンし、上下に弾を生成しながら画面後方に進んでいきます。弾間が非常に広いですし、純粋に縦方向に進むので避けやすいです。
 ボスに張り付いてより多いダメージを与えるのが良いでしょう。
パターン2-1
 一定ダメージを与えるか、一定時間経過するとパターン2に移行します。
 パターン2-1では、ボスからカプセル弾が前方に撃ち出され、減速して停止したところで、同心円状に弾を吐き出し、下に落下します。
 3発目、4発目は割と自機のそばで破裂しますが、落ち着いて弾を見れば大丈夫です。
パターン2-2
 カプセル弾の周りに小さい弾が数珠状に囲んでいる弾のかたまり(数珠弾と呼ぶことにします)がボスから扇状に撃ち出されます。
 数珠弾は3wayと4wayに交互に撃ち出されます。3wayや4wayの中心は常に自機をねらって撃ち出されます。
弾速は割と速めですが、レーザーを撃ちながら上下に動くといい感じで避けられます。
補足
 ボスに接近できるときは接近してショットを連打して撃ち込むと多くのダメージを与えられます。
 初めは無理せず、遠くでレーザーを撃ち、パターンが分かってきたら行うのがいいかも知れません。
後半道中
 後半は、前半と同様、無駄に動かないようにすればOKです。
 このような小型ザコと中型機が一緒に出てくるような場面では...
 意識を中型機からの弾に集中し、小型ザコを優先して倒しつつ...
 中型機を破壊します。
 小型ザコの出すアイテムを回収しながらアイテムランクを桃にしつつ中型機を倒すと、中型機の出すアイテムも桃になり、お得。
 くらげ地帯では、カプセル弾を持っているくらげを倒すと、多くのフルーツが出ます。
 場所を覚えて、カプセル弾を持っているくらげを狙って倒すようにするとお得です。

- くらげ出現テーブル -
第1派 第2派
- - - -
- - -
- - -
- - - -
- - -
- - - -
- - -
- - - -
- - -
- - -
- - -
- - - -
- - - -
- -
○ ... カプセル弾所有くらげ
- ... カプセル弾非所有くらげ
ボス・あいら
パターン1-1
 4発ずつの扇弾を等間隔で撃ちつつ、紫の小さい弾を2列自機に向けて撃ってきます。
 紫の弾に意識を合わせ、扇弾の隙間に入っていくようにすればOKです。
 弾の速度はそんなに速くないので、レーザーを撃ちながらでも十分に避けることが出来ます。
パターン1-2
 高速の数珠弾を連続で自機に向かって撃ってきます。
 少しずつ上か下に自機を動かし、上下の縁に追いつめられそうになったら少しずつ前進します。
 2回目、3回目と数が増えていきますが、落ち着いて少しずつ自機を動かしましょう。
 ここでのポイントは、あせって大きく動かないことです。大きく動くと画面端に追いつめられてしまいます。
パターン2-1
 「ザパーン」という書き文字と共に、数本の放物線の軌跡を描く弾を撃ちだしてきます。軌跡と軌跡の間に入り込めばOKです。
 一定時間経過後、軌跡が少しずつ前方に移動します。ぼーっとしていると弾がいつの間にか前進していて当たってしまうという事態になるかもしれないので注意して下さい。
パターン2-2
 あいらから10個近くのカプセル弾が撃ち出され、少し上か下に動いた後、自機を狙った高速の紫の弾が吐き出され、下に落下します。
 この攻撃もパターン1-2と同様に画面端に追いつめられやすいのですが、基本的には、レーザーを撃ちながら上下に少しずつ動くと、安全に避けることが出来ます。
 例えば、初めに上に動いた場合、弾が途切れるまで上に少しずつ動き続け、弾が途切れたら今度は下に少しずつ動き、また弾が途切れたら上にという繰り返しです。
 とにかくこの場面でも大きく動かないことがポイントです。
 また、危険度は増しますが、前後の動きで避けることもできます(キャプチャー画面では前後に避けています)。こうすると、あいらにレーザーを当て続けながら避けることが出来ます。
 追いつめられそうになっている例です(笑)
パターン3
 あいらのラストのパターンです。
 バトンを放り投げ、替わりに「あいらの髪留め風の何か」が出現し、弾を撃ってきます。その他、あいら自身も自機を狙って小さい紫の弾を2列に撃ってきます。
 キャプチャー画像だと分かりにくいのですが、「何か」は、あいらの座標の少し前方(あいらから見て)を中心に楕円軌道を描きながら動ながら、緑の弾を放射状に少しずつ角度を変えて撃ってきます。逆に言うと、常に放射状に弾を吐いている「何か」が楕円運動をしていると言った方が良いでしょうか。
 弾の間隔は広めなのですが、弾の軌道が予測しにくいため、避けにくいパターンだと思います。
 必ずどこかに広いスペースが生じるので、弾全体の動きを目で追いながら、広い箇所を見つけ入っていくようにして下さい。
 ボスを倒すと大量のアイテムが出現します。
 ショットボタンを連打してアイテムを回収しましょう。

戻る