■ りんね天翔あどばんす ■

ゲームボーイアドバンス専用ソフト
りんね天翔あどばんす
Rinne Tensho Advance
※GBA本体で遊ぶには、転送セット(256MBit以上のフラッシュカセットとブートケーブルなど)が必要です(詳しくはこちら)。
※転送セットがない場合でもPCがあればGBAエミュレータ(パッケージに付属)で遊ぶことが出来ます。

D-STAGE様にて好評販売中!
あきばお〜様でも委託販売を開始いたしました。


■遊ぶまでの手順の説明
■マニュアル
■プレイムービー1 1面 (39.1 MB)
■プレイムービー2 3面ボス戦 (37.4 MB)
※ムービーは、[右クリック]→[対象をファイルに保存]で保存してからご覧下さい。
※ムービーをご覧頂くには、WindowsMediaPlayer9が必要です。
※ムービー収録の関係で音ずれが発生していますが、予めご了承下さい。
■隠し要素


-紹介-
このゲームは、GBAで弾幕シューティングを再現するという無謀な試みにわりとまじめに挑戦したものです。こんな事を考えたり実行する人は前にも後にも多分いないことでしょう。
ゲームもわりとまじめに調整しているので、ちゃんとあそべるようになっているとおもいます。そして執着心の強い人は多分結構長く遊べる作りになってます。そして続けているうちにきっと恐ろしい体験をすることになるでしょう。
話のネタにでも、おひとついかがですか?
このゲームは、せいさくしゃのどうでもいいおもいつきともうそうとよくぼうとしゅうちゃくしんによって生産されました。ええ弾幕好きです。ええ、りんねたんハァハァです。なぜGBAかって?だってポケットの中に入るのですよ?

-PC版との違い-
◆エミュレータで問題なくプレイすることが出来ます。
◆敵の配置や、アルゴリズムは基本的に同じですが、弾の撃ち方のパターンや敵配置が差し替えになっていたり、追加になっている部分があります。プレイ感覚も若干異なるので、PC版をプレイした方でも楽しめると思います。
◆後半ステージは、ある意味PC版より凶悪かも知れません(差し替え部分が多いです)。
◆サユリン先生は恐らくPC版より強いです。
◆3ボスの最後のパターンは、若干簡単になってます。
◆ミスした後、自機が登場したときにメガクラッシュで画面内の敵が全滅します。PC版に比べてミスしたときの立て直しがやりやすいです。
◆ゲーム中にある条件を満たすと隠しアイテムが手に入ります(全部で16個)。
◆隠しアイテムを何個か集めると、ソフト連射が出来るようになったり、クレジットが増えたりします。
◆敵を倒したときのフルーツがなくなっています(GBAのスプライト表示限界数の関係だったりします)。
◆そのかわり、得点には打ち込み点を採用しており、敵を倒して経験値を溜めていくと打ち込み点の上昇率がどんどん増えていきます。
◆ボスを倒したときに、負け惜しみ(?)のメッセージが表示されます。
◆ぜつぼうのせかいがあるらしい。

-せいさくしゃのどーでもいいおもてむきののうがき-
「りんね天翔あどばんす」は、携帯ゲーム機・ゲームボーイアドバンスで動作する弾幕シューティングゲームです。これで、いつでもどこでも弾幕をポケットに入れて持ち運ぶことが出来ます。人によっては、脳汁をいい感じに分泌できるかもしれないです(シューティングゲームとはそういうものだと私は信じたい)。
プラットホームは携帯ゲーム機ですが、ちゃんと一本のシューティングゲームとして遊べるように製作してありますので、携帯アプリのシューティングをダウンロードしたものの、操作性や、ゲーム動作のなめらかさなどの点でイマイチで満足できなかった方には特にプレイしていただきたいです。
「りんね天翔」のコンセプトは、「インターフェースは単純明快に、中身は徹底して求道的に」です。言い換えれば、学習性の強いゲームです。操作はいたって単純で、プレイしていただければ、きっと説明書を読まなくても1分もかからずに理解できるでしょう。しかし、きっと全ステージクリアはそう簡単に出来ません。プラットホームは携帯ゲーム機で敵も可愛らしい容姿をしていますが、プレイヤーにふりそそぐ攻撃は一切容赦ありません。そして、シューティングといえば主に救済措置として用意されているボンバーも、このゲームには一切なく、力押しでのクリアは不可能です。しかし、学習性の強いゲームなので、練習モードで繰り返し練習して弱点を克服すれば、必ず道は開けます。だからこそALLクリアを達成したときの悦びは大きいのです。

「少女の翔けゆく空は、果てしなく遠く険しい...」


■遊び方のせつめいは、ここをクリック
スクリーンショット




戻る